クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

カテゴリ:食べる・呑む( 397 )

メキシコ料理@Woodstock

世間は月曜日まで3連休で多くの人がバンコクを脱出しとるけど、うちは関係なし。
土曜日はDMGにとって仕事の次に大事なサッカーで1日潰れたし、今晩は今晩で
愛するマンチェスターU対リバプールという大事な試合があるし、せっかくの三連休は
さらさらと終わってしまいそう。

ちなみに今週末は三谷祭り。ちょっとホームシックになります。何週間か前から
夜になると近くの神社から笛やらの練習する音が静かに聞こえてきて祭りムードが
だんだん高まり、この2日間さらしを巻いたり、それぞれの衣装をまとった
地元の男の人たちがなかなか男前に見えます。その分日曜日の夜に祭りが終わると
結構寂しい。急に静かになり、秋が深まるような感じ。

祭りになると家で寿司やらご馳走食べて酒飲んでギャーギャーやるだけど、
遠く離れたバンコクで私は昨晩サッカーの試合後Woodstockでブリートを
たらふく食べました。スパイスの効いたご飯と豆ペースト、ブリートには
サワークリームとアボガドディップみたいなやつが添えられて、本当お腹いっぱいに
なる一品。他にもメキシコ料理セレクションとしてチミチャンガやらタコスやら
あります。外から見るといつも客がそうおらんくて流行ってないように見えるけど、
1階は禁煙だもんでで、2階のが賑わってます。
↓ブリート(B245)。今朝まだ胃が重かった
f0044063_13423243.jpg





にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-10-22 13:47 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(8)

シーフード@Khun Ying

今日はカラムの4回忌でした。早いものです。「カラムのために今日はおいしいものを
食べてお酒も飲んで、彼の短かった人生を祝ってあげてください」とカラムのお母さん
からお金まで頂いたので、安くて気取らず旨いところ、と言う事でエカマイ・ソイ6と8の
間にあるシーフードレストラン「クン・イン」に行きました。

エアコンの効いた屋内もいいけど、雨模様で涼しかったので野外の席で食事。
雑誌"DACO"によると、チョンブリーから直接取り寄せるシーフードが売りだそう。
メニューはすべて写真・英語・日本語付と有難いです。
↓まず生海老のナンプラー漬け&甘酸っぱい揚げセンミー
Photobucket - Video and Image Hosting Photobucket - Video and Image Hosting
↓野菜のオイスターソース炒め&ムラサキガイの蒸したやつ
Photobucket - Video and Image Hosting Photobucket - Video and Image Hosting
↓蟹肉入りチャーハン&揚げスズキのにんにく・ナンプラーソースかけ
Photobucket - Video and Image Hosting Photobucket - Video and Image Hosting
2人でこれだけ完食しました。恐ろしい。海老はプリプリだったし、でかいスズキも
ニンニク効いてご飯が進んだし、DMGは特にムラサキガイを気に入ったよう。
子供の頃「これでもか」という位季節になると毎日毎日毎日毎日アサリ攻めで、
貝類をいまだに金出してまで食べたいと思わない私でもこれは旨かった。
大人になりました。

ビール大瓶2本飲んでDMGはジュース飲んでココナッツミルクに入ったタピオカの
デザートまで食べて計1,100バーツ(約3,500円)。悪くないです。

しかし男性というのは食べるのが早い。私は食べるのが遅いし、32歳にもなって
魚の身を自分で取り分けることを妙に躊躇するDMGの面倒を見ていると、自分の食べる
分がなくなってしまうんじゃないかと被害妄想が入って一生懸命食べてしまう。
が、おいしいものを食べれた日は幸せです。「クン・イン」は値段手頃で
日本人の口に合う味付けで庭も気持ちいいしサービス良いし、お薦めです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-10-13 00:21 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(10)

レッドブルはタイでたった31円なのに

タイ語で「クラティン・デーン」、英語で"Red Bull"で有名なスタミナドリンク。
私は「疲れとるでちょっと飲むかな」というふうにはお世話になってませんが、
飲み屋で「レッドブル&ウォッカ」を時々注文します。結構旨いし、口当たりが良くて危険。
レッドブル&タイの安いウィスキー&ソーダミックスをジョッキで頼み、皆でストローで
チューチュー調子に乗ってクラブで飲んで踊って遊んでると時々痛い目に遭います。

タイではどっちかと言うと低所得者層を狙ったマーケティングをしているので、
F1でレッドブルチームが参入したときにはどうも違和感がありました。
タイ国外での販売権を得たオーストリアの会社とでは、ターゲット層にかなりの違いが
あるようです。

で、昨晩名古屋市伏見区にある、客の外国人率がなかなか高いスポーツバー
"Shooters"で飲んでいた妹から衝撃的なメールが写真付きで入りました。
↓これ
Photobucket - Video and Image Hosting
「レッドブル750円(税込788円)、レッドブル&ウォッカ950円(税込988円)」
缶入りレッドブル1本の値段。高い。タイは瓶入りばっかりで1本10バーツ(約31円)。
すごい差。いやいや、びっくりした。

キャッチフレーズの"Red Bull Gives You Wings (レッドブル、翼をさずける。)"
は、飲むと翼もらったみたいに元気が出て飛んじゃう、ってこと?1本でカフェイン
コーヒー1杯分だで確かに沢山飲むと変に飛んじゃいそうですね。

31円と788円の差に驚いたのでした。レッドブルについて詳しくはこちら
↓うちにも1本、クラティン・デーン。
Photobucket - Video and Image Hosting
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-09-26 14:46 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(10)

インド料理 @Mrs. Balbir

最近はDMGと二人でゆっくり食事をする機会がずっとありませんでした。
昼御飯だろうが晩御飯だろうが、いざ食べようとすると狙ったかのようにDMGに
仕事の電話がかかってきたり、その辺に置いてあるラップトップから新メール着信
お知らせ音楽が流れると放っておけんくてチェックしたり、ということで
本当に久しぶりに電話にもメールにも邪魔されず、サッカーともパブとも
関連のない、スクンビット・ソイ11/1にある"Mrs. Balbir"へ。

Balbirさんはバンコクではちょっとした有名なインド人女性です。
タイ航空の公式インド料理提供者だし、バンコク市内のパブ等にも料理を提供しています。
料理教室も開いてるし、時々テレビにも出ています。でも仕事でDMGが彼女に
会った際、「画面の前で喋るのは難しくて、皆私が下手と思ってるの分かってる。
私下手なのよね。」とあっさり認めていた気さくな人なんだそう。

レストランは小さな2階建て。パパダムやマンゴチャツネ等々がまず出され
ビールを飲んで腹ごなし。
↓ベジタリアン・サモサ。カリカリで旨い。
↓一緒に出されるマーマイトみたいにどす黒いソースがまたいける。
Photobucket - Video and Image Hosting
↓チキンティッカ(奥)とチキンマサラ(手前)
↓光ってるのは玉ねぎランプ。ひどい写真だ。
Photobucket - Video and Image Hosting
サモサおいしい。チキンティッカも肉が柔らかくて美味。チキンマサラは辛くて、
辛い料理が好きだけどあまり食べられない私は汗ばんでしまった。
タイ料理で鍛えられてる方々は余裕だと思うけど。カレーでも一番辛いと言われる
ビンダルーにチャレンジしたかったけど、DMGが「やめときん」と言うのを
素直に聞いてよかった。ラム肉の入ったローガンジョッシュはマイルドでいける。
他にもナン、スパイスの効いたマサラティー、やっぱり食後に口をすっきりさせる
爽やかなスパイスの効いた濃厚アイスクリーム、と「これでもか!」ってくらい食べて
1,600バーツ(約5,000円)。普通かな。お土産にナンを2袋頂きました。やったね。
ちなみに"Mrs. Balbir"は宅配サービスもやってます。

おいしいインド料理をたらふく食べて、うちの近所のおじさんと煙草を吸いながら
談笑している銃を持った兵隊達をタクシーから眺め帰宅。で、ちょうど"Contender 2"
の放送時間。"Contender"最高。皆ドラマをしょってます。K-9が好きだけど、
絶対スティーブが勝つだろうな。良い木曜日の夜でした。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-09-23 14:04 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(2)

タイらしいヨーグルト

f0044063_10301272.jpg

最近はまっとるヨーグルトがこれ。ヴィラ・スーパーに行くと絶対買う。
プレーン、ジャックフルーツ味なんかもあるけど、うちはグリーン・マンゴ味か
タマリンド味をいつも購入。19バーツ(約60円)で他の大手食料品会社が
売ってるヨーグルトより少々高め。でも、無糖で酸味がちゃんとあって
体に良さそうなタイでは貴重なヨーグルトシリーズなのだ。

底にある果実ソースと無糖ヨーグルトの部分をちょっとずつ混ぜて食べると旨い。
タイで手頃な値段でブルガリアヨーグルトみたいな無糖ヨーグルトが
買えたら有難いのに。でもタイだと売れないと思う。決して日本みたいな
健康おたく国民じゃないし。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-09-19 10:51 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(8)

1人で外で御飯食べるのも悪くないかも知れん

           Photobucket - Video and Image Hosting
母親を小学生くらいの女の子が手伝っていた、テーブル3つに扇風機しかない店で、
昼御飯のピークを過ぎてひっそりしている時間に1人で食事をした。
1人で外で御飯を食べるのは基本的に好きじゃない。何となく居心地が悪くて
きょろきょろしたり、何か読んでみたり、でも心底食べ物を味わえない。

でも、こういうこじんまりとした店で他に客が殆どいなくて、店の人も客に気を使わず
食べ物を出したら空いてるところに座って新聞を読んだり誰かとおしゃべりして、
そういう雰囲気だったら1人でも全然問題ないことに気付いたのでした。
サービスが良くて、ちょろちょろこっちを気にしてくれる店員さんがいるような店だと
「見られている」匂いがしてもう駄目だけど。この位服屋も客放任主義だったら
買い物も楽しいのに。

ぱりぱり揚げ豚旨かった。でも、それよりか古びたひよこちゃんの絵が
剥げかけたプラスチックのコップにぐっと来た。いい味出しとる。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-09-02 17:32 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

お好み焼き@みちづれ

エカマイ・ソイ10のエカマイショッピングモール奥にある、本格関西風お好み焼きの店
「みちづれ」に行きました。赤提灯にたこ焼きの旗、と庶民的匂いがする外見に
ぐっと来ます。
Photobucket - Video and Image Hosting

タイ化された日本食でよく利用される食材No.1のかにかまぼこがお好み焼きにまで
進出していて少々驚いた。先入観持たずに食べたら普通においしいかも知れん。
Photobucket - Video and Image Hosting

お好み焼きは安くて殆どが200バーツ以下でした。値段、店の雰囲気ともに
庶民の味方。サトーンにできた「なんじゃもんじゃ」もいいけど、こういう小さい店を
どうしてもひいきしたくなります。

店の兄ちゃんが手際よく焼いてくれたお好み焼きを持ってきてくれ、各テーブルに
ついてる鉄板に乗せてくれ、自分達のお好みで鰹節、青海苔、マヨネーズ、店自慢の
たれ(甘・辛)をつけて食べるシステム。モダン焼きを頼んだらぶ厚くてすごい
おなかいっぱいになった。豆腐サラダが旨い。たこ焼きは冷凍でがっかり。

そして一昨日クラブで遊んどったら日本語が達者なフランス人と友達になりました。
日本語ぺらぺらで、彼曰く、広島で勉強しとってカルフールに勤めとったら
イーオンに買収され、職を失ったしがないサラリーマンで、広島風お好み焼きを
食べれる店がバンコクにあるなら是非教えてくれ、関西風ぢゃ駄目だ、とのこと。
腰の曲がったお婆ちゃんが経営する小さなお好み焼き屋さんで、ビールを注文すると
「自分で冷蔵庫から出してちょうだいね」と言われた、そんなところで食べる
お好み焼きが大好きだったそうです。話が分かるフランス人、リデリック。
広島風お好み焼きの店ってバンコクにあるのか?

大阪の大学に行ってた時代、本場のお好み焼きを食べさせてくれるということで
ある一家の自宅にお邪魔したら、たねの練り具合、入れる山芋の分量でご夫婦が
ちょっとした口論を始めてドキドキした。

本場の人間からフランス人まで皆がこだわりを持つお好み焼きなのだ。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-08-27 16:11 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(8)

お誕生日祝い@イタリア料理店"Beccofino"

昨日はDMGの誕生日でした。夜ゆっくりどこかおいしいレストランでお祝い、
といきたかったのにサッカーのトレーニングがあるから無理とのこと。
「明日の夜もトレーニングだし」って。別に来週でもいいと言われたが
誕生日のお祝いは当日、それかせめてその翌日くらいにはしてあげたい。
なのにサッカートレーニングのが大事らしい。私も誕生日やら何とか記念日やら
バレンタインやらクリスマスやらどうでもいい性質なので(自分以外の誕生日と命日と
正月は大事)、そのやる気なさは分からん訳でもないが。

でも誕生日だしたまにはランチくらいゆっくりしてもいいじゃんか、とDMGが
開き直ってくれたので近場のトンロー・ソイ4辺りのイタリア料理店"Beccofino"へ。
新聞、雑誌、何を見てもエグゼキュティブ・シェフ兼オーナー本人の写真が
少々鼻につくほど前に出されているので、外見はお洒落だけど少々不安を抱えて
訪ねたのでした。入り口奥の壁の実物の1.5倍くらいのシェフの全身壁画は
見なかったことにして、結論は美味しかった。

私達は前菜ビュッフェ+スープ+メインコース+アイスクリームかシャーベット
+コーヒーか紅茶+ワイン1杯の450バーツ++(約1,400円)のランチセット。
パンもなかなか美味しかった。
↓前菜ビュッフェ。生ハム&メロン最高。
Photobucket - Video and Image Hosting
↓メインで牛、豚、それかパスタで、かなり久しぶりに
↓牛サーロイン&ほうれん草ソテーを選択。
↓DMGはちょっと芋が欲しかったらしい。
Photobucket - Video and Image Hosting

サービスも良かったし、今度は前菜ビュッフェのみ(B280++)でワインでも
ゆっくり飲みに行きたい。「手打ちパスタはうどんみたいでまずい」と誰かの投稿記事を
読んだので今回注文しなかったけど、どうなんだろ。

ひさしぶりの牛肉で、「肉!」っていう肉がいかに腹持ちがいいか改めて思い知らされた。
で、おなか一杯で夕方出掛けたら、訪問先でケーキをご馳走になる。
滅多に食べない赤肉&ケーキで、もう駄目かと思った。

旦那は長年連れ添っても、自分に一番近い「他人」、子供がいても、何十年一緒にいても、
ふとしたことで別れるときが来たら(ことが起きたら)別れてしまうもんだ、ってことを
以前母に言われたことがある。一緒に住んでても、2人の関係を当たり前と思っちゃ
いかんのね。これから何度DMGの誕生日を一緒に祝うことになるんだろ。
男を磨いておくれん。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-08-23 13:33 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(6)

屋台の値段とスーパーの値段

先日DMGとヴィラ・スーパーマーケットに行ったときのことについて。

まず、ヴィラは外国人のために輸入品が揃っていて、見ていてとても楽しいところ。
輸入品は勿論高くて私のような小市民はとても手が出せん物ばかりだけど。
愛知県民の私が愛する赤味噌の値段なんて、あまりに割高で鼻血が出そう。
野菜も、普段市場で買い物をしている友達から見たら勿論割高。
以前、「今日は仕方ないでここで買うけど、市場のがもっと安いの知ってると
何か損しとるみたいでくやしい」みたいなことを言いつつ、仕方なく
その日は買い物をしてたのでした。

で、DMGとヴィラに行った際、まだ出始めだったラムヤイ(ロンガン。龍眼。
素敵な名前だ)を彼が発見。さっさと係のお姉さんに重さを測ってもらって値段
シールを貼ってもらって買い物トローリーに入れた。見たら1キロ60バーツ。
高い。「路上の果物屋さんでその半額で買えるじゃん。もったいない。」と
ついついブーブー言ってしまった。けちけちしとるじゃなくて、友達の発言どおり、
ちょっと歩いて「1箇所で全てが揃う便利なスーパー」を離れれば、
半額で同質のものが買えるのに、とどうしても思ってしまうから。
60バーツが約180円で、屋台でラムヤイ買ったら30バーツで約90円。
そこで浮くのはたかが30バーツ、たかが90円、と言ってしまえばそれまでだけど、
30バーツで屋台の旨い麺の大盛りが1杯食べられると思えばね。

私には「もったいない性」が染みついているし、大手スーパーよりも
屋台など個人店(?)を是非サポートしたいという気持ちもあるんだ。

ラムヤイは食べ出すと止まりません。「止まらない度」はプリングルズに匹敵。
↓話題のラムヤイ。「龍の眼」とは、
↓古代中国人の豊かな想像力に敬服。
Photobucket - Video and Image Hosting  にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-08-10 12:34 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(4)

ベトナム・フォー@Central Chitlomのフードコート

最近はどこのデパートもフードコートを洒落た風に改装してるけど、先駆者は
Central Chitlom。生春巻きを求めてセントラルの近くにあるベトナム料理店"Pho"に
行ったのに閉まっとったもんで、セントラルのフードコートへ。

お決まりのものばかりだけど、生春巻きと牛肉入りのフォー。鶏肉を頼んだら
午後2時だったのに鶏肉はない、と言われた。以前行ったときも鶏肉がなかった。
あるときはあるんだろか。

Photobucket - Video and Image Hosting  Photobucket - Video and Image Hosting
タイ料理とはまた違ったハーブの香りが良。旨い。生もやしのしゃきしゃき感が好きだ。
香草を一切受け付けない父だったら「くっせー」と絶対言うだろうけど。
ほぼ何でも食べられる自分に感謝。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-08-02 13:34 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(10)