クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

プミポン国王崩御

f0044063_14110127.jpg
国民から敬愛され、国を導く父として慕われていたプミポン国王が先週木曜日に亡くなりました。王様の人生、生涯どれだけ国に尽くした人だったか、そして現在のタイの国の様子など、国内外メディアによって連日多く報道されています。

王様の回復を祈って王様の肖像を抱えてシリラート病院に集まった人たち、崩御ニュースにすすり泣く人たち、病院から王宮に王様の遺体が移送される際、冥福を祈り沿道に集まった人たち、今も毎日王宮に足を運ぶ大勢の人たち - どれだけ国民に慕われていたか、外国人はただただ驚くレベルです。ただただ、すごいな、と。

反面、やれSNSに王室を中傷する発言を投稿した、と特定個人が怒りを露わにする群衆に囲まれたり、黒服を着てないからと責められたり、不謹慎狩り的風潮は少し怖い。そんな人はほんの一部だけど。そして非常に厳しい不敬罪が存在するタイ。王室に関する報道の厳しさは半端ない。タイ人は不敬罪に触れるからとても報道しないだろう内容に海外メディアは触れていて、報道した西洋人ジャーナリストのフェイスブックアカウントに投稿される怒りコメントが結構怖い。デモが発生したり政治不安定が続き、海外メディアがタイにおける王室の存在・役割や民主主義について報道するとよく聞こえる「外国人に理解できるわけがない」という声。言いたくなるのも少し分かるけど、こういう排他的なところは嫌だなと思う。

タイ人の友達が「とにかく生まれたときからプミポン国王がいて、それが当たり前だったから、今度どうなるんだろう」と言っていた。娯楽業界は別として、経済活動が停滞することなく予想以上に日常生活が維持されているバンコク。新しい時代の幕開けです。

+++++++

密室状態で音楽を抑えれば良し、とバーやクラブの営業再開が予想以上に早い。今晩DARK BARはパーティーの告知してるし、週末SAFE ROOMでもイベントあり。MUSTACHEは今晩パーティーで、1時間飲み放題。「酔っ払おう」とイベントページに記載されているけど、個人的にしばらくDUDE MAGAZINEにバンコクのパーティー情報を投稿するのは控えると思う。なんだか居心地が悪い。そりゃみんな食べて行かんといかんとは言え、早すぎる気がする。

昨日一部のバーオーナーたちがフェイスブックで「昨晩はどこが何時まで営業しとった?」とチャットしていた。警察は午前2時まで営業許可と言い、軍は午前0時と言い、どっちなんだと困っていた。タイだなあ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2016-10-19 15:14 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bkkagogo.exblog.jp/tb/26477231
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。