クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

カテゴリ:ちょっとしたつぶやき( 10 )

タイ暑い

火曜日朝バンコク到着。空港で拾ったタクシーの運転手が感じ悪いし、メーターの料金がガンガン上がっていって凄く胡散臭かった。かと言ってあんまり文句言って逆切れされると怖いし、嫌な気分で黙ってタクシーに乗っていたら通勤ラッシュで渋滞にはまる。車内は蚊が数匹。ああ、タイ。凄く、タイ。

こうやって暑いバンコクに戻って来て、住み慣れたアパートで汗ばんで、猫ズと戯れ、アジア食中心に戻ると、たった数日前まで雪が降るスイスに1か月以上いたことも、大好きだった義母が亡くなってしまったことも、フランス語も勝手も分からず心細くてしんどかったことも嘘の様に感じる。「私のNO.1の義娘」とたっぷり愛情を注いでくれた義母がもういないなんて。ただいつものように距離的に離れているだけのようで、でも事実として、いつかスイスに行ってももうママンはおらんし、あのアパートにも二度と戻れん。ママンの所持品をいくつか持ち帰ってきたけど、そういったものが今ここにあるのが不思議な感じ。

f0044063_0551441.jpg

「人は『お母さんは少なくとももう苦しんでない』って慰めのつもりで言うけど、だから何なんだ。ママンは亡くなるちょと前に『まだ生きたい』って言ったし、僕は母親を失ったんだ。」とSIの一言がすごく頭に残っている。そうだよね。彼女は最後まで精一杯生きた素晴らしい人だった。わずか6年位しか時を共有できなかったけど、沢山のことを教えてもらった。大好き。時々ホワーンとしている自分がおる。すごく寂しく、心細い。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2016-03-13 01:08 | ちょっとしたつぶやき | Trackback | Comments(0)

タイ帰国

日本2週間旅行。道中ちょこちょこブログ更新したり、ちゃんと写真整理しようと思っていたけど、やっぱり無理だった。休暇とは言え、毎日そう寝ず色々調べたり良きガイドになれるよう頑張りました。
f0044063_206096.jpg

東京→広島→京都→蒲郡→熱海→東京、と回っただけど、日本楽しい!清潔、何をするにも効率的、サービスの質が高い(丁寧過ぎて疲れることもあるけど、バンコク到着早々空港でタクシー乗るのに超態度悪いタクシーカウンター姉ちゃんにぼったくられることに比べたらへいちゃら)、空気がうまい、雑貨ど可愛い、行きたいイベントだらけ、家族にもっと頻繁に会える、などなど。かと言って日本でまず仕事がそう簡単に見つかるわけないし、朝から晩まで仕事仕事で年間休暇が少ない生活なんて嫌だし、悪いところだって当然沢山あるけれど、今回旅行して「日本に住んでみたいかも」と思った。

自分の意思でタイに来て今に至る訳だが、「東京住んでみたい気がする」と言ったSIと住む場所について結構話した。もちろんタイが好き。お互い出身国を愛し、自国に戻って暮らしたいと考えることもある。でも今の自分たちの基盤はしっかりとバンコクにあり、お互い30代後半。「スケボーしに色々な国にさっさと行けた身軽な時代が恋しいときもある。ここに自分の会社があるから身動きが取れないっていう感情が生まれることもある。でも過去の積み重ねでここにいて、ここでしかできんことも沢山あって、今の生活があって、他の場所行けば違う問題に悩まされるわけで、これが人生だ」と。

バンコクで会社を経営するスイス人のSI、日本ではとっくに住民票を抜いている日本人の私、うちらはずっとずっとタイに住むだろうけど、夫婦二人三脚どこで人生終えるのかや。

秋刀魚食べ忘れた。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-10-30 20:28 | ちょっとしたつぶやき | Trackback | Comments(2)

酒に飲まれてしまった。

先週木曜日の夜。「MY PORCH」でのワインの会に初参加。4種の料理とワインのコース。参加人数が10人弱でこじんまりとアットホームな雰囲気の中、面白い方々に出会えて楽しく美味しいひと時。2次会は「KENJI'S LAB」。ここでもまたワインやらハイボールやら。

タクシー拾ってベロンベロンで午前4時過ぎ帰宅。10時過ぎ起きて昨日使ったかばんを見て呆然。PC、iPhone、財布の中の千バーツ札数枚、オーダーメイドで作ってもらったmuzinaのサンダル、ない。しばらく状況がつかめなかった。タクシーで寝てしまい、その間に運転手にかばんの中身色々取られたようだ。

SIはもうスイス。一人動揺し、泣きべその中、同じアパートの住民でタイ語ぺらぺらリチャードさんにすごく助けてもらった。彼の部屋でお茶飲ませてもらい、状況説明し、色々助言してもらい、少し落ち着いてきて「本当何が起きるか分からない」とぼそっと言ったら、「実は10年以上連れ添った妻と先月から別居しててね・・」と。その横では彼の幼い娘が母の日の発表会でタイの伝統的な舞踊の格好をし、冠つけてお化粧までして可愛く踊りの練習をリビングでしていた。ガーーン、私の泥酔おばか事件に比べたらそんなことになってたんだ。奥さんはタイ人。娘の教育法についてなど、文化・価値観の違いがいかに大変かと、そこから話は人生について、タイの政治状況について、などなど深くなっていき何時間も座り込んでしまった。

携帯会社の契約はSIの名前になってて、元の番号取り戻す手続きするにもSIは山の中で数泊過ごすハイキングの最中でラララとハイジの世界。連絡がとれない。昨日やっと番号取り戻せた。手続き面倒臭かった。行く度に用意しんといかんという書類の内容が違うし。怒

これから物価が高いおスイス行くというときにPC、携帯買い直しはとてもつらい。欲しくもないガジットで6万バーツ以上(20万円以上)使っている場合じゃない。外付けハードドライブも一緒に盗られた。一部仕事、音楽、写真のデータは2度と戻って来ない。これは本当につらい。「MAC AIR軽い〜!」なんて喜べない(でもピカピカ。軽い。薄いぜ)。

こんなんだったもんで、世間は土曜日から今日まで連休で多くの人が旅行したり楽しい時間を過ごしているが、私は超凹みつつ、もそもそ携帯会社行ったり、PCやら買いに行ったり、「WALDEN CAFE & BAR」で癒してもらったり、PC設定したり、仕事したり、連休のデパートののーそのそ歩き行く道を塞ぐ大量の人間にイライラし、今は荷造りお手上げで現実逃避中(温度差が激しい欧州3週間、持って行きたいものが多過ぎ)。楽しそうなパーティー多かったけど、酒の場に行くのが怖いというびびりの暗い日々だ。と言いつつもう結構開き直って元気かも。青空とMADLIBのお陰で。

多くの人に「気を付けて」、「タクシーで寝ちゃ駄目だよ」と言われた。分かりきっていることなのに、相当酔っていたんだな、そこまで飲んで、タクシーでちょっと寝ちゃって、物をかばんから抜かれてもかばんが軽くなったことに一切気付かずにいたなんて。ある程度酔うとどれだけ酔ってるのか把握できず「まだ大丈夫」と飲み続けてしまう酔っぱらい人間のおバカな「あるある」状況に陥った。それ以来冷蔵庫開けてビールが目に入る度にドキッとする。

レイプされたり変なところに連れて行かれなかったことが何より。本当アホ臭い。お父さんお母さんごめんなさい。皆様分かりきっていることですが、改めて。お酒とタクシーには気を付けてください。もう本当情けない。強くなるぞ(酒にじゃなくて、精神的という意味で)。

パワーストーンとか月のパワーとかパワースポットとかあんまり興味ないけど、すがる思いでスーパームーンに願い事してしまった。
f0044063_1321109.jpg

もう荷造り嫌だ。家の中ぐっちゃぐちゃ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-08-12 13:34 | ちょっとしたつぶやき | Trackback | Comments(4)

デモ

首都封鎖宣言が前から出されていた今週月曜日。うちから歩いて数分のところにデモ隊が集まって道路脇に沢山座っている彼らの姿に少し驚いた。怒鳴り声に近い演説がスピーカーから延々と聞こえ、それに合わせて吹かれる笛も延々と聞こえ、横を通ったとき聴力がおかしくなるかと思った。ゴザに寝転がって休みをとる参加者。その辺で適当に用を済ませる人が多いんだろう、もわんとおしっこの匂い。デモ参加も体力がいるだろう。

「大丈夫?」と心配して海外からメールをくれた友達もいた。大丈夫。ステープがどこをパレードしようと、デモ隊がどこを占拠しようと毎日朝から晩までPCにかじりついて翻訳こんにゃく状態。締め切りは刻々と迫っている。私のちっぽけな日常。

でもSIの商売は違う。本店はサイアムスクエアにある。MBK辺りはデモ隊に占拠され、夜はデモ参加者やタイ国旗グッズ売る露店などで歩行者天国状態。サイアムスクエアの中に入って買い物に来る客なんてこの時期そうおらん。

3年前赤シャツがラチャプラソンを占拠し、SI達は数ヶ月売上激減。さらにZENにオープンして間もない支店は暴動で燃やされた。サイアムスクエアはチュラ大学管轄だけど、土地を又貸し、その又貸しという店舗が多い。好立地条件に加え、そんなんだからサイアムスクエアは家賃が高いのだ。SIの店が入っている建物の大家さんは良心的な方で、当時1か月分家賃を免除してくれた。でも、あんな赤シャツ状態で売上全然ないの分かっていながら通常通りに家賃を請求され、撤退した店はサイアムスクエアで少なくない。もう商売駄目か?となりそうながら踏ん張って、去年は奇跡的にタイはほぼ何も起きず少しホッとして上向きになってきたと思ったら、年明けそうそう反政府デモによる都市占拠。しかも長期戦になりそう。強い人だけど、「もう勘弁してほしい」と時々こぼす。

が、何が解決策なのか、どうしたらこの騒動が収まるのか、私には見えない。タイ人の友達とこの前話してたら、「今は僕でも友達と政治の話をしんようにしとる。『何でデモ行かんの?』って非難されるんだよ。冗談じゃない。現政権も好きじゃないけど、ステープの言ってることもおかしい。友達が言ってることもおかしい。人民評議会?ファシズムじゃん。民主主義の国?21世紀にもなって王室の非難を少しでもしたら罰せられる国の何が民主主義だ?タイ国旗のデモグッズ売って、顔にペイントして、やれステージ、バンド、DJ、VJ、祭りじゃないんだ。都市機能を麻痺させてこれだけ色々な人が迷惑を被って、何だこれ。僕でも政治の話は今関わりたくないくらいだから、外国人のT(←私)達は特に何も言わないほうがいいよ。何か批判的なこと言ったら『外国人に何が分かる?』ってムキになる人がきっと多いから。国の改革求めるならもっと建設的なやり方があるら。」と。この国はどこに向かっているんだろうと、と顔を合わせて苦笑い。

「デモに行くという奥さんに大反対する夫」というシチュエーションでピリピリ状態になっている夫婦が身近にいる。有識者でもないただの外国人の私。いくら知り合いでも今タイ人と政治について深く話し合うのは避けたい。

ただ、キャッキャ楽しそうにデモの状況を楽しんでいるような一部の軽い人・雰囲気に腹が立つ。昨日この写真見て怒りでカーーーーーっとなった。
f0044063_1638116.jpg

ラブパレードじゃないっつーの。もうデモなのか野外フェスなのか。フェイスブックではデモ参加者の中から可愛い子の写真を集めたページ「MOB STARS」ができて、3万6千人以上が「いいね」押して巨大グループ化しとる。同じくフェイスブックで「このデモ楽しい」、「もうちょっと続かないかな」と書いてる人のコメントみて、言葉悪いけど「ふざけんな」と1人PC画面の前で怒っている。

遊び感覚でデモ参加したり、覗きに行ってキャッキャやってたり、おかしい。小企業経営者の嫁としてムカムカムカムカする。皆生きてくのに必死なんだから、デモ参加するなら、自分達の主張、とってる行動、ちゃんと筋通して、真剣にやってほしい。

ドラえもんをここまで愛してくれる国、タイ。
f0044063_16542924.jpg

主張が何であれ、皆自国が好きだからこそこの騒動になったとは言え、早く解決策を見つけて安定してください(話し合い拒否するな〜)。泣。

近所の大木のふもとに或る日置いてあった。タイのこういうところがすごく好きだ。
f0044063_16584992.jpg

ちなみに去年スケボーで肘を痛めたSIは未だに毎日リハビリに取り組みながらも先週から遂にスケボー行けるようになった。イライラさせられる日々の中の少々心配ながらも嬉しいニュース。
f0044063_1701557.jpg

何が言いたいのかぐちゃぐちゃだけど、とにかくデモですが、全然楽しくないです。こうやって現実逃避にブログ書いとったら遊び感覚デモ参加者/見物人に対してまた腹が立ってきた。そりゃ何しようが個人の勝手だけどさ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-01-17 17:11 | ちょっとしたつぶやき | Trackback | Comments(0)

メリークリスマス

小さいクリスマスツリーしかない、と何も買わずにトボトボ帰宅した23日。が、クリスマスにツリーがピカピカ光ってたり、プレゼントワクワクして開いたり、そういう子供時代の思い出はとても大切だからホストする僕達がちゃんと演出しんといかん、小さくても買って来るべき、とその夜SIとSIママに言われ、24日またセントラルワールドへ。そう好きでもないデパートに3日連続で行くことになるとは。と言いつつ、ツリー買って帰る道中は少しワクワク。

市内1ぶさいくで超商業的ではないかと思わせるカシコン銀行提供アリー駅前のクリスマスツリー。
f0044063_10592622.jpg

バンコクは主要デパートやホテルは豪華でとっても綺麗なクリスマスデコレーションが半端ないが、部屋の問題は何でも直してくれる頼もしく優しいうちのアパートの住み込みタイ人家族によるデコレーションが1番好きです。和む。
f0044063_10565713.jpg

恋人がおらんくて寂しいクリスマスだの、カップルによるクリスマスディナーだの、延々と流れて苛々するクリスマス音楽だの、いつもはキリスト教でもない日本やタイのこういった騒ぎ様を「くだらない」と冷めて見ているが、今年は友達まで来てくれて家族でのちゃんと意味のある温かいクリスマスの夜となった。幸せ者だ。

最近涼しいのでSIに寝ている間掛け布団を取られ、寒くて何度も目が覚めてしまって睡眠の質が良くない日々が続いている。困る。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2013-12-26 11:12 | ちょっとしたつぶやき | Trackback | Comments(0)

バンコク雨期全開

先週から仕事で結構しんどい。しんどいのは自分だけじゃないのにそういうことや忙しさをネット上でアピールするのは基本的みっともないが、まあ、たまには。

仕事先での自分の出来にげんなりし、さらに雨に打たれてビショビショで帰宅したらSIがご飯作っとってくれた。で、食後お風呂から出て来たら夕食の食材で残ったミントの葉で作ったお茶が待っていた。雨がよく降った夜だったので、近所の庭から絶好調の蛙たちの合唱を聞きながら寝た。いまいちな1日だと思っとったけど、〆が良くてしんどさチャラ。感謝。

やっぱり夜景を見下ろすよりも、窓から木が真横に見えて、ときどきリスが木の実をかじる音まで聞こえ、蛙の声がよく聞こえ、ベランダに鳥が遊びに来るような、低い階でもっと有機質なこういう生活が好きだ。ちゃんとこの地に足が着いとる感じがする。

全然関係ないけど、イサン料理最高。タイは美味しい。「バンコク世界の観光都市No. 1」というニュースには、しっくり来んけど(タイ料理のマサマンカレーが世界1おいしい料理というのも変としか思わん。そもそもそういうことって選び様がないら)。
f0044063_823328.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2013-07-16 08:31 | ちょっとしたつぶやき | Trackback | Comments(0)

お葬式

今日は友人のお葬式に行った。自分と1、2歳違い。あまりにも早過ぎる急な死だった。

タイのお葬式は日数をかける。今日はまだ棺に入っておらず横たわる彼の手に一人ずつ聖水をかけ、その後彼は棺に収められた。今後毎晩お寺で僧侶が読経を唱え、土曜日にやっと火葬となる。

文化や価値観の違いとは言え、最初から最後まで延々と写真家がバシャバシャ写真を撮り続けていて不快だった。遺体の写真、一人ずつ最後に彼にお別れを言うため聖水をかけている写真、泣きながら話している参列者たちの写真など、そんな写真、誰が一体後で見たいんだろうと全く理解できない。カメラを向けられるのがとても苦痛で腹立たしかった。

とても悲しい出来事で、つらいお葬式だったけど、でも私達はやっぱり生きている。お腹空いて式の後ご飯を食べに行き、別の話題で笑ったり嬉しくなったり、でも今こうやって今日のお葬式を思い返して彼の写真を見ながら思い出に浸ってまた悲しくなったり。

大切な大切な家族や友達一人一人をギュッとしたい土曜日の夜です。

2008年12月のバンコクの夜空
f0044063_2294743.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-09-09 02:30 | ちょっとしたつぶやき | Trackback | Comments(0)

バンコク戻って来ました&明けましておめでとうございます。

Photobucket

昨晩1か月の日本滞在を終えてバンコクに到着。帰国後仕事のため自宅にじっとしていて、仕事納めと同時にSIが初来日し、関西や東京を旅したり、地元で年末年始を過ごしたり、あーーーーーっという間の1か月でした。今日は大量に持ち帰った食料品や服の山に途方に暮れ、扇風機にあたりながらこうやってコンピューターに向かったり、母様が空港に向かう前に握ってくれた絶品味付けご飯おにぎりの残りを目にしても、昨日まで「寒い寒い」と1か月も日本にいたことが夢のよう。

私は家族大好き病かしら。家族皆に守られているような安心感が居心地良過ぎる。いつかは妹だって嫁に行ってしまうし、両親だって年老いていくし、いつまでも今と同じ竹本家が存在することはありえない。そう思うと日本に帰国して家族と過ごす時間がどれだけ大切か。姪ちゃんたちはどんどん大きくなっていく。「婆ちゃんそのうち死んじゃうで早く結婚しいや」、「赤ん坊こさえんといかんよ」、「他の女の人に取られんようにしっかりくっついておりゃーよ」と人生レッスンを何度も繰り返すお婆ちゃん。酒を飲み過ぎて神宮に初詣に行って足を痛めた88歳のお爺ちゃん。皆だーい好き。今日は寂しん坊モード。

皆の健康と商売繁盛を願って2011年開始です。今年もふつつか者ですが宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-01-10 19:50 | ちょっとしたつぶやき | Trackback | Comments(2)

DUDEブログ更新&エキブロ広告掲載嫌すぎる

今朝はDUDE-MAGAZINEのDUDEブログを更新したので良かったら覗いてみてください。今回はROCK THE BELLSフェスについて書きました。ここをクリック。

7月からエキサイトブログにも強制的に広告貼られるそう。ド嫌。AMEBA等と違ってシンプルですっきりしてるのがエキブロの良いところなのに。非常に残念だ。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2010-06-23 11:53 | ちょっとしたつぶやき | Trackback | Comments(0)

早く元のバンコクに戻ってください。

危険地域の近くに住んでいる友人が家に帰れない状態であったり、安全な場所への駐在員とその家族の移動やら帰国まで検討している人達の話を聞いても、デモが起きてる場所から離れてるオンヌットに住む自分にとってはどうも他人事のよう。ニュースでデモ隊と平和部隊の銃撃戦等の報道を見ては「同じ市内で起きてることとは思えんねぇ」なんて言って危険を全くと言っていいほど感じてませんでした。昨日の午後、アパートにいて爆発音だか銃声が聞こえヘリコプターが何台も上空を飛び交うまでは。まさかオンヌット駅前の大型スーパー「テスコ」まで被害を受けるとは思ってもみなかった。デモが始まって以来初めて「怖い」と感じた。夕方歩いて数分のコンビニまで買い出しに行こうとしたら道中の公衆電話のガラスは全部というほど割られてて、スクンビット・ソイ54の入口にある7イレブンはガラスが割られ、人々が商品を運び出してました。赤服にガラス割られて商品を近所の人が安全な場所に移動させとるのかと思った自分がアホだった。商品を大量に皆盗んでる現場でした。でも焦る様子もなく、普通の足取りで店内を物色し、抱え切れないほどの商品を持ち出してバイクや徒歩でどこかに消えて行く人達。びっくり。

3月にデモが始まって以来営業がままならないサイアムスクエアやセントラルワールド/ZEN、そしてESPLANADEにショップを持つスケボーブランド「PREDUCE(プレデュース)」のオーナーであるSI。大企業と違って小企業は予期せぬ自体に備えての留保金なんてほとんどない。デモに関するニュースを見ては「誰が店舗の賃貸費や従業員の給料払わんといかんと思ってんだよ」とラチャプラソン交差点を占領しているデモ隊の状況に常に頭を抱えてました。

そして昨日はとうとう赤服リーダー達が警察に降伏。これでやっとショップがオープンできる!と喜んだのも束の間。気付いたらリーダーの降伏に怒ったデモ参加者の一部が暴動化。タイ最大の大型デパートであるセントラル/ZENが放火されたニュース。ショップは5階だからそこまで火が行くまでには消火されるだろうと願ってたものの夜には完全炎上。ショップ1つ消失。サイアムスクエアも大通りに面した側に火がつけられ、サイアム・シアターが燃え上がってるとのニュース。でも夜8時から朝5時までの18年ぶりという外出禁止令が始まり、8時以降は速報も途絶え、誰も外にいない状況では一体サイアムスクエアで何が起きてるのか何も分からない。店は燃えてるのか、残ってるのか。残ってても暴動化した人間達に入口を壊されて店内の商品を盗まれているのか。「メインのサイアムスクエアのショップまでなくなったらもう駄目。スケボーの仲間達とゼロから始めて何年もかけて一生懸命育ててきた会社なのに」とうなだれてました。自分の店は残ってるに違いない、と変に期待して、実際に店がなくなってたら精神的に受け止め辛いから最悪のシナリオを想定して覚悟しておいたほうがいい、と夕方買い込んでおいたビールを飲んで、バイクの音も何もしないあまりに静かな夜は更けていきました。

今日の午前になってSIの友人の1人がジャーナリストのふりをしてサイアムスクエアに入り、PREDUCEショップの無事を確認。本当に良かった。何年か前にショップをオープンさせる上で保険契約を行う際、保険対象項目に「飛行機が墜落してきた場合」だとか「まさかそんな状況ありえんら」という項目が沢山あり、その中に「暴動」もあったけれど「これもありえん」と仲間と笑って保険対象から外したのに、まさかこうなるとはなぁ、と。サイアムスクエアに関してはソイ5、6が崩壊、サイアム・シアター全焼、という状況で、自分のショップは大丈夫だったけど、サイアムスクエア全体が元に戻り、人が立ち寄るようになるまでにはどれだけ時間かかるか分からないし、セントラルワールド/ZENだって全焼後各テナントにどう対処するのかあまり期待もできんし時間もやたらかかるだろうし、生き残れるか本当の勝負/苦労はこれから。頑張れ。

今日は天気もすごく良く、まだバンコク市内の一部では色々起きてはいるものの、山場を越えたような気がどうしてもしてしまう。いつものようにアパートの前ではバイクタクシーの運ちゃんたちがゴロゴロし、交尾に失敗して体を離すことができずギャンギャン鳴き続けるワンコカップルの周りを他の野良犬たちが尻尾を振ってうろうろし、鶏やヒヨコもうろうろしてて、すごく平和なのだ。同じバンコクという街の中で、各所が黒煙に包まれ、銃撃戦が起きてた(起きてる)事実があまりに非現実に見える。

個人的な政治的見解や宗教については何も書かないのが無難。とにかく、目的や手段が何であれ、昨日午後のデモ隊達による暴動化は絶対的に避難されるべき行動で、正当化する理由などあるわけない。何の関係も罪もない人間を巻き込み、彼らが苦労して作り上げて来たものを報復行為として暴動に走り破壊し、許せない。改革家気取りでか、平和運動化気取りでかチェ・ゲバラやガンジーのTシャツ着てる彼らの写真を見て失笑。早く元のバンコクに戻りますように。って戻るのか。忘れた頃に何かが起きてるここ数年。ここで「問題解決!」とは簡単になるわけないだろうな。と、熱く長い文章になってしまいました。とりあえず私は大丈夫です。明日の締切の仕事、手つかずにいたので今焦ってます。働け働け。

昨日のバンコクの様子を生々しく写し出している写真の数々→ここをクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2010-05-20 20:18 | ちょっとしたつぶやき | Trackback | Comments(10)