クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

Tsukiyo @エカマイ・ソイ12

            Photo Sharing and Video Hosting at Photobucket
先週NBAの東コンファレンスで衝撃的にピストンズがキャバリアーズに負けた結果、私もDMGとの食事の賭けに負けたし、今日はカラムの誕生日でもあったので、近所に食事に出掛けました。「Tsukiyo」はスクンビットソイ63からエカマイ12に入りずーーーっとまっすぐ行って左側、洗車屋の反対側にあります。元々エカマイ・ソイ20にあったのが、今年に入ってソイ12に引っ越してきた、タウンハウスを改装した小さな洒落た店です。バーかとずっと思ってたらお食事メニュー (タイ料理) もお手頃値段で充実。靴脱いでジャミロクワイやダフトパンク聞きながら友達とまったりできる場所です。喫煙可&シーシャ有。
↓揚げた空芯菜のヤム (90バーツ) 、鶏肉とカシューナッツ炒め (値段忘れた) 、雷魚のゲーンソム (220バーツ)。ビールはタイガーが小瓶90バーツ。
Photo Sharing and Video Hosting at Photobucket Photo Sharing and Video Hosting at Photobucket Photo Sharing and Video Hosting at Photobucket
↓2階は薄暗くこんな感じ
Photo Sharing and Video Hosting at Photobucket Photo Sharing and Video Hosting at Photobucket Photo Sharing and Video Hosting at Photobucket 床は掘りごたつ式になっておらず、DMGは床に座るのが苦手な典型的な西洋人なんで3分で足がしびれて苦しそうでした。靴下に穴が空いてて、非常に居心地が悪そうだったし。
カラムが生きてたら今日で41歳でした。1966年6月6日生まれ。「6」の人でした。今朝姉が起きたとき、「今日はカラムの誕生日だったな」と時計を見たら6時6分だったそう。ただの偶然か、それともカラムが仕掛けたのか。以前「亡くなった方達に対して一番してはいけないことは彼達のことを忘れること。いつまでも忘れずに思い出してあげることが一番の供養ですよ」と法事のときに言われました。僕のこと忘れるなよ、と来たのかもしれん。生きてたら私たちはどうなってたのか、と誰かのことを「もし生きてたら」と考えなくてはならないのは悲しいことです。
しかしほろ酔いで撮った写真はひどいもんだ。Tsukiyoのウェブサイトはこちら。火曜日休みです。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2007-06-07 01:50 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://bkkagogo.exblog.jp/tb/5553565
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by anthonberg at 2007-06-07 18:22
私も座るの苦手です。←日本人?(^^;;;
こたつ式じゃないとキツいですよね。靴下に穴があったらさらに気まずいと思いますよ。(笑)
1966年6月6日なんて凄い誕生日ですね…。亡くなった人を忘れて生きる事も大切ですが、日常で毎日思い出さなくても大切な日に考える事は大切だと思います。
私も3年経ってやっと毎日父の事を考えなくなりました。でも命日が近くなると落ち着かなくなります。何となく、亡くなった人がそばに来て、思い出すようになっているのかな〜と思いますよ。
Commented by miyachoTT at 2007-06-07 19:37
えー、床苦手なんですか?デン化してきましたね・・。笑。昨晩彼氏は靴下の穴がしかも両足親指にあって、かなりしょぼかったです。靴を脱ぐとは不覚だったらしい。
両親が老いていき、いつか入院したり手術を受ける姿を想像するだけで涙が出そうになります。ましてや両親がいつか亡くなるなんて、自分がどのように受け止めるのか考えられません。いつまでも元気でいてほしく、でも誰もが老いていつかは亡くなってしまうのは当然なんですけど。亡くなった方たちがそばに来て、思い出すようになっているのかな、ってのは賛成です。どこかでつながってると思います。