クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

HOUSE OF BAK KUT TEH(肉骨茶之家)@スクンビット・ソイ49

この前通りかかってから気になっていたスクンビット・ソイ49の「HOUSE OF BAK KUT TEH(肉骨茶之家)」。有名クイッティアオ店「セーウ」の横。肉骨茶が食べられるトンローのお店と言うと「BOON TONG KIAT HAINANESE CHICKEN RICE(ブーン・トン・キアット・カオマンガイ・ハイラム)」くらいしか思いつかない。

肉骨茶はシンガポールで数度しか食べたことがないので、本場シンガポール人やマレーシア人の判定は分からないが、胡椒が効いたたっぷりのスープに「肉!」とガッツリ肉感がある豚肉を骨から剥がしてかじり、揚げパンをスープひたして、高菜やご飯をお供に満足。時間がなくてビールもお茶も飲めず残念。中国茶が何種類かあり、美味しそうだった。

f0044063_10371610.jpg

本当はお昼に行ったんだけど、空いてなかった。店内を覗いていたら「すみません、夕方5時からの営業なんです」と話しかけてくれた人は、スクンビット・ソイ34のクラフトビールバー「BOTTLES OF BEER」のシンガポール人オーナー。最近チョンノンシーに新店舗をオープンさせたばかりなのに、肉骨茶店までとは。今後はこの店の2階をスピークイージー風のカクテルバーにし、夜遊び後の食欲旺盛若者のために肉骨茶之家も明け方まで営業する予定だと。お昼営業の予定はあるのか聞いたら、「お昼から店開けたら体がもたない」と笑っていた。

いろいろな肉の部位を選べるけど、上の写真のやつがお店のオススメで120バーツ。近所だし、ちょこちょこお世話にこれからなりそうだ。食器もお店の外壁の絵も可愛い。

今、東京のホテルのロビー。チェックインまで時間あるもんでロビーで作業しとるだけど、飲食禁止。ロビーで飲み物も駄目って・・。日本は規律が整って立派な国だけど、時々「え、そこまで?」と驚く。飲み物くらいいいじゃんか。

しかし機内食のオムレツって何度どこの航空会社のもの食べても本当にまずい。いつも選んだことを後悔する。今回ひさしぶりに頼んでみたらやっぱりまずくて、もう本当にこれから選ぶのやめようと思う。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

[PR]
by miyachoTT | 2017-08-28 11:00 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bkkagogo.exblog.jp/tb/28102433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。