クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
HALATION ORG...
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

近所でのローイクラトンは良かった

ローイクラトンというのに朝も午後もかなりの雨が降り、夜天気大丈夫かちょっと心配だった昨日。去年は洪水でできんかったし、ソワソワしていた人は多かったのでは。でも月も時々綺麗に見えて無事できました。
f0044063_8421057.jpg

去年は洪水のためシーンとしていた近所の大蔵省国税局の広場。人、人、人、人。今年は屋台がずらっと並び、ダンスステージもあり大賑わい。ソイ・アリーはパレードかのようにトゥクトゥクがダーダー走ってた。
f0044063_844170.jpg

美味しそうな屋台が並び、祭りの雰囲気に興奮。山盛りカレーペースト屋や、
f0044063_8463262.jpg

カブトガニから蟹、貝などシーフード屋。強烈なビジュアル。ちなみに調べたらカブトガニは日本全体としては天然記念物ではないらしい。
f0044063_848123.jpg

勿論沢山のクラトン(灯篭)屋も。自分で作れるクラトン屋は特に繁盛。作ってみたかったけど時間なくて断念。来年はやってみたい。
f0044063_8493844.jpg

うちらもちゃんとお参りして池にクラトン流した。
f0044063_851860.jpg

一夜にて大量のゴミが発生し、環境問題について考えてしまうけれど、でも美しいクラトン、友達や恋人同士、家族で一生懸命願い事をしている人達の姿を見ると、やっぱり素敵な行事だな、と。
f0044063_8543100.jpg

f0044063_8542237.jpg

が、建物がひしめく町中でコムロイ(熱気球)を夜空に放つのには驚いた。コムローイが大量に放たれるチェンマイのローイクラトンは有名だけど、あれこそ火事や環境の問題、大丈夫なのか?
f0044063_952869.jpg

ビール飲んでチェンマイソーセージをかじりながら帰宅。SIがヨーグルトソースがさっぱりと美味しいタコスと醤油がアクセントのサラダを作ってくれた。疲れているときに作ってくれるご飯は本当に美味しい。大感謝。良い夜だ。
f0044063_8585679.jpg

今週は野望と知性に溢れる日本人青年達との通訳。刺激的です。皆格好良いです。でも昼ご飯食べるのが皆早いので困る。通訳完了して金曜日の夜パラダイスバンコクで友達と美味しい酒飲んで良い音聴けるのが楽しみだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-11-29 09:02 | イベント | Trackback | Comments(0)

寿司大好き、鮨忠美味し。

もう9月半ばと結構前のことだが、銀座のすしの名店「すきやばし次郎」創設者、小野二郎さんを追ったドキュメンタリー映画『ジロー・ドリームス・オブ・スシ/JIRO DREAMS OF SUSHI」を観た。



お寿司1つ1つが美しく、芸術的。でも何よりも二郎さんの「好きにならなきゃ駄目です。自分の仕事に惚れなきゃ駄目なんです。」という言葉が印象的だった。

もうこの映画観たら美味しい寿司を絶対に食べに行かんといかん、とSIと話していたのだが、うまいことにいい話が回って来た。SIの知人が或るビールのテレビのコマーシャル撮影で西洋人スケーターが必要、と。撮影は1日で出演料数万バーツ。1日中滑りまくり、「こういう臨時収入は思い切って使ったほうがいい」と現金握って帰宅。早速寿司を食べに行ったのだ。

と言うことでトンロー・ソイ8の「鮨忠」へ。カウンター席で生ビールと季節のお勧め秋刀魚の刺身。ちびりそうだった。
f0044063_1652159.jpg

おまかせで色々握ってもらう。1つ1つ美味しくて、食べ終わるのが惜しかった。SIはカウンターでお寿司を食べるという行為自体が初めてだったのでとても喜んでいた。
f0044063_16544736.jpg

食べ終わって余韻に浸っていたら大将に「どうでしたか?」と聞かれ、二郎さんの映画観てどうしても鮨を食べんといかんくてお邪魔したことを伝えたら、うちらの横で先まで食べていた若いタイ人男性らは、わざわざ「すきばやし次郎」に食べに行ったそう。そんな鮨好きの割に1人はマナーが何とも悪い人だった。携帯の呼び出し音ドでかいし、1回ならともかく何度携帯鳴っても音消そうともせず非常に腹立たしかった。飲食店で携帯マナー守れない人や、くちゃくちゃ食べる人、ウェイター/ウェイトレスに偉そうな人は嫌いだ。

大満足で帰宅。夜更けにエアアジア格安航空の国際線大セールなんとなく見てて、ノリで来年4月スリランカ旅行約1か月行っちゃえ行っちゃえ、と寿司食べた残りのCM出演料で航空券購入。うちらの新婚旅行はゴージャスにモルディブみたいなところで高級ホテル1週間滞在、じゃなくて1か月安く思いっきり楽しむスリランカ。これでいいのだ。楽しみー!!すっごく幸福感とワクワク感をもらった日だった。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-11-22 17:20 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(4)

パタヤの「SEA, SAND, SUN RESORT AND SPA」は素敵だった

日曜日結婚式で酒を控えんといかんかったのは、翌日5日から3泊で通訳の仕事でパタヤへ早朝出発だったため。

宿泊先は「SEA, SAND, SUN RESORT AND SPA」。バリ風で各部屋が棟別に広い敷地に広がっていて、茂る緑、青空、インフィニットプールが素敵なビーチリゾートでした。人間の本能がドロドロモンモンと充満するパタヤの町からは少々離れており、食事のため町中に行くと、その違いに驚く。ゆっくりと静かな時間を過ごしたい家族やカップル向けの場所。

仕事は、精神的にも肉体的にも大変だった。終わった夜の食事会で飲んだ酒が体中に染み渡り、海岸で皆で上げたコムローイ(タイ風熱気球)がどれだけ綺麗だったか。

庭に茂る大木と、まっすぐ続く歩道の先にはリセプション。シーンと静まり返っている中浮かび上がる大木にうっとり。
f0044063_1959450.jpg

バンコクに戻る日、早朝起きて海岸を散歩。半日だけだったけど、やっとリゾート感に浸ることができた。ここをまっすぐ進むと、
f0044063_2011021.jpg

プールと、そして海が広がってるのです。
f0044063_202266.jpg

そんなに綺麗ではないパタヤのビーチでも、誰もいない海岸は平和で気持ち良い。
f0044063_2032057.jpg

f0044063_2034753.jpg

で、これほど手作りなジムは今まで見たことがない!と驚く程すべて機器が手作りのジム発見。景色良し。ある意味贅沢。すごいな。
f0044063_2055378.jpg

朝の顔も良いけれど、日が完全に昇った後のスコーンとした青空と深い緑も心が弾む。
f0044063_2065063.jpg

客室も居心地良く、サービスもとても良かった。庭の掃除員さんでさえ、通りかかると掃除する手を休め、ワイして挨拶をしてくれる丁寧さ。いつかプライベートでSIと行きたい。

リゾートから遠くない「THE GLASS HOUSE」というレストラン、美味しかったし雰囲気良しでお勧めです。

が、移動が続いてたので、その日バンコクのアパートに戻ったときはそりゃあ嬉しかった。1日の大半をコンピューターの前でひたすら過ごす地味生活復活。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-11-19 20:13 | | Trackback | Comments(2)

MUZINA夫妻結婚式 @SIAM SOCIETY

f0044063_11551257.jpg

タイ帰国翌日11月4日は待ちに待ったMUZINAたか君とゆきちゃんの結婚式。出掛ける直前にSIが革靴スイスに忘れてきたと騒ぎ、遅刻。大慌てで会場到着したら、ぞろぞろとまだ到着組が多くて脱力。タイ。緩い・・。あのタクシーの中での焦りは何だったんだ。

たっぷりの食事、酒、MAFT SAINK CHANmAsa niwayama君の素敵なDJ、面白かったブーケ争奪戦、TO-RU君のわさびアイス、うっとりたか君とゆきちゃんの着物姿、さらにセクシーな背中ばっくり開いたゆきちゃんのドレス姿、ショッピングモール「ターミナル21」を背景に伝統的なタイ式住居と広い庭がある「サイアム・ソシエティ」にはめでたい日本式紅白幕。不思議なナイスな空間。

うちらの結婚式も同じくらい良いものになるといいなと思う。ぜっんぜん準備進んでないけど。

しかし張り切ってカメラ持って行ったけど、カメラ人口の多さにどうでも良くなり、唯一撮った写真が結婚式なのか何なのか分からない1枚のみ。音の良さにmAsa君が昇天する瞬間なのか、揺れ揺れで傾いてる。プロのとこちゃんとようこちゃんの写真が見たいです。

翌日大事な仕事があったので抑え気味にしか祝い酒が飲めず残念だった。次の結婚式では心置きなく祝い酒を飲むんだ。そう、来月はあのDJ DRAGONの結婚式なのです。楽しみ。由緒ある一族出身の彼なので盛大だろうな。

たか君、ゆきちゃん、改めておめでとう!!!大好きよ。チュッチュ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-11-15 14:00 | イベント | Trackback | Comments(2)

白川郷素敵。日本の秋を満喫できました。

パーキングエリアで牛の置物と写真を撮ってテンションアップ。飛騨牛!
f0044063_108643.jpg

10月31日、両親と妹と弾丸家族日帰り旅行で岐阜の合掌造りで世界遺産に指定されている白川郷へ。父の運転で朝6時半出発。家族旅行なんて一体何年ぶりだろう。激方向音痴だけど頑張って助手席でナビ役勤めました。
f0044063_1044818.jpg

日本三大秘境という白川郷。でも高速道路の発展で秘境感をそこまで感じず。でも昔はここまでアクセスするのどれだけ大変だったんだろう。そして紅葉の時期にはまだ全国的には早かったんだけど、さすが標高が高い場所だったので道中紅葉をたっぷり楽しむことができました。

到着。
f0044063_10104946.jpg

雨を心配していたものの、秋らしい真っ青な空がすごく嬉しい。まんが日本昔ばなしのような風景にしびれる。
f0044063_1013627.jpg

f0044063_1014360.jpg

展望台に向かう道中、朴葉が沢山落ちていて驚いた。高山と言えば朴葉味噌だけど、こんなに手軽に見つかるもんだとは。

雪景色をいつか見てみたい。が、どんだけ寒いんだろうか。
f0044063_10165172.jpg

父にとって今回の旅行のハイライトは、白川郷で沢山落ちていた銀杏。
f0044063_1021334.jpg

塩が効いた炒り銀杏は最強の酒のつまみ。車中にあの強烈な匂いが充満するのを恐れつつ、ちょっとだけ拾ってきました。しかし山でも海でも父様は獲物を探しているのだなあ。
f0044063_10224540.jpg

次回はこんなところに座って団子食べて茶をのんびりすすりたい。
f0044063_1024760.jpg

約1時間かかって次は高山市へ。古い町並をぶらぶらと。
f0044063_10261354.jpg

さっぱり醤油味の高山ラーメン好き。高山ラーメン元祖「まさごそば」行ったら休みでショック。代わりに適当に入った店で食べたらぬるいし麺が伸びとってがっかり。
f0044063_10285175.jpg

が、やはりさっぱり醤油味のみたらし団子は美味しかった!
f0044063_10292376.jpg

次回は1泊で行って、もっと高山市でのんびり時間を過ごしたい。と行っても次にいつ行けるのかは分からんけど。でも本当に本当にひさしぶりにできた家族旅行。秋のパリッとした空気。紅葉。短い時間だけど幸せを感じた1日でした。ありがとう、ありがとう、ありがとう。

11月2日日本最後の晩餐。朝から前夜残りの刺身を食べる贅沢生活も終わり。今回の日本滞在も1食1食真剣勝負でしこたま食べた。
f0044063_10324650.jpg

3か月後に今度はタイで両親、姉、妹に会えるとは分かっていてもお別れは毎回寂しい。今回もたっぷり甘えさせてもらいました。次は皆がタイで楽しい時間を過ごせるように私がおもてなしする番。頑張らにゃあ。

秋の日本最高。あの新鮮な空気と青い空がとても恋しい。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-11-12 10:40 | | Trackback | Comments(0)

ラグーナ蒲郡の足湯は気持ち良い

月曜日は家族でラグーナ蒲郡の無料足湯へ。「足湯行こ」と言われたとき、足だけ湯に浸かるなんて家でもできるしわざわざ出掛ける意味が分からん、と言ってたんだけど、間違いだった。野外で、しかも三河湾を眺めながら爽やかな秋風に吹かれながら浸かる足湯、すごく気持ち良い。
f0044063_034289.jpg

こんな感じ。ぬる湯に浸かりながらお喋りし、足も心も温かくすっきり。
f0044063_0135247.jpg

そいで足湯を馬鹿にしたことを皆に謝りつつ、ラグーナのおさかな市場でぐっさんも絶賛したというジャンボかき揚げ丼を。500円で味噌汁、漬け物付き。かき揚げ丼の大きさ、特に厚さにびっくり。
f0044063_0191238.jpg

これは1人で完食無理。ご飯より玉ねぎが多いんじゃないかと思いました。チャンレジ丼だった。

晴天、気温が下がり風が強かった今日。午後は母様とお墓参りと散歩。お墓からラグーナ蒲郡、帰りは海岸を計8キロ以上歩いてとても気持ち良かった。バンコクにいるSIや友達には会いたいけれど、日本の秋のこの気候は非常に名残惜しい。こんな気候だったら、毎日少しでも外で時間を過ごしたく、散歩にしょっちゅう出掛けると思う。欲しい物全てが手に入る訳がないとは分かっていても、ふとバンコクの中心部の空気の悪さと歩道状態の悪さが悲しくなる。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-11-03 00:39 | 日本 | Trackback | Comments(2)

三谷祭り、雨でも楽しかった。実家最高。秋の日本最高。

1週間東京での仕事で体力、気力共に結構やられ、ストレスや気候の違いで肌は最高に乾燥しブツブツも多く発生し、見苦しい顔で日曜日に蒲郡に帰省。この日がどれだけ待ち遠しかったことか。

秋に日本にいたのは一体何年前だったか記憶なし。どれだけ歩いても汗をかかず、少しひんやりする空気、布団にもぐる心地良さ、梨、カチカチの柿、りんご、脂がのった秋刀魚、最高。昨晩も今朝も秋刀魚1匹食べてしまった。幸せだ!今週は家族にべとんべとんにお世話になっております。

日曜日は猛ダッシュで愛知県蒲郡市三谷町に帰省。土曜日、日曜日と300年の歴史を持つ三谷祭が開催されていたため。この週末はよそに引っ越してしまった人達が多く帰省し、同級生に会えるチャンス。そう仲良くなかった子でも、激ひさしぶりに顔を見ては「おお!」と変わり振りに驚き楽しめる。父と従兄弟がサラシ巻いて海入るのを見たかったけど上区は山車調子悪くて中止。雨がダーダー降って来て晩宮も中止。残念だった。
f0044063_10442476.jpg

昔に比べて威勢がなくなった、大人しくなった、人も減った、祭りなのに振舞酒が全然ないし、何のための地元民の保存会への寄付だ、黒ごまがすごく安っぽくなった、と色々声を聞く。でもやっぱり好きな三谷祭。どうか存続しますように。しかし祭り姿の男性は格好良い。
f0044063_10445430.jpg

午後はひたすら家でご馳走食べて酒飲んで家族、親戚、先生などと楽しいひととき。祭りじゃ。
f0044063_10483710.jpg

夜は更けて同級生と飲み。結婚祝いにでかいシャンパンと麒麟ビールジョッキをいただく。感涙。みんな、本当に本当にありがとう。店で寝るまで秋祭りの祝い気分は続く。

が、ここで私がバンコクで派手な生活をしてパーティーばかりしていると思われていることが判明。びっくりした。フェイスブックやブログなんて自身のほんの一部しか見してなく、所詮オンライン上の情報であり、普段どれだけ家に閉じこもっての地味な生活をしているかまではそりゃ見えん。私、そんなパーティー女じゃないです。地味で、基本はネガティブです。
f0044063_10503733.jpg

仕事頑張った甲斐があった。帰る場所があるって嬉しい。でも今度こそ秋晴れの中、三谷祭を朝から晩まで楽しみたい。いつか。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-11-01 10:53 | イベント | Trackback | Comments(0)