クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
HALATION ORG...
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

カテゴリ:未分類( 211 )

台湾まぜそば「麺屋はなび」@トンロー駅前

先週末、トンロー駅前にできた名古屋発ラーメン屋「麺屋はなび」へ。台湾まぜそば発祥の店だそうだ。

名古屋まぜそば。麺がもちもちして美味しかったけど、タイ在住が長く、辛い料理がSIも私も好きだけど、相当辛かった。途中で頭がモワーンとしてくる位。SIは「辛過ぎると思った日本料理初めて食べた」と(台湾風だけどさ)。
f0044063_19252688.jpg
麺を食べ終わったら、丼に残ったタレにレンゲ1杯の「追い飯」を、と無料でご飯を提供してくれるんだけど、辛過ぎてひき肉が残してしまい、タレにもつけず、白飯そのまま食べた。それでも口の中のヒリヒリが収まらず、コンビニで買ったクッキーかじりながら帰宅。

なんか試合に負けたような悔しい気分。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


[PR]
by miyachoTT | 2016-10-22 19:46 | Trackback | Comments(0)

プミポン国王崩御

f0044063_14110127.jpg
国民から敬愛され、国を導く父として慕われていたプミポン国王が先週木曜日に亡くなりました。王様の人生、生涯どれだけ国に尽くした人だったか、そして現在のタイの国の様子など、国内外メディアによって連日多く報道されています。

王様の回復を祈って王様の肖像を抱えてシリラート病院に集まった人たち、崩御ニュースにすすり泣く人たち、病院から王宮に王様の遺体が移送される際、冥福を祈り沿道に集まった人たち、今も毎日王宮に足を運ぶ大勢の人たち - どれだけ国民に慕われていたか、外国人はただただ驚くレベルです。ただただ、すごいな、と。

反面、やれSNSに王室を中傷する発言を投稿した、と特定個人が怒りを露わにする群衆に囲まれたり、黒服を着てないからと責められたり、不謹慎狩り的風潮は少し怖い。そんな人はほんの一部だけど。そして非常に厳しい不敬罪が存在するタイ。王室に関する報道の厳しさは半端ない。タイ人は不敬罪に触れるからとても報道しないだろう内容に海外メディアは触れていて、報道した西洋人ジャーナリストのフェイスブックアカウントに投稿される怒りコメントが結構怖い。デモが発生したり政治不安定が続き、海外メディアがタイにおける王室の存在・役割や民主主義について報道するとよく聞こえる「外国人に理解できるわけがない」という声。言いたくなるのも少し分かるけど、こういう排他的なところは嫌だなと思う。

タイ人の友達が「とにかく生まれたときからプミポン国王がいて、それが当たり前だったから、今度どうなるんだろう」と言っていた。娯楽業界は別として、経済活動が停滞することなく予想以上に日常生活が維持されているバンコク。新しい時代の幕開けです。

+++++++

密室状態で音楽を抑えれば良し、とバーやクラブの営業再開が予想以上に早い。今晩DARK BARはパーティーの告知してるし、週末SAFE ROOMでもイベントあり。MUSTACHEは今晩パーティーで、1時間飲み放題。「酔っ払おう」とイベントページに記載されているけど、個人的にしばらくDUDE MAGAZINEにバンコクのパーティー情報を投稿するのは控えると思う。なんだか居心地が悪い。そりゃみんな食べて行かんといかんとは言え、早すぎる気がする。

昨日一部のバーオーナーたちがフェイスブックで「昨晩はどこが何時まで営業しとった?」とチャットしていた。警察は午前2時まで営業許可と言い、軍は午前0時と言い、どっちなんだと困っていた。タイだなあ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2016-10-19 15:14 | Trackback | Comments(0)

祖父

93歳の祖父が亡くなり、急遽帰国中。

約1年前、脳梗塞後リハビリ病院に入院していた祖父を訪れた。その日、今は(一応)平和な平成なのに、祖父は第二次世界大戦の渦中と信じて「ヘルメットがない」「鉄砲の弾がない」「満州行く」など言い続け、とても可哀想だった。一生懸命何十年と生きてきて、この年齢になってどうして戦争の記憶に怯えなくてはいけないのか、と腹立たしかった。丁度安保関連法案が連日話題になっていた時期。戦後70年という節目だったし、祖父のこともあって戦争についてとても考えさせられたときだった。

祖母が3年前に亡くなり、祖父も亡くなった。両方の親を失った母の悲しみ、寂しさを想像できない。いくら覚悟ができていたとしても、いくら人が慰めの言葉をかけようとも、親を失くすつらさに変わりはない。そして私には血の通った祖父母全員がこの世からいなくなった。祖父がもう少し生きることができたら、来月初の曾孫に会うことができた。一世代が消え、新世代が生まれる。こうやって年を取っていくことを実感した。

今年に入って大好きだった義母が亡くなり、実家で10年以上愛されていた飼い犬が死に、仕事はイマイチだし、愛着を持っていたアパートはオーナーが土地を売却したため立ち退きとなりもうすぐ出て行かんといかんし、こうして祖父が亡くなり、2016年は、しんどい。暗い側面ばっかり見とったらいかんって分かっとるけど、時々やり切れん。

祖父が生前に、戦争を生き延びた自分は1度死んだと一緒で死ぬのは怖くないと言った。あっちで両親や美智江(祖母)が待っとる、と。気丈だった義母も「自分は良い人生を送った。明日死んでもいい。」と元気なときに言っていた。でも亡くなるほんの少し前に「もういい」と言ったけど、「死にたくない」とも言って泣いた。自分の命がもうすぐ絶えるという事実を平穏に受け入れることができる人がどれだけいるんだろう。

両親が健在で、生まれ育った家が存在し、帰国すれば姉妹も姪もおって、でもこれだって永遠じゃない。家族が愛おしい。自分は恵まれとる。なのに世話になりっぱなしで何もお返しができんしょぼ人間で申し訳ない。

f0044063_1462351.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2016-06-05 02:00 | Trackback | Comments(0)

DREG SKATEBOARDSビデオ"สุ่มสี่สุ่มห้า"上映会 @フアムム・マーケット

土曜日はタイのスケボーブランド「DREG SKATEBOARDS」の初となるフルレングスビデオ「สุ่มสี่สุ่มห้า」の上映会へ。
f0044063_23472173.jpg

しかし、カセート・ナワミン、遠い!DREGのビデオの前にHUF THAILANDのプロモビデオをまず上映予定だったのだが、PREDUCEスケーターが数人属しているHUFのビデオを上映時の皆の反応を何より見たかったSIだが、遠いし、渋滞だし、遅刻して見逃した。がっかり。

が、フアムム・マーケット、良い感じ。タイも冬ということでなかなか涼しく、屋外でビデオ観て、皆でビール飲んで、ずっと会ってみたかった方にも会えたし、満足満足。スケーターではないのでビデオ自体の感想やスケーターについて語ることはできんが。
f0044063_23561272.jpg

この夜もっと飲みたかったけど早めに帰ったのは、翌日日曜日の朝からインプラントだったから。この前の抜歯2本より大丈夫よー、なんて爽やかに先生は言ったけど、いくら麻酔が効いているとは言え、骨ゴリゴリとか何とも言えん。正月まで酒飲んじゃいかんと言われてショック。その日は良かったけど、翌日からほっぺた腫れてハムスターみたいになった。

本日水曜日。まだ微妙にハムスター面だけどお正月休暇で愛知に帰る途中、ただいまホーチミンの空港でフォー食べたところ。まずかった。飛行機の中でヘッドフォンもせずドドドガガガガと戦争映画をiPadで観て喜んでいる馬鹿青年がいた。バッカじゃないの。搭乗待機中は両脇に座っていたおじさんが貧乏揺すりを延々としとってこっちまで椅子揺れるし、今も後ろのテーブルに座っとる一家が子供に大音量でゲームやらして平気に食事しとるし、イライラ要素から今晩は逃れられん。もう酒飲んじゃおうかや。やっとれん。

猫ズ、3週間後に会いましょう。もう心配で、恋しい。
f0044063_0122424.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2015-12-24 00:15 | Trackback | Comments(0)

結婚式 @NEILSON HAYS LIBRARY

昨晩は友人の結婚式でシーロムのNEILSON HAYS LIBRARYへ。

こちらはバンコクで最も英語の本を収容する、1922年イタリア人建築家によって設計された美しく歴史ある図書館。悲しいことに1941年日本軍が兵士用宿舎として使用し、当時図書館にあった貴重な設計図や稀な本が1000冊以上日本に送られました。多くの本がその後返却されたものの、非常に稀な本や設計図で未だに行方不明のものがあるそうです。また、サイアム建築家協会により歴史建築として指定されているものの、維持費に苦労しており寄付に頼っているものの将来どうなるか保証されていないとか。

で、庭にはバーガーやパスタのフードトラック数台、バーなどが設置され、式とバンド演奏は図書館内。とーーっても素敵だった。「一生愛します」なんて堂々と言っちゃってさ。
f0044063_23581729.jpg

で、新郎はすごく好きな「SOULBAR」のマネジメントチームの一人ROMAIN。と言うことでソウルとファンク音楽が詰まったファンキーな式でした。

新郎新婦のファーストダンスはジェームズ・ブラウンの「I FEEL GOOD」!


その後SOULBARで各曜日演奏しているバンドの人たちを中心としたライブ音楽に合わせ皆踊って飲んで笑って夜は更けて行きました。
f0044063_044311.jpg

しかしタイはお祝儀が少なくて済むので結婚式に呼ばれても気軽に行ける。服装もびっくりするくらいカジュアルだったり。
f0044063_05130.jpg

心が腐っていたので結婚式で幸せを共有させていただき救われました。その勢いでDARK BARに行った。GIANT SWINGもJAM 3周年記念パーティーも行きたかったけど力尽きた。
f0044063_051682.jpg

さあ、怒濤の一週間が始まる。

+++++++++++++++

PREDUCE/CONVERSE CONSのライダー、LERT。チェンマイのプロスケーターと言えば、彼。スケボーもパーティーもハードで35歳だとは信じられないと皆が言う。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2015-07-20 00:46 | Trackback | Comments(0)

タイ国王誕生日

昨日はタイ国王誕生日、つまり父の日。3連休でバンコクを離れている人も多い。月曜生まれのプミポン国王のシンボルカラーは黄色。昨日は黄色の服を着ている人で街は溢れていた。タイだなあ。
f0044063_14224264.jpg

国王像がプリントされた服を着ている人まで。いくら皇室を敬っていても天皇陛下の誕生日に天皇像がプリントされた服を着る日本人はいるだろうか。タイにおける王室に対する尊敬度合いの違いをひしひしと感じる。
f0044063_1425498.jpg

川沿いに花火見に行きたかったけど、国王誕生日祝い行事を何も見ることなく、何年かぶりに大人のバー「はいりゃん」へ。何を頼んでいいのか分からず、「ピート臭いの」ということでR君にアイラ島産「ARDBEG(アードベッグ)」を選んでもらう。病院の匂い!これが癖になるとたまらんのだろうか。北朝鮮産「ブルーベリーワイン」やら面白い夜だった。今週は日曜日から毎晩酒飲んどる。いかん。

数日前タイ滞在10年以上のベテラン友達と会った際、仕事の愚痴を聞いてもらった。そしたら「仕事は求められる方向、目的が見える。生身の人間を相手とする訳の分からない育児に比べたら仕事なんてどれだけ楽か。皆がオフィスで『月曜日かあ』と浮かない顔しとるのと比べて、机向かってコンピューター開く私なんてウキウキだもんね〜。」と。母親強し。

しかし「早く子供作ったほうがいいよ」と言ってくる世間の無神経な人々。身内ならともかく、余計なお世話もいいとこだ。「子供がおった方が幸せ」という価値観押し付けてほしくない。欲しくても不妊で悩んどる人も多いのに、人によってはさりげなくとても傷つく一言。親切心からだろうけど、全然親切じゃない。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-12-06 14:51 | Trackback | Comments(4)

フランス語コース終了祝い @POLO FRIED CHICKEN

今年も行くつもりじゃなかったのだが、8月に3週間SIの故郷スイスに行くことになった。楽しみでもありながら、少し気が重い。過去2回、1か月ごと滞在した。スイスは本当に綺麗。白鳥や鴨が沢山いる大きなラマン湖。延々と続く葡萄畑と山々。地元産ロゼワイン。MIGRO。楽しい人達。大好き。が、フランス語の壁は、厚い。ただの観光客だったらいいけど、SIの家族や友人と時間を沢山過ごすので言葉が分からんのは非常につらい。皆最初は私のために英語を話そうと努力してくれるけど、話が盛り上がればそりゃフランス語に戻る。退屈そうな顔しとってもいかんし、でもニコニコ訳分からんのにし続けるのもしんどい。SIにいつも訳してもらうのも申し訳ない。依存しんといかん、というのが嫌だ。皆が笑ってるのに自分だけ笑えないのがつらい。で、滞在数週間後、絶対精神的疲れで泣く。

で、この夏またスイス行くことになり、週2回数ヶ月初心者コース受けても何の助けにもならんが、全くなにもしんよりはマシだし、いつかはやらんといかんと思っていたこと、とALLIANCE FRANCAISEでのフランス語コースに通い始め、今週火曜日修了。フランス語ド難しい。美しい言葉だが、難しい。おまけに仕事猛烈忙しくて勉強する時間がなかなか確保できず。働きながら勉強って、ちゃんと目的持ってないと続かんやあ、としみじみ。

大変だったけど、多国籍なクラスで楽しかった。授業後そのまま皆でアリアンス・フランセーズのカフェテリアでご飯食べたり、赤を基調としたポップな図書館で仕事や勉強したり。図書館のあの静寂さがとても好き。というか、アリアンス・フランセーズ全体の雰囲気が好き。

最近バンコクでよく見かけるフランス人クルー「BIRDY KIDS」の絵がアリアンス・フランセーズにも登場。どうもアングリーバードを連想してしまい、あんまり好きじゃない。
f0044063_13295765.jpg

火曜日はテストだった。テストに合格しんと次のレベルのコースを受講できない。やばいやばいと言いながら準備不足もいいとこ。結果はともかく、コース完了!ということでクラスの仲良い子達と近くに祝いランチしに行った。ウィタユ通りのルンピニ警察署近く、SOI POLOにあるフライドチキンで有名な「POLO FRIED CHICKEN」へ。
f0044063_1338941.jpg

ドーンと揚げニンニクがたっぷりとのった鶏肉、ビール、餅米、ソムタム、トムセープ(酸味がたまらんスープ)などなど。安い、早い、美味い。お疲れの体に昼ビール美味。沁みる。
f0044063_13373792.jpg

f0044063_13375373.jpg

過大な期待をされても困るので、SIには「家族や友達に私がフランス語勉強しとるの絶対言わんで」と口止めしてある。この夏、習ったフランス語が少しでも役に立つだろうか。今回も絶対1回メソメソして、アジア恋しい病になって中華料理食べに行きそう。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-07-03 13:48 | Trackback | Comments(2)

銀次郎さん

もう2週間以上前の話だが、先月MUZINAたか君に誘われ、銀次郎さんに会いに行った。

銀次郎さんは、ほぼ毎晩袴を履いてサンタクロースのようにプレゼントを詰めた大きな袋を抱えて恵まれない子供にプレゼントをボランティアで配っている。その夜私達はラマ9世通りの交差点周辺に始まり、
f0044063_014865.jpg

バンコクの台所、クロントイ市場の行ったことのない奥へ奥へと子供達に会いに入って行き、
f0044063_032316.jpg

最後はアソーク駅前へ。貰った袋をその場で開けて、お菓子や玩具を見て本当に嬉しそうな笑顔を見せた物乞いをしていた女の子達。人生は不公平だなあ、と悲しくなった。

銀次郎さんは自分が幼少時代辛い思いをしたことから、苦しい環境にいる子供にとって心の支えとしてどれだけ「ヒーロー」の存在が大事かと思っていること、だから以前は仮面ライダーの格好をして夢を与えるために子供たちにプレゼントを配っていたこと、タイでサイクロンを完成させるまでの苦労、色々なメディアからインタビューされてきたけど、自分のことではなくてこういった環境に置かれた子供達に、タイの現実に焦点を置いて記事を書いてほしいことなど、夜遅くまで色々語っていただいた。近い将来、銀次郎さんに教えていただいたことをまとめ、たか君らとちゃんとした記事を書きたいと思う。

(銀次郎さんに見せてもらった写真。仮面ライダーに出会ってなんとも言えない表情で気を付けしている男の子最高)
f0044063_0172794.jpg

(この夜余った男の子用のプレゼント袋の中身を見せてもらった。お菓子もだけど、必ず玩具を入れるのが大事だそうだ。)
f0044063_0583778.jpg

子供に少しでも夢と笑顔を、と決してその結果が目に見える行為ではないが、誰かのわずかな支えになることを信じて銀次郎さんは恵まれない子供たちにプレゼントを配り続けている。自分達には何ができるだろうか、とか胡散臭いが人間観察に飽きないナナの屋台で飲みながら遅くまで話していた。中流階級は確実に増加しているけれど、本当に貧富差が激しいところだと改めて実感した夜でした。
f0044063_1114025.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-05-05 01:12 | Trackback | Comments(0)

ソンクラーン

水掛けなんか行くもんか、と思っていたものの、SIが旅に出た木曜日の早朝から誰とも会わず、唯一発した言葉はソムタムを屋台で注文する際「あんまり辛くしんでください」のみ。これはあまりにも社会と遮断し過ぎているのでは、と危機感と寂しさを感じ、日曜日午後出掛けた。

目的地は川向こう、THE JAM FACTORYからそう離れていないSOI LAT YA 15。下町らしい雰囲気の中、GOPLAYDOPPEL、LOLAYなどの合作壁画がドドーンと登場する一角。(下の写真はTAKA君の)
f0044063_1318338.jpg

こんなに水鉄砲が売れる国は他にあるんだろうか。
f0044063_13221069.jpg

川を渡ってクロンサン市場を横切る際、穏やかなソンクランの雰囲気が一瞬だけあり、
f0044063_1321832.jpg

すぐに水掛けを楽しむ子供出現。
f0044063_1322586.jpg

その後目的地に到着するまでにバイク乗ってたら、ものすごい勢いで水掛けられ、白い粉も顔に塗られ、びしょびしょ。屋外スピーカー持ち出しでダサイダンスミュージックをドンドコかけて踊って水掛けして延々と楽しむ人々とは少し離れ、
f0044063_13254745.jpg

少し奥に入り、
f0044063_13255423.jpg

未だに壁に絵が追加され続けている箇所で、愉快なMUZINAファミリー達と夜まで食べて飲んでお喋りして過ごした。
f0044063_1328341.jpg

昼寝から目覚めてすぐこのどんちゃん騒ぎでは、戸惑って当然だよね、カオトム。子供も大変だ。
f0044063_1328536.jpg

f0044063_1332156.jpg

f0044063_1333145.jpg

酔ってご機嫌グラハム。彼は色々なイベントで写真を撮っているので見かけたことがある人もいるのでは。
f0044063_13385919.jpg

5月3日、彼のZINE(出版社など関係なく個人で作成する雑誌)「MAO MAK MAG 2」リリースパーティーがJAMにて開催されます。バンコクの様々な場所で出会った酔っ払い・素面な彼の友人やパーティーピープルの写真が面白い。知ってる人、知ってる場所も彼のフィルターを通して見るとまた違う。
f0044063_135841.jpg

イベント詳細はこちら。この夜は酔いそうだ。

で、氷水やらかけられたせいか、久々に沢山喋って体がびっくりしたのか、風邪気味。しょぼ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-04-15 21:20 | Trackback | Comments(0)

BIG BITE、MUZINAピクニック、YA BASTA DREAM @JAM

日曜日はバンコク市内の様々な人気レストランやバーがブースを出して昼から野外で美味しいものを食べて飲むイベント「BIG BITE」へ。さすが人気ローマ風トラットリア「APPIA」のバーガーはちょっとした行列ができてた。

私は「BO.LAN」、「APPIA」での経験を経てこのオーガニックカフェをオープンさせたというプロイさんの「SIMPLE. NATURAL KITCHEN」のチキンとロッティ。クラフトビール飲みながら幸せな日曜昼下がり。
f0044063_18132337.jpg

BIG BITEは滅多に開催されないのが残念な楽しいイベント。こんな感じです。次はいつだ?

散々飲んでお次は「MUZINA」のピクニック。ひさしぶりに日本人の友達皆に会えて楽しかった! BASED ON KYOTOのMARRONさんのギター、お好み焼き、ドーナツ、OT29(おたふく)のライブペイント。穏やかな時間。
f0044063_1819889.jpg

この日の〆は「YA BASTA DREAM」@JAMOT29MAD RICEがライブペイントバトルで京都にて優勝したのが今月。じゃむの窓に素敵なやつ描いてくださいました。
f0044063_18223766.jpg

そしてULTIMATE MC BATTLE 2013京都予選で優勝したばかりのMC歩歩ら「ストロベリーパンティース」。「ストロベリーパンティース」と口に出すのも文字にするのも何だか嬉しい妙にはまるMC & MPC x 2台。日本語ラップのライブなんてどれだけひさしぶりだっただろう。もっとライブやってほしかった。またバンコク来てください。
f0044063_1831441.jpg

f0044063_1831192.jpg

気付いたらじゃむのオーナーカップルのレモンちゃん以外皆男。小洒落たクラブやバーもいいけど、野郎臭いこういうイベントのがやっぱり楽しい。日曜日の夜というのに、気付いたら明け方で、翌日寝不足で苦しかった。が、最近なかった「うわ、楽しい!!」という京都陣万歳パーティーだった。JAM、いいなあ。

++++++++++++++++++++++++

と、こんな昼前から明け方まで遊びっ放しの日曜日だったのだが、市内の一部ではこんなことになっていた(写真は「STRAITS TIMES」より)
f0044063_18381967.jpg

反政府デモ隊が財務省を占拠したのが数日前。私のアパートから数分歩くと財務省の裏門あり。火曜日は笛や演説、音楽、人々の叫び声が午前2時を過ぎても聞こえてきた。

昨日はアリー駅でも人が結構昼から集まってワーワーやっとった。
f0044063_18431890.jpg

夜はちょっと物々しく財務省裏門には警察がしっかり防備して立っていた。
f0044063_18433963.jpg

現政権が気に入らない人達。解散しても今度は政府派デモ隊が大人しくしとらんだろうし、解決策ってなんだ?とりあえず来月5日は絶対的存在国王誕生日。それまでにどうなるか。

しかし、以前のデモでは手やハートの形やらのパタパタするやつを誰もが持っていて、今回は紐部分がタイ国旗カラーになっている笛がデモのマストグッズ。昼休憩同僚と談笑して歩きながらピーピー笛吹いてタイ人女性らがキャッキャしとった。ドうるさい。ふざけてノリで吹かれると非常に迷惑。この国の安定・繁栄を願うが、笛はうるさい。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2013-11-28 18:53 | Trackback | Comments(2)