クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
HALATION ORG...
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

<   2006年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「町並み」「風景」について

バンコクの電線状態は正にカオス、混沌、無秩序。
こんなのまだまだましなほうだけど、やっぱりひどいな、と見上げるたびに
ドキドキさせられるうちの近くの電線たちです。
Photobucket - Video and Image Hosting
何本もどわーっと束になってこの近所の皆様に電力供給してくれてる訳だけど、
危なっかしい。そんな電線の上をよくリスが走ってます。
Photobucket - Video and Image Hosting
世の中電柱・電線が存在しなくても良かったら、街の風景は見違えるほど
すっきりするんじゃないかと思う。そういったものに付随する他の醜いもの
(電柱に立てかけられる異常な数の選挙立候補者のドでかいポスターや看板、
マンション・アパート・家賃貸広告、等々)も大幅に減るはずだし。

くまのプーさんたちが住んでいそうな森に囲まれて石でできた素敵なコテージに
住んでいる50歳過ぎの知り合いがイングランドから日本とタイに遊びに来たとき、
どこに行っても風景に直線が多くて気分が悪くなり、慣れるのに大分時間が
かかった、と言ってた。「直線?」とそのときは少々驚いたんだけど、
建物や電柱が縦に並び、そこに電線が横に走り、そんな直線の交差の数々と
灰色を基調とした風景に滅入ってしまったそうだ。なるほど。
かと言ってロンドンのような大都市に行くと大丈夫なんだそうだ。
アジアの都市の多くは無機質的だけど、ヨーロッパの都市は有機質的だから、と。
アジアは大好きなんだけどね、どっちのが優れてるかって言ってるんじゃないから
誤解しないで、と困ってました。言いたいことよく分かります。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-08-31 16:46 | Trackback | Comments(0)

私はロー・テクなのは認めるが

昨日翻訳のなかなか大型プロジェクトが入った。で、久しぶりの翻訳ソフトウェアを
使用しんといかん。設定で分からないことがあってプロジェクトマネージャーに
メールをしたら、すぐ「メールをテクニカル・サポートに転送しておいた」と返信があって、
テクニカル・サポートからもしばらくして返信があり読んでいたら、プロジェクト
マネージャーがテクニカルに送ったメールが不慮に添付されたままだった。
「この翻訳者にすぐサポートメールを送信して。こんなこともまだ知らないなんて
驚いた。」とあって硬直したのでした。

出だしでへまをしたらえらいことになるもんで、分からんこと・不確かなことは
ちゃんと聞かんといかんもんで聞いたのに、私は変なところで非常に気弱になるので
こういう一言で塩をかけれられたなめくじみたいに、しょぼしょぼのよれよれになってしまう。

性別も国籍も分からんプロジェクトマネージャーとこれから3週間メール上だけの
付き合いとは言えうまくやっていかんといかんもんで、羞恥心とワナワナと
こみ上げてくる怒りをぐっとこらえんといかん。

本当はめそめそ泣きそうになったが、それじゃいかん。このモヤモヤを仕事に向けて、
プロジェクトマネージャーが何も文句言えんようなパフォーマンスをして、終わり。
仕事は仕事。

と言いつつ腹立つ。ちょっとした一言で気弱な私のような人間は傷付くんだ。「気にしない」
「跳ね返してやる」と思いつつ、あまり眠れず、「こんなこともまだ知らないなんて」の
一言がしっかり脳にインプットされとる。たかがこの程度のことで何動揺してるんだか。
今までもっともっと嫌なことなんて沢山あったのに。やれやれ。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-08-29 10:17 | 仕事 | Trackback | Comments(8)

お好み焼き@みちづれ

エカマイ・ソイ10のエカマイショッピングモール奥にある、本格関西風お好み焼きの店
「みちづれ」に行きました。赤提灯にたこ焼きの旗、と庶民的匂いがする外見に
ぐっと来ます。
Photobucket - Video and Image Hosting

タイ化された日本食でよく利用される食材No.1のかにかまぼこがお好み焼きにまで
進出していて少々驚いた。先入観持たずに食べたら普通においしいかも知れん。
Photobucket - Video and Image Hosting

お好み焼きは安くて殆どが200バーツ以下でした。値段、店の雰囲気ともに
庶民の味方。サトーンにできた「なんじゃもんじゃ」もいいけど、こういう小さい店を
どうしてもひいきしたくなります。

店の兄ちゃんが手際よく焼いてくれたお好み焼きを持ってきてくれ、各テーブルに
ついてる鉄板に乗せてくれ、自分達のお好みで鰹節、青海苔、マヨネーズ、店自慢の
たれ(甘・辛)をつけて食べるシステム。モダン焼きを頼んだらぶ厚くてすごい
おなかいっぱいになった。豆腐サラダが旨い。たこ焼きは冷凍でがっかり。

そして一昨日クラブで遊んどったら日本語が達者なフランス人と友達になりました。
日本語ぺらぺらで、彼曰く、広島で勉強しとってカルフールに勤めとったら
イーオンに買収され、職を失ったしがないサラリーマンで、広島風お好み焼きを
食べれる店がバンコクにあるなら是非教えてくれ、関西風ぢゃ駄目だ、とのこと。
腰の曲がったお婆ちゃんが経営する小さなお好み焼き屋さんで、ビールを注文すると
「自分で冷蔵庫から出してちょうだいね」と言われた、そんなところで食べる
お好み焼きが大好きだったそうです。話が分かるフランス人、リデリック。
広島風お好み焼きの店ってバンコクにあるのか?

大阪の大学に行ってた時代、本場のお好み焼きを食べさせてくれるということで
ある一家の自宅にお邪魔したら、たねの練り具合、入れる山芋の分量でご夫婦が
ちょっとした口論を始めてドキドキした。

本場の人間からフランス人まで皆がこだわりを持つお好み焼きなのだ。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-08-27 16:11 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(8)

お誕生日祝い@イタリア料理店"Beccofino"

昨日はDMGの誕生日でした。夜ゆっくりどこかおいしいレストランでお祝い、
といきたかったのにサッカーのトレーニングがあるから無理とのこと。
「明日の夜もトレーニングだし」って。別に来週でもいいと言われたが
誕生日のお祝いは当日、それかせめてその翌日くらいにはしてあげたい。
なのにサッカートレーニングのが大事らしい。私も誕生日やら何とか記念日やら
バレンタインやらクリスマスやらどうでもいい性質なので(自分以外の誕生日と命日と
正月は大事)、そのやる気なさは分からん訳でもないが。

でも誕生日だしたまにはランチくらいゆっくりしてもいいじゃんか、とDMGが
開き直ってくれたので近場のトンロー・ソイ4辺りのイタリア料理店"Beccofino"へ。
新聞、雑誌、何を見てもエグゼキュティブ・シェフ兼オーナー本人の写真が
少々鼻につくほど前に出されているので、外見はお洒落だけど少々不安を抱えて
訪ねたのでした。入り口奥の壁の実物の1.5倍くらいのシェフの全身壁画は
見なかったことにして、結論は美味しかった。

私達は前菜ビュッフェ+スープ+メインコース+アイスクリームかシャーベット
+コーヒーか紅茶+ワイン1杯の450バーツ++(約1,400円)のランチセット。
パンもなかなか美味しかった。
↓前菜ビュッフェ。生ハム&メロン最高。
Photobucket - Video and Image Hosting
↓メインで牛、豚、それかパスタで、かなり久しぶりに
↓牛サーロイン&ほうれん草ソテーを選択。
↓DMGはちょっと芋が欲しかったらしい。
Photobucket - Video and Image Hosting

サービスも良かったし、今度は前菜ビュッフェのみ(B280++)でワインでも
ゆっくり飲みに行きたい。「手打ちパスタはうどんみたいでまずい」と誰かの投稿記事を
読んだので今回注文しなかったけど、どうなんだろ。

ひさしぶりの牛肉で、「肉!」っていう肉がいかに腹持ちがいいか改めて思い知らされた。
で、おなか一杯で夕方出掛けたら、訪問先でケーキをご馳走になる。
滅多に食べない赤肉&ケーキで、もう駄目かと思った。

旦那は長年連れ添っても、自分に一番近い「他人」、子供がいても、何十年一緒にいても、
ふとしたことで別れるときが来たら(ことが起きたら)別れてしまうもんだ、ってことを
以前母に言われたことがある。一緒に住んでても、2人の関係を当たり前と思っちゃ
いかんのね。これから何度DMGの誕生日を一緒に祝うことになるんだろ。
男を磨いておくれん。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-08-23 13:33 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(6)

きのこマニアとJay-Zの来タイ可能性

いつもdrum'n'baseのイベントに行くと見かける子がいて、酒と音楽の勢いで
仲良くなった。20代後半の男前南カリフォルニア人。で、きのこマニア。
「明日は米国から来てる著名なきのこ博士のグループに混ぜてもらって、
国王の庭にきのこ採集に行くんだ」とのこと。国王の庭に入れてもらえるとはすごい。
そしてきのこの種類、形、色、効力等いかに種類が豊富か、そして
バンコク郊外の或る箇所ではこのきのこ、サムイ島の或る箇所でこのきのこ、とか
数多くのきのこスポットを把握しているらしく、きのこについて酒の場で熱く語ってくれた。

最近これと言ってはまっているものがあるわけでもなく、何かにつけて中途半端な
自分がいるので、きのこだろうが何だろうが、そんなに魅了される「何か」があって
羨ましいと思った。たかがきのこ、されどきのこ、とにかく自分はXXXについての
知識は他人に負けません、という分野を持ちたいもんだ。マニアックな人、
かなり好きだ。

で、本当にJay-Zが世界ツアーで10月18日にバンコクはBEC Teroに来るんだろか。
どんな大物西洋人アーティストが来てもコンサート会場が満席にならないバンコクが
(B.E.P.のときは結構な人数だったのかな?)Jay-Zに本当に来て貰えるのか。
どうなんでしょ。頼む。"99 Problems"とか生で聞きたい。

(8/22:国連とタッグを組んだ世界ツアー。国連の世界の水問題を訴える
キャンペーンに参加、ということで世界中の水問題について若者に訴えていくそう。
関連記事はこちら→「Jay-Z・国連とタッグを組んだワールドツアーの日程を発表

にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-08-21 12:21 | Trackback | Comments(2)

ヘビメタライブハウス"Metal Zone"

昨晩はYの誕生日会で、いつものようにクラブやバーに行くのも何なので、ちょっと
違う路線で行くべき、ということでソイ・ランスワンにある"Metal Zone"へ。

「メタル・ゾーン」はずっと以前から営業しているヘビメタ専門ライブハウス。
艶の無い長髪、ぴちぴちパンツとブーツできめた、私としてはいただけんロックバンドが
演奏していたスクンビット・ソイ19の角にある"Country Road"がアップグレード
されたような感じじゃないか、と勝手に想像してました。
「いつ潰れるんだ?」と思っていたら、実は結構コアな客がいて、それがまたノリが
面白いらしい。先入観の固まりの人間のようだけど、ヘビメタは傷んだチリチリ長髪パーマ、
微妙な皮ジャケット等、音だけじゃなくてファッションからあまり受け付けんだけど
昨晩は激しいノリを期待して行ってみたのでした。

↓入るのをためらう外観。怖面白い。
Photobucket - Video and Image Hosting

入場料150バーツの1ドリンク付で悪くない。が、今月はバンドがおらんとのこと。
立派なステージがあるのにがっかり。ドラムセットなんてすごい大きいし、
照明もごついし、狭い場所だもんでバンドがおったらかなり面白そう。残念。
DVDパーティーということで、AC/DCがガンガンかかってました。
バンドがおらんもんでノリの良い友人達がかつら被ってステージに上がって
エアギターパフォーマンスをして盛り上がったのでした。来月再度行くべし。
大人数で行けばガーっと盛り上がること間違いなし、だと思う。

↓エアギターコンテスト優勝経験者
Photobucket - Video and Image Hosting

Photobucket - Video and Image HostingPhotobucket - Video and Image HostingPhotobucket - Video and Image Hosting
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-08-19 15:46 | 夜遊び | Trackback(1) | Comments(0)

Marcus Intalex @Q Bar

             Photobucket - Video and Image Hosting
今日はYちゃんの誕生日。なので昨晩、今晩、明日の夜と3晩連続皆で
お祝いパーティーなので今週末は体力勝負なのだ。

昨晩は久しぶりのDrum'n'Base。Marcus IntalexがQ Barに来ました。
Marcus Intalexはマンチェスター出身のDJで、Soul:R+Revolve:R Record
創設者で、GoldieのMetalheadzのメンバー。

Q Barはいつの間にかサウンドシステムが改善されてました。それにいつもみたいに
商売姉ちゃんが殆どおらず、客層がいけてて逆にびっくり。そういう日もあるんだ。
シンガポールにも店作って、もうすぐサムイ島にも作るし、Q Barは元気です。

帰りのタクシーの若い運転手さんはNew Kids On The Blockのアルバムを
ずっと聞いてて、しかも鼻歌を歌っていた。私もちょっと歌いたくなったけど我慢し、
「多分一番人気なかったダニーが中学生のとき好きだったんだよな」と
言いたくなったのも我慢して家に着いたのでした。悪くない1日のしめでした。
↓マーカス
Photobucket - Video and Image Hosting
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-08-18 15:48 | 夜遊び | Trackback | Comments(8)

ナナをうろつく化粧の濃いおじさん

                Photobucket - Video and Image Hosting

夜遊びして帰宅する前にスクンビット・ソイ11の角の屋台で麺をすすっていると
時々現れる化粧の濃いおじさん。体つきも悪くないし、あまり生活に苦労しているように
見えない。歌いながら化粧のすごい顔で「お金ちょうだい」と寄って来られると
ちょっとドキドキする。「写真撮っていい?」と聞いたら急に背筋を伸ばして
顔つきがしゃきーんと変化。結構律儀な人みたい。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-08-15 10:35 | Trackback | Comments(2)

ホームパーティー

昨晩はホームパーティー2軒はしご。

1軒目はプラカノンのアパートが何棟もあるコンプレックスに住んでいる友人宅。
2ベッドルームの綺麗なアパートの1階に住んでいて、バルコニーがドでかい。
ペットも大丈夫らしい。そして家賃はたった1万5千バーツ(約4万4,600円)。
安い。そしてプラカノン駅からもそう遠くない。バルコニーでバーベキューを
ご馳走になりました。

そこの集合体アパートは最近経営者交代でかなりもめたそう。旧経営者が設備維持費で
汚なくがっしり稼いでいたため、新経営者に権利を譲るのに色々問題が生じ、
ある日警備員が脅しか嫌がらせで2人誰かにボコボコに殴られる事件が起き、
更にはある日は、旧経営者が敷地から誰も出られないように出入り口全てを鉄パイプで
閉鎖してしまい、住居者は仕事に行けるわけもなく、帰宅者は門でストップされ、
ラマ4世まで車が渋滞状態。で、どうも政治家や軍隊のお偉いさんの妾が
多く住んでいる場所らしく、そのお陰で結局は軍隊が出動してきて鉄パイプを除去して
その場はことが治まったそうだ。滅茶苦茶な話だ。

2軒目はスクンビット・ソイ36のタウンハウスにお邪魔しました。
American Rib Companyの近所という魅力的なロケーションにあるタウンハウスで、
3階建て、3ベッドルームで家賃2万5千バーツ(約7万7,700円)。
これもまた安い。そして綺麗。2階がオフィスでDJセットもあり、友人達が
適当にレコードを回すのを聞きながらまったりしてました。

いやいや、探せば安い物件って好立地条件でこうもあるもんなんだ。
↓友人宅のトイレ。バスルームに便器が2つ並んでてびっくりした。
↓そしたら手前のはお尻洗い専用で、普通のトイレとは違うそう。
↓おハイソーな方たち用らしい。本当?疑心。
f0044063_16454349.jpg






にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-08-13 16:50 | Trackback | Comments(4)

屋台の値段とスーパーの値段

先日DMGとヴィラ・スーパーマーケットに行ったときのことについて。

まず、ヴィラは外国人のために輸入品が揃っていて、見ていてとても楽しいところ。
輸入品は勿論高くて私のような小市民はとても手が出せん物ばかりだけど。
愛知県民の私が愛する赤味噌の値段なんて、あまりに割高で鼻血が出そう。
野菜も、普段市場で買い物をしている友達から見たら勿論割高。
以前、「今日は仕方ないでここで買うけど、市場のがもっと安いの知ってると
何か損しとるみたいでくやしい」みたいなことを言いつつ、仕方なく
その日は買い物をしてたのでした。

で、DMGとヴィラに行った際、まだ出始めだったラムヤイ(ロンガン。龍眼。
素敵な名前だ)を彼が発見。さっさと係のお姉さんに重さを測ってもらって値段
シールを貼ってもらって買い物トローリーに入れた。見たら1キロ60バーツ。
高い。「路上の果物屋さんでその半額で買えるじゃん。もったいない。」と
ついついブーブー言ってしまった。けちけちしとるじゃなくて、友達の発言どおり、
ちょっと歩いて「1箇所で全てが揃う便利なスーパー」を離れれば、
半額で同質のものが買えるのに、とどうしても思ってしまうから。
60バーツが約180円で、屋台でラムヤイ買ったら30バーツで約90円。
そこで浮くのはたかが30バーツ、たかが90円、と言ってしまえばそれまでだけど、
30バーツで屋台の旨い麺の大盛りが1杯食べられると思えばね。

私には「もったいない性」が染みついているし、大手スーパーよりも
屋台など個人店(?)を是非サポートしたいという気持ちもあるんだ。

ラムヤイは食べ出すと止まりません。「止まらない度」はプリングルズに匹敵。
↓話題のラムヤイ。「龍の眼」とは、
↓古代中国人の豊かな想像力に敬服。
Photobucket - Video and Image Hosting  にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2006-08-10 12:34 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(4)