クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

2017年 04月 19日 ( 1 )

「ゴースト・イン・ザ・シェル」@SCALA

f0044063_00250752.jpg

今月頭にハリウッド版「ゴースト・イン・ザ・シェル」を観にSCALAへ。ハリウッド色で「攻殻機動隊」がおかしなことになったら嫌だなあと思っていて予告編を見たらいい感じ。まあまあ期待して映画を観に行き、なかなか良かった。未来的都市の映像が特にトリッピーで、バトーが悪くなかった。「おお、バトーじゃん!」と。アジア作品の白人化で賛否両論のスカーレット・ヨハンソンも。

「思ったより良かった」と鑑賞後SIに言ったら、「でもやっぱり少佐はアジア人女優が演じるべきだった」「世界観の描き方が単純化されとった」と厳しい。そんなに原作に思い入れあったっけ?とちょっと驚いた。

で、インスタに写真投稿して『「ゴースト・イン・ザ・シェル」悪くなかった』と書いたら、攻殻機動隊ファンの外国人友達数人からこの新作に対する熱い不満コメントが返って来るし、皆でホアヒンに行く道中、車の中でこの映画の話題になり、外国人友達数人が口々に世界観の描き方が浅いだの、アジア人女優じゃないといかんだの文句言い、「T(私)、日本人としてどう思った?」と意見を求められ、「悪くなかった」と言ったら倍になって反対意見が返ってきそうで適当にモソモソ答えておいた。

いまだに今回の『「ゴースト・イン・ザ・シェル」良かった!』と言う人に出会ってない。皆厳しい。こりゃあハリウッドは「AKIRA」触らんほうがいい、絶対。怖い怖い。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2017-04-19 00:53 | 映画 | Trackback | Comments(0)