クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

<   2011年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

音楽とアートマーケットによる日本チャリティーイベント @NOSPACE GALLERY

Photobucket

日曜日はNOSPACEギャラリーにて音楽とアートマーケットによる日本チャリティーイベントがありました。

まずはMUZINA/.COMのゆきちゃんが、出店するおにぎり屋用の土鍋で炊いた五目ご飯おにぎり200個以上を必死で作っている間に食器洗いとか雑用手伝い。楽しい。本職は好きでやってるけど、時々遠い昔にやってたウェイトレスのバイトが恋しくなる。

MUZINA、オーガニックコットンのプラネッタ・オーガニカや、あの有名なタイ人漫画家タムくんまでギャラリーの外には色々なお店が並び、中ではアートやCD等の販売。「チーム・東北地方」日本人男性陣によるDJセットからライブミュージックまで、音に飽きないイベントでした。ビール飲んでおにぎり食べて、時々ふらふらして、微力ながら受付の手伝いしました。もう誰がタイ人で誰が日本人なのかよく分からんくなった。やっぱり私達同じアジア人なのね、と実感。タイ語やら英語やら日本語で話しかけられて頭の中ごっちゃごちゃ。

 PhotobucketPhotobucketPhotobucket
 PhotobucketPhotobucketPhotobucket
 PhotobucketPhotobucketPhotobucket
 PhotobucketPhotobucketPhotobucket

今回誰よりも強烈だったのは「女番長」という言葉がぴったりなHAPPYBANDの女性。バンドが演奏中動かず腕を組んでジーーーーッ客席を(きっとサングラスの向こうから)睨み、時々突然クルッと横を向き、カッカッカと軍隊のように行進。いきなり動かれる度にびびります。強烈。

様々な形で沢山の場所で行われている日本チャリティーイベント。DUDE-MAGAZINEが関わる日本チャリティー音楽イベントも今週から開始されてるけれど(詳細はこちら)私は企画に一切関わってないし、今回は個人的に運営側の手伝いがちょびっとだけでもできて嬉しかった。完全な自己満足ではあるけれど。声掛けてくれて本当にありがとう。

沢山の方が足を運んでくれました。日系企業の通訳をしているというとてもチャーミングなタイ人の女の子達が印象的でした。わざわざ「頑張ってください」と。温かい言葉一言一言に感謝です。ありがとう。
Photobucket

しかしこの日はおにぎりよく食べた。冷凍してSIに食べさせてあげるなんて言って買って帰った沢山のおにぎりも全部結局食べちゃった。

皆お疲れ様でした。愛する我が国ニッポン、タイから応援してます。
Photobucket


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-03-30 20:37 | イベント | Trackback | Comments(5)

エリック・ラフォルグ「アジアの肖像」写真展 @セントラルワールド

毎年長期に渡って開催されるタイ・フランス文化祭「LA FETE」。舞台芸術から映画、視覚芸術、音楽、美食まで、毎年楽しみです。土曜日はこの文化祭の一貫としてセントラルワールド前の広場で開催されている屋外写真展「PORTRAIT OF ASIA -アジアの肖像-」に行ってみました。
f0044063_14241464.jpg

フランス人フリー写真家であるエリック・ラフォルグ(ERIC RAFFORGUE)。北朝鮮の正装した子供達やパプアニューギニアの祭儀のため華やかな色の顔料や衣装を施した部族の人々、凛とした雰囲気を放つタイの少年僧、儀式で火の上を歩くインド人男性など、大きな写真の中の彼らが投げ掛ける力強い視線、表情に惹き付けられます。「エリック・ラフォルグは、人類の豊かな文化的多様性のみならず、もろさをも描き出す。・・・先祖より伝わる伝統から最も近代的な儀式まで、ニューギニアのパプア人からタイ人ボクサーまで、『アジアの肖像』は、人類の文化的多様性が持つ美しさ、類似点、差異、そして人類の真の豊かさを紹介している。」と説明文がLA FETEのサイトにあるけども、納得。ゾクッとした。

買い物もいいけど、チットロム方面に出掛けた際には是非。4月10日まで展示されています。また、エリック・ラフォルグのウェブサイトの「ポートフォリオ」のページに行くと国毎に分別された彼の作品を見ることができます。北朝鮮みたいな国自体が外からはあまり見えない場所から、私達の日本という国がどのように彼の目には映ったのか興味深いです。

エリック・ラフォルグの公式ウェブサイト: http://www.ericlafforgue.com

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-03-28 17:53 | アート | Trackback | Comments(2)

モロッコ・ティールーム「AL MAJLIS」で誕生日を祝ってもらった

2週間程前ですが、誕生日にSIがモロッコ・ティールーム「AL MAJLIS」に連れて行ってくれました。お茶しに行ったことはあったものの食事は初めて。最近私がクスクスにはまっていて、タジン料理食べたことない、と言っていたのを覚えてくれててここを選んでくれたみたい。以前モロッコ系フランス人の知人が、モロッコ料理を食べたかったらスクンビット・ソイ3のタジン料理のレストラン(閉店してしまった)かAL MAJLISがいいよ、AL MAJLISのミートボールは悪くない、と言ってたのだ。

「AL MAJLIS」とは、家族やゲストをもてなすために使用される自宅にある部屋のことをアラビア語で意味するそう。エカマイ・ソイ12の奥にひっそりとある、MBKのオーナーの豪邸を改装した場所。門をくぐるとベンツやらミニクーパーやら高級車がずらっと駐車されとった。車の輸入税すごすぎるタイで金持ちは本当金持ちだ。
Photobucket

うちらはモロッカンな廊下の右を行き、
Photobucket

広い庭の寝そべることができる席へ(写真は食後お腹いっぱいで寝転がってるときに撮ったもの)。
Photobucket

廊下を左に行くと全く雰囲気が違う屋外席があり、建物の中にもこれまた素敵な空間が用意されてます。
Photobucket

まずはモロッコ風サラダ。お店お勧めの赤ワインを注文したらモッツァレラ等チーズのフライがついてきました。モロッコ料理のスパイスのハーモニーにうっとり。モロッコ行きたい。
Photobucket

メインはチキンとミートボールのタジン料理。クスクスといただきました。しかし庭が暗くてろくな写真が撮れない。全然おいしくなさそう。おいしかったんだけど。
Photobucket

もうお腹いっぱいでジーンズのボタン外して寝転がってまったりと夜空見たり、ボサノバ演奏を聞いてワイン飲んでいたら、頼んでないのにデザートが来た。トイレに行くと言ってこっそりSIが注文してくれたフォンダンショコラ。割るとトロリと熱いチョコレートが出てくるやつ。感激。甘いチョコは重いけど、酸味の効いたベリー系ソースが大活躍。
Photobucket

こうやって祝ってくれる人がいるって本当に有難いこと。彼の存在に心から感謝です。そんなSIは、来年を予定しているPREDUCE第3弾となるビデオリリースに向けて、昨日スケボー撮影ツアーに半月出掛けてしまった。寂しい・・。帰って来たらソンクラーン。今年は2人でリペ島行くことにしたので、それを楽しみに頑張るのだ。
=======================================
本日はDJ TO-RU君、DJ MASA君、DJ HIROO君やMUZINAの皆さんも参加して、NOSPACEギャラリーにて日本チャリティーイベントがあります。私もお手伝いも兼ねて参加します。チャリティ系にデザインされたTシャツって当日過ぎるとデザイン的に今一でその後着るのを躊躇してしまうものが多い気がするんだけど、既にMUZINAでも販売されていて今日も会場にて販売される、タイ人アーティストのローレイさんがデザインしたTシャツは可愛いです。是非お越しください!詳細はこちら
Photobucket


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-03-27 14:53 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(2)

アソークのスペースインベーダー、村上春樹のエッセイはやっぱり大好き、チャリティーイベント沢山のBKK

f0044063_18301751.jpg

一昨日世界征服スペースインベーダーをアソークの交差点で発見。こんな何度も何度も通ってる場所にドカンとあるものなのね。

もう何度も読んだけど今村上春樹の「村上朝日堂の逆襲」を一人で家でご飯食べるときや、仕事の休憩時、電車の中で読んでる最中。この人の小説も大好きだけど、エッセイ、特にイラストレータの安西水丸さんと組んだやつは何度読んでも飽きない。村上春樹と向田邦子くらいエッセイが上手で面白い人が長年見つからず。まあそれほど熱意を持って探していないだけだし、好みの問題だろうし。でも、「僕の胃はかなり良い色をしていて、イルカみたいにつるつるピチピチしているのではないかと推測する。海に放してやるとどこかに泳いでいってしまいそうな気がする。」(「海について②」から引用)みたいな発想、すごい。つるつるピチピチした胃がエメラルドブルーの海を嬉しそうにピチャピチャとイルカのように跳ねている情景がさっと浮かび、思わずニッコリしてしまう。英語版ウィキペディアの村上春樹ページで作品リストを見ると、エッセイは内容が固いやつしか英訳されていない模様。残念だ。「村上春樹と安西水丸と一緒に寿司屋でワイワイ会食できる権利」というものがオークションに出されたら絶対入札する。私の財力では到底張り合うことができん高額で落札されること間違いない。

しかしバンコクでは東北大震災のためのチャリティーイベントがびっくりするほど沢山開催されています。ありがたいことです。全部に参加することは不可能だけれど、できる範囲で貢献していきたいと思います。DUDE-MAGAZINEでも特に音楽関連チャリティーイベントを掲載していきますのでチェックしてみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-03-24 18:58 | アート | Trackback | Comments(0)

ソイ犬ファッション、日本人彼女のケア、こんなときにパーティー

先週数日突然18、19度と涼しくなり、4月の猛暑に向けて暑いタイではボーナス的な日々となりました。汗だく気候から、突然お昼に扇風機も付けず味噌煮込みうどん食べても汗をかかず、温かさが嬉しい気候に。もう普通の暑さに戻ってしまったが。

「寒い、寒い」と南国人は涼しさに大げさに反応して、面白い。うちのアパートの通りに住む野良だけど皆に結構面倒見てもらっていてまったりしている犬たちは、「寒さ対策」として服を着せられていた。犬用お洒落服じゃなくて、いらんくなった人間たちのTシャツを適当に切って着せられとるもんで、お腹の部分やらすぐ真っ黒になって、ちょっと迷惑そうで、窮屈そうで、走ると袖部分がピラピラしとったり、少々情けなくて可愛いかった。「犬」じゃなくて「ワンちゃん」と言わなければならないような、やたらと洋服着せたりの「ワンちゃん文化/トレンド」は受け付けないが、このファッションは個人的にアリ。GO GOソイ犬!
Photobucket

Photobucket


週末は、しばらく売上すべてを東北地震募金に回すという「らーめん・チャンピオン」に初めて行ったり、友人と会ったりして過ごした。SIとDはお互いに日本人の彼女がいて、今の状況の中塞ぎがちな私達日本人彼女とどう接したらいいのか、と少し話してた様子。落ち込んでいても仕方ないから、やれることやって普通の生活過ごして元気出して、と日本人じゃない僕が言っても説得力ないだろうけど、と。大丈夫よぅ。

ふと思ったこと。バンコクのそこら中で日本人ではなくタイ人による東北地方地震への募金運動が行われています。ありがたいことです、本当に。でも、死者22万人以上負傷者13万人というスマトラ沖地震のときはここまで募金運動してたっけ?「可哀想に」と募金したりニュースは常に追っていたものの、どうしても他国での出来事として今程気持の入っていなかったであろう自分がいたから、ただそう感じるのか、覚えていないだけなのか。

で、DUDE-MAGAZINEの外国人パートナー的パーティーオーガナイザから、「いつ僕達のパーティー情報を掲載してくれるんだ」と威圧的な口調でメールが来た。こういう時「パーティーですよ!」と更新する気になかなかなれず、更新滞ってる状態だ、ってこの前言ったのに。ムカーッと来た。私、過敏に反応し過ぎか。気分を害したことを失礼にならない程度に、でもしっかりとはっきりと言わせてもらいます、と長時間かけてメールを作成したけど結局消した。疲れる。淡々と、冷静に行かなくては。でも今度会ったら言いたくなるかも。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-03-21 14:30 | Trackback | Comments(2)

夕食パーティー@SPACE、自粛、不謹慎、自分の日常生活

日曜日はMUZINAチームに誘っていただき、チャオプラヤ川向こう、ミレニアムヒルトンバンコクホテルの横にこっそりとあるギャラリー「SPACE」で行われた夕食パーティーに行ってきました。ニューヨークを拠点として活動している写真家、ジェスパーが主催。彼の父親がパリにて日曜夕食パーティーを開催し続けて既に30年以上、それをバンコクでもやろうじゃないか、と始めたそう。
写真左がジェスパー。
Photobucket

壁にジェスパーの写真が沢山貼られてた。
Photobucket

Photobucket

約40人が可能参加数で、出席を事前にお知らせするシステム。知らない人ばかりの中での社交要素が強い夕食パーティー。人見知りが激しい私は少々緊張。SIは「楽しそう」と余裕たっぷり。飲み物は持ち寄ったり、冷蔵庫に入ってるものをお金払って飲んだり、お食事費として300バーツをチップイン。
Photobucket

うん、日本では地震/津波で今後死者/不明者数はどんどん増加し、各地で節電を呼び掛け、食料や燃料の確保が困難となり、さらに原発の事態は悪化中。そんな中私はタイに住んでいて、できることと言えば募金や、被害が最小限に留まりますように、と願い応援することのみ。ここんとこ「自粛」や「不謹慎」ということについて沢山考えた。こんな状況に日本は陥っているのに、という「罪悪感」についても。

でもそんなモヤモヤを抱えながらも、チャオプラヤ川が見える窓からの景色にまったりとした気持ちにさせられ、
Photobucket

相変わらずドリームちゃんは野性的で美しく、
Photobucket

その夜ご馳走になったクスクスはとてもおいしく、
Photobucket

新しい人との出会いに感謝し、
Photobucket

しばらく会ってなかった友人との会話を楽しみ、多くの人に「家族や友達は大丈夫だった?」「日本はこれから大変だけど絶対復活するよ。頑張って。」と温かい声を掛けてもらえたり、「原発どうなの?クレイジーな状況で怖い」と言われたり、
Photobucket

地震/津波の被害を被ってとてもしんどいだろうAちゃんやユキちゃん、タカ君は相変わらず楽しく素敵な人達で、
Photobucket

夕食パーティーを楽しめた。また行きたい。

こんなときに不謹慎な、と眉をひそめる人もいるだろうと思いつつ、このモヤモヤ感を整理する意味も込めてのブログ更新。大変な日本の状況と、それに比べて(仕事への影響や自分の心境はともかく、表立っては)日常生活に劇的な変化は起きてないバンコクでの私の状況。日本のニュースを聞いてはハラハラしつつ、最近必ずと言っていいほどジムで顔を合わせる(推定)英国人のおっさんの余りのぶっきらぼうさにムッとし、数日間ビートルズ漬けとなって彼らの奏でる美しいメロディーに時々ジワーっと感動し、曇り続きで洗濯できずに困ってたり、余りに普通。普通過ぎて、「こんなんでいいのか、私?」と悩む。どれだけ被害地の人々の困難を思って心を痛めても、私はこれ? 大げさに言えば、大切な人が亡くなって涙を流して悲しんでいるのに、お腹空いてご飯食べたくなったり、用を足したくなったり、誰かがジョーク言えば「フフ」と笑ったりと、状況がどんなんであれ自分は生きてて、あっちの彼らの世界とこっちの私の世界とのギャップが愕然と存在していても、それが現実であって、これが自分なんだ、と認識するような感じ。

そんな時、大好きな「はなももの別館」さんのこの記事を読んで「自分にできること」や「自粛」についてすとんと納得できて、ちょっとスッとした。「いつもと同じように、でも前よりも誰かを思いながら淡々と毎日を過ごして行く大事さ」、か。さっちゃんの「知恵がある人は知恵を、金がある人は金を、何も無い人は元気出せ!だって!」というツイッターにも「ほう」と。

で、ちょっと頭の中がすっきりしてきたと思ったら昨晩静岡地震が起きた。どんどん地震の位置が下がってきてるし、とても怖がってる愛知県の妹とメールで何度もやりとりしてたら、昨晩は少し寝たものの、夜中に目が覚めて色々考え始めたらもう眠れず朝になってしまった。全然地震対策されてない実家。もし家族に何かあったら、とか最悪のシナリオがグルグルと。げー、これじゃ後退じゃんか、と自分にがっくり。

遠くで落ち込んでても何の役にも立たんのに。限られてはいるものの自分にできることをして、母国の持つパワーを信じて、日常の些細なこと、当たり前に見えることに感謝することを忘れず(これが難しい)、日本経済の足しに少しでもなるよう経済活動に可能範囲で協力し、しがない庶民として一生懸命生きていかんと。

長くてどうもまとまりのない内容になってしまった。ポケットの中で溶けて包装紙がちっとも取れんベトベトした飴みたいに文も思考もすっきりしん。いかんいかん。前向きで行かなくては。ヤー。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-03-17 00:41 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(6)

エンポリに日本への義援募金箱が設置されています

この前愛知県の妹がメールで「最近地震が多いだよ」と言ってた。ら、今回の大震災。津波に飲み込まれて行く町の様子や、離ればなれになった家族のメンバーの安否を確かめるため掲示板を食い入るように見入っている人達のインタビュー等を見ては胸が締め付けられます。私は親戚の叔父家族が仙台に住んでおり、昨晩やっと彼らの無事を聞いてホッとしました。

けれどもこれだけの被害を被り、数多くの人々が行き場を失い、家族や友人の安否も分からず、次いつ大きな余震に襲われるのかと不安を抱えながら1日1日を過ごしている中、バンコクにいて何ができる?エンポリアムでは義援金箱が設置されました。些細ではあるけども、何か自分にできることがあるのであれば。

頑張れ日本。

米国が日本救済作戦を「オペレーション・トモダチ」と命名したそう。やられた(関連英字記事はこちら)。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-03-13 13:14 | ニュース | Trackback | Comments(0)

侍ジャズバンド「PE'Z」@MELLO YELLO

昨晩はRCAへ。本日3/10SLASHバンコク公演に出演予定だった日本人ジャズインストバンド「PE'Z」のライブのため、ライブハウス「OVERTONE」からジャズバーに生まれ変わった「MELLO YELLO」に初めて行きました。私はトラーリさんのブログやフェイスブックで偶然昨日のライブを知ったものの、緊急だったためなのもあって殆ど告知されてなくて残念。ジャジーでファンキーであっという間の約1時間公演。MELLO YELLO自体は賑わっていたものの、もっと沢山の人に是非聴いてもらいたかったライブ。迫力ある演奏にジーンと来て、ちょっと涙出そうでした。
Photobucket

Photobucket

Photobucket Photobucket

Photobucket

音楽って本当にいいものですね。その後は誕生日ボーイDJ TO-RU君におめでとうを言いに、彼が毎週水曜日にヒップホップをスピンしているQ BARへ。Q BARは相変わらずカクテルが強くて美味い。

そんなんで本日誕生日。昨日SIが私の誕生日プレゼントを持って帰って来た。ものすごく苦労したんであろう、かーなりヘタクソなラッピングに愛情を感じます。いい加減そうに見える剥がれ気味のテープと、包装紙が足りずに急いで買い足したアンバランスな色の組み合わせ、少しでも見栄えを良くしようと貼ったステッカーがポイントの男前ラッピング。中身何かや〜。
Photobucket


PE'ZのMELLO YELLOでのライブの映像がアップされてました。こちらをクリック。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-03-10 20:43 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

タイ料理店「BAAN KHUN MAE」と映画「英国王のスピーチ」

昨日はやたらと苦労した翻訳完了。日曜日はまた家のネットがダウンして色々溜まってたもんだから涙がまたポロポロと。SIをおろおろと焦らせてしまった。手がかかる人間ですみません。色々助けてくれたお礼も兼ねて「おいしいご飯+映画」のおデートしました。

何年も行ってなかった「バーンクンメー (BAAN KHUN MAE/「お母さんの家」という意)」へ。サイアムスクエア・ソイ8にある1998年創業の有名なタイ料理レストラン。1階も2階も多国籍なお客さんで随分と賑わってました。店内は木造で照明も控えめで落ち着いてます。
Photobucket

ヤム・トゥアプー(四角豆サラダ)にクンオップウンセン(海老と春雨の蒸し煮)。大きい海老がゴロゴロ入ってて激美味。ご飯が進む進む。
Photobucket Photobucket

蜂蜜を使った豚肉の炭火焼きと鴨入りレッドカレー。ちと頼み過ぎた。
Photobucket Photobucket

おいしそうな写真を撮りたい私と、お腹空いてさっさと食べたいSI。焦ってろくな写真が撮れません。

Photobucket

そして観に行った映画は今年のアカデミー賞を多数受賞した「英国王のスピーチ」。コリン・ファースもジェフリー・ラッシュも凄い。笑って、英国のBBC英語にしびれ、第2次世界対戦の恐怖に陥る大英帝国全土に向けて吃音症と立ち向かいながらスピーチを行うジョージ6世と、彼を見守るスピーチ矯正家のライオネルとの映画の最後のパートでは感動。しかしジョージ6世がストレスを発散させるために汚い言葉を連発するシーンなど、一体どうやって字幕をつけてるんだろうか。難しいだろうなぁ。悩んだろうなぁ。水野春郎さんじゃないが、映画って本当にいいものですね。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-03-08 20:30 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(6)

WOODSTOCK GRILL & BARで過ごす週末

f0044063_22362735.jpg

昨日、今日とトンロー・ソイ13のWOODSTOCK BAR & GRILLの住民化中。無料WI-FIがあるカフェやレストランは沢山あるけれど、嫌な顔せず長居させてくれて、コンセントもあって、結局ここに来てしまう。軽く腹ごなしに注文したクラムチャウダースープ。でか!!キャンベルスープ1人で1缶食べる感じ。結果、本日の晩ご飯となってしまいそう。こんなつもりじゃなかったのに、只今お腹たっぷたっぷ。

マネージャーに「この前ネット記事で西洋人がここのBBQピザがバンコクで一番おいしいって書いとったよ」と伝えたら、「まあ1番かは分からんが、うちのは美味しいよ。何と言ってもソースが違う」と言ってた。今度是非試さなくては。これだけイタリアンレストランだらけの街で自信たっぷり発言できるとは、おいしんだろうな。

今日はもう家でのインターネット問題にうんざりでアパートの事務所のお姉さんに話しに行った。そしたら事務所出た途端にSIが「ブブブ」と笑い出した。私が以前から何度も「男性か女性かよく分からないうちのアパートのごっつくて口ひげがちょっと濃くてファンデーションちょっと塗り過ぎなお姉さん」と話していた彼女を今日初めて見て、どう見ても男じゃねーか、と。「T(私)が男でバンコクに住んどったら間違いを犯してそうだね」と言われました。元男性が多いこの街。通りすがりに見かけた人が本物の女性か元男性だったのかよく迷うのもバンコク生活の一部。男女の見分けがつかない性別男の私。それはそれで選択肢も広く、心も広く、悪くない気がする。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-03-05 22:53 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)