クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

<   2010年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

モンペルランにピクニック&飯

雨の時期を越え、毎日天気が良くなって来て気温も上がり、惜しみなく野外で時間を過ごすことができるようになりました。或る日は、モンペルラン (MONT PELERIN)、ペルラン山という山にピクニックへ。
ものすごい角度を登り降りするケーブルカーに乗り、短距離コースをお散歩。
Photobucket

まだ緩やかなコースを登って行く最中のケーブルカーの背後の景色。
Photobucket

スイスに来て「素敵だな」と思う点の1つが、街の至るところにある綺麗な花で飾られた湧き水飲み場。花好きなお母さんと妹ちゃんは絶対喜ぶんじゃないかな。
Photobucket

もう使用されていない教会を覗いたり、
Photobucket

牛とたわむれ、
Photobucket

可愛いヨーロッパの家にうっとりし、
Photobucket

山のあちこちで育っている野生のブラックベリーをもりもり食べながら、散歩は続く。
Photobucket

こんなゴージャスな景色をSIと二人占めしながら、
Photobucket

お昼ご飯はマーケットで買ったベーコンと、生ハムサンドイッチ。シンプルだけど激美味。しつこいけどスイスはパンがおいしい!
Photobucket

帰りはSIの出身地、SI曰く「世界最高の場所」というヴヴェイ (VEVEY)へ。道中は葡萄畑が広がってました。この辺の地域全体は昔からワイン作りが盛んで、壮大なラマン湖に沿ってずっと続く葡萄畑の丘の風景は素晴らしく、世界遺産に指定されています。
Photobucket

そんなワイン大国にいるので当然毎日おいしいワインを楽しんでます。食事はほぼ毎日SIが作ってくれ、と或る日はSIの友人を夕食に招き、彼お得意のグリルチキンをお披露目。
Photobucket

男前アスリート達に料理をよそってもらい、ワインを注いでいただき、贅沢なひととき。
Photobucket

お腹いっぱい食べて飲みました。
Photobucket

スイスはドイツ語圏とフランス語圏とは相当異なるだろうけど、ローザンヌでは何を食べてもおいしいし、思ったより食事は胃に重くない。イタリア人や様々な人種が寄せ集まってできた国だから地中海料理の影響もあって、そのせいじゃないかとSIが言ってた。ほぼ毎朝できたてのパンと美味しい濃厚なコーヒーを飲みに「ティールーム」に行くのが幸せ。
Photobucket

この前食べた、温めてもらって熱々のチーズタルトは激ウマでした。
Photobucket

スイカみたいな南国果物は高いけど、タイではそう食べない桃やスモモ、洋梨、リンゴがしがし食べてます。恋に落ちたのがぺちゃんとぶさいくで可愛い桃。日本の桃とそっくりで、たまらんです。
Photobucket

楽しい時間はどんどん過ぎていくのだ。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2010-08-31 19:10 | | Trackback | Comments(6)

FOOD FOR YA SOUL @LOFT CAFE & ROYAL ARENA 2010

スイスのローザンヌでもちゃんと夜の街を徘徊しました。LOFT CAFEというクラブとバーの2セクションに別れてる場所のバー側で、渋いヒップホップやソウルのミックスが素敵なDJトリオ「FOOD FOR YA SOUL」のイベントへ。この日はゲストDJがベルギーから来てました。FOOD FOR YA SOULの女性DJ NGOC LANが主にDJ。オールドスクールばりばりですっごい楽しかった。SIの友達からショットが何杯も回って来て、ヨレヨレで写真どころじゃなったです。ちなみにやっぱりこっちもタイと同様クラブ内喫煙禁止でした。
Photobucket

そして翌日、待ちに待った野外ヒップホップフェスティバル「ROYAL ARENA」。
Photobucket

2日間に渡り開催されたのですが、私達は金曜日に参入。メインアクトはREFLECTION ETERNALとBOOT CAMP CLIK -SMIF N' WESSUN、HELTAH SKELTAH、BUCKSHOT-、それに開催日直前に追加されたJAY ELECTRONICA。1時間電車に乗り、BIEL/BIENNという街へ。初めてスイスのドイツ語圏に入りました。去年もROYAL ARENAに行き、METHOD MANにがっつりやられたSIから、ROYAL ARENA行くと自分が年寄りに感じるとは聞いてたものの、駅から会場までのシャトルバスに乗って本当にそう感じました。高校生用のスクールバスみたい!ヒップホップファッションの男の子達、若い!ヒップホップはお子様音楽なのか??と思ってしまうほど。
英語もフランス語もOKなドイツ語圏スイス人スタッフに感心し、日が出ているうちはビール飲んだりソーセージ食べてグラフィティ&DJセクションをうろうろ。当日から3日前くらいにオーガナイザーがプログラムを変更し、BOOT CAMP CLIKが土曜日になってしまったことを嘆きつつ(ドショック)、フェスティバルモードが高まります。
Photobucket

Photobucket

メイン会場はそんなに大きくなくてステージ前に簡単に行けそう(この写真はROYAL ARENAウェブサイトより拝借)
Photobucket

酒は進み、どこもかしこも宴たけなわ、WU-TANGメドレーやらGURU追悼セットやら、DJはドス黒いヒップホップセットがド格好良く、最近聞いた中で一番しびれた。どこもかしこも皆平気で草吸って、モウモウとする副流煙だけでこっちが朦朧としそう。そして、お子様と思ってた若者たち、なんちゃって君では決してなかった。90年代ヒップホップだろうがもうちょっと前のだろうが、DJが流す曲に合わせてラップしてる子が多い多い。見くびって失礼した。
Photobucket

メイン会場に移動し、まずはUKからFOREIGN BEGGARS。さすがUK、最後の方はダブステップやD'N'Bで盛り上がりました。
Photobucket

JAY ELECTRONICAは声が渋い。良かったけど、まあまあって感じ。会場は雨模様でちょっと寒くなって来た。ステージのかなり近くに来れたものの、ヨーロッパ人、でか。人の頭しか見えず場所確保が大変。
Photobucket

Photobucket

ついにREFLECTION ETERNAL。以前TALIB KWELIはライブだとあんまりよくないと誰かが言ってたけど、大間違い。REFLECTION ETERNAL、始まった途端に会場の盛り上がりは一気に高まり、シンプルなビートでもぐいぐい聞かせる。
Photobucket

途中でHI-TEKがメインMCとなり、TALIBがブースへ。
Photobucket

かと思いきや二人でフロントでマイクを握ったり、最初から最後まで「ウワーーーーー」だった。TALIBのソロの曲やBLACK STARの曲もパフォーマンスし、幸せ。
TALIBの代表曲「GET BY」や、

REFLECTION ETERNALの大好きな曲「BLAST」、

ボブ・マーリーまでやってくれ、〆はBLACK STARのアルバムで1番好きな「RESPIRATION」。倒れそうでした。

BOOT CAMP CLIKのパフォーマンスこそ見たかったROYAL ARENAだけど、TALIBとHI-TEKのエナジー、パフォーマンスにがっつりやられた夜でした。ライブ最高!

いやー、来月は近くのクラブでANTHONY B + DAS EFXのライブがあるらしく、その後はKRS ONEやらDAVINAのライブもあり、街中に貼られているイベントポスターを見ては羨ましくてよだれが出そうです。いいなぁ。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2010-08-26 19:42 | 音楽 | Trackback | Comments(8)

チーズの村グリュイエールで吐きそうなほど食べました

雨が降る肌寒い日、ローザンヌから車で約1時間のところにあるグリュイエール (Gruyère)へ。グリュイエールチーズで有名な、小さな小さな場所です。
こんなのどかな山里。
Photobucket

ホテルや土産屋、レストランがずらっと並ぶ小さな村の中心地は、本当に小規模でさくっと歩けてしまいます。
Photobucket

村の名前「グリュイエール」の「グリュ」は「鶴」を意味し、村の至るところに鶴のマークがあります。紋章にも使われています。
Photobucket Photobucket

チーズフォンデュやラクレットに使用されるこの地方特産のグリュイエールチーズを目的に沢山の観光客が訪れます。メインストリートを歩いているとどのレストランからもチーズ料理の匂いがプンプン漂ってきます。でも私がまだ食べたことがないスイス料理を食べてみよう、ということで或るレストランでロシュティ (Rösti)に挑戦。日本語では「ジャガイモのパンケーキ」と紹介されることが多いようです。自宅で作るよりもレストランで食べるロシュティは油っこい場合が多い、とSIが食べ終わった後に遅れながら教えてくれた。そんなこと何も知らず、SIはおいしいリンゴソーダと、ベーコン入りロシュティに目玉焼きが乗ったバージョンを注文し、
Photobucket

私は胃に重いベーコン入りロシュティにさらにチーズたっぷりかかったバージョンを注文。
Photobucket

グリーンサラダ付きで22フランク(約1820円)。高い!!そしておいしかったんだけど完食は不可能でした。ドドーン!と量が私には多過ぎた。ミネラルウォータ5フランク(約410円)の高さと、リンゴソーダよりもミネラルウォータのが高いという事実に驚きながら、吐きそうにお腹いっぱいでふらふらでレストランを去りました。
その後映画「エイリアン」の生みの親H. R. ギーガー博物館へ。穏やかな山里の雰囲気とは全く違うエイリアンの世界炸裂。絵だけじゃなくて大きなエイリアンのフィギュアや、H. R. ギガーのダークなアートコレクションが展示されてます。
Photobucket

向かいにはこれまた非現実的なH. R. ギガーのバーがあり、何とも不思議な空間にちょっと覗いて驚かされました。
Photobucket

ゆっくりしたかったけど時間がなく、SIが私をグリュイエールに連れて来てくれた最大の目的、グリュイエールクリーム、別名ダブルクリームを食べて帰宅することになりました。もう心臓発作料理ロシュティで、胃に余裕はなかったけれど、「スイスの山里!」という雰囲気たっぷりのレストランでチーズの匂いに囲まれながら、頑張りました。
Photobucket

その日の心臓発作料理第2号、ダブルクリーム&メレンゲ。
Photobucket

トロットロに濃厚なダブルクリームをたっぷりとメレンゲにかけて食べるこのデザート。サクサクのメレンゲ菓子と濃厚ダブルクリーム。美味しい!苦くて濃厚なコーヒーにぴったり。

と、もうあまりにお腹パンパンで、吐くんじゃないかと朦朧と心配しながら帰宅。太ってもいいので、こっちにいる間にどれだけカロリーが高かろうがガシガシ美味しい食べ物や飲み物を堪能しなくては。私の胃、頑張れ。ローザンヌが坂道だらけなのが救いです。プヨプヨ太ももが少しは引き締まるかや。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2010-08-23 03:26 | | Trackback | Comments(11)

ウサギの煮込み&自動販売機

日曜日の夜はSIママ宅に晩ご飯をおよばれに行きました。この日は食べたい物をSIが事前にママにリクエストしておきました。
それは、
Photobucket

可愛い可愛いうさぎです。冬だと手に入りやすいけど、この時期はどうかな、と言ってたママですが、無事うさぎの肉が手に入り、オリーブや人参、ワインなどで煮込んだものにフレッシュパスタとトマトソースを絡めたズッキーニ等の野菜を添えて、お腹いっぱい食べました。初うさぎ肉。
Photobucket

小骨が多いので気を付けんといかんけど、鶏肉っぽくておいしかった。私は特別ゲストだから、とSIママがうさぎの脚と小さな腎臓、それにサラダのレタスの一番柔らかい部分の葉をくれました。溺愛する一人息子の特権を奪いました。ふふん。

相変わらず電車の切符を買う度に「何て高いんだ」と驚く。で、自動販売機大国の日本と違って、こっちは駅やオフィスビル内にお菓子やジュースを売る自動販売機がある程度。よく見たら、
Photobucket

お菓子に囲まれながらコンドーム、ライター、煙草の巻き髪、他にも妊娠判定器まで売ってた。生活用品がギュッと一つの自動販売機に詰まってるようでちょっと笑える。
ちなみにこっちはカフェでも歩きながらでも道端でも煙草を吸ってる女性が多い。SI曰く、女性の喫煙率のが男性より高いんじゃないか、と。しかも煙草1箱6フランク(1フランク=約80円)以上するので、税関系の理由でフィルター付きの普通の煙草よりも、自分で巻くタイプの煙草のが安いからそっちを吸ってる人が多い多い(スイスの喫煙に関する記事はこちら)。女性の喫煙率が高くて、自動販売機で妊娠判定器まで売ってて、レストランでワインのテスティングを女性にオファーしたり(通常男性ですよね)、どうだ、スイスは先進的で自由主義でしょ、って。そうですね。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2010-08-19 16:10 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

DENT DE JAMANにトレッキング

曇り空の中、週末はSI、SIの妹ちゃんたちとDENT DE JAMANにトレッキングに行きました。DENT DE JAMANは標高2045メートルの山。途中まで車で行き、さらに電車に乗り(電車の切符の値段が高くてビビりました)、トレッキング開始。
曇ってて景色があんまり見えず、肌寒い。トレッキングなんて高校の長野県遠足以来。そのときでさえ面倒臭くて「体調悪い」と嘘ついて簡単コース組に入ったほど。スケーターのSIと、バレエダンス専門学校に通う妹ちゃんたちは体力しっかりあるから、ついていけるか内心ちょっと不安でした。
Photobucket

時々滑りながら歩いて歩いて、
Photobucket

新鮮な空気や緑の匂いをたっぷり吸い込み、自然に感謝。
Photobucket

本当に静かで、自分達の足音、息、遠くの農場にいる牛たちの「カラーンカラーン」というベルの音以外何も聞こえない。深い静寂。
農場で人懐っこいワンコとたわむれ、
Photobucket

牛とたわむれ、
Photobucket

さらに歩く私たち。
Photobucket

途中でその日の目玉イベント開始。元ボーイスカウトの腕をお披露目、SIが火を起こし、焚き火用の小枝や、ナイフで先を尖らせソーセージを刺すための小枝を皆で集め、お食事タイム。
Photobucket

粒マスタードたっぷりつけて、山の中で食べるソーセージは美味かったです。
Photobucket

再び沢山歩き、最後は農場からずっと私たちについて何キロも歩いて来ちゃったワンコを農場に車で送り届け、トレッキング終了。可愛いワンコだった。
Photobucket

帰り際やっと天気が良くなり、レマン湖が綺麗に見えました。いつ見ても海のようにでっかい湖です。
Photobucket

10キロ以上歩いたのひさしぶり。とっても気持ち良かった。が、翌日太ももとふくらはぎが痛くて、坂道だらけのローザンヌ市内を歩くのはちょっときつかった。やれやれ。食べ物や飲み物が詰まった重いバックパック、二日酔い、寝不足という三重苦を抱え、途中頭痛いしゲロ吐きそう、とこぼしつつ、可愛い妹ちゃんたちのためにSIもよく頑張りました。二日酔いは自業自得だけどね。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2010-08-17 18:07 | | Trackback | Comments(9)

ローザンヌのPLACE DE L'EUROPEでのダンスバトルなどなど

坂道が多いローザンヌ。毎日新鮮な空気を吸いながらお散歩に行くのがとても楽しい。日中暑くなるけれど、朝夕は涼しく、昨日は雨模様で皆ジャケットやらスカーフやらしっかり暖かい格好をしてました。8月だと言うのに。でもバンコク生活が長いとこの涼しさが嬉しくもあります。どれだけ歩いても汗だくにならない。
ローザンヌ市にSIのお友達が経営するスケボーショップ「242」があり、周辺にはグラフィティが沢山。というかローザンヌの市内はグラフィティや落書きだらけ。
Photobucket

Photobucket

Photobucket

Photobucket

Photobucket

昨日は雨模様の中、まず古いアーチ型石橋を利用したお洒落なバーテラス「LES ARCHES!」でちょっと飲み物休憩。んー、ヨーロッパ。
Photobucket

Photobucket Photobucket

その後目の前の広場「PLACE DE L'EUROPE」で行われていたB-BOYダンスバトル観戦。
Photobucket

お洒落な人達が沢山。ストリートファッション、いい感じ。フランスから出場してるダンサーもいて、レベルすごく高い。
Photobucket Photobucket

Photobucket Photobucket

ああ、バンコクではそのうち真っ赤な服を堂々と着ることができるようになるんだろうか。政情がファッションにも影響するなんて。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2010-08-16 00:44 | | Trackback | Comments(0)

ローザンヌ in スイスにて胃もたれ中

昨日の早朝無事スイスに到着しました。ジュネーブ着陸ちょっと前から、空港に迎えに来てくれているはずのSIパパとの対面、その後SIパパ、SIお義母さん、SIママ、SI妹2人との家族大集合でのランチを想像して心臓バクバク。
まずは10日間、ローザンヌに滞在。タイの現国王、プミポン国王はローザンヌにて初等・中等・高等教育を受け、ローザンヌ大学にて学業を修めています。ヨーロッパ最大の湖、レマン湖の畔にあります。
Photobucket

午後はほろ酔い&はちきれそうにパンパンな腹を抱えてレマン湖畔をお散歩。ジャズフェスティバルで世界的に有名なモントルーは観光客で賑わってました。
(左)白鳥素敵。SIは子供のときスノボーを投げつけて、激怒した白鳥に襲われて号泣したそう。何やってんだ。(右)カリスマボーカリスト、QUEENのフレディ・マーキュリー像。1978年にレコーディングのため訪れたモントルーに魅せられ、晩年を過ごしたそう(詳細はこちら)。
Photobucket Photobucket

(左)レマン湖に来たら1度は遊覧船に乗るべきだそう。うちらも今度。(右)こちらも今度必ず行くシヨン城。湖に浮かんでいるような美しいお城です。
Photobucket Photobucket

(左)MR. SPERM(精子君)IN モントルー。バンコクではパヤタイ辺りにまだ存在してるはずだそう。(右)英語では何て言うか知らない、スイスにしかないから、というサクサク感と塩気がワインのあてにピッタリなスティック。名前忘れた。
Photobucket Photobucket

(左)国内生産量のうち1%しか輸出されていないという希少価値の高いスイスワインと、スイスのイタリア語圏で作られたサラミ。美味い〜。(右)ハム&数ヶ月も保存が効くため山の人間にとって欠かせないというライ麦パン等。どのパンも激美味。
Photobucket Photobucket

やっぱり偏食せず、何でも食べたり飲むことができる人間は何処に行っても(とりあえず)好かれます。おいしい、おいしい、と沢山食べて呑んで、全く分からないフランス語で繰り広げられるフランス語をちょこちょこSIに訳してもらいながらコミュニケーションをとっていた昨日。いい娘だ、とSIファミリーより10点中9.8点を頂きました。MUZINAゆきちゃん、ゆか、竹本家の皆様、俺頑張りましたよ。

と言うことで滞在中のアパートの目の前にあるノートルダム大聖堂の鐘の音で目覚め(100回以上ゴーンゴーン言ってて何事かと焦ってしまった)、昨日の暴飲暴食で予想通り胃もたれ気味ながら、水道水が飲める贅沢さに感謝し、1か月ヨーロッパ旅行始まりました。もうちょっとまともな写真をこれからちゃんと撮らにゃ。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2010-08-12 16:55 | | Trackback | Comments(2)

BTSオンヌット駅前のグラフィティ、BOMB THE SYSTEM、SOULDED OUT STUDIOS、DUDE-MAGAZINEリニューアル

Photobucket

BTSオンヌット駅前。以前は市場があった場所が今は空き地となり、その横では大きなコンドミニアムが建設中。そして気付いたら空き地を囲うコンクリートの壁はグラフィティで埋め尽くされています。
Photobucket

Photobucket

Photobucket

Photobucket

Photobucket

「グラフィティ」 - 「スプレイやフェルトペンなどを使い、壁などに描かれた文字や絵。」、「落書き。本来は考古学用語で、壁などに刻まれた古代の絵画や文字。」などなど。

グラフィティは落書きなのか、アートなのか。下手くそなただのスプレーでの落書きは、落書きでしかないし見苦しい。でも時々素晴らしいグラフィティがバンコクでも存在する。それは「アート」と呼んでいいと思う。違法行為、描いてはいけない公共物または他者の所有物に描いておいてアートとは呼べない、という人も当然いるはず。以前グラフィティについて話してて、グラフィティだらけだったナナ駅前の廃墟ビルがとうとう姿を消して残念だと言ったら、SIが「でもグラフィティってのはそうやって永遠に存在することができない一時的なものであることに、その美しさや貴重さ、存在感があると思わん?」と言った。そうかも。来月半ばにタイに戻って来る頃には、このオンヌットのグラフィティももうなくなっている可能性大。儚い。

ニューヨークのグラフィティチームについて描かれた映画「BOMB THE SYSTEM」。「BOMB」とは通常「爆弾」という意味だけれど、Bボーイスラングで「グラフィティを描く」という意味もあります。グラフィティというサブカルチャーに興味のある人達にお勧めの映画です。

ちょっと紹介。バンコクを始め、ロンドンや東京も活動拠点とする「SOULED OUT STUDIOS」というアーティスト集団がいます。アーバン・アートに長けている彼らの作品、面白いです。私にも絵の才能があったらなぁ。SOULED OUT STUDIOの公式ウェブサイトはこちら、FACEBOOKページはこちら。覗いてみてください。

そしてそして、風俗ではないバンコクのナイトライフ情報をお届けする「DUDE-MAGAZINE」、しばらく大型メンテナンスで閉鎖していましたが、昨晩よりリニューアルオープンしました。新連載や、フォトギャラリーの開始など、内容をさらに充実させてます。スタッフ一同、今後とも宜しくお願い申し上げます。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2010-08-08 14:12 | アート | Trackback | Comments(0)

GIANT SWINGIN' @EZZE

Photobucket

先週金曜日はRCAにある「DONABE」に念願のしゃぶしゃぶ食べ放題に行き、野菜セットにタロイモやトマト、とうもろこしまであってちょっと驚いた後、初めて同じくRCAにあるEZZEへ。その夜はDJ MASA君とDJ HIROO君による月1イベント「GIANT SWINGIN'」でした。QOTAROO氏が担当するアートワークに見られる渦。様々なものを巻き込んで大きなうねりを起こしたいという願いが込められているそうです。二人の北海道人がタイや日本で培った経験を基に、最良の音楽をテクノからミニマル、ディープハウス、ディスコダブまで奏でるパーティー。
小さな白い建物がEZZE。私たちは早い時間に行ったのでまだ人がそれほどおらず、HIROO君がDJしている最中でした。
Photobucket

すでに誰よりも絶好調だったDJ MASA君が「イェイ」とフロアの真ん中で腰の入ったダンスをお披露目中。
Photobucket

で、店内を案内してくれました。
Photobucket

普段はサイケ、トランス系の箱というEZZE。内装の絵が何だか不思議だけどサウンドシステムの良さに驚きました。ベースが効いて音が全然割れたり籠ったりしてない。
店の奥には、ギザギザドアで完全に封鎖可能な怪しげな部屋有り。阿片洞窟現代版。悪いことが繰り広げられそう。
Photobucket

そしてトイレ。女子用と男子用の間には、
Photobucket

さすがタイ。おかま?ゲイ?中性用個室が。
Photobucket

中を見たら普通に座るタイプのトイレでした。
残念ながら翌日早朝から仕事のため短時間しかいることができませんでした。「様々なものを巻き込んで大きなうねりを起こしたいという願い」。最初は小規模でも継続し、シーンに認知され、音が浸透していったら素敵。MASA君、HIROO君頑張れ。

うちの実家はクッション等作ってる小さな工場を営んでます。先日妹が工場が忙しくてその日は両親を手伝ってた、とチャットで報告。で、恥骨をトラックにぶつけてド痛かったそう。
チャットはこんな感じ:
妹:恥骨昨日トラックの角でおもいっきりぶって今日ど痛い!!痣が・・・
私:(漢字「痣」の読み方に少々悩む。数秒無言)
「痣(あざ)」が読めず、「痔(ぢ)」かと3秒誤解。トラックに恥骨ぶつけて痛みが痔にまでひびいて苦痛に顔が歪む妹を想像してしまった。年頃の娘さんに大変失礼なことをしてしまった。漢字の読み間違いって怖いですね。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2010-08-07 14:14 | 夜遊び | Trackback | Comments(4)

今週末のお勧めパーティー

現在DUDE-MAGAZINEは大型メンテナンス中。なので代わりにここで今週末のお勧めパーティーをいくつか紹介したいと思います。
Photobucket

まずは今晩BED SUPPERCLUBでのDJ MARKY & STAMINA MMC。800バーツ(1ドリンク付)。21:00-02:00。D'N'Bファンなら絶対に見逃せないブラジルの国民的ヒーローとさえ言われるMARKY。ブラジルのサッカーチームに要請され、或る試合のハーフタイムにプレイしたこともあり。STAMINA MCもドいいです。
改めて二人の代表曲「LK」↓

Photobucket Photobucket

*** 8月7日(土) ***
(左) 毎週水曜日Q BARでのレジデントでもあり、今月11日DJ CASH MONEY @Q BARでのウォームアップDJも決定している仙台出身DJ TO-RUがオーガナイズする「TALKIN' ALL THAT GROOVE」の第4弾。入場無料。22時から4時間DJ TO-RUによる新旧問わず、他ではなかなか聴くことができないヒップホップやR&Bのセレクション。場所はSRIPOOM ESPRESSO BAR。カオサン通りの寺や警察がある側を右に曲がり数分歩くとコーヒー「ILLY」のサインが目印の小さなバー。路上にもテーブルがいくつか置いてあるので分かりやすいです。

(右) ひさしぶりの「DEEP HOUSE BROTHERHOOD」。ルークトンやモーラム、アフリカンルーツ、レゲエ、ダブ、レアグルーヴまで幅広い土臭いグルーヴを展開する「PARADISE BANGKOK」主催者兼タイファンクを中心としたレーベル「ZUDRANGMA RECORDS」を掲げるDJ MAFT SAIのディープハウスプロジェクト。入場無料。21:00-02:00。今回はDJ MASA & NATKINGSOUL。カオサン近くの民主記念塔横にあるCAFE DEMOCにて。地図はDJ MASA君のブログを参照してください(こちらをクリック)。
Photobucket

同じく土曜日のイベント。UB RADIOが主催する「ELEVATION」。BED SUPPERCLUBのレジデントでもあるSAINT VINCENTらを迎えてのパーティー。改装を終えたばかりのGLOW(スクンビット・ソイ23)を覗きに行きたいものです。こちらのパーティーは23:00-04:00。300バーツ(1ドリンク付)。
Photobucket

***8月8日(日)***
SIVS (SOUL FOR STREET)主催ストリートカルチャーマーケット @RCAの大箱クラブ「ROUTE 66」。マーケットは13:00-19:00。アフターパーティーは20:00-02:00。チケットは男性199バーツ、女性は無料。ドレスコードは「ローカルをサポートしよう!」 - 沢山のタイのローカルショップが特別価格で商品を販売するそう。NIKE、CROOKED TONGUES、ADIDAS、SNEAKAVILLA*PREDUCESUPERRZAAP、INDIGOSKIN等のスポンサーが色々とプレゼントも用意しています。無料で食べ物や飲み物も提供され、ライブパフォーマンスにはCOCKTAIL、SOUTH SIDE PHUKETが出演。アフターパーティーは無料。DJラインナップは、DJ BALLISTIC、DJ JUSTEE、DJ PEPAE、DJ KNATZ、DJ SUPERSONIC、スペシャルゲストはDJ VAN (KORAVICK JANDEN)。これはタイのストリートファッションブランドが結集しそうな面白いイベントです。行きたい。
SIVSイベントPR映像:

では皆様、良い週末をお過ごしください。今朝はやっと洗濯ができて良かった。まだたっぷり1回分残っとるけど。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2010-08-05 15:40 | 夜遊び | Trackback | Comments(0)