クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
HALATION ORG...
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

パーティー「LUSH」 @GRASS CONCEPT、カレールー

怒濤のプロジェクト昨晩遅くに完了!お昼に茄子、ツナ、めんつゆ、にんにく、オリーブオイル、刻み海苔、大根おろしで作ったパスタが激ウマでうっとりしつつ、ふとカレンダーを見て硬直。翌日が締切日と思ってたら正に昨日が締切日。日付間違えてた。午後は半べそで猛烈に翻訳マシーンに変貌しました。毎日これだけの集中力があったら私かなり有能人材かも。日付には気を付けよう。ああ疲れた。
Photobucket

さて、金曜日はちょろっとトンローの「GRASS CONCEPT」という最近新しいレストランやバーがオープンしてるコンプレックスで行われた慈善活動を目的とするパーティー「LUSH」に行ってきました。複数セクションを使用しDJ10人以上ということである程度の規模であるのは予測していたものの、その賑わい様に驚き。ずっと会ってなかった知り合いにも何人か偶然会えて嬉しかった夜でした。
ウェルカムドリンクのショットが疲れた体に染み渡る。
Photobucket

途中で会場の一部でガス爆発だかガス漏れだかの騒ぎがあって音楽中断するは人々は避難して何が起きたのか動揺するは、何だったのか。それでも無事DJ TO-RU君もDJ再開。ガツンとタイトなヒップホップセットに興奮しました。フロア全体がとても盛り上がってて2時過ぎ終わりなのが非常に名残惜しかった。誰も帰りたがってないからもうちょっとやらせて、とオーガナイザーの一人にお願いしたけどそこでお開き。ちぇ。
Photobucket

Photobucket

Photobucket

Photobucket

日本で1つのフロアを固めた今回のLUSHパーティー。DJ HIROO君、DJ MASA君、DJ TO-RU君、お疲れさまでした!皆大好きです。
Photobucket

パーティーが終わった後ついつい屋外席でお喋りが弾んで帰りが随分と遅くなってしまった。でも数日間プレッシャーや疲れ、ストレスが積もりに積もって精神的にパンパンだったのが、翌日起きたらすっかり消えてた。心も体も急にフワッと軽くなった感じ。笑うことって大事。皆に救われました。

まあそんな感じでここ最近ピリピリと張り詰めた生活をしてました。疲れがたまるとガッツリ系飯を体が欲する。ハンバーガーとかカツ丼とかカツカレーとか、油&肉です。で、どうしてもカツカレーが食べたくて、しかも店のカレーじゃなくて自分で作った野菜がゴロゴロしたカレーじゃないと嫌で、でもフジスーパーやヴィラに行ってる時間(と言うか心の余裕)もない。そこでSIが「僕がフジスーパーに仕事の帰り行って来るよ」と。こくまろカレールー、日本米(輸入された高級のじゃなくてタイ産の日本米)、力士の絵がついた冷凍うどん等、西洋人には少々ハードルが高いんじゃないかと言う買い物リストを渡す。ルーが多分分からんくて電話あるだろうなとその夜SIから連絡がちっともないので大丈夫かとソワソワソワソワしてたら無事帰宅。ちょっと気分は「はじめてのおつかい」のお母さん。お願いした食品も鶏肉以外完璧買って来てくれました。予想通りこくまろカレールーが分からず、カレーコーナーの前でずーっとカレーを1種類ずつチェックして迷ってたSI。そしたら多分英語が苦手な日本人青年がレトルトカレーを手にしていたSIに「それは違うよ」とタイ語で教えてくれたそう。SIの買い物かごに玉葱や人参が入ってるの見て、「君が必要なのは出来合いのレトルトカレーじゃなくてルーだよ」と言いたかったのが伝わり、無事ルーが購入できました。本当に彼に救われた、親切な人がいて良かった〜、とニコニコ帰ってきました。誰か分かりませんがルーが分からず途方に暮れてたSIを助けてくれてありがとうございました。ええお話じゃ。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2010-11-30 16:03 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://bkkagogo.exblog.jp/tb/15075336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Sa at 2010-11-30 21:58 x
イベント後のおしゃべり楽しかったですね♪
あの後プロレス技の話したら、また技をかけられました。w

カレールーのお話、心が温まりますなー^^
Commented by あづさ at 2010-12-01 00:46 x
ええお話やーなー
おろおろして買い物するSIくん想像したら
助けるわーわたしも


またご飯しよねー



Commented by al17 at 2010-12-01 01:11
こんばんは~^^
遅ればせながら その節は当方にお立ち寄り下さり
激励のお言葉を有難うございました。
とっても素敵なブログですね(*^_^*)
常夏の国憧れです~日本は大分寒さが増して
来ましたよ。又お邪魔をさせていただきますね。
Commented by ナオ at 2010-12-01 08:01 x
タコ~!
後10日だにぃ~\(^o^)/
アタシャ、わくわくだにぃ。
最近、三谷にすき家が出来ただにぃ~(o^v^o)
凄いだらぁ!
Commented by miyachoTT at 2010-12-01 10:54
Saちゃん::
イベントも楽しかったけど、その後の蚊(毛。笑)にさされながらのお喋りがド面白かった〜!溜まってたストレス/疲れがスコーン!と消えました。びっくり。
技またかけられたの?本当皆外でのイメージやキャラと、家の中/彼氏彼女でしか分からない顔とあって面白い。そのギャップがいいなぁ。

では金曜日!
Commented by miyachoTT at 2010-12-01 10:57
あづちゃん::
ひさしぶりー!お元気?年末日本帰る?
いやぁ、無事ルーを買って来てくれて良かったです。助けてくれた青年に感謝。でさ、チキンカツ用の鶏肉がドドーンと骨付きのやつだったので、「カツ作るのに骨取らんといかん、惜しい、これでボンレス買って来てくれたら100点だった」と言ったら、「いつもカツカレーは豚肉のカツだもんで、鶏肉バージョンのカツはよく分からんかった」だって。なるほど。
Commented by miyachoTT at 2010-12-01 11:01
al17さん::
遊びに来てくださってありがとうございます!
あきさんくらい料理が上手だと彼氏が私にとりこになってくれるかも知れません。笑。ブログフォトの本も来月帰国した際に購入しようと思ってます。
お元気ですか?寒くなってきた日本で体調を崩さず頑張ってください。わざわざコメントをいただきありがとうございました。ドキドキしてしまいました。
Commented by miyachoTT at 2010-12-01 11:03
ナオ::
ナオのブログみて三谷にすき家ができたことを知って驚いた。北通り?すごいぜ〜。絶対行く。
今日でもう12月。あと2週間ないよ。皆で飲みたいわ!となると週末?それともナオの休みの前夜?楽しみにゃーん。
Commented by hattorisakemeshi at 2010-12-03 01:36
おおっと、コメントが遅れたぜ(笑)
しかし、盛りだくさんな記事だすなぁ。
トンローにそんな場所ができたーの、MASA君ひさしぶりーの、えっ?カレー作るのーの、Si何やってんねーんーの、その日本人青年、ええとこあるやーんの、その場にオレもおりたかったーの。 色々ありーので、ほな、この辺で失礼しますーののの・・!
Commented by miyachoTT at 2010-12-03 14:25
こんにちはー!あいかわらず文章にリズム&ライムがあっていいですね〜。
そう、トンローの新スポットです。最近新しい店開拓全然してません。もったいない。
今からランチで数年振りに水琴行ってきまーす!うどんだ、うどん。
Commented by あづさ at 2010-12-03 22:25 x
ちょっとーやめてー
hattori氏ぃぃぃー
またTちゃんの冷静なコメが更に笑えます。
あー1人で爆笑したわー
Commented by miyachoTT at 2010-12-04 13:24
うふふ。笑いに厳しい関西人に笑いを提供できてなによりです。光栄なり。