クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
HALATION ORG...
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

カオサン&Tapas&Luminous

昨晩はLTJ BukemがBedsupperでまわしてたけど、1,250バーツはどうかと思い、その分買い物したほうがいいよ、とYとカオサンから夜遊び開始。すごい混み様の中TシャツとCDの買い物し、路上のバーに座ってビール飲みながら人間観察し、Gulliver'sへ。ここもまた相変わらずの混み様で、でも「これだけは聞きたくない」という曲ばかりとことん流れ、おなかいっぱいげっそりになったので、他の友人と合流するためシーロム・ソイ4のTapasへ。
まあ楽しかったけど、向かいのヒップホップクラブが気になったのでまた移動。バンコクでは老舗だったヒップホップクラブ「Speed」はいつの間になくなったんだ?新しい「Luminous」は250バーツで1ドリンク付でした。何も期待せずに入ったら、途中でLL Cool Jの「Doin' It」がかかって、お?と思ったら、Jay-ZとNotorious B.I.G.ががんがんかかって、KRS Oneの「Step Into A World」やMary Jの「Real Love」がかかったときはYとキャーキャー言ってしまった。最近のヒップホップが好きじゃないわけではなく、90年代のヒップホップが特に好きなんだ。思い入れもあるし。そしてヒップホップの歴史が非常に浅いタイで90年代の曲をこれだけわーっと聞かせてくれる場所、イベントはそうないので、とっても嬉しかったのでした。昨晩のLuminousは、眼鏡かけたぽっちゃりおぼっこい顔のDJとThaitaniumのMCで、Thaitaniumあんまし好きじゃなかったが、昨晩ちょっと好きになりました。
で、今日調べたらその眼鏡のぽっちゃりおぼっこい顔のDJはDJ Buddahだったことが判明。線の細い男の子ばかりでタイ人男性を見て「男前」と思うことは滅多にないのだけど、Thaitaniumのスキンヘッドの彼はかなり男前だと思います。写真見たい人はこちら
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2007-08-11 17:48 | 夜遊び | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://bkkagogo.exblog.jp/tb/6101395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by anthonberg at 2007-08-11 19:25
男前という言葉に敏感なおばさん、anthonbergです。(笑)
勿論サイト観ましたよ〜〜!御勧めのスキンの彼って一番最初の写真の真ん中の人ですよね?確かに一番男前かも?!私は一番右の背がちょっと低いドレッドの彼もいいなぁ〜と思いました。(^^)
オレンジジャージの彼が私のイメージするタイ人なんだけど、今はHip Hopが流行っているだけあってみな流行のファッションをしているんですね〜。私は今アジア人をあまり見ていないから凄い新鮮な気持ちでタイの男前を見た気分です♪
Commented by miyachoTT at 2007-08-12 13:57
お、「男前」という言葉にさっと反応されましたね。ふふ。
そう、最初の写真の真ん中の彼です。渋い。ドレッドの彼たちもタイヒップホップユニット「Thaitanium」のメンバーで、皆ニューヨークで育って、英語とタイ語の混ざった音楽作ってます。だからそんな彼らみたいな背景を持ったタイ人から、多くの人が想像するような「タイ人」っていうタイ人(意味が広すぎ、曖昧でよくない表現だなぁ)から、多種多様。海外育ち、海外留学してた人たちが外のものを持ち帰り、自国風にアレンジして、どこの国でもそうだけど、オリジナルを大切にしつつ外のおいしいとこどりしてどんどん文化って発展していくんでしょうね。