「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!


クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
HALATION ORG...
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

1 メキシカン、ヒップホ..
2 フレンチトースト @..
3 大好き日本料理屋「ハ..
4 お別れ
5 「SAIGON RE..
6 PAWSから子猫を引..
7 GILLES PET..
8 タイにおけるペットの..
9 スリランカ旅行<1>..
10 「APPIA」で日曜..

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

メキシカン、ヒップホップ、LA MEZCALERIA (TOUCHE HOMBRE 2階) @72 COURTYARD

ここ数週間どこにも出掛けてなかった。しんどかった仕事が1件何とか片付いたので、いい加減SI、猫、ご飯屋の人たち、アパート関係者以外の人と口を聞かにゃ、酒、と言うことで「LA MEZCALERIA」のグランドオープニングへ。

トンローにオープンして人気を集めるコンプレックス「72 COURTYARD」のメルボルン発メキシコ料理屋「TOUCHE HOMBRE」。その2階にオープンしたテキーラとメスカル専門バーが「LA MEZCALERIA」。DJ MIZUYOちゃんがこの夜は西海岸ヒップホップ中心にかけると言うので張り切ってお出掛けした。

オープンスペースで気持ち良い。
f0044063_16191004.jpg
売れっ子DJ。明るい向日葵のようなみずよちゃん。好き。
f0044063_16223142.jpg
恐らくメキシコで最も人気があるテキーラベース・カクテル(とメニューに書いてあった)「LA PALOMA」と魚のタコス。
f0044063_16243883.jpg
美味しいけど全然足りん。カクテルも自家製グレープフルーツソーダ使っててさっぱり美味しいけど、余りに飲みやすくてさっさと完飲。がっつり食べるぞ!ではなく、軽くつまんで酒飲むには良いバーでした。「やっぱりLA MONITAがいい」とあのドーンと重みあるブリトーを想像しながら、コンビニでビール買って飲みながら歩いて「STUDIO LAM」へ。庶民のうちらは手頃価格で量のあるところのが落ち着く。

多くのタイ人はただでさえ歩くのがゆっくりで、スマホ中毒者が多くて、歩道は狭いところが多く、急いでいるときのBTS/MRT駅などで行く先をふさがれると「キーーー」となり、時に無意識に舌打ちをしてしまうバンコク生活。そこでポケモンGOがタイでも始まり、本当邪魔。数日前ポケモンGOやりながら狭い歩道をちんたら私の前を歩いとったタイ人の若者に無意識に「邪魔〜」って日本語で声に出して言っちゃった。反省したけど、ポケモンGOを根っから否定する年寄りにはなりたくないけど、でも迷惑なもんは迷惑なのだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2016-08-15 17:16 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

「SAIGON RECIPE (サイゴン・レシピ)」美味しい。

大学時代からの友Kがパリ→ヤンゴン→バンコクと寄ってくれた1週間。よく食べた。Kちゃん、いい体して色っぽいのによく食べる食べる。屋台食大好き、チャレンジ精神旺盛、「美味しい、美味しい」と食べる姿にこっちが嬉しくなる。旅は食!

女友達とランチなんて激稀。日中にランチでトンローなんて激稀。キャッキャキャッキャ出掛けた。日本人にはもうすっかりおなじみのベトナム料理屋「SAIGON RECIPE」、初めて(やっと)行った。もうアリーに住んどるとスクンビットに出掛けるのが面倒臭くて。こうやって実際に行けば楽しいだけど、日中仕事以外でスクンビットに行こうと思うまでの道のりは、とても長い。

ああ、可愛い。
f0044063_192428.jpg

生春巻きも揚げ春巻きも牛肉フォーもレモングラスジュースも、ああ、美味しい。
f0044063_1101567.jpg

美味しくてテンション上がったKが「私が飛行機代出すでさあ、ひたすら食べて可愛い食器探しに弾丸ホーチミン1泊でも行こうよう。」と言い出す。かなり心が揺れたけど、お互い冷静にもう少し考えて、結局行かんかった。また今度。

今日は国際ビールの日なのに、ビールを飲まずにあと25分で今日が終わっちゃう。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2016-08-06 01:35 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

フレンチトースト @TOBY'S(スクンビット・ソイ38)

スクンビット・ソイ38のオーストラリア・スタイルのカフェ「TOBY'S」へ。以前平日の午後行ったときは空いててのんびりできたけど、日曜日の午前11時、混み混み。順番待ちする人までおる。うちらは5人だったもんで回転率悪そうな大きいテーブルが必要で1時間待った。皆ブランチ好きね。

久々に甘い気分でフレンチトースト (B280)。ここのはブリオッシュを使っとって、中はしっとり、外はカリカリコーンフレーク使用。美味しい。見た目も美しい。
f0044063_18561668.jpg

が、かなりのボリュームで完食不可。可愛く数人で突き合って食べるべし。

+++++++++++++++++++

現在PREDUCEはタイ東北部に1週間スケボーツアーに出ているのだが、出発の何日か前から我が家に海外メンバーが2人泊まっていた(うちはもうゲストハウス状態)。で、自分の洗濯物干そうと思ったら、彼らのうちの1人が先に洗濯物干しとって、何気なく見たら下着は穴が開いとるやつばっかり。男前なのに。その夜SIに「XXの洗濯物ふと見たら下着穴ばっかり開いとって可哀想になっちゃっただけど、XXはそんなに生活苦しいの?」と聞いたら爆笑された。「XXはスケールがでかいトリックを常に決めようとするもんで、転んだときのインパクトが凄くてジーンズだけじゃなくて下着も破れちゃうだよ。大丈夫、それなりに稼いでちゃんとした生活しとるで。」と。なんだ、良かった。愛するスケボーで何とか食べて行こうと、下着さえ買うのを惜しんで非常に慎ましい生活しとるのかと母親のように哀れんでしまった。下着買ってあげたい。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2016-08-04 20:08 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

ナイラートパークホテルのプールとCHAO MAE TUPTIM SHRINE

ブログ放置して時間ばかりが過ぎて行き、気付いたらもう8月。恐ろしい。

6月末に大学からの心の友Kが数週間ヤンゴン出張を終え、ミャンマー料理で胃腸が疲れ気味の状態でバンコクに遊びに来てくれた。

雨期だけど、バンコクだけど、リゾート気分を味わいたい、ということでプルンチットのスイス・ナイラートパーク・ホテルへ。ここのプールは緑濃い木々に囲まれてて気持ちが良い。ホテル滞在者じゃなくても1日パスを1人642バーツで購入すると、プールやフィットネスセンター、サウナとスチームルーム付きロッカールームなどが使用できる(詳細はこちら)。

幸せ。
f0044063_21121075.jpg

で、プール行く前にKを驚かせようと、ナイラートパークの敷地内にある男根だらけのお寺「CHAO MAE TUPTIM SHRINE」に案内した。そしたら、
f0044063_21151581.jpg

(多分)何百とあったおちんちんがなくなっとる!!(変な表現だけど)。小綺麗になっていて、男根は数える程。おかしい、ずっと前来たときは、地面に並べられた男根の数々を不意に足ででも触って妊娠でもしたらとんでもない、とそろそろ注意深く歩いたのに。何かショック。そしたらホテルスタッフがコーヒー片手に話しかけて来て、昨年綺麗さっぱりさせて、その際あれだけあった男根は埋めたそうだ。土臭さというか、生々しさが軽減してしまい残念だった。参拝者が持参した血管が浮いた生々しい男根の置物が小さいものから何メートルもあるものまでずらーーーっと並び、何とも言えない迫力があったのだが。まあそれでもKは喜んどったので何より。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2016-08-03 21:20 | アウトドア | Trackback | Comments(0)

人生初王宮。人多過ぎで人酔い。

土曜日はSIパパ達のリクエストで皆で「ザ・バンコク観光」のコース、王宮とワット・ポーへ。

どう考えても激混みだろう観光スポット。栄養つけにゃ、といつもお世話になっているおじさんからココナッツジュース購入。アリー駅周辺は皆ココナッツ30バーツだけど、おじさんだけは25バーツ。数ヶ月前申し訳なさそうに20バーツから値上がりした。
f0044063_197278.jpg

サパーン・タクシン駅から船で行くと思っていたら、「こっちのが早い」と、落ちたら汚水が原因で死にそうで少々怖いセンセープ運河のボートで王宮エリアへ。グラフィティや川沿いの生活感を見物するのは楽しいけど。
f0044063_1911157.jpg

そして王宮。想像はしていたものの、なんと言う混み具合。中国のどっかの町の住民がゴソッと皆で王宮にやってきたかのような勢い。じっくり見たり、雰囲気味わうなんて不可。
f0044063_19125373.jpg

でも、王宮やワット・ポーなど、ノースリーブや短パンが禁じられている位の高い場所に行くと何が楽しいかって、禁止されている服装で来て入口でサロンやら借りた結果ありえない、とんでもない色やパターンの組み合わせの服装をした人がウヨウヨおって、人間観察が面白い。
f0044063_19202986.jpg

写真を撮る気力もなく、皆の笑顔も消えてきたのでささーっと見て退場。しかし入場料が外国人500バーツでタイ人無料ってえぐいよな。「外国人は税金を払っていないから」と言われても、なんだかなあ。ダブルスタンダードにも程があると思う。

一息ついてワット・ポー。当然人ウヨウヨ。何年も前に妹ちゃんと行ったとき、うちら以外はお坊さん数人だけだった。涅槃像の背中側に並ぶ壷1つずつにお賽銭の1バーツを入れて歩くとき、硬貨がぶつかるカシャン、カシャンっていう音が静かに聞こえるあの静寂な雰囲気が何とも言えなかった。土曜日は、まあ、とんでもない。おまけに靴を脱ぐので汗だくな人の足の匂いが香ばしかったり。
f0044063_19272860.jpg

人が少ないエリアへ。空気が新鮮。
f0044063_19283577.jpg

そろそろ限界。夕方は中華街ブラブラして美味しいもの食べようか、と最初は言ってたけど、もう人混み嫌だ。絶対嫌だ。

放心状態の親子。
f0044063_1931371.jpg

ということで、すぐ近くの船着き場ターチャン駅(Tha Chang Pier)で早い夕食。ターチャン駅の雰囲気がとても好き。
f0044063_19334123.jpg

頻繁に行き来する船や修復中の暁の寺を眺めつつ、ビール、ビール、ご飯。
f0044063_19352082.jpg

もちもち感がたまらんセンヤイ。たまに無償に食べたくなるパッシウ。幸せ。
f0044063_19362487.jpg

帰りはエアコン快適タクシー。大きい仏像が「商品です」って主張して沢山並ぶ通りはいつ通ってもワクワクする。タイだ。
f0044063_19391436.jpg

人人人人人人だった王宮で、すぐ皆とはぐれてしまう鈍臭い私を救ったのがSIのシャツ。PREDUCEロゴがすごく目立つので助かった。スケボーブランドPREDUCEの新発売サッカーシャツ。売れ行き好調です。B890です。海外郵送可です(と宣伝)。詳細はこちら
f0044063_19502548.jpg

なんだかんだ言って、お客様が来ないとなかなか行こうと思わない観光地に行って楽しかった金金キラキラな1日だった。初めて言った王宮は、まあいつかもっと静かなときを狙って再度訪問したい(静かなときなんかあるのかや)。帰宅後皆爆睡。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2016-07-11 19:53 | バンコク観光 | Trackback | Comments(0)

大好き日本料理屋「ハナゼン」@アリー・ソイ5

6月は私が日本から帰国した翌日にSIは米国に出張。1日しか一緒に過ごさず終わった。で、数日前帰国したのと同時にSIパパ&奥様タイ到着。

昨晩は皆で近所の「ハナゼン」へ。一軒家のお洒落な日本料理屋。でもお洒落なだけじゃなくて、1品1品何食べても美味しい。経営されているご夫婦もスタッフも温かい、すごく好きなお店。

SIがパパ達に箸の使い方をレッスン中。音出してすする蕎麦の食べ方まで説明していた。偉い。
f0044063_20295936.jpg

何日も前から食べたかった厚切り牛タン。美味しかった・・。

常陸野ネストビールの「塩梅」。小麦のビールに青梅を漬け込み、酸味緩和のために藻塩少々を加えているそうだ。美味しい。爽やか。
f0044063_20353585.jpg

ハナゼンに向かう道中、SIに「この前日本のテレビ番組(「クレイジージャーニー」のこと)で『バビロン(バンコクの有名なゲイサウナ)』紹介しとって、綺麗なプールや迷路になったサウナとか興味深かった」という話をしたら、「そういえばオップ(今年サトーンにオープンした「BANGKOK CITYCITY GALLERY」のオーナー)が、ギャラリーのオープニング展示会でウィスット・ポンニミットの『MELO HOUSE』企画して、迷路作ったじゃん?そしたら近所のよしみでバビロンのオーナーが来て、『僕のところにも迷路あるよ』とニコニコ言われ、『ちょっと趣旨違うけどね』みたいな会話したってフフフと言っとったなあ。」と。ラビリンス!

アリーは遠く感じるかも知れんけど、「ハナゼン」はわざわざ足を運ぶ価値有ると思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2016-07-08 20:46 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

祖父

93歳の祖父が亡くなり、急遽帰国中。

約1年前、脳梗塞後リハビリ病院に入院していた祖父を訪れた。その日、今は(一応)平和な平成なのに、祖父は第二次世界大戦の渦中と信じて「ヘルメットがない」「鉄砲の弾がない」「満州行く」など言い続け、とても可哀想だった。一生懸命何十年と生きてきて、この年齢になってどうして戦争の記憶に怯えなくてはいけないのか、と腹立たしかった。丁度安保関連法案が連日話題になっていた時期。戦後70年という節目だったし、祖父のこともあって戦争についてとても考えさせられたときだった。

祖母が3年前に亡くなり、祖父も亡くなった。両方の親を失った母の悲しみ、寂しさを想像できない。いくら覚悟ができていたとしても、いくら人が慰めの言葉をかけようとも、親を失くすつらさに変わりはない。そして私には血の通った祖父母全員がこの世からいなくなった。祖父がもう少し生きることができたら、来月初の曾孫に会うことができた。一世代が消え、新世代が生まれる。こうやって年を取っていくことを実感した。

今年に入って大好きだった義母が亡くなり、実家で10年以上愛されていた飼い犬が死に、仕事はイマイチだし、愛着を持っていたアパートはオーナーが土地を売却したため立ち退きとなりもうすぐ出て行かんといかんし、こうして祖父が亡くなり、2016年は、しんどい。暗い側面ばっかり見とったらいかんって分かっとるけど、時々やり切れん。

祖父が生前に、戦争を生き延びた自分は1度死んだと一緒で死ぬのは怖くないと言った。あっちで両親や美智江(祖母)が待っとる、と。気丈だった義母も「自分は良い人生を送った。明日死んでもいい。」と元気なときに言っていた。でも亡くなるほんの少し前に「もういい」と言ったけど、「死にたくない」とも言って泣いた。自分の命がもうすぐ絶えるという事実を平穏に受け入れることができる人がどれだけいるんだろう。

両親が健在で、生まれ育った家が存在し、帰国すれば姉妹も姪もおって、でもこれだって永遠じゃない。家族が愛おしい。自分は恵まれとる。なのに世話になりっぱなしで何もお返しができんしょぼ人間で申し訳ない。

f0044063_1462351.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2016-06-05 02:00 | Trackback | Comments(0)

今週金曜日はPREDUCE x SADAM YOSHIZAWA鬼デッキシリーズ・ローンチパーティー@GOJA

ソンクランのパヤム島について書き終わってなく、5月も残りわずかとなってしまい、色々あるけど、とりあえず明後日金曜日のお知らせ。

f0044063_15335630.jpg

PREDUCE x SADAM YOSHIZAWA鬼デッキシリーズ・ローンチ+TRK & SADAM YOSHIZAWAアート展示会オープニングパーティー@GOJA

SIのスケボーブランドPREDUCEと仙台出身アーティストSADAM YOSHIZAWA (DJ TO-RU君のお兄さん)がコラボし、「鬼」デッキシリーズをリリースすることになりました。デッキをチェックしに、SADAM氏やPREDUCEチームに会いに、友人らと飲みながら時間を過ごしに、そしてSADAM氏とPREDUCEのアートディレクターでありストリートアーティストとして活躍するTRKの共同展示会を見に、遊びに来てください。スケーターじゃなくても、是非是非。
いつもスケボーイベントは男が圧倒的に多くて私は時々モソモソしてしまう。華を添えに、普通にどこかに飲みに行く感覚で女性の皆様遊びに来てください。

同夜CE LA VIではDJ SHORTKUT(FACEBOOKイベントページはこちら)。メインアクトの登場はそんな早い時間じゃないだろうし、GOJA→CE LA VI梯子で楽しくなりそう。

場所:GOJA(プラカノン駅から徒歩可)
日時:5/27 (金) 19:00-遅くまで(展示会は6/26まで)

**PIZZA GALLERYが数量限定で無料でピザ提供

**SADAM YOSHIZAWA** 
1979年2月生まれ。宮城県仙台市在住。クロスハッチング、点描によるイラストレーション作品を多数制作。これまでスケートボードカンパニーを中心にクロージングブランド、ショップ等に多くの作品を提供。国内外で精力的に活動中。オリジナル作品も継続的に製作し定期的な個展の開催や合同展にも積極的に参加し発表の場にしている。
最近では活動分野をさらに広げながら型にハマらない表現手法、表現思考を日々のスケッチを通して探究し、自身の作品制作に繋げている。
SADAM公式サイト:http://sdm-r-arm.com/

LAUNCH OF THE PREDUCE x SADAM YOSHIZAWA ONI DECK SERIES FACEBOOKイベントページ:
https://www.facebook.com/events/1005193989516389/


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2016-05-25 15:40 | スケボー | Trackback | Comments(0)

ソンクラン休暇はKOH PHAYAM(パヤム島) <1>

今年のソンクラン休暇は、何年か振りかも思い出せない程久しぶりに夜行バスでミャンマー国境に近いタイ南部ラノン県のKOH PHAYAM(パヤム島)へ6泊で。

パヤム島はすごく小さい島で、縦10km、横5km。住民はカシューナッツ栽培か漁業に携わる人がほとんどらしい。ミャンマーが近いので、働いてるミャンマー人が少なくなく、タイ語より英語が通じることもたまにあった。移動手段はバイク。細いコンクリート道か未舗道の道で大体どこでも行ける。滞在中たった1台だけ車を見かけた。島を訪れるベストシーズンは10月から5月らしい。

バンコク南バスターミナル遠い・・。金曜日夜の渋滞に巻き込まれて乗り遅れるかと思った。事前にオンラインで予約しておいたNEWMITS社のバス。VIPバスなので飛行機の席よりゆったりしとる。ラヨンまで9時間。片道670バーツ(約2千圓)。安!疲れていたのでおやつや水、毛布が配られてから夜⒐時過ぎ出発。
f0044063_19331587.jpg

ほとんど目が覚めることなく爆睡して朝6時ラヨン到着。港にソンテウ(乗り合いバス)で移動して、スピードボート40分位、B350(約1,060円)。8時過ぎには島到着。
f0044063_19445894.jpg

桟橋到着してすぐの店で1日B150(約460円)でスクーターを借りる。島にはちゃんとしたガソリンスタンドがなく、どこでも瓶詰めで売ってる。のどか。
f0044063_1949187.jpg

宿はRABBIT BAGALOW。AOW KHAO KWAI(バッファロービーチ)から徒歩圏内にある静かで簡素なバンガロウ。オーナーのノイさん、すごく親切。バンコクの外資系企業で長年働き、ある年訪れたこの島が気に入り、土地を購入し、この宿を始め、会社勤務は辞めたそうだ。まだタイ本土から電気供給がされておらず、どこも発電機や太陽光発電に頼っている島なので、このバンガローでも電気が使えるのは夕方から朝まで。でも全然不便じゃなかった。ノイさんはこの島の素朴で平和で静かなところが好きで、それを求めて観光客がこの島に足を運ぶわけだし、本島からの電気供給は不必要と考えてるものの、政府による電気供給を求める人も当然おる。でも電気が供給されたら、資本力がある人間による土地買収や大型リゾートの参入がすぐに始まり、島の良さを失ってしまうことを懸念しているそうだ。

夜はトゥッケー、朝は鳥の声以外聞こえずとても静かで平和。
f0044063_2061295.jpg

私の携帯は絶不調でほぼ使用不可で、SIは仕事のことは極力考えたくない、と宿に携帯置きっぱなし、沢山寝て、ビール飲んで、泳いで、本読んで、のまったり休暇はこうして始まったのでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
# by miyachoTT | 2016-04-30 18:55 | | Trackback | Comments(0)

誕生日会 @12x12

f0044063_12494862.jpg

土曜日はパーティー「GIANT SWING」のNKCHAN(なかちゃん)40歳の誕生日会が12X12で開催され、同じく3月生まれ40歳ということで私ともう一人の女性も一緒に祝ってもらいました。

どうして特に日本人女性は年齢を隠したがる人が多いんだろう。誰でも年齢は重ねていくもんだし、何も恥ずかしいことなんかない、はず。

が、40という数字は少し重い。私こんな生き方でいいのかやあ、と考えさせられる。特に仕事について。プライベートは文句言えん。40ってこんなんでいいかやあとSIに話したら、「いいじゃん、しんどくても二人で支え合っていけば」とさらっと言われた。優しい。でもそれじゃあ解決にならん。結局自分の薄っぺらさが時にゴーンとのしかかってくる。自分自身のことを好きって人、尊敬(自撮り好き人間はあんまり関わりたくないけど、ある意味ああいう人種も凄いなと思う)。

パーティーは1人1つホールケーキ用意してくれ、U-KEY君が誕生日の歌を歌ってくれて、気付いたら朝だった。で、携帯を庭の植木のところに忘れてきた。無事戻って来たけど内部びっしょびしょ。で、人生初39度以上熱が出て、このまま頭がもっと悪くなったらどうしよう、って少し焦った。今週は心身共に不調。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2016-04-01 12:53 | 夜遊び | Trackback | Comments(0)