クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

2017年 09月 12日 ( 1 )

ライブジャズバー「BLACK THE JAZZ SPOT」@トンロー・ソイ25

土曜日はSAKE+SOUND @折原商店→BLACKグランドオープンとハシゴする予定が、折原商店に到着してしばらくしたら急に体調悪くなってすぐ帰り、BLACKに行けずとても残念だった。

カクテルバー「BRONX」の跡地にオープンした「BLACK THE JAZZ SPOT」は、ライブジャズバー。設立者IDRIS DAWUD氏は、ビバップ時代が終わる頃、ジャズミュージシャンが生活費を稼ぐために商業的なビッグバンドジャズを演奏しなければならなかった頃にフィラデルフィアに生まれ、ハーレムで育ったトランペット演奏者でありボーカリスト。アジアや米国で長年にわたりジャズの世界で積極的に活動する、自称「シリアス・ジャズ・ムーブメント」に力を注いでいる。「長年下知の音楽シーンにおいてジャズを成長させようと努力してきた。BLACKをオープンさせることで、現地の才能あるジャズプレーヤーたちが出会い、今までパーフェクトを目指し自身を捧げ、努力を重ねて身に付けたことを活用できる場所、そして音楽に影を投げ掛ける要素に妥協することなく品質高い音楽を観客に対して保証できる場所を提供できる。これが私や他の関係者全員にとっても優先事項であり、バンコクのジャズシーンのレベルを上げ、音楽を愛する人々にジャズの深い側面を紹介することをビジョンとする。」と。

f0044063_01013529.jpg

前国王の影響に違いないが、タイはジャズが盛んだけれども、高級ホテル以外でもっとカジュアルにライブジャズを楽しめる場所が限られている。自分の経験から、ジャズ演奏者として腕をあげるには何より経験が必要であり、そんな経験を積める場所を地元アーティストを中心に提供していきたい、とIDRISさんが説明してくださった。

確かビールがTHB200で、カクテルも高くない。ライブジャズが聴けて、平日はカバーチャージなし(金、土は1ドリンク込みでTHB400)で、とても良心的だと思う。行けんかったグランドオープンはとても賑わっていたと聞いた。成功して長く続きますように。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2017-09-12 01:14 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)