クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
HALATION ORG...
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

ライチ!

f0044063_1850195.jpg

ライチが美味しい!食べられる期間はとても短く貴重。飽きるまでせっせと果汁で手をベトベトにしながら食べたいと思います。幸せ。日本の家族や友達に送ってあげたいくらいです。

そりゃ日本の四季に比べたら季節の変化が今一なタイだけど、こうやって旬の果物の移り変わりで季節を感じます。まあその前に大雨、雷、傘差してもタクシー拾える前にビショビショに絶対なるもんで出掛けたいのに出掛けられない状況に陥る、なんて日々でどっぷり雨期を体感中。

SIの北京土産話。北京でスケボーしてたら木陰で大人の男性がしゃがんでうんちしててびっくりした。1分毎にどこからか「カーーーーー、ぺッッ」と痰吐く音がしたのは困った。中国全土の地方料理がド安く食べられて、北京は美味い。朝まで飲んだ帰りに食べる、自分達の横で包んで調理したできたての餃子がすごく美味しい。ディープ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-06-11 19:01 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://bkkagogo.exblog.jp/tb/16113631
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by emi at 2011-06-11 21:34 x
「カーーーーー、ぺッッ」
懐かしい。。。。

昔、中国に住んでて。
この音がかなりのストレスになって外出拒絶反応になってた時期があったんです(笑)。
Commented by takoome at 2011-06-11 22:14
ライチやら今のころころした果物で酒を作って、それがビネガーになったら無茶苦茶美味いのです。
お腹にばっかり入れないで作ってみたら如何でしょう、;)
Commented by miyachoTT at 2011-06-12 01:06
emiさん::
外出拒絶反応が出るとは余程ですね。時間と共に慣れるのか、とにかく耳に入って発狂しそうになるか、どうなんでしょう。えぐいです。いいな、と思った男性が「カーーーーーー、ペッッ」としたら、一気に恋心が冷えそうです、例え文化の違いだとしても。
Commented by miyachoTT at 2011-06-12 01:08
takoomeさん::
ライチ酒、いいですね!今軽くネットで作り方を調べてみました。が、ああいう酒を漬ける入れ物は売ってるものですか?ホワイトリカーはこっちで手に入ったかしら?ブランデーで漬けるとすごく高くなりそうですし、ああ、でもおいしそう。作りたくなってきました。でも作れるかしら。どうしようかな、なんて思ってるうちにライチの季節が終わってしまいそう。でもライチ酒、本当においしそうです。
Commented by takoome at 2011-06-12 14:21 x
センソンでもいいし、多分、泡盛でもいいと思う。
私は今度、タイのブランディー「メリディアン」で作ろうかと思っています。
要はアルコール度の高い物を使えばいいかと・・・・、トライ!
Commented by miyachoTT at 2011-06-15 08:02
あ、なるほど、メリディアンという手があるのですね。と言いつつライチを食べている最中。まずは市場で売ってた1本B100のライチワインを冷やして飲むのが楽しみ。さあ、ライチが手に入るうちに酒造りに辿り着けるか、私。