クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
HALATION ORG...
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

ロンドンでHURWUNDEKI、大英博物館、スケボーショップ、パブ、朝飯。

パウロの死はとてもショックだったけれど、お葬式に行ってちゃんと顔を見てお別れをできたのが彼の突然の死を受け入れ、自分達の日常生活に戻って行く助けになった気がします。

さて、タイに戻って来たものの、全然進まない旅行記の続きをさくっと。

ロンドン2日目はビッグイベントが控えてました。10年以上会ってなかったロンドンをこよなく愛す大学時代からの心の友、MAO君との再会。ちょっと緊張。相変わらずチャーミングでやんわりしたMAO君が嬉しかった。

3人でまずは前日歩いてたら発見して気になっていたカフェ「HURWUNDEKI」へ朝ご飯を食べに行きました。可愛い庭に、売り物でもある洒落たアンティーク、いい感じ。カフェのスタッフのお兄さん達が男前。WI-FIあるし、ゆったりと時間を過ごせます。
Photobucket Photobucket

Photobucket Photobucket


本日の観光コースを決定してから行動開始。まずは憧れの大英博物館 (BRITISH MUSEUM)へ!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 



Photobucket

いやいや、大英博物館、でっかいです。すごいです。余裕で1日しっかり過ごせる。これだけの内容で無料というのが本当にすごい。すごいすごい、としつこいけれど、何がすごいかってこれだけのものを母国に持ち帰って来てしまった大英帝国パワーです。いやー、すごい。

私達は博物館で何時間も過ごしたけれど他にも行く場所あって時間が限られていたので全部見ることができませんでした。途中でSIが「時間ないでアジアセクションは飛ばそう」と。私はアジアセクションすごく見たかったのに「僕たちアジアに住んどるもんで別に見んでいい」だって。ガーーーーン。何て人だ。というか、SIはお腹空いとって、大英博物館前で売っていたキャラメル色に炒めたタマネギがとってもおいしそうな屋台のホットドッグが早く食べたかったらしい。お腹空くとつらいもんね。でもだからってアジアセクションがぼっと却下はひどいぜ。いまだに根に持ってます、私。

個人的にはエジプトセクションが一番楽しかった。これだけ古いものが現代にまだ残ってるっていう時のスケールにしびれます。あの世界史の教科書に載っていたロゼッタストーンやらアフリカ人アーティストが制作したぶっとんだドでかいキヤノンカメラの形をした棺、ミイラを見てビビる子供たちなど、大英博物館楽し過ぎる。いつかロンドンに戻って大英博物館の却下されたアジアセクションをじっくり見たいと思います。
Photobucket Photobucket

Photobucket Photobucket 

Photobucket Photobucket

Photobucket Photobucket

その後晴れたり雨降ったり曇ったり訳の分からない英国の天気に悩まされながらコベントガーデンの方に移動し、20年以上営業を続ける老舗スケボーショップ「SLAM CITY SKATES」行ったり、
Photobucket

目の前の広場の大道芸人のパフォーマンスをパブのテラスで眺めて寒さで震えながらおビールを楽しむ。ここで酒買うときに身分証明書の提示を求められてびっくりした。お姉さん曰く「基本的に白髪じゃないお客さん全員に身分証明書の提示をお願いしないといけないのよね」とのこと。パブ文化のイギリスでもこんなに厳しいの?と驚きでした。
Photobucket

どこか忘れたけどMAO君にギネスが美味いというパブにも連れて行ってもらい、酔っ払いの陽気な英国人と交流。彼の友人が歌うジェームズ・ボンドのテーマ曲に合わせてパイント一気飲みしてくれました。
Photobucket

ちなみにロンドン1日目の朝食はギネス。
Photobucket

3日目の朝食はは肥満まっしぐら&激高カロリーの写真からは伝わらないであろう大盛りさにおののいた英国式朝食。頼んでないのにトーストにはバターがすでにたーっぷりと塗られていた。こりゃあ太るわ。で、緑の食べ物はバブルアンドスクイーク (BUBBLE AND SQUEAK)。
Photobucket

[PR]
by miyachoTT | 2010-09-18 18:42 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://bkkagogo.exblog.jp/tb/14622270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by MS at 2010-09-21 23:40 x
一番下の朝食の写真、あまり美味しそうに見えませんね、miyachoさんの撮り方が悪いという訳ではなく物本体がどうも・・・(笑)大陸の方ではトーストはあまり見ないのでイギリスで見たときは何か懐かしい気持ちになったことを思い出します。最近はどうか分かりませんがイギリスで美味しいコーヒーを飲んだ覚えがありません。

大英博物館を見ようと車で目指したのですが、道に迷ってしまい結局訪れることができなかったです。結構博物館&美術館フェチで各地の主だったところは制覇してるのですが大英博物館は逃してしまいました。
Commented by miyachoTT at 2010-09-22 22:43
この朝食、とにかく写真では伝わらないボリュームで食べきれませんでした。ですが以前イギリス人の男性と付き合っていたときに、頻繁に自宅でベークドビーンズを食べたり、時々スクンビットソイ24と22の間にあるアイリッシュパブに本場のイギリス朝食を食べてたので、ものすごいおいしい、というものではないと思いますが慣れやなんだかんだでイギリス風朝食嫌いではないです。しょっちゅう食べるものではありまえんが。笑。ですが厚みがあるベーコンは食べ甲斐があっておいしかったです。

大英博物館は素晴らしかったです。また是非行きたいです。
Commented by MS at 2010-09-25 00:46 x
イギリス式朝食は朝食と言うよりブランチですね。昼になってもおなかが空きません。
このベークドビーンズは以前食べた事あるんですがどこで食べたのか今では思い出しません。やはり思い出がいっぱいある食べ物はmiyachoさんにとって最高の料理なのでしょう。
Commented by miyachoTT at 2010-09-26 18:24
そうですね。ブランチ、ましてやこの量ではドカーンと夕食にもなります。昼になってもおなかが空かず、夜食べて寝たら翌日胃もたれにもなりそうな食事です(でも嫌いじゃありません)。
そんなに好きではない甘いベークトビーンズも時々缶詰を買ってしまいます。豆は栄養があるから、と思いつつこの甘さは不健康ではと思ったり。好きな料理は「おいしい」から好きというものと、「そうおいしいわけではないけれど思い出があるから」という理由で好きなものが確かにあると思います。