クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
HALATION ORG...
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

暗闇で食事「DID (DINE IN THE DARK)」

f0044063_1201832.jpg

10日程前、ひさえちゃんとあやねちゃんと「DID (DINE IN THE DARK)」というアスコット・サトーン・バンコクにグランドオープンしたばかりのレストランへ。完全なる暗闇にて食事をするというちょっと変わったところです。お店の紹介はこちらに書きましたのでお読みください。

受付ロビーから真っ暗なダイニングルームに行くには、目の不自由なウェイターさんを先頭に列を作り、皆で前の人の左肩に手を乗せてむかでのようにゆっくり歩いて席に案内してもらいます。いつまでたっても何も見えない環境。慣れるのに少々時間がかかった。最初はなんだか不安だったけど、楽しい。見えない分、嗅覚、味覚をフル回転。しばらくしたらウェイターさんが隣に来ると、音はしなくても体温が伝わり彼の存在に気付くようになった。ほう。今口に入れたものは何だろう?皿と口の距離がつかめず気付いたらちょいと猫背で前かがみっぽく食べていた。料理をスプーンですくったはずが、口に持って来たらスプーンに何も乗ってなかった。料理を食べ終えたかどうか分からず皿を指でなぶっていた。「この酸っぱいのってXXだよね?」と皆で食べてるものを確認。普通の食事とは大違い。

マネジメントチームの知人と色々話したら、オープン前はどんな反応が客から戻ってくるか不安だったそうだ。タイ人はお化けを強く信じてるから暗闇での食事というコンセプトを受け入れづらいのでは、理解してもらえるだろうか、などなど。いざオープンしたら客層はタイ人西洋人がほぼ半々で、皆楽しんでるそうだ。

とにかくワシワシもりもり食べたいんだ、という人ではなく、「味わって食べる」という行為を楽しめる人を誘っていくべしレストラン。音にも敏感になるので、くちゃくちゃ食べ方が汚い人と行くと恋心が冷めるかもしれん。

4月8日まで4人以上で予約すると1,300バーツ相当のワインでCASCINE 7かMCGUIGANが1本無料です。1) info@DIDexperience.com宛に予約メールを件名「GROUP PROMOTION」とし、名前、電話番号、予約希望日、人数を記載して送信してください。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-03-27 01:51 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bkkagogo.exblog.jp/tb/17354076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。