クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

カテゴリ:食べる・呑む( 392 )

1人で外で御飯食べるのも悪くないかも知れん

           Photobucket - Video and Image Hosting
母親を小学生くらいの女の子が手伝っていた、テーブル3つに扇風機しかない店で、
昼御飯のピークを過ぎてひっそりしている時間に1人で食事をした。
1人で外で御飯を食べるのは基本的に好きじゃない。何となく居心地が悪くて
きょろきょろしたり、何か読んでみたり、でも心底食べ物を味わえない。

でも、こういうこじんまりとした店で他に客が殆どいなくて、店の人も客に気を使わず
食べ物を出したら空いてるところに座って新聞を読んだり誰かとおしゃべりして、
そういう雰囲気だったら1人でも全然問題ないことに気付いたのでした。
サービスが良くて、ちょろちょろこっちを気にしてくれる店員さんがいるような店だと
「見られている」匂いがしてもう駄目だけど。この位服屋も客放任主義だったら
買い物も楽しいのに。

ぱりぱり揚げ豚旨かった。でも、それよりか古びたひよこちゃんの絵が
剥げかけたプラスチックのコップにぐっと来た。いい味出しとる。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-09-02 17:32 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

お好み焼き@みちづれ

エカマイ・ソイ10のエカマイショッピングモール奥にある、本格関西風お好み焼きの店
「みちづれ」に行きました。赤提灯にたこ焼きの旗、と庶民的匂いがする外見に
ぐっと来ます。
Photobucket - Video and Image Hosting

タイ化された日本食でよく利用される食材No.1のかにかまぼこがお好み焼きにまで
進出していて少々驚いた。先入観持たずに食べたら普通においしいかも知れん。
Photobucket - Video and Image Hosting

お好み焼きは安くて殆どが200バーツ以下でした。値段、店の雰囲気ともに
庶民の味方。サトーンにできた「なんじゃもんじゃ」もいいけど、こういう小さい店を
どうしてもひいきしたくなります。

店の兄ちゃんが手際よく焼いてくれたお好み焼きを持ってきてくれ、各テーブルに
ついてる鉄板に乗せてくれ、自分達のお好みで鰹節、青海苔、マヨネーズ、店自慢の
たれ(甘・辛)をつけて食べるシステム。モダン焼きを頼んだらぶ厚くてすごい
おなかいっぱいになった。豆腐サラダが旨い。たこ焼きは冷凍でがっかり。

そして一昨日クラブで遊んどったら日本語が達者なフランス人と友達になりました。
日本語ぺらぺらで、彼曰く、広島で勉強しとってカルフールに勤めとったら
イーオンに買収され、職を失ったしがないサラリーマンで、広島風お好み焼きを
食べれる店がバンコクにあるなら是非教えてくれ、関西風ぢゃ駄目だ、とのこと。
腰の曲がったお婆ちゃんが経営する小さなお好み焼き屋さんで、ビールを注文すると
「自分で冷蔵庫から出してちょうだいね」と言われた、そんなところで食べる
お好み焼きが大好きだったそうです。話が分かるフランス人、リデリック。
広島風お好み焼きの店ってバンコクにあるのか?

大阪の大学に行ってた時代、本場のお好み焼きを食べさせてくれるということで
ある一家の自宅にお邪魔したら、たねの練り具合、入れる山芋の分量でご夫婦が
ちょっとした口論を始めてドキドキした。

本場の人間からフランス人まで皆がこだわりを持つお好み焼きなのだ。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-08-27 16:11 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(8)

お誕生日祝い@イタリア料理店"Beccofino"

昨日はDMGの誕生日でした。夜ゆっくりどこかおいしいレストランでお祝い、
といきたかったのにサッカーのトレーニングがあるから無理とのこと。
「明日の夜もトレーニングだし」って。別に来週でもいいと言われたが
誕生日のお祝いは当日、それかせめてその翌日くらいにはしてあげたい。
なのにサッカートレーニングのが大事らしい。私も誕生日やら何とか記念日やら
バレンタインやらクリスマスやらどうでもいい性質なので(自分以外の誕生日と命日と
正月は大事)、そのやる気なさは分からん訳でもないが。

でも誕生日だしたまにはランチくらいゆっくりしてもいいじゃんか、とDMGが
開き直ってくれたので近場のトンロー・ソイ4辺りのイタリア料理店"Beccofino"へ。
新聞、雑誌、何を見てもエグゼキュティブ・シェフ兼オーナー本人の写真が
少々鼻につくほど前に出されているので、外見はお洒落だけど少々不安を抱えて
訪ねたのでした。入り口奥の壁の実物の1.5倍くらいのシェフの全身壁画は
見なかったことにして、結論は美味しかった。

私達は前菜ビュッフェ+スープ+メインコース+アイスクリームかシャーベット
+コーヒーか紅茶+ワイン1杯の450バーツ++(約1,400円)のランチセット。
パンもなかなか美味しかった。
↓前菜ビュッフェ。生ハム&メロン最高。
Photobucket - Video and Image Hosting
↓メインで牛、豚、それかパスタで、かなり久しぶりに
↓牛サーロイン&ほうれん草ソテーを選択。
↓DMGはちょっと芋が欲しかったらしい。
Photobucket - Video and Image Hosting

サービスも良かったし、今度は前菜ビュッフェのみ(B280++)でワインでも
ゆっくり飲みに行きたい。「手打ちパスタはうどんみたいでまずい」と誰かの投稿記事を
読んだので今回注文しなかったけど、どうなんだろ。

ひさしぶりの牛肉で、「肉!」っていう肉がいかに腹持ちがいいか改めて思い知らされた。
で、おなか一杯で夕方出掛けたら、訪問先でケーキをご馳走になる。
滅多に食べない赤肉&ケーキで、もう駄目かと思った。

旦那は長年連れ添っても、自分に一番近い「他人」、子供がいても、何十年一緒にいても、
ふとしたことで別れるときが来たら(ことが起きたら)別れてしまうもんだ、ってことを
以前母に言われたことがある。一緒に住んでても、2人の関係を当たり前と思っちゃ
いかんのね。これから何度DMGの誕生日を一緒に祝うことになるんだろ。
男を磨いておくれん。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-08-23 13:33 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(6)

屋台の値段とスーパーの値段

先日DMGとヴィラ・スーパーマーケットに行ったときのことについて。

まず、ヴィラは外国人のために輸入品が揃っていて、見ていてとても楽しいところ。
輸入品は勿論高くて私のような小市民はとても手が出せん物ばかりだけど。
愛知県民の私が愛する赤味噌の値段なんて、あまりに割高で鼻血が出そう。
野菜も、普段市場で買い物をしている友達から見たら勿論割高。
以前、「今日は仕方ないでここで買うけど、市場のがもっと安いの知ってると
何か損しとるみたいでくやしい」みたいなことを言いつつ、仕方なく
その日は買い物をしてたのでした。

で、DMGとヴィラに行った際、まだ出始めだったラムヤイ(ロンガン。龍眼。
素敵な名前だ)を彼が発見。さっさと係のお姉さんに重さを測ってもらって値段
シールを貼ってもらって買い物トローリーに入れた。見たら1キロ60バーツ。
高い。「路上の果物屋さんでその半額で買えるじゃん。もったいない。」と
ついついブーブー言ってしまった。けちけちしとるじゃなくて、友達の発言どおり、
ちょっと歩いて「1箇所で全てが揃う便利なスーパー」を離れれば、
半額で同質のものが買えるのに、とどうしても思ってしまうから。
60バーツが約180円で、屋台でラムヤイ買ったら30バーツで約90円。
そこで浮くのはたかが30バーツ、たかが90円、と言ってしまえばそれまでだけど、
30バーツで屋台の旨い麺の大盛りが1杯食べられると思えばね。

私には「もったいない性」が染みついているし、大手スーパーよりも
屋台など個人店(?)を是非サポートしたいという気持ちもあるんだ。

ラムヤイは食べ出すと止まりません。「止まらない度」はプリングルズに匹敵。
↓話題のラムヤイ。「龍の眼」とは、
↓古代中国人の豊かな想像力に敬服。
Photobucket - Video and Image Hosting  にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-08-10 12:34 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(4)

ベトナム・フォー@Central Chitlomのフードコート

最近はどこのデパートもフードコートを洒落た風に改装してるけど、先駆者は
Central Chitlom。生春巻きを求めてセントラルの近くにあるベトナム料理店"Pho"に
行ったのに閉まっとったもんで、セントラルのフードコートへ。

お決まりのものばかりだけど、生春巻きと牛肉入りのフォー。鶏肉を頼んだら
午後2時だったのに鶏肉はない、と言われた。以前行ったときも鶏肉がなかった。
あるときはあるんだろか。

Photobucket - Video and Image Hosting  Photobucket - Video and Image Hosting
タイ料理とはまた違ったハーブの香りが良。旨い。生もやしのしゃきしゃき感が好きだ。
香草を一切受け付けない父だったら「くっせー」と絶対言うだろうけど。
ほぼ何でも食べられる自分に感謝。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-08-02 13:34 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(10)

トムヤム麺@Greyhound

二日酔いや体が疲れているときは、程よい辛さのスープまたは日本のカレー
(できたらゴールデンカレー)を食べて汗を少々かいて、更に長風呂すると復活します。

バンコク市内に幾つも店舗をかまえる"Greyhound Cafe"は、モノトーンで統一され、
いたってシンプルで小洒落たカフェ。御飯も美味しいです(蕎麦はいまいちだけど)。
プーニムサラダ(脱皮したばかりの皮ごと食べれる蟹/ソフトシェルクラブのサラダ)に
一時はまってました。

私はまあまあ近所のトンローJ-Avenue支店を時々利用。で、別のものを頼めばいいのに
ほぼ毎回トムヤム・センヤイ(幅広い米麺)にしてしまいます。大きな海老が2匹入っていて
旨い。辛さも程よいです。DMGは、海老の殻をむくのが面倒で、しかもトムヤムスープに
レモングラスやら唐辛子やらバイマックルーやら食べられないハーブが沢山入ってるから
おいしいけど嫌なんだそう。魚の骨が嫌だとか、人生損してないか。

↓Greyhound Cafe J-Avenue店
Photobucket - Video and Image Hosting
↓トムヤム・センヤイ最高
Photobucket - Video and Image Hosting

Greyhound Cafeのウェイターはどこの店舗にいっても可愛い子が多い気が。
でもゲイが多いのがタイ人女性を泣かせます。

アルコール類は夕方5時過ぎからしか注文できんのが残念だけど、いいカフェです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-07-15 13:57 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

大連飯店

せっかく妹が来ているのに、だらだら何となく暇だった今までが嘘のように急に忙しくなり、
彼女はバンコクにまるで私達の御飯をわざわざ作りに来ているようで申し訳ない
日々が続いています。

が、昨晩は日本人の間では評判の良い、安くておいしい中華料理店でトンローソイ40にある
「大連飯店」に行ってきました。前から行きたかったのが、ブログ「タイで暮らす華僑の嫁
日記
」さんのレポートを読んでおいしそうな写真を見てから、行きたくて行きたくて
どうしても白い蒸しパンが食べたくてやっと希望実現。
以下おいしく頂いた数々の料理の写真です。
↓くらげの酢の物からスタート。
Photobucket - Video and Image Hosting
↓豚肉と高菜の醤油煮
Photobucket - Video and Image Hosting
↓でかい熱々饅頭。上記の醤油辛い豚肉と吟味。
Photobucket - Video and Image Hosting
↓小龍包
Photobucket - Video and Image Hosting
↓湯葉揚げ
Photobucket - Video and Image Hosting
↓そして皆デザートで胡麻団子の生姜湯を1皿ずつ。
↓歯が真っ黒になるけど美味。
Photobucket - Video and Image Hosting
嬉しかったのが、経営されてる中華系家族の皆さんの対応が良かったこと。
偏見かも知れんけど、中華系レストランって無愛想でどきっとすることが
少なくないと私は思う。あまりの無愛想さにこっちがまるで悪いことでもしたような
気分になったレストランもあった。今じゃ気にしないけど。

これだけ食べて630バーツちょっと(約1,900円)。安い。旨い。また行くべき。幸せ。
青島ビールもあるみたいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-07-05 07:17 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(4)

たった30バーツ位のツナだけど

私は3姉妹の真ん中です。子供のとき、母が育ち盛りの私達の朝食が
パンとコーヒー牛乳だけにならないよう、野菜炒め、ホットドッグ、卵等々何か
おかずをいつも用意してくれました。

そこでマヨネーズに和えたツナを焼きたてパンにのせて食べるのは、
私の好きな朝ごはんトップ5に入ってました。
が、ここは3姉妹。1人1缶なんて食べさせてもらえる訳がない。
渋々分け合い、少しでも沢山欲しかったのを覚えてます。
なので、酔って帰宅した父が時々ツナを1缶空食いし、
母がブーブー次の日の朝言うのを聞いて
「お父さんはいいなぁ」と羨ましかったのを覚えてます。
生協で母がまとめ買いし、父がまた空食いしないよう戸棚の奥に隠してたことも。
当時ツナはそんな安い物じゃなかった気が。

タイでツナは1缶30バーツ前後(約90円)。屋台ラーメン1杯と同じ位。
数ヶ月前からDMGが「骨が絶対なくて、おいしくて、さらに体に良い」ツナを
急に好んで食べるようになりました。塩コショウを足すわけでもなく、
おやつとしてツナ缶を開け、そのままフォークでがつがつと数分で平らげてしまう。
それを見ては「ああ、もったいない」と思ってしまいます。
数個まとめ買いすると、「1缶私にとっておいてよね」と念を押してしまう、
そんな自分の小市民さに笑ってしまいます。

ツナはパンと食べるかツナ巻きとして食べたほうが好きな事実もあるけれど、
1度に1缶食べきるどころか、この年になっても気が引けてツナの空食いができません。
仕方ない。そうやって育ったんだ。三つ子の魂百まで、だに。

オーウェンは復帰するのに約半年が必要。その間ニューカッスルに代わって
イングランド・サッカー協会から報酬が支払われるのだけれど、1週間の報酬が
10万3,000ポンド(約2,200万円)、復帰まで8ヶ月かかれば補償総額は
300万ポンド(約6億4,700万円)。オーウェンの娘はツナなんて好きなだけ
飽きる程食べて成長するんでしょうね。いやいや。

昨晩ナナプラザでガーナ対アメリカ戦を見てました。皆ガーナを応援。
アメリカ嫌われてるよな。
↓うちの競争率の高いツナ。残り2缶。
f0044063_14113619.jpg







にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-06-23 14:23 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(3)

ヒールでバンコクを歩く危険性と再度「魚昌」

足首が微妙に痛む。
おとといの通訳の際、大通りに出るまでの短距離をヒールで歩いとる際に
コンクリートのボコボコしたところでガクッと来てちょっとひねった。
私は外反母趾が中学の頃からひどくて、ヒールなんていう
見た目は美しいけど拷問に近い履物は極力避けて生きてます。
でもやっぱり履かんといかんときは履かんといかん訳で、
それだけで嫌だし、おまけにバンコクの道路って全然歩行者フレンドリーぢゃない。
ぼこぼこを避け、でれっと寝てる犬を避け、渋滞に耐えれず歩道者スペースを
ガーっと走ってくるバイクさえ時々避け、時には異常に低い高さに設置してある
標識に頭さえぶつけそうで、鈍臭い私には大変なんだ。

だから仕事を終えて帰宅し、ポーンとヒールを脱ぎ散らして
ソファーに座れたときの開放感っちゅうのは何とも言えん。
暑い中スーツでびしっと決めた男性が帰宅してネクタイを取って
ドカッとソファーに座ったときの気分と似たようなもんかも知れん。
やっぱりスニーカーだよな。

で、疲れた体を労わるって訳でもないが、DMGも疲れてて夜何もしたくなく、

以前さいころで当てた食事券
を使ってご馳走を食べよう、
ということでトンロー13の「魚昌」へ。

普段なら絶対こんな高いものは注文しんが、食事券だでいいじゃん、
と太っ腹になり、860バーツ(約2,600円)もする「魚昌変わり寿司」を注文してしまった。
うに、抹茶、明太子たれ等ののった寿司で、たたき中心のねたがおいしかった。
しゃりは酢のきつめなのが個人的に好きなのでここのはちょっと物足りんけど。
でも鰻最高。当たり前だけど、ドミーの3匹1,000円の中国産とは大違い。
幸せ。「フジレストラン好き!日本食好き!」なんて言う皆さんに是非食べて頂きたい。
が、忍者の格好をしたウェイトレスさんはちょっと可哀想だった。あずみかい。
↓すしスシsushi寿司最高
f0044063_13514636.jpg





にほんブログ村 海外生活ブログ
[PR]
by miyachoTT | 2006-05-04 13:59 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(2)

九州土産

昨日はYちゃんに会いに久しぶりにDublinerへ。
選挙日だったのでアルコール類は一切提供されませんでした。
うちらタイ人じゃないもんで投票できんし関係ないだけど、
まあ仕方ない。
水曜日はレディース・ナイトで、7時から女の子だけで行くと
飲物・食べ物半額。たまに女で良かった、と少々思える。
でもギネスは対象外です。残念。

ソンクラーンに九州に戻ったYちゃんに色々土産を貰いました。
柚子一味。渋いデザインのふりかけ「御飯の友」。
私の今までの短い人生の中で見た一番大きいきんぴら天。でかい。
そして熊本県物産振興会金賞まで獲得した、レンジで5~6分温めるだけで
美味しく食べられるという阿蘇産ほくほくさつま芋。
いやいや、素晴らしい。持つべきは友なり。
Image hosting by Photobucket

土産話を聞いていたら豊橋の「黒田屋」の豚骨醤油ラーメンが
すっごく食べたくなりました。

以前ごぼうを食べたら独特の味に違和感があってか
DMGはあまり好きそうじゃなかったのに、
頂いたきんぴら天をかじったら気に入ったみたいでした。
独り占めできると思ったのに。ちぇでやんの。
うちは生存競争が激しいんだ。
     にほんブログ村 海外生活ブログ
[PR]
by miyachoTT | 2006-04-20 07:15 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(2)