クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
HALATION ORG...
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

カテゴリ:アート( 24 )

RIPCURLパーティー&絵画展「UNCENSORED」@NUMTHONG GALLERY

土曜日はRIPCURLサマーカーニバルということで、FLOW HOUSEへ。BBQ、ウェイクボード/スケボーコンテスト、DJ、ストリートファッションブランドによるフリーマーケットと盛り沢山。スケボーコンテストで忙しいSIにほとんど相手にしてもらえなかったので、Pと午後暑い中、人間観察しながらビール堪能。4本分まとめてバケツでお買い上げ。週末午後屋外晴天麦酒美味!
f0044063_23281262.jpg

でも酒が効き過ぎて夕方1度帰宅。夜S君の電話で目が覚めて家から歩いて2分のNUMTHONG GALLERYへ。PREDUCE専属アーティストでもあり、ストリートアート等で活躍するTRKことトゥンも参加している展示会「UNCENSORED」のオープニングレセプションに出掛けた。彼は今回友人の顔を描いたのだが、この人のフィルタにかかると、怖い。
鼻やらしわがそっくりなSIの顔。トゥンとSIと(ビール君と)記念撮影。
f0044063_23425100.jpg

タオは、稲中としか思えない。
f0044063_23432196.jpg

その後我が家で軽く宴会となったのだけど、トゥンはストリート系ではなく、今回「正当派」の画家達と初めて絵画展に挑み、前からとても緊張していたそう。オープニングの朝は眠りが浅くて飛び起きてしまうし、友達が皆リップカールのパーティーに行ってしまって自分の展示会に誰も来てくれなかったら、と不安で一杯だったそうだ。いかつい外観とは裏腹にとても丁寧で優しく、でもダークで男らしい彼。好きだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2013-04-30 23:53 | アート | Trackback | Comments(0)

9FACE x MANANAKHON "HEART OF BANGKOK" @DEAN & DELICA + PREDUCE X P7 "DARK BEAST"

時は戻って8月29日。BTSチョンノンシー駅前に今年オープンした「DEAN & DELICA」(ここって過大評価されてないか?)で9 FACEによる「HEART OF BANGKOK」と題したアーバンコンテンポラリー絵画展のオープニングパーティーがありました。

f0044063_1873868.jpg


9 FACEはサイアムスクエアの映画館「LIDO」2階とチェンマイにも支店を構えるヒップホップトリオ「THAITANIUM」関連のファッションブランド。CHIP7、MAMAFAKA、TRK、P7、PEARなどよく耳にする若手アーティスト達が集められ、DJ、ライブバンド、多数の取材メディア、無料ドリンクにはヘネシーまで用意され、会場はDEAN & DELICAだし、タイタニアム周辺の持つコネクションや経済力の強さに友達は皆驚いていた。自分達も全く同じコンセプトでイベント企画しても注目度にしろスケールが違う、と。「タイのアートシーンをプッシュしよう」とかライブペインティングにしろオークションにしろ、関与したアーティスト達にしろ、特に目新しい「おお!」というコンセプトや試みはない。でも同じ物事を提案しても提案側の「力」で影響力や注目度というのは左右されるわけで、「ふーむ」という感じだった。

ものすごい混み様で店内は移動が大変。

f0044063_189739.jpg


とにかく色々な分野の人達がコラボして若手アーティストの活躍の場が広がるというのは良いことだ。見ているだけで楽しい。

下の写真は、本プロジェクトに関わってたアーティストの一人P7の作品群。
f0044063_18143658.jpg



彼は、タイのストリートアートの先駆者の一人。今月8日にはSI達のPREDUCE X P7のコラボスケボーデッキシリーズ「DARK BEAST」のリリースパーティーがありました。

f0044063_1813817.jpg


さすが彼の影響力。スケーターだけではなくてアート関連者が沢山集まり、その夜売れたデッキの数は過去最高。スケボーしなくても、コレクションとしてデッキ6枚セットを購入していったP7ファンが多かったそう。絵は簡単に購入できる金額ではない。でもデッキだったらもっと手頃な値段だし、家に飾っても格好良いし、彼の色使いはポップなので女性にも受ける。SI達はその夜興奮して明け方まで飲んでいた。めでたいめでたい。

この夜の写真ギャラリーはタイのスケボーシーンをサポートするサイト「FELLOW SKATE」のこちらのリンクをどうぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-09-24 18:32 | アート | Trackback | Comments(0)

ALEX FACE「THE UNDERGROUND ADVENTURE」個展 @ARTERY POST-MODERN GALLERY

先週13日2度目のARTERY POST-MODERN GALLERYへ。シーロム・ソイ19、BTSスラサックから徒歩可な距離。タイを代表するストリートアーティストの一人、ALEX FACEの個展「THE UNDERGROUND ADVENTURE」のオープニングということで、テレビ局やら取材陣が沢山集まり、20時近くまでギャラリーの中に入ることができなかったくらい。私もアレックスは大好きで、ブログトップの写真は数年前オンヌット駅前の工事現場に描かれていた彼の絵です。

フィンガーフードに知人作ビール、DJ IK、mAsa niwayama、HIROSHI MANのサウンドシステム、ダブバンド、好きなアーティストの絵、かなり集まった友達、と楽しい要素満載で予定以上に長居してしまった。

初日で作品完売!びっくり。知人がアレックスの絵を1枚購入したのが18時45分。19時には完売。一人のどなたかが買い占めたそうだ。絵って安くないのに、すごい。

f0044063_16231594.jpg

f0044063_16235998.jpg

f0044063_16245169.jpg

f0044063_16251984.jpg

f0044063_1626095.jpg

f0044063_16264456.jpg

f0044063_16281439.jpg

f0044063_16285455.jpg

f0044063_16283691.jpg


ALEX FACEの個展は8月3日までです。アレックス、おめでとう。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-07-20 16:45 | アート | Trackback | Comments(0)

ペチャラット王女の火葬の儀を終えた王宮前広場 + THE FUNK LEAGUE好きだ

f0044063_14231736.jpg

1週間以上前、ペチャラット王女の火葬の儀に関して建築物総監督を務めたPRAMOOK BANJOEDSAKUN氏についての記事を読み、興味が湧いて王宮前広場 (サナムルアン) へ。普段は何もない広場であるサナムルアンの変貌ぶりに驚いた。詳しくは『ペチャラット王女の火葬の儀を終えた王宮前広場、幻想的』をどうぞ。暑い日だったのに、広場では気持ち良い風がそよそよと涼しかった。恐らく一般公開が終了する25日までに再び訪れる時間はないだろうけど、友達とボーッと寝転がって黄金の建物を眺めて時間を過ごしたい。

======================================

昨日から何度も聞いてるTHE FUNK LEAGUEのアルバム「FUNKY AS USUAL」。フランス人DJデュオで、そのうちの一人HUGOはアルバム制作時わずか18歳というトラックメーカー。アルバム参加アーティストはラージ・プロフェッサー、ダイアモンドD、サダトX、アンディーC、来月バンコク初登場アフリカ・バンバータ等すごい。お気に入り追加。



ヒップホップは死んでない。悪そうな雰囲気出そうとして意味ないハンドサインして、ヒップホップファッションも全然似合ってない、「こんなくだらないことで何がビーフだい」と言いたくなる痛い「ラッパー」は見てるほうが恥ずかしいけど。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-04-19 14:56 | アート | Trackback | Comments(0)

V64 ART STUDIOグランドオープニング

1月20日、金曜日夜で数十分タクシーはつかまらないし、やっと乗れたと思えばうんざりするような渋滞。BTSアリー駅から40分位かけてチェーンワタナにできた東南アジア最大規模のアートスペース「V64 ART SUDIO」のグランドオープニングに行ってきました。詳しくはDUDE-MAGAZINEのこちらに記事書いたので、お茶でも飲みながらお読みください。しかしこれだけ市の中心部から離れていると、平日は閑古鳥が鳴いている気がする。街を歩いていて気軽に寄れる、という距離じゃないから。どうでしょう。
倉庫ギャラリースペースの一角。
f0044063_1259952.jpg

f0044063_12593393.jpg

f0044063_12595025.jpg

カワイ子ちゃん。
f0044063_1301484.jpg

個人的に1番好きだった絵。南国やんちゃ坊や。
f0044063_131527.jpg

f0044063_1323127.jpg

f0044063_1325377.jpg

アレックス!
f0044063_1331433.jpg

f0044063_1334127.jpg

DJが不在中勝手にDJしようとして注意されたダン。
f0044063_134746.jpg

今週末は仕事もしんといかんけど、イサーン・ダンスホールBIG BITE BANGKOK、じゅんちゃん誕生日会、GIANT SWING、友人豪邸宅BBQと遊びの予定も目白押し。良い週末になりそうだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-01-27 13:18 | アート | Trackback | Comments(1)

スイスデザイン展@TCDC

日曜日はエンポリアム最上階にあるTCDC(タイ・クリエイティブ&デザインセンター)へ。来年1月22日まで開催されている「CRISS+CROSS: スイスのデザイン」展を見に行きました。
f0044063_1126489.jpg

スイスの国旗が良い例であるように、スイス製品/デザインは実用的でシンプル、かつポップ。愛するスイスのスーパー「MIGRO」の紙袋も取り上げられていて、ニヤニヤしてしまった。
f0044063_11292640.jpg

パンツはでかいがお腹のラインが美しい。
f0044063_11294366.jpg

f0044063_11311883.jpg

f0044063_11315266.jpg

卵入れなど初めて見た。
f0044063_11321919.jpg

スヤスヤと睡眠中の係員。緩い。タイに戻って来たな、と改めて実感。
f0044063_1133461.jpg

お洒落パパと息子らしき二人。いいな。最近は親子に目が向く。でもクロックスは個人的に激アウト。惜しい。
f0044063_1135412.jpg

展示規模は小さかったけど、面白かった。ついでに会場のどこかでスイス物産展でもやってほしい。

ちなみにうちのスイスグッズ。ライター、卵立て、パタパタと変更される駅の電車の目的地表示板(正式名称は何だ?)。
f0044063_11414820.jpg

以前も書いたけど、こんなに自国の国旗を愛する国ってアメリカ以外ない気がする。日の丸グッズを日本を訪れた外国人が持ってると失笑だし、じゃあ日本人が持っとるとどうかと言うと何かヤンキーぽかったり、国旗の存在が国によって随分と違うもんだ。

今日で11月も終わり。早!!!12月も忙しく、あっと言う間に年末になりそう。師走です。いい言葉。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-11-30 11:52 | アート | Trackback | Comments(2)

QOTAROOフライヤーアート展示会で日曜午後パーティー@HOF アートギャラリー

休日、アート、酒、友達、音楽 - 最高のコンビネーション。日曜日はお笑い漫画道場の富永一郎先生と鈴木義司先生を彷彿させる、やたらと垂れた胸が笑える像が現在展示されているBACC (バンコク・アート・アンド・カルチャー・センター)へ。
f0044063_8591045.jpg

4階のHOFアートギャラリーでは8/10からQOTAROO君のフライヤーアート展示会が開催されており、日曜日は午後パーティーと言うことでDJ TO-RU君、DJ mAsa君達がDJをして、ビールも振る舞われるということで足を運びました。
f0044063_902018.jpg

f0044063_923125.jpg

f0044063_933434.jpg

f0044063_94185.jpg

f0044063_953374.jpg

f0044063_984625.jpg

f0044063_991812.jpg

f0044063_9111687.jpg

f0044063_9114331.jpg

f0044063_9131877.jpg

毎回「Q太郎君」と言いそうになるけど「コータロー君」です。彼が何度も「アジア人と西洋人と反応が全然違う」と言ってたのが印象的でした。受け止め方の違いはどこにあるんだろう。

展示会は今月21日まで。20日にはアフターパーティーがGLOWでオーガナイズされてます。メンバーはGIANT SWINGのDJ HIROODJ mAsa、そしてダブステップパーティー「DUBWAY」、HOME BASE COMMUNICATIONSの主催者DJ DRAGONが登場します。詳細はこちら。かなり面白そうです。

タイとの時差わずか5時間。なのに時差ボケかや、一人眠れず困り中。只今午前2時半。明日も良い1日になりますように。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-08-18 09:25 | アート | Trackback | Comments(4)

東南アジアアート雑誌「SUBP•A•ROHT(パイナップル)」発刊記念パーティー @HAPPY MONDAY

月曜日に仕事に一区切りついたその夜から来週月曜日まで、毎晩外食、呑み、イベントの予定詰まってます。ああ、恐ろしいリバウンド。ちゃんと仕事もしとるけど、おバカになりそう。

昨晩は東南アジアの現代アートシーンを促進・拡張するために作られた無料雑誌「SUBP•A•ROHT」の発刊記念パーティーのためエカマイ・ソイ10「HAPPY MONDAY」へ。彼らの初刊のコンセプトはシンプル。今日タイで活動する優れたアーティスト達の作品について。取り上げられるアーティストは、P7、LOLAY、YUREE KENSAKU、WISUT PONNIMIT、TAWAN WATTUYA、MAMAFAKA、NARISS、SPACE LIMO、NOKHOOK等。一晩中タイガービール飲み放題で、しっかりご馳走になって来ました。
(左)SUBP•A•ROHT主催者の一人、LOGAN BAY。トンローの「MELLOW」で毎週土曜日DJしてます。
f0044063_17585265.jpg

f0044063_1812351.jpg

PREDUCEプロスケーターで、PREDUCEチェンマイ店のオーナーの一人、タオ君。
f0044063_183244.jpg

f0044063_18113623.jpg

(右)PREDUCEのビデオプロデューサー、オップ。
f0044063_1851827.jpg

(左)記念すべきSUBP•A•ROHT第一号の表紙絵を手掛けたMAMAFAKA(右)ジョーカー。この二人は本日オープニングパーティー(17:00-21:00タイガービール飲み放題です!)が開催されるサイアム・スクエア・ソイ10のバッグとアクセサリーの店「URFACE STORE」の仕掛人でもあります。
f0044063_1894352.jpg

f0044063_18104734.jpg

土砂降りで帰るに帰れず困ってしまったが、面白い面子が集まり、ご飯もおいしく、LOGAN BAYのDJも心地良く、楽しいひと時でした。HAPPY MONDAY、好きだ。
f0044063_18133465.jpg

2色刷りでオーバーサイズフォーマットのSUBP•A•ROHTは、今後ニューヨーク、マイアミ、シカゴ、パリ、シンガポール、ロンドン、香港、東京、クアラランプールそしてシエムリアプにて入手可能になります。
f0044063_18252370.jpg

第一号はわずか10ページ、特集アーティストの紹介以外は読むものはなく、次号からは広告も入れたいと言っていて、これからどんな風に内容を充実化していくのか楽しみです。
f0044063_18255667.jpg

是非日本で自分のお店やギャラリー等にSUBP•A•ROHTを置きたい、という人がいたら是非教えてほしい、とのこと。もし興味のある方がいらっしゃいましたらloganbay@gmail.comにお問い合わせください。東南アジアの現代アートシーンと日本が繋がって行って何か面白いことができるといいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-07-29 18:29 | アート | Trackback | Comments(0)

サイアム駅から見える「THE END」

金曜日。タケシ君がフェイスブックにサイアム駅のウォンウェンヤイ方面のプラットフォームから見える「THE END」というアートワークが嫌いだ、と写真を投稿していた。昨年5月19日、赤シャツが暴徒化し、燃やされてしまったサイアム・シアターの跡地のフェンスに登場したこのTHE END。
f0044063_064811.jpg

終結、何の終結を意味してるんだ?決して否定的な意味だけではなく、「政治的混乱の終結」、「原発終結」、「戦争終結」等、人それぞれによって自由に解釈ができる意味深な強いメッセージを放っている気がして私は好き。

でも作者自身は何が言いたかったんだろう?誰の仕業だ?と思っていたら、ツイッターのアカウント名が「PROXY」と言うチームによるもの。タイについての予言的な意味を持たせる意図で作成したそう。このタイの抱える政治問題や格差社会問題等が終わることを願って?それともこんな状態だと最悪の結果を招き、終わりが来るぞ、という警告的意味?あれだけ大量の人間が利用するサイアム駅で、電車が来るのを待つ間、毎日どれだけの人間がこれを目にするんだろう。やるな。

5/24追記:今日の午後見たらBRUSHOCKがTHE ENDの上にタギングしてて、「THE E E」みたいにもうなってた。ちぇ。ストリートアートの宿命か。でも雑なタギングで何だかな。

そしてこの「THE END」を目にしてすぐ頭に浮かんだのはドアーズの「THE END」。アルバム収録のレコーディングは、スタジオの全ての照明を消し、一本のローソクの灯りの下で行われたそうです。「これで終わりだ、美しき友よ」と哀しく美しい。



SI達PREDUCE中国スケボー撮影ツアー。こんな感じで映像報告。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-05-23 00:36 | アート | Trackback | Comments(0)

アート展示会「EXPLORATION OF DARKNESS」@BACC

もう先週土曜日のことだけど、バンコク・アート&カルチャー・センター (BACC) へ。お友達のVJ、theWetCarpetが開催していた約1か月の蛍光ペイティングによる絵画の展示会「EXPLORATION OF DARKNESS(暗闇の探索)」の最終日パーティーに行ってきました。
Photobucket

残念ながら絵を描いた本人エマは体調が悪くて欠席。私の絵も描いてくれて嬉しかったのでお礼を言いたかったのに。絵の説明に「T(私)の笑顔は太陽のよう」と。うふふ。DJ TO-RU君を描いた絵もあり。最終パーティーということで真っ暗な一室ではDJが入り、ライブ演奏やダンスパフォーマンスもあり、皆ビール飲んでタパスつまんで楽しんでました。健全なアートセンターに突如生まれた期間限定クラブみたいだった。
Photobucket

Photobucket

Photobucket

しかしBACCのようなアートセンターがよく大きな音出したりアルコール提供の許可出してくれたね、とtheWetCarpetの片割れディアンに言ったら、許可を得るのにやっぱりなかなか時間がかかって、もう2度とやらせてくれんかも、と笑ってた。どんどん面白いことやってください。
面白い人達にも出会えた。一人でも面倒くさがらずどんどん出掛けんとな。
Photobucket Photobucket

Photobucket Photobucket

Photobucket Photobucket


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-04-05 03:24 | アート | Trackback | Comments(0)