クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

カテゴリ:食べる・呑む( 396 )

大連飯店

せっかく妹が来ているのに、だらだら何となく暇だった今までが嘘のように急に忙しくなり、
彼女はバンコクにまるで私達の御飯をわざわざ作りに来ているようで申し訳ない
日々が続いています。

が、昨晩は日本人の間では評判の良い、安くておいしい中華料理店でトンローソイ40にある
「大連飯店」に行ってきました。前から行きたかったのが、ブログ「タイで暮らす華僑の嫁
日記
」さんのレポートを読んでおいしそうな写真を見てから、行きたくて行きたくて
どうしても白い蒸しパンが食べたくてやっと希望実現。
以下おいしく頂いた数々の料理の写真です。
↓くらげの酢の物からスタート。
Photobucket - Video and Image Hosting
↓豚肉と高菜の醤油煮
Photobucket - Video and Image Hosting
↓でかい熱々饅頭。上記の醤油辛い豚肉と吟味。
Photobucket - Video and Image Hosting
↓小龍包
Photobucket - Video and Image Hosting
↓湯葉揚げ
Photobucket - Video and Image Hosting
↓そして皆デザートで胡麻団子の生姜湯を1皿ずつ。
↓歯が真っ黒になるけど美味。
Photobucket - Video and Image Hosting
嬉しかったのが、経営されてる中華系家族の皆さんの対応が良かったこと。
偏見かも知れんけど、中華系レストランって無愛想でどきっとすることが
少なくないと私は思う。あまりの無愛想さにこっちがまるで悪いことでもしたような
気分になったレストランもあった。今じゃ気にしないけど。

これだけ食べて630バーツちょっと(約1,900円)。安い。旨い。また行くべき。幸せ。
青島ビールもあるみたいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-07-05 07:17 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(4)

たった30バーツ位のツナだけど

私は3姉妹の真ん中です。子供のとき、母が育ち盛りの私達の朝食が
パンとコーヒー牛乳だけにならないよう、野菜炒め、ホットドッグ、卵等々何か
おかずをいつも用意してくれました。

そこでマヨネーズに和えたツナを焼きたてパンにのせて食べるのは、
私の好きな朝ごはんトップ5に入ってました。
が、ここは3姉妹。1人1缶なんて食べさせてもらえる訳がない。
渋々分け合い、少しでも沢山欲しかったのを覚えてます。
なので、酔って帰宅した父が時々ツナを1缶空食いし、
母がブーブー次の日の朝言うのを聞いて
「お父さんはいいなぁ」と羨ましかったのを覚えてます。
生協で母がまとめ買いし、父がまた空食いしないよう戸棚の奥に隠してたことも。
当時ツナはそんな安い物じゃなかった気が。

タイでツナは1缶30バーツ前後(約90円)。屋台ラーメン1杯と同じ位。
数ヶ月前からDMGが「骨が絶対なくて、おいしくて、さらに体に良い」ツナを
急に好んで食べるようになりました。塩コショウを足すわけでもなく、
おやつとしてツナ缶を開け、そのままフォークでがつがつと数分で平らげてしまう。
それを見ては「ああ、もったいない」と思ってしまいます。
数個まとめ買いすると、「1缶私にとっておいてよね」と念を押してしまう、
そんな自分の小市民さに笑ってしまいます。

ツナはパンと食べるかツナ巻きとして食べたほうが好きな事実もあるけれど、
1度に1缶食べきるどころか、この年になっても気が引けてツナの空食いができません。
仕方ない。そうやって育ったんだ。三つ子の魂百まで、だに。

オーウェンは復帰するのに約半年が必要。その間ニューカッスルに代わって
イングランド・サッカー協会から報酬が支払われるのだけれど、1週間の報酬が
10万3,000ポンド(約2,200万円)、復帰まで8ヶ月かかれば補償総額は
300万ポンド(約6億4,700万円)。オーウェンの娘はツナなんて好きなだけ
飽きる程食べて成長するんでしょうね。いやいや。

昨晩ナナプラザでガーナ対アメリカ戦を見てました。皆ガーナを応援。
アメリカ嫌われてるよな。
↓うちの競争率の高いツナ。残り2缶。
f0044063_14113619.jpg







にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-06-23 14:23 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(3)

ヒールでバンコクを歩く危険性と再度「魚昌」

足首が微妙に痛む。
おとといの通訳の際、大通りに出るまでの短距離をヒールで歩いとる際に
コンクリートのボコボコしたところでガクッと来てちょっとひねった。
私は外反母趾が中学の頃からひどくて、ヒールなんていう
見た目は美しいけど拷問に近い履物は極力避けて生きてます。
でもやっぱり履かんといかんときは履かんといかん訳で、
それだけで嫌だし、おまけにバンコクの道路って全然歩行者フレンドリーぢゃない。
ぼこぼこを避け、でれっと寝てる犬を避け、渋滞に耐えれず歩道者スペースを
ガーっと走ってくるバイクさえ時々避け、時には異常に低い高さに設置してある
標識に頭さえぶつけそうで、鈍臭い私には大変なんだ。

だから仕事を終えて帰宅し、ポーンとヒールを脱ぎ散らして
ソファーに座れたときの開放感っちゅうのは何とも言えん。
暑い中スーツでびしっと決めた男性が帰宅してネクタイを取って
ドカッとソファーに座ったときの気分と似たようなもんかも知れん。
やっぱりスニーカーだよな。

で、疲れた体を労わるって訳でもないが、DMGも疲れてて夜何もしたくなく、

以前さいころで当てた食事券
を使ってご馳走を食べよう、
ということでトンロー13の「魚昌」へ。

普段なら絶対こんな高いものは注文しんが、食事券だでいいじゃん、
と太っ腹になり、860バーツ(約2,600円)もする「魚昌変わり寿司」を注文してしまった。
うに、抹茶、明太子たれ等ののった寿司で、たたき中心のねたがおいしかった。
しゃりは酢のきつめなのが個人的に好きなのでここのはちょっと物足りんけど。
でも鰻最高。当たり前だけど、ドミーの3匹1,000円の中国産とは大違い。
幸せ。「フジレストラン好き!日本食好き!」なんて言う皆さんに是非食べて頂きたい。
が、忍者の格好をしたウェイトレスさんはちょっと可哀想だった。あずみかい。
↓すしスシsushi寿司最高
f0044063_13514636.jpg





にほんブログ村 海外生活ブログ
[PR]
by miyachoTT | 2006-05-04 13:59 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(2)

九州土産

昨日はYちゃんに会いに久しぶりにDublinerへ。
選挙日だったのでアルコール類は一切提供されませんでした。
うちらタイ人じゃないもんで投票できんし関係ないだけど、
まあ仕方ない。
水曜日はレディース・ナイトで、7時から女の子だけで行くと
飲物・食べ物半額。たまに女で良かった、と少々思える。
でもギネスは対象外です。残念。

ソンクラーンに九州に戻ったYちゃんに色々土産を貰いました。
柚子一味。渋いデザインのふりかけ「御飯の友」。
私の今までの短い人生の中で見た一番大きいきんぴら天。でかい。
そして熊本県物産振興会金賞まで獲得した、レンジで5~6分温めるだけで
美味しく食べられるという阿蘇産ほくほくさつま芋。
いやいや、素晴らしい。持つべきは友なり。
Image hosting by Photobucket

土産話を聞いていたら豊橋の「黒田屋」の豚骨醤油ラーメンが
すっごく食べたくなりました。

以前ごぼうを食べたら独特の味に違和感があってか
DMGはあまり好きそうじゃなかったのに、
頂いたきんぴら天をかじったら気に入ったみたいでした。
独り占めできると思ったのに。ちぇでやんの。
うちは生存競争が激しいんだ。
     にほんブログ村 海外生活ブログ
[PR]
by miyachoTT | 2006-04-20 07:15 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(2)

クラビ旅行④飯

クラビはやっぱりシーフード。
何件か試したけれど、旅行会社の人のお薦めレストランでもあった
Wangsai Seafood Restaurantが特においしかったです。
Ao-Nang BeachからNoppharatthara Beachに入って
すぐ左側にある大きなオープン・エアのレストラン。
地元の人で随分賑わってたのは、美味しい証拠と思います。
↓Trevally(トレバリー=アジ科の魚)100g40バーツ(約120円)。
↓700gのを蒸して生姜・しいたけ・葱の醤油とろみソースで。美味。
↓BBQムール貝、チリ・ディップ付。
f0044063_4292074.jpg

もう1軒おいしかったのが、Ao-Nang Beachエリアに何軒かあった
イタリアン・レストランの1つ"Jeseo"。
すごく早くて美味しかったんだけれど、
ひょっとしてカヤックで疲れてお腹が空いてて
余計に美味しく感じただけかも知れん。
でもやっぱり旨かった。
↓ガーリックブレッド&トマト、にんにく、玉葱。たった90バーツ(約280円)
f0044063_435497.jpg
↓直径30センチのシーフード釜焼きピザ220バーツ(約680円)。ど旨い。
f0044063_4384255.jpg

空港からビーチサイドへの道のりでも、カヤック地点に行く途中でも、
木が切り倒されて、今にも建築作業が開始されそうな箇所が幾つか
目に付きました。

空港もできて以前より随分簡単に訪れることが可能になったクラビ。
少しずつAo-Nangから外に向かって発展して行くのは当然の流れにしろ、
あえて夜遅くまで音楽をガンガンかけるバーがビーチに一切なく、
静かな街として存在するのもあとこの先どれ位なのかと思います。

今のうちに、あまりに変貌する前にまた是非行きたい場所です。
今度こそピーピー島に行って、シュノーケリング・ツアーにも参加するんだ。
にほんブログ村 海外生活ブログ
[PR]
by miyachoTT | 2006-04-19 04:53 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(4)

またうっとうしいソンクラーンの中Great American Rib Companyのファヒータはやっぱりおいしかった

嫌いなタイの正月「ソンクラーン」の時期です。
水掛祭りといわれる、元は僧侶に聖水をかけてもらう儀式だったのが
今じゃ度を越えた水掛合戦で、そういう気分じゃないと相当うっとうしい。

数年前会社勤めをしていたとき、ソンクラーンも出勤で、
スーツ着てたのに「これでもか!」って言うくらい氷水を掛けられ、
白い粉を水で溶かしたやつを顔に塗られ、
用事があって恐る恐るカオサン通りにしぶしぶ行ったら
予想通りまた氷水&白い粉に延々とやられ、
コンタクトレンズに粉が着いて痛みでくらっとして平衡感覚なくなりそうだし
痴漢的行為もすごいし、木刀持って暴れたくなりました。

わざわざこの時期タイにそのために来る人が沢山いるけれど、
もうそんな新鮮さを私は失ってしまったようだ。
このド暑い時期、水不足で困る東北の農民の皆さんを思い、
水掛けを楽しむ子供・大人を見てフーンと思い、
週末脱バンコクを楽しみに必死になって仕事を片付け、今週は忙しい。

で、お昼はスクインビット・ソイ36のGreat American Rib Companyへ。
ここはリブで有名だけど、私とDMGはここに来たら必ず
フローズン・マンゴー・マルガリータをでかいグラスで飲み、
スターターはサワークリーム、チーズ、かりかりベーコンののったポテト・スキン、
それにメインは鉄板にジュージュー言って出てくるファヒータ。
このファヒータ(325バーツ)が旨い。
運ばれてくるとき、このジュージューって音を聞くとそわそわします。
チキン、ビーフ、ポーク全部同じ値段で、しかもビーフは柔らかくて旨い。
女の子なら2人で1皿で十分なボリュームです。炒めた玉葱も美味。
f0044063_1826798.jpg

今日DMGが頼んだバーガーはでかくてびっくりした。バーガー厚過ぎだい。
付け合せのカーリーフライがこれまたおいしい。
と言うかカーリーフライが食べられる場所ってあんまりないと思う。
f0044063_18281688.jpg

ここはコーンブレッドも食べられ、アメリカ生活を思い出させます。
こういうものがそこら中にあるからスーパーサイズ国民世界No1になってしまうのね。
「今日は大盛りぐわっ!とボリュームのある物が食べたいなぁ」と思った日に
来たくなる場所です。夜は夜で外に座って雰囲気も良し。

しかし選挙前で街のそこらじゅうに無秩序に候補者ポスターが貼ってあって見苦しい。
まだ日本みたいなやかましい選挙演説カーが街を廻ってないだけいいけど。
にほんブログ村 海外生活ブログ
[PR]
by miyachoTT | 2006-04-12 18:40 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(8)

うちの近所のジャックフルーツ

うちから歩いて1分のところにジャックフルーツが沢山なってて
最近ますますでかくなってきました。
通るたびに気になって仕方ない。いつ収穫するんだ。
膝上くらいまでしかレンガが積んでないもんで、
その気になったら簡単に取れてしまいます。
↓これだ
f0044063_15493050.jpg

ジャックフルーツはとにかくでかい。
60~70センチになり、大きいのでは約20キロまで成長するらしい。
両手でがっと抱えるくらい。
縁起の良い木なので、こっちでは大抵庭に植えられてます。

でも臭い、というか独特の匂いが好きになれん。

屋台でこれ1つ分の中身売ったらいくら儲かるんだろ。
↓中身
f0044063_15512748.jpg

でもしつこいけど、ジャックフルーツやドリアンを路上で売ってると、
数メートル先からその強烈な存在感をアピールされ、ちょっと嫌だ。
好きな人にはたまらんのだろうけど、人それぞれですからね。

アメリカに留学中、寮生活が嫌で、キャンパスから少し離れた
留学生とマイノリティーばかり10人以上で構成された
一軒家にほぼ住んでいました。
そのとき、韓国人の友達とするめを焼いてたら、
やはり家中の人間から大ブーイング。
「あいつらにするめの旨さが分かるかい」なんて
友達と喋りつつちゃんとするめを焼き終えたけど、
強烈な匂いが「たまらん最高」と判断されるか、
または「たまらん臭い」とこき倒れされるかは、
本当個人の嗜好か、お国によって違うもんですね。
するめ、唐辛子入りキューピーマヨネーズと韓国焼酎、
いい組み合わせなのにさ。

食はアジアにあり。

にほんブログ村 海外生活ブログ
[PR]
by miyachoTT | 2006-04-05 15:30 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(10)

タットゥー&魚昌

DMGの友人がタットゥーを開始したので覗きに行って来ました。
本日のお客さんはでかい肉卸業者のドイツ人。
彼の同じくごっついドイツ人の友人2人も遊びに来てて、
皆ビール片手に痛みに堪える彼をちゃかしてました。
腕の内側の、脇に近いところが相当痛いらしい。
でももっと痛いのはひじだとか。肉ない場所じゃん。ド痛そう。
Image hosting by Photobucket

皆口々に、「でっかいタットゥー入れた女性が最高にセクシー」と言ってました。
特に背中全体にタットゥー入れてる女性がたまらんそうです。
そういうもんなんだ。

そう言えば、ずっと前ラッパーのFoxy Brownが"Foxy=狐"の「狐」のタットゥーを
入れるつもりが、何を間違えてか「牛」と入れてしまったらしいけど、どうなったんだろ。
いくら今では手術でタットゥー除去が可能とは言え、
自分の体に永久に残る墨を入れる訳だからやっぱり大事。
牛なんて嫌だ。

大学時代の彼が私の名前を安全ピンやらインクを使って
自分で足首にタットゥー入れようとして、
ド焦って「やめてくれ」とお願いしたことを思い出しました。
彼女・彼氏の名前や、"LOVE"の4文字を指1本ずつ入れるのはいただけん。

人の痛みを見ていたら自分がぐったりし、
夜はDMGのお母さん達とトンロー・ソイ13の「魚昌」へ。

刺身7種盛り合わせ、くらげ酢の物、ソフトシェル・クラブ巻き、
牛タン厚焼、いかフライサラダ、等々食い散らかしました。
日本食最高。
Image hosting by Photobucket

おまけに今月10日まで、さいころ振って出た数字によって
割引券を貰えるキャンペーンをやっていて、
ギャンブラーDMGが一番良い50%をしとめてくれました。
今度来たら鰻一本巻き絶対食べんといかんです。
いやらしいけど、隣のテーブルのを見てとてもおいしそうでした。

でもムッとしたのが、同室だったタイ人男性4人組が
すごい大きな声でワーワーやって、携帯の着信音も負けない位大音量で、
酒が進むにつれますますうるさかったこと。
何で選挙前日でどこの店もアルコール提供禁止なのにあの人達は飲んでたんだ?
警察ぽかったけど、こういう差別と態度に腹立つ。うっとうしい。やだやだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ
[PR]
by miyachoTT | 2006-04-01 23:53 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(6)

トン・クルアンはそこまでおいしいか?

昨晩はトンロー・ソイ13の角にある、
外国からのお客様をお連れするタイ料理レストランの
定番中の定番、「トン・クルアン」にDMGのお母様達と行きました。

いつ来てもタイ人、外国人で賑わってます。
料理の種類が豊富で値段もお手頃、
庭の席を選べば煙草も吸えるし、人気があるのは納得。

でも、人気の割に、「うわ、旨い!」と本当に思うものを
ここで食べたことがまだありません。

昨晩食べたプー・パッ・ポン・カリー(蟹のカレーソース炒め)はぬるかった。

オースアン(牡蠣のモヤシ炒め)は鉄板で出てきたけど、
鉄板が冷たく、全然ジュージュー言ってなくてがっかり。
不満足なせいか、写真の撮り方もかなりいい加減で半分陰になってしまった。
Image hosting by Photobucket

貝の蒸したやつ。綺麗に砂抜きしてないのか
じゃりじゃりしてて皆1つ食べて残してしまった。
Image hosting by Photobucket

いや、残念でした。こういう日もあるさ。

今晩はチャンピオン・リーグ、Arsenal vs Juventusです。
アソーク駅でHenryに「頑張りんよ」のつもりでポンポン触ってきました。
HighburyでどのくらいVieiraが熱狂的に迎えられるのか楽しみです。
f0044063_19585882.jpg







にほんブログ村 海外生活ブログ
[PR]
by miyachoTT | 2006-03-28 18:34 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(11)

Winking Frog開店3周年記念パーティー

昨晩は1週間以上かかった仕事がひと段落つき、
丁度いいところにスクインビット・ソイ7にある小さな英国パブ
"Winking Frog"の開店3周年パーティーに招待されていたので
お出掛けして来ました。

DublinerやBull'sHeadのような典型的な英国パブの重みのある店ではないけれど、
常連さんを皆知っているので何だかんだとよく行きます。
料理にはずれもあるけれど、ここのビーフ&オニオン・パイか
ステーキ&キドニー(腎臓)・パイはおいしいです。
パイとマッシュ・ポテトにグワーっとグレイビーをかけて
がしがし食べて、ギネス飲んで、悪くないです。

週末社会人サッカーリーグの「試合中マナーが悪いマネージャー・アンケート」
を実施したら、絶対1位か2位にここのパブのオーナーは選ばれるはず。
普段は悪くないのに、熱くなると自分をコントロールできないらしい。

そんな彼はとても日本人が好き。
サッカーでホーム・ゲームの場合、相手チームを試合後パブに招待します。
で、以前日本人チーム"Bangkok United"と対戦後、
いつものとおり招待したのですが、
「あんなに大勢でチーム揃って来てくれたチームは今までないし、
日本人は礼儀正しいけど、飲んで楽しむときはうわーっとやって
もっと日本人が飲みに来てくれんかなあ。アサヒビールもおいてあるのになあ」
と、会うたびに「飲んで死んで」という日本語フレーズを練習しています。
日本人はいい国民だぜ、ふふん、と私個人が褒められたかのように
鼻高々になってしまいます。

今日はSt.Patrick's Day。去年はDublinerはすごい人でした。
緑の服を着た西洋人でごったがえしたパブに雰囲気を楽しみに
飲みに行くには悪くない日です。
↓エルちゃん&ティーwith巨大ギネス帽子
Image hosting by PhotobucketImage hosting by Photobucket にほんブログ村 旅行ブログ
[PR]
by miyachoTT | 2006-03-17 13:08 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)