クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
HALATION ORG...
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

カテゴリ:食べる・呑む( 384 )

可愛いアリーのホステル「THE YARD HOSTEL BANGKOK」

この前の日曜日、どこか近所でのんびり本でも読みながらお茶できる場所に行こう、ということで「THE YARD HOSTEL BANGKOK(ザ・ヤード・ホステル・バンコク)へ。

THE YARDは、BTSアリー駅から徒歩7分。パホンヨティン・ソイ5は車の行き来が多くて歩いても楽しくないけれど、THE YARDのあるソイに入ると、大きな家や雰囲気のあるアパートなど緑が多くて静かで急に雰囲気が変わる。

「カオサン通りの沢山の観光客から離れているここは、ブティックや美味しいレストランや食堂、屋台などで溢れたエリア。主要観光スポットなどへのアクセスも容易。タイ語で『ヤード』は『親戚』を意味します。1度ここに滞在したら、ゲストのあなたは正に私たちの親戚となります。庭に集まって、静けさを楽しみ、冷えたビールを飲んで、ハンモックに揺れる。世界各地からの旅行者と出会い、ヤード・ファミリーの一員に。我が家を離れていても、あなたのタイの家族である私たちとの滞在をお楽しみください。」とサイトに説明書きがある通り、スタッフはとても温かく、オーナーかマネージャーのソムさんはチャーミング。

最近ちょっと流行っているコンテナタイプの建物と庭が可愛い。
f0044063_13325176.jpg

ここの庭にあるバーは夕方から営業。
f0044063_13333828.jpg

安いドリンクと、つまみが注文可。ビール小瓶100バーツ以下で嬉しい。
f0044063_13351119.jpg

でも蚊よけスプレーは必須。
f0044063_13432727.jpg

そして以前アリー駅近くにあった安くて美味しいバーガー屋「PEPPER BUTTER」はヤードの入口に移動していた。

アリー住民としてはのんびり屋外で飲むのに良く、少し旅慣れしているか、BTSがあれば中心部から多少離れていても平気だし静かで落ち着いた場所に滞在したい、という旅行者にぴったりの場所です。

++++++++++

もう何年も何年も前に詰め物が取れ、でも歯医者が怖くてずっと放置していた一番奥の歯。もう限界と思って昨日歯医者に遂に行ったら、歯の残りの面積が減っていて普通に詰め物を再度入れることが不可なのでルートカナル(根管治療)かインプラントしんといかん。が、ルートカナルしても数年後の状況保証できんもんでインプラントが最善策、で、8万5千バーツ(28万円以上)かかる、と。ガーーーーーン。馬鹿過ぎる。歯医者には早めに行こう。泣。馬鹿馬鹿馬鹿。本当くだらん。もう笑うしかない。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2015-09-22 13:59 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

「立吞あさひ」だーい好き

月曜日は豊橋の「立吞あさひ」へ。午後早い時間から飲める大好きな飲み屋。大学卒業後実家に戻って来て、当時の大切な人がここが大好きで待ち合わせは大体ここ。20歳そこそこの小娘が一人ではなかなか入れん奥深い場所のような気がしたが、以前から私も大好きだった。小さな立ち飲み屋で、気付くと隣のおじさんとおしゃべりして、さらに相撲の生中継なんかやっとると最高。俺の聖地。
f0044063_1344828.jpg

30代後半になった今でも帰省したとき高校恩師に会うときは「あさひ」で待ち合わせ。刺身つまんでビールやら飲んで過ごす夕方は至福のひととき。

当時の若大将が今は大将となり、まだ小学生でカウンターよりも背が低くて店内を走っていた若大将の子供が立派な青年になった。月日は着実に随分と流れた。あんなに年上と思っていたカラムの年齢を私はしっかり越えとる。
f0044063_13455284.jpg

洒落たバーやらレストランもそりゃ好きだけど、あさひやみたいな場所が1番好き。
f0044063_13573044.jpg


昨日はひさしぶりに両親の工場を少し手伝った。綿や布に囲まれサウナのように暑い工場で滝の様に汗ダーダーたらしながら梱包作業頑張る。60代、70代になってもこんなに体力を要求される仕事をしている両親を尊敬すると同時に申し訳なく感じる。夕方のビールと餃子が激美味だった。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2015-08-06 13:37 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

DJ MIZUYOちゃんの誕生日会 @KARMAKAMET DINER

もう先月のことだが、数少ない気心知れた女友達DJ MIZUYOちゃんの誕生日に招待された。何せ顔が広い彼女。大人数で誕生日パーティーもするけど、限られた人だけでお祝いしたい、と声を掛けてくれ、光栄でありました。やっと行ったKARMAKAMET DINER。お洒落。お安くはないが、美味しい。
f0044063_0545031.jpg

遅れて男性陣登場。DJ BOOGIE G、DJ JUICE WILLIS、骨の髄までビール人間ブライアンと超濃い男臭いメンバー。ド嬉しい(SIはスケボーツアーで不在。ち)。
f0044063_0585229.jpg

今月お勧め白身魚や濃厚フォアグラパスタに、
f0044063_0594335.jpg

鶏丸焼き。ベロンベロンでおしゃべりしながら完全骨になるまでかじり続けた。
f0044063_113531.jpg

プロンポンの喧噪を忘れてしまうエンポリアム真横の店。素敵でした、美味でした。

そいでもって昼しっかり仕事してVOGUE LOUNGEWHISGARS SILOMOCEAN URBAN LOUNGEなどで毎週レギュラーDJ、さらに随時DJして、まあタフなお人、MIZUYOちゃん。ネガティブでマイナス思考の私は彼女の明るい人柄に救われます。誕生日おめでとう!
f0044063_1113414.jpg


++++++++++++++++++++

明日から仕事で東京。短期間だけど蒲郡に帰れる。ど嬉しい。が、半月留守にするのがとても不安。と言うのも猫が2匹我が家に登場して早3ヶ月。TANGはすくすくと育ち、WUは小さい。痩せ過ぎじゃないか、1日中寝てばかりでどこか悪いんじゃないか、体が小さいからTANGに攻撃されて落ち込んでるんじゃないか、と心配でワクチンのため動物病院に行く度質問。「大丈夫大丈夫、この子はスリムな子なんだよ」と言われてたものの、あるとき血液検査したら免疫力が低いことが判明し。その後何度か検査して、体重が増えないとか、目の充血・斑点とか色々な症状を照らし合わせ、先週から後ろ足に力が入らないのか歩き方がおかしくなり、ジャンプ力が衰え、恐らく猫伝染性腹膜炎(FIP)ドライタイプだろう、と。治療法がなく、発病したら先は長くない、という病気。

目薬3種、解熱剤、抗生物質、免疫力を上げるL-リジン、ビタミン、色々貰うが、無理。無理矢理あげると、ストレスでジュワジュワ垂れる程の量のよだれ?唾を出す。

f0044063_1142150.jpg

歩き方がおかしくなってから、体力の衰えが急激でとても辛い。先も椅子の上にジャンプしようとして届かず、後ろ足がいうこと効かんもんで綺麗な着地ができずベタッと落ちた。ここ数日ご飯あんまり食べん。SIは出張で不在だし、どんどん弱って行くWUを見ては泣いてしまう。SIは今週半ば帰国し、明日から半月私はおらず、私がタイに月末戻って来たときにSIは1ヶ月スイスに既に旅立っている。うちらのどっちかがバンコクにおらん期間にこの子が死んでしまったらどうしよう。この先10年以上一緒に生きて行くはずだったのに、まだ生まれて6、7ヶ月なのに。甘ったれですっごい可愛い子なのに。不公平だ。最近病や死、そんなことを考えさせられることが多く、気が弱っとる自分がおる。重い。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2015-06-15 01:56 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

PAPER BUTTER & THE BURGER @アリー

今日英語無料情報誌「BK MAGAZINE」で「アリーで1日過ごす方法」という特集記事があった。そこには紹介されていなかったが、「SALT SMOKE」、「JIM'S BURGERS & THE BEERS」よりも美味しくて安い、と最近SIが主張していた「PAPER BUTTER & THE BURGER」にやっと行った。

PAPER BUTTERは、アリー駅からソイ・アリーに入ってすぐ左、洒落乙床屋「NEVER SAY CUTZ」の横の細いスペースを入って行くと建物に囲まれた中庭っぽいスペースがあり、そこにある店舗の1つ。

f0044063_15462591.jpg


残念ながらビールは売ってない。場所的に売れないらしい。残念。スパイシー・チェンマイ・バーガー(牛肉)B170と黒いパンだで+B20かB30、とオニオンリング

f0044063_15495197.jpg


普通のバーガーにすれば良かったと思いつつ、でも美味しい。バンズ良し。このボリュームと味でB200以下ってところがまた良し。

急いでバーガーかじって、上海出張のため空港に向かったSI。帰って来るまで二人ではまっている英国ドラマ「PEAKY BLINDERS」お預け。英国バーミンガム、第一次世界大戦後を背景としたギャング集団「PEAKY BLINDERS」。ファッション、音楽、英語のアクセント、クソ格好良い。キリアン・マーフィーにうっとり。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2015-05-12 16:11 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

「SADDLE AND BUNS」と「SOUL BAR」@チャイナタウン

最近すごく好きなバーが「SOULBAR」。毎晩質の高いファンクやソウルのライブが聴ける小さな空間。詳しくはこちらのブログに書いたのでお読みください。
f0044063_20231342.jpg

マネジメントの一人、フランス人ROMAINは以前から「これからはチャイナタウンだ」と言っていて、去年からSOY SAUCE FACTORY、SPEEDY GRANDMA、CHO WHY、EL CHIRINGUITO、23BAR & GALLERY、そしてSOULBARと面白い場所ができている。

で、この前ソウルバーに行く前に腹ごしらえしに行ったのが、ソウルバーから100メールくらいしか離れてないジャルンクルン28にある洒落たホステル「OLD TOWN」に併設された「SADDLE & BUN」。5月15日にグランドオープニングを迎えるため、まだメニューは今後改善していくようですが、チーズバーガー (B160) とか
f0044063_18221231.jpg

ミャンマーの茶葉サラダ (B100)など悪くない。なんと言っても価格設定が優しい。
f0044063_1823284.jpg

他にもおかずクレープやらありました。で、店の名前通り可愛いレトロ自転車が数多くあり、レンタル可。
f0044063_18244125.jpg

ソウルバーや醤油工場行ったとき、腹ごしらえに利用価値高い場所であります。

++++++++

世間は5連休だけど、どこにも行かずSI、WU & TANGとバンコクで静かに過ごしてます。

どんどん体が大きくなってきている玩具のネズミ命のキラー・ハンターTANG。ガツガツ顔を餌に突っ込んでムシャムシャ食べ、あんまり品がない。喉を鳴らすと「グルグル」という言うか「ブーブー」。餌でいつも顔が汚れ、髭があるみたい。小さいWUが寝てようが容赦なく突撃していき、力も強く、力関係でWUの上位にたっているということから、「ブーちゃん」、「リトル・ヒットラー」、「ジャイ子」とニックネーム多数。
f0044063_18503089.jpg

小さく細いWU。ジャイ子にやられっぱなしで心配。最近よそよそしい。大丈夫かや。
f0044063_18545132.jpg


++++++++

f0044063_19171990.jpg

友人のスケボー・フィルマーPATRIK WALNERが最近REDBULLからリリースしたマダガスカルでのスケボービデオ「MELODIES FOR THE LEMURS」。バオバオの木がとても幻想的です。是非。

MELODIES FOR THE LEMURS PART 1 / MELODIES FOR THE LEMURS PART 2

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2015-05-02 19:22 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

バチェロレッテ・パーティーは「HOT ROD」、「A.R SUTTON ENGINEERS SIAM」などなど

先月末、仕事終了後急いで日本からタイに戻って来たのは、大事な大事な友達Yの「BACHELORETTE PARTY」に参加するため。「バチェロレッテ」とは未婚女性を意味し、バチェロレッテ・パーティーとは結婚前に女性だけで集まり、花嫁をお祝いする宴。花婿を中心した男性のみの宴は「バチェラー・パーティー」。結婚前ばか騒ぎということで、ストリッパーを呼んだり、ベロンベロンに飲んだり、ちんこの形したケーキを用意して花嫁となる女性がちんこ部分をかじると中にアルコールが入ってたり、とか下品なパーティーもあり。通常は結婚する本人ではなく周りの友人が企画。SIの場合はバンコク市内のスケボースポットを巡りトリックを決めれんかったら酒を飲まされるというスケボー&酒パーティーを皆が企画していたのに、結婚式直前大怪我したのでただの飲み会になってしまった。色々なお祝いの形があります。

Yの場合は企画上手なニッキーがコーディネート。まずはエカマイのパークレーン内にある「HOT ROD」。IRON FAIRIESやMAGGIE CHOO'Sなど数多くの洒落たレストラン/バーのデザインを手掛けるASHLEY SUTTONによるタイ料理の店。お洒落だけど、辛さは妥協なし。ワイン飲みながら軽くつまみ、いい感じ。
f0044063_2114414.jpg

f0044063_21142633.jpg

バンコクに住んでいて、ヤンゴンに引っ越したY。この日はバンコクとヤンゴンに住む彼女の友達が集まり、結婚式がいよいよ来月なんだよな、と実感が湧いてきてワクワクしてきた。
f0044063_21192396.jpg

次は隣のやはりASHLEY SUTTONによるバー「A.R SUTTON ENGINEERS SIAM」へ。薄暗く、美しい大人のバー。しっとり飲みたいところ。ロゼ・シャンパン飲んでピスタチオ延々とかじり、この空間を満喫。
f0044063_21264898.jpg

その後さらに「SUGAR RAY YOU'VE BEEN JUST POISONED」に移動し、花嫁というテーマに合ったカクテルを作ってもらい、スクンビット・ソイ38の屋台通りで美味しい屋台飯を食べて終了。

元々友達そうおらんし、ましてや気心知れた女友達となればさらに限られる。皆口々「女同士で集まって飲んで楽しい!」と良い夜だった。Yのソンクラン休暇中プーケットでのビーチ結婚式前に集まれて良かった。

解散後一人でSTUDIO LAMへ。ワイワイ飲んでいたら、今朝までひんやり空気の日本にいたことが嘘のように感じられた。ストンとバンコクに馴染む自分。今更だけど、自分の拠点はバンコクなんだなと改めてふと実感した。日本に本帰国することがあるのだろうか。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2015-04-22 21:55 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

誕生日は暁の寺が綺麗に見える「sala rattanakosin」で

誕生日。SIママがわざわざスイスから持って来てくれたシャンパンでまずお祝い。彼女がいつも使っている香水ブランド「GUERLAIN(ゲラン)」の一品をプレゼントしてくれた。美容を怠らないSIママ。いつも良い匂いがする。或る匂いで特定の人を思い出すことがあるように、香水はとても個人的なもの。同じブランドのものをプレゼントしてくれるってなんだかとても特別な気がしてウルッと来てしまった。

そしてシャンパンで良い気分になったところでタクシーでツルッとホテル「sala rattanakosin(サラ・ラタナコーシン)」へ。暁の寺がよく見える人気レストラン/バーと言えば「THE DECK」がまず思い浮かぶけど、最近この辺は店が増えていて、salaもそう。人気のラム肉のマッサマンカレーおいしかった!そう安くない場所なのでもうちょっとサービスの質が上がるといいなと思う。
f0044063_1439884.jpg

お腹いっぱいで屋上のバーに移動。ちょっと安っぽいライトショーだかを見ながら腹いっぱい過ぎて意識朦朧。
f0044063_1441311.jpg

後ろは王宮。
f0044063_14584199.jpg

お洒落だけど、まだホテルの前はぐちゃぐちゃしてて、またその対象が嫌いじゃない。どうせそのうち小綺麗になってしまうんだろうけど。
f0044063_1544586.jpg

こうして誕生日を祝ってくれて数日後、SIママは帰国。約5週間振りに静かな二人の生活に戻ったのもつかの間。日々進化する子猫たちの身体能力、やんちゃぶり、食欲、好奇心に驚かされる。今週は日本出張だけど、5日間留守して忘れられたらどうしよう。デレデレ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2015-03-22 15:15 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

バーン・ナームプン水上マーケット

先月末の週末、スイスから来タイ中のSIママが「いかにも『観光』だけど、水上マーケットに行きたい」と言うので、お隣サムットプラカーン県のバーン・ナームプン水上マーケット (Bang Namphueng Floating Market) へ。アリーからタクシーで1時間もかからずさくっと行けた。

こちらの水上マーケットは「タイ政府の推奨するコミュニティ・ベースド・ツーリズムの受賞歴もあるほど。自然共生型のつくりで、“グリーン・マーケット”とも呼ばれています。」だそう(詳細はこちら)。水上マーケットに行きたいと言われ、げ、激早起き?!と思ったら全然そんなことなかった。昼近く出発。

野菜など売る舟や、観光客を乗せて川下りツアーする舟などで川は賑やか、陸地は食べ物から土産まで沢山店があって買い物客と川沿いでのんびり食事する人たちで大賑わい。ゆるりと。
f0044063_16405928.jpg

f0044063_16411716.jpg

私たちも大きな海老やソムタムなどで大盛りランチ。幸せ。はしゃいで感情高ぶって愛する息子の世話を焼き過ぎるSIママと、母親に匂いが強いソムタムの汁を足にこぼされてイラッとするSIが口論になりそうだったけど、私は部外者なので「また始まった」とニヤニヤ会話聞きつつ食べ続けとった。フランス語チンプンカンプンだけど、雰囲気は伝わる。ふふ。
f0044063_16421236.jpg

お腹いっぱいになったところで市場をぶらぶら。本当に食べ物であふれる国だ。
f0044063_16484350.jpg

f0044063_16471749.jpg

f0044063_16474641.jpg

f0044063_16492078.jpg

昔懐かし駄菓子屋さんで、以前記事を読んだことがある本物そっくり人糞の玩具が売っていた。誰が買うんだろ。
f0044063_16502865.jpg

一通り歩いた後、私たちも運河ツアーに参加。約2時間でたった何十バーツ。マーケットが閉まる4時頃出発。途中お寺や蘭を育てているところで降ろされる。バンコクからそう遠くない場所なのに、流れる空気はゆったり。運河沿いの家には自家用舟があって、本当に水と共に住んでいる生活感を覗くことができる。
f0044063_16574593.jpg

f0044063_16554211.jpg

あらあら。「禁欲vs本能」をここまで突きつけられた一瞬の光景でありました。
f0044063_16555220.jpg

f0044063_1657447.jpg

ツアーを終えて市場に戻って来たら6時近く。人はもうあんまりおらん。でも簡単にタクシー見つけることができて安心。

バンコク中心部からそう遠くないし、週末ふらっと遊びに行くのも良いし、日本から誰か来たときに連れて行ってあげる喜びそうな水上マーケット。土が減って瀕死状態のベランダの植木用に土を何キロもやっと購入し帰宅しました。またいつか行こう。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2015-03-13 17:03 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(2)

LE NORMANDIE @MANDARIN ORIENTAL HOTEL

月曜日は2周年結婚記念日だった。もう2年。たった2年。早い。お祝いはこれだけ長年住んでいながら1度も行ったことがなかった由緒あるオリエンタルホテルのフランス料理レストラン「LE NORMANDIE(ル・ノルマンディー)」に行くことにした。当日はお互い忙しく時間に追われていたので、翌日予約しようとしたらランチ満席。旧正月休暇で賑やかな時期とは言え、驚き。結局木曜日に出掛けた。

サトーン桟橋で眉毛犬に見送られながらホテル専用船で向かう。
f0044063_13204091.jpg

平日に休みを取り、お祝いランチに船でオリエンタルホテル。贅沢。幸せ。シャンパンから始まり、素晴らしいサービスを受けながら
f0044063_1327352.jpg

ゆったりとワインを飲みつつ美味しい料理を堪能しました。
f0044063_1328037.jpg

デザートはワゴンから好きなものを選ぶとチョコレートソースなどこんな可愛く描いてくれる。でもお腹いっぱいでほ完食不可。もう今後3年位クリームやケーキは要らない、と思った程苦しかった。
f0044063_13305036.jpg

ナイトマーケットに高島屋、チャオプラヤー川沿いの開発がどんどん進むバンコク。仕方ないが寂しくもある。
f0044063_13364154.jpg

結婚祝いなんです、とウェイターの方に会話しているとき伝えたら特別ケーキを用意して、持ち帰った。

これだけ高品質のホテルが多いバンコクでも、やはりオリエンタルホテルは格別。SIも喜んでくれて満腹で帰りのタクシーは口を開けて寝とった。良かった良かった。お値段も一流だったけど。ひー。
f0044063_1411759.jpg


++++++++++++++++++

チャオプラヤ川と言えば、今読み直している向田邦子のエッセイ集「眠る盃」にこんな文章がある:

『バンコックの街を流れるメナム河の対岸に、トンブリという街がある。
十年ほど前、私はここのタイ人の家に客として一週間を過ごしたのだが、この時の説明によると、日本語のドンブリの語源はこのトンブリだという。タイには古くから宋胡録(ソンコロク)とかベンチャロンと呼ばれるやきものがあるから、当たっているのかもしれない。』

これは1978年に書かれたもの。「トンブリ→ドンブリ(丼)」という語源説に驚き、「メナム河(チャオプラヤ川)」という響きに惹かれる。流れる空気が当時どれだけ緩やかだったんだろう(今でも多くのタイ人の歩く遅さに時々発狂しそうになるけど)。さらに『路上で商う1杯1バーツ(十八円ほど)の魚の浮き袋入りカレーライスは・・・』とも。1バーツ! 

また、彼女は1970年、バンコクのシャム猫協会会長宅で出会ったコラット(コラート)猫に一目惚れし、2匹譲り受けている。古くから銀猫と呼ばれ、王妃の結婚祝いの引き出物に使われるそう。バンコク、猫、家族愛、食欲。向田邦子大好き。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2015-03-02 16:56 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

ワイン会@MY PORCH

昨晩はスクンビット・ソイ39の「MY PORCH」主催のワインの会へ。定期的に開催されるこちらのワインの会。毎回10人弱のグループで料理を食べながらソムリエによる説明を聞きながらワインを楽しめ、何度も参加している。今回のテーマはタイのワイン。「おいしい!」というタイ産ワインを飲んだことがなかったので楽しみに出掛けた。

ずらっと並ぶワイングラスを眺めているだけでワクワクする。
f0044063_15344174.jpg

タイのワインと言うとホアヒンのMONSOON VALLY、カオヤイのPB VALLEYくらいしか知らんかったけど、チェンマイやパタヤでも作っていると聞き驚き。でも「パタヤ産」と聞くだけで「美味しくなさそう」と思ってしまう自分がいる。いまだに「パタヤ=えぐい歓楽街」「品がない」など悪いイメージがまず浮かんでしまう自分がいかんのだが。
f0044063_153721.jpg

ここ数年でタイ産ワインのレベルが上がったとのこと。質を少々疑いつつも、これからたまにはタイ産ワインも色々試してみようかなと思った夜でありました。

ワインと言えば、この前かなりひさしぶりに英国パブ「ROBIN HOOD」に行った。ハッピーアワーでワインを店の真ん中にある両側に座れる相席カウンターで一人で飲んでいたら、陽気な西洋人のおじさん達に話しかけられ、気付いたら何杯もおごってくれた。別にエロくなく、楽しくおしゃべりして面白い人たちだった。以前英国人の彼氏がいたとき、彼は出掛けるというと週末はサッカーやって試合の後はチームスポンサーのパブに必ず行き、家にいるときはテレビでサッカー観戦。パブやサッカーどっぷり生活に辟易し、もう何年も滅多にパブに飲みに行かなかったけれど、改めてパブって良いなあと思った。酒おごってもらえるもんでじゃなくて、同じ場所で酒を飲むとすぐ友達になれるというパブ文化が好きだ。また行かにゃ。

なんてタイワインのこと書いたら「美味しい世界旅行」で丁度タイのワイン「モンスーン・バレー」についての詳しい記事が投稿されていました。なるほど:http://freestylef.exblog.jp/22830663/

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2015-02-25 17:51 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)