クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

美味しい誕生日会 @ISSAYA SIAMESE CLUBとMUZINA宅

約3週間前の話だが、私の誕生日ランチを素敵な女友達に開催してもらいました。会場は「ISSAYA SIAMESE CLUB」。MRTルンピニ駅から歩こうとしたけど、歩けないことはないけど、タクシーが無難。1920年代の建物と南国らしい庭が可愛らしい、モダンタイ料理のレストラン。
f0044063_11355630.jpg

最近BO.LAN、PARATA DIAMOND等バンコクでも自家栽培野菜やハーブを利用した料理を提供する店が増えてきたけど、ISSAYAも同じく。ISSAYAのシェフ、イアンさんは元々地元の農家に自身のオーガニック野菜についての指針に見合うものを栽培してもらっていたけれど、自家栽培に踏み切ったそう。
f0044063_1137124.jpg

ポップな色使いが可愛い店内。ワクワクする。
f0044063_1138985.jpg

タイ料理を中心とした昼用メニュー。隣のテーブルに座ってたインド人男性方の一人がとても親切にお勧め料理を教えてくれたり、インドのお菓子までくれた。彼のおすすめタイ風タコス。
f0044063_11395833.jpg

上品なソムタム。
f0044063_114135100.jpg

ソムタムと一緒に出されたハーブ/野菜ボールに入ってたこれ。歯ごたえが良くて、ねっとり。何だったんだろう。名前尋ねたけど忘れた。
f0044063_11423918.jpg

ベジタリアンラープ。
f0044063_11432535.jpg

バナナの花のヤムだったかや?
f0044063_11495361.jpg

日本人の口に合うピリッとした茄子の味噌焼き。
f0044063_11505268.jpg

そしてこれを食べにまたISSAYAに行きたい、と思ったのが雑穀カオパット。「カオパット(焼き飯)」という名前だけど、リゾットぽくて、とっても美味しかった。1皿注文したけど量があり、数人で分けて丁度良いくらい。ああ、美味しかったなぁ。
f0044063_11531812.jpg

「ソムタムで180バーツ++?!」と思う人も多いと思う。屋台で2、30バーツで食べれる料理がその値段。でも新鮮な食材、洗練された味付け、店内の雰囲気とトータルすると悪くない。上品で洗練されたタイ料理を食べてみたいという方は是非。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 

誕生日会夜編
[PR]
by miyachoTT | 2012-03-29 13:22 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(6)

暗闇で食事「DID (DINE IN THE DARK)」

f0044063_1201832.jpg

10日程前、ひさえちゃんとあやねちゃんと「DID (DINE IN THE DARK)」というアスコット・サトーン・バンコクにグランドオープンしたばかりのレストランへ。完全なる暗闇にて食事をするというちょっと変わったところです。お店の紹介はこちらに書きましたのでお読みください。

受付ロビーから真っ暗なダイニングルームに行くには、目の不自由なウェイターさんを先頭に列を作り、皆で前の人の左肩に手を乗せてむかでのようにゆっくり歩いて席に案内してもらいます。いつまでたっても何も見えない環境。慣れるのに少々時間がかかった。最初はなんだか不安だったけど、楽しい。見えない分、嗅覚、味覚をフル回転。しばらくしたらウェイターさんが隣に来ると、音はしなくても体温が伝わり彼の存在に気付くようになった。ほう。今口に入れたものは何だろう?皿と口の距離がつかめず気付いたらちょいと猫背で前かがみっぽく食べていた。料理をスプーンですくったはずが、口に持って来たらスプーンに何も乗ってなかった。料理を食べ終えたかどうか分からず皿を指でなぶっていた。「この酸っぱいのってXXだよね?」と皆で食べてるものを確認。普通の食事とは大違い。

マネジメントチームの知人と色々話したら、オープン前はどんな反応が客から戻ってくるか不安だったそうだ。タイ人はお化けを強く信じてるから暗闇での食事というコンセプトを受け入れづらいのでは、理解してもらえるだろうか、などなど。いざオープンしたら客層はタイ人西洋人がほぼ半々で、皆楽しんでるそうだ。

とにかくワシワシもりもり食べたいんだ、という人ではなく、「味わって食べる」という行為を楽しめる人を誘っていくべしレストラン。音にも敏感になるので、くちゃくちゃ食べ方が汚い人と行くと恋心が冷めるかもしれん。

4月8日まで4人以上で予約すると1,300バーツ相当のワインでCASCINE 7かMCGUIGANが1本無料です。1) info@DIDexperience.com宛に予約メールを件名「GROUP PROMOTION」とし、名前、電話番号、予約希望日、人数を記載して送信してください。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-03-27 01:51 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

ガパオと日本カレーの出会い

タイ料理すごく好き。住む場所のご飯が合わないと日常の楽しみが削減するし、そこに住むことが苦痛にもなりかねない。タイ料理が好きで何でも食べれて良かった。

屋台タイ料理でよく注文するガパオ(タイバジルと肉の炒め物)。ピリッと辛く、ご飯、ガパオ、半熟目玉焼きのコンビネーションがたまらん。そんなガパオがこれまた愛する日本カレーと出会った「ガパオのせカレー」が期間限定ご当地メニューとしてあると聞き、人生初COCO壱番屋へ。人参ジャガイモごろごろ家庭カレーが好きなので、チェーン店のカレーに金出したいと思ったことは今まで一度もなかったが、ガパオと日本カレーなんてコンボ、食べにゃあ、とワクワクして行った。
f0044063_18354597.jpg

結論。もう2度と行かなくてもいい気がする。カレーぬるいし、特に美味しいわけでもなく、サラダのドレッシングは甘めでべちょべちょだし。ガパオも日本カレーも好きだけど、納豆カレーの納豆のように、別にのせんでもいいじゃん、と、それしか思わんかった。「マイルドスパイシー」という辛さのレベル1は私には辛過ぎて頭がちょっとクラっとした。失敗。

====================================

食べ物と言えば、昨晩寝てたらほろ酔いSIが午前様で帰宅。「ねえ、RCAの角の屋台の美味しいフライドチキンと餅米買って来たで一緒に食べよ」と起こされた。半分寝ながらの夜中のフライドチキンは激不健康だが美味くて、結局明け方までお喋りしとった。

子供のとき、父親が酔って帰って来ると、よく母に「寝たフリしりん!」と言われ、部屋の電気を急いで消して寝たフリをした。で、母と3姉妹で寝てる部屋に父が来て勢いよくガラッと襖を開け、「おい!」とニコニコ起こされて(と言うか大体起きとったけど)お土産の「鳥伸」の炭火焼きの焼き鳥やちらし寿司を布団の上で食べさせてもらえるのがすごく好きだった。小さかったからネギマのネギの美味しさが分からず、とにかくつくねがスターだった。父の酒臭い息や、酔った男性がよくやるじょりじょりヒゲが痛いの分かっているものの「痛い」と言われるのが嬉しくてやっちゃう子供へのほお擦り、懐かしいな。昨晩は子供時代に戻ったみたいでちょっと嬉しかった。ほお擦りはさすがにされんかったけど。だもんで映画「東京タワー」と小林薫が余計に好きなのかも知れん。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-03-24 18:52 | Trackback | Comments(2)

ビール作った!

TAKOOMEさんの息子さん、なんとニュージーランドの2011年自家製ビールコンテストで2位を受賞し、一時帰国中にご自宅で今月2度ビール作りワークショップを企画してくださいました。

1回目。ビール作りがまるで化学の授業のようでびっくり。色々な器具を使って計量したり確認したり。今後自分でビール作ろうという方達は熱心にメモをとり、数字弱いし、ビールの原材料タイで確保するのそう楽じゃないし、とほぼ脱落したしょぼい私は手作り梅酒に浮かれてた。SHIGGY先生、ごめんなさい。
f0044063_0425476.jpg

f0044063_0443925.jpg

f0044063_0451413.jpg

f0044063_0453019.jpg

どうだ、この日のお料理!貝の出汁が効いたバターソースをパンに浸して食べて、ビール飲んで、幸せ。雛祭りだったのでちらし寿司もありました。ドいい。
f0044063_0455168.jpg

お土産付きで腹一杯で帰宅。

一昨日第2回はこの前SHIGGY先生が作ったビールの瓶詰め。
f0044063_0573571.jpg

そして赤色の綺麗なガチアップ(英語:ローゼル)の酵素作りも教えてもらいました。
f0044063_113871.jpg

TAKOOMEさん、すごい。酵素だけじゃなくて、味噌やヨーグルト、何かと手作り。とても簡単そうに作り方を教えてくれるけど、実際誰でもできることじゃない。美味しく作れんでも、やろうと思えばできるんだろう。できないというより、やらない、のが正しいのか?自分の食生活はそこまで悪いとは思わないけど、もっと気を配ればもっともっと向上できるのも事実。考えさせられました。

この日は美味しい柔らか牛肉のビール煮、おにぎり、麻婆豆腐、鶏膝煮こごり、さらに大阪の箕面(みのお)ビール。猿の蓋が可愛いのだ。
f0044063_111127.jpg

亡くなった祖母の手作りの梅酒が恋しくなったビールワークショップでした。あの何年ものだからこそ味わえるしわしわになった梅が子供のとき大好きだった。あれはある意味贅沢だ。

2週間置いたら飲めるという手作りビール。長い2週間になりそうだ。世界に1本タエモン・ビール、楽しみ!
f0044063_17669.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-03-21 01:23 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(4)

ビール作った!

TAKOOMEさんの息子さん、なんとニュージーランドの2011年自家製ビールコンテストで2位を受賞し、一時帰国中にご自宅で今月2度ビール作りワークショップを企画してくださいました。

1回目。ビール作りがまるで化学の授業のようでびっくり。色々な器具を使って計量したり確認したり。今後自分でビール作ろうという方達は熱心にメモをとり、数字弱いし、ビールの原材料タイで確保するのそう楽じゃないし、とほぼ脱落したしょぼい私は手作り梅酒に浮かれてた。SHIGGY先生、ごめんなさい。
f0044063_0425476.jpg

f0044063_0443925.jpg

f0044063_0451413.jpg

f0044063_0453019.jpg

どうだ、この日のお料理!貝の出汁が効いたバターソースをパンに浸して食べて、ビール飲んで、幸せ。雛祭りだったのでちらし寿司もありました。ドいい。
f0044063_0455168.jpg

お土産付きで腹一杯で帰宅。

一昨日第2回はこの前SHIGGY先生が作ったビールの瓶詰め。
f0044063_0573571.jpg

そして赤色の綺麗なガチアップ(英語:ローゼル)の酵素作りも教えてもらいました。
f0044063_113871.jpg

TAKOOMEさん、すごい。酵素だけじゃなくて、味噌やヨーグルト、何かと手作り。とても簡単そうに作り方を教えてくれるけど、実際誰でもできることじゃない。美味しく作れんでも、やろうと思えばできるんだろう。できないというより、やらない、のが正しいのか?自分の食生活はそこまで悪いとは思わないけど、もっと気を配ればもっともっと向上できるのも事実。考えさせられました。

この日は美味しい柔らか牛肉のビール煮、おにぎり、麻婆豆腐、鶏膝煮こごり、さらに大阪の箕面(みのお)ビール。猿の蓋が可愛いのだ。
f0044063_111127.jpg

亡くなった祖母の手作りの梅酒が恋しくなったビールワークショップでした。あの何年ものだからこそ味わえるしわしわになった梅が子供のとき大好きだった。あれはある意味贅沢だ。

2週間置いたら飲めるという手作りビール。長い2週間になりそうだ。世界に1本タエモン・ビール、楽しみ!
f0044063_17669.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-03-21 01:23 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

2月28日〜3月1日堀内加奈子さん沖縄民謡バンコクライブ

f0044063_16584555.jpg

もう2週間前のこととなってしまったのですが、2月28日〜3月1日の3日間23BAR、沖縄家庭料理&居酒屋「金城」、MUZINAと会場を変えて開催された沖縄民謡シンガー堀内加奈子さんのライブについてDUDE-MAGAZINEブログに書きました。リンクはこちら

ちなみにDUDE-MAGで最近始まったMUZINAたか君のコラム「BANGKOK BANG」、面白いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-03-14 17:04 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

HOBS AWAY @LA VILLA

昨日はジャカルタから2年弱ぶりにバンコクにやっと遊びに来てくれた大好きなSAT*さんとお茶。アリー・ソイ5のアンティーク家具と日本の製菓学校を卒業したオーナーによるフルーツケーキで知られるらしいカフェ「PURITAN」へ。ヨーロッパ風置物は趣味がいいのか悪いのか何とも言えなかった。ブルーベリーケーキは美味しかったけど、砂糖より塩のが好きなうちら。胃が重くなったので苦汁を求め移動。午後4時と中途半端な時間。こんなときはBTSアリー駅真ん前のコンプレックス「LA VILLA」にある「HOBS AWAY」へ。HOBS=HOUSE OF BEERS。ビールの種類が豊富。屋外席にはもう飲んでる客がちらほら。
f0044063_12333485.jpg

ひさしぶりのベルギービール「ヒューガルデン」1パイント。重くて大きいグラスが好きだ。持ち上げると顔の大半が隠れるくらい。つまみに頼んだ海老とフルーツのサラダは甘くて失敗。求めていた塩味ではなかった。
f0044063_1235582.jpg

何歳になっても雌でいたいよね、と話し合う。たっくさん話して「人との縁」について考えた。負の要素を人生から削除するため、残念ながら縁を切って良かったという関係もあるのだ。人って難しい。

誕生日週末は昨日午後から既にオン。今日も友達のお陰でランチ、夜の宴と楽しい1日になりそう。ちなみにSIはおらん。一昨日バンコク戻って来たけど、昨日から来月結婚する友達のバチェラーパーティーのため男7、8人で欲望の町パタヤへ。「バチェラーパーティー」とは、新郎の親しい男性友人たちが集まるパーティのこと。バチェラ-とは独身者の意味。新郎の独身時代最後の日を一緒に過ごし、バカ騒ぎして独身にお別れするというもの。映画「ハングオーバー」状態になってないだろうか。私も来週末バチェラーパーティーの女バージョン「バチェロレットパーティー」に誘われてるけど、どうしよう。ベッドサパークラブ自体好きじゃないし、西洋人男性ストリッパーのショーも企画されてるそうだが、見たくもない。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-03-10 12:46 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(2)

「酒の店」とカチカチソーセージ

もう2月半ばのことだが、うちに泊まってたSIの親友ザハちゃんとセバスチャンが日本食が大好きで、ソイ・タニヤの「酒の店」へ。二人は寿司盛り合わせ(松)。私とSIはベジタリアン期間だったのでかっぱ巻・・。美味しかったけど、目の前で美味しそうに寿司を頬張る二人の姿を見るのは少々苦しかった。
f0044063_15442283.jpg

この時2階で飲んでたんだけど、仕切りの後ろの席は日本人社長+タイ人女性+日本人社員数人。でっかい声で社長の女らしい日本語がちょーっとだけできるタイ人女性とキャッキャくだらない会話。そしてしばらくしたら次の場所に移動するために迎えに来た日本人男性サラリーマン団体到着。「あー、この子が噂の女の子ですか」「可愛いですねえ」「ワッハッハ」「『ソーセージ』って分かる?」「『カチカチ』分かる?『カチカチ』?」「レッツ・セックスターイム」などなどギャーギャー騒いで楽しそうに次の会場に移動して行った。

タニヤとは言え、一般客もいる店なんだけど。何がソーセージ、何がカチカチだ。気持ち悪い。だっさ。セバスチャンはスイスに住むチリ人。「『カチカチ』って何?」と。スペイン語の「セックス」という意味で音がすごく似てる単語があるそうだ(何て言う単語かは忘れた)。うわー、音が似てる、ということで皆「カチカチ」という単語をすぐ暗記。うちら4人のチーム名「チーム・カチカチ」となりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-03-09 15:58 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

フレンチヒップホップ「IAM」ライブ @MUSEUM OF SIAM

2月25日、MUSEUM OF SIAMの庭で伝説的フレンチヒップホップグループ「IAM」のライブが開催されました。毎年盛大に開催されるタイ仏カルチャーフェスティバル「LA FETE」、今年もパフォーミングアート、映画、音楽、ビジュアルアート等多数のイベントが現在タイ開催中。さすが芸術の国フランス、LA FETEの一貫としてヒップホップライブまでやってくれるなんて素敵だ。風営法違反、とそこら中のクラブを摘発しているどっかの国とは大違い。
f0044063_5143463.jpg

「IAM」は、フランスヒップホップシーンを語る上で絶対に欠かせないアーティスト。1989年にマルセーユで結成され、特に3枚目のアルバム「L’école du micro d’argent」はクラシックとされる驚異的なセールスを叩き上げた。渋いビート、知性あふれるリリックス。WU-TANG CLAN、METHODMAN、REDMAN等トップアーティストと共演している。去年は来日しているが、今年はタイでは初コンサート。しかもミュージアム・オブ・サイアムの庭というナイスなロケーションで、無料。フランス語圏の友人らは「ありえない」と興奮していた。

タクシーの中で興奮気味にビールを飲んでウォーミングアップしてきたのに笑顔が固いフランス人の友人。
f0044063_5174932.jpg

しかしIAMはタイでは無名。人は集まるのか、盛り上がるのか、と色々心配してたけど、そんな必要全くなかった。庭は人でいっぱい。皆座ってビール飲んだりお喋りして、タイ人と西洋人が程よく混じってる。クラバー!ヒップホッパー!っていう客層でもない。子供連れたフランス人家族もちょこちょこいた。

小ステージではDUBWAY等でおなじみMC SINAMONがDJとセッション中。うちらも芝生に座って持ち込んだワインやビールで乾杯。これは良いコンサートになるぞ、という匂いがプンプン。
f0044063_5234754.jpg

f0044063_5241195.jpg

IAMの出番が迫って来たらメインステージに皆移動。アーティスト紹介が始まったら客のテンションさらに上がる。フランス人が何かステージに向かって叫んでて、なんだかワールドカップのような熱さ。

フランス語何も分からないのに興奮し、笑顔になり、体が動き、MCのパワーを感じ、彼らのパフォーマンスに飲み込まれた1時間半だった。フランス人たっくさんで、MCがマイクを客に向けると彼らリリックをしーっかり知ってる。参加したいのに、掛け合いたいのにフランス語だから何も言えない。くやしい。
f0044063_5314074.jpg

f0044063_5321350.jpg

f0044063_5323796.jpg

あー、ど楽しかった。飢えていた男ホルモンたっぷりの太いビートのヒップホップライブ。LA FETE、ありがとう、ありがとう、ありがとう。近い将来日本政府協賛THE BLUE HERBまたはGAGGLEなんてどうしょう。

史上最高のフレンチヒップホップアルバムとまで称されるIAMの「L'École du Micro d'Argent」の最後に収録されるトラック「Demain c'est loin」。フレンチラップの代表トラックとも評される。ピラミッドを背景にオーケストラを引き連れてのパフォーマンス。DOPENESS。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-03-03 05:46 | 夜遊び | Trackback | Comments(0)