クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

<   2013年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

出家儀式に参加した@ワット・ランプーン

タイ人男性にとって出家することは社会的に1人前と認められるための大事な儀式だそう。3月24日、PREDUCEのプロスケーター、タオ君の出家儀式に参加した。

寺院が数多く存在するチェンマイでも「瞑想寺」として知られるワット・ランプーン(WAT RAM POENG/ランプーン寺)へ。
f0044063_585329.jpg


既に準備のため既に数日寺で寝泊まりしているタオ君や他の同時に出家する人々は、まず朝に頭を剃る。式を見に来ている人達が多くて寺はとても賑やかでした。

タオの家族が用意した華やかなお供えがテントの下に。
f0044063_6364571.jpg

よく見ると、花の頂上にタオの干支の酉(とり)と言うことで飾られている鶏、スケボーに乗って、しかもタオのスポンサーのコンバースを履いていた。素敵。
f0044063_6392477.jpg

まずは到着してすぐに、式参加者は全員タオの髪を少し切った。
f0044063_641454.jpg

同時に数人が頭を剃られる。
f0044063_6422982.jpg

ぽっちゃり少年もその日出家のため頭を剃られていた。
f0044063_6433375.jpg

頭を剃り、シャワーを浴びて、衣装を着用。親族らが順番にタオに挨拶。
f0044063_6455582.jpg

美しい。
f0044063_6463121.jpg

境内で場所を移動し、関係のない子供がやたらと集まって来たと思ったら、タオらがお金を投げ始めた。餅投げの餅無し金のみバージョン。大人も子供も大興奮。
f0044063_6481611.jpg

私もちゃっかり小銭確保。
f0044063_6492226.jpg

興奮冷めぬうちに大きな建物に入り、ひたすら写真撮影セッション開始。
f0044063_6503787.jpg

出家前のタオは、準備期間中子供2人と寝泊まりをしていて、もう子守り状態で大変だし、彼らは特別に夜マーマー(タイのインスタントラーメン)を食べていて、空腹に悩むタオにはその光景と匂いが辛い数日間だったそう(僧は昼以降は一切禁止)。
f0044063_6524477.jpg

PREDUCEチーム写真!
f0044063_6542041.jpg

瞑想に来ている沢山のタイ人と西洋人で賑わう中、皆で境内で食事。その後は午後3時か4時まで1度私達はどこかへ時間つぶしへ。でもお寺を去る前に仕事の会計の話をする青年達。精神を磨くための出家期間が本格的に始まる前に、支払期限が迫ったインボイスをどうしようと話し合い。これが現実。
f0044063_6573712.jpg

うちらは近くの寺WAT UMONG(ワット・ウモーン)へ。魚の餌やりに池に来たら、魚より鳩が多くて嫌だった。鳩だらけ。動物は好きだけど、どうも厚かましい鳩は結構嫌いだ。
f0044063_715947.jpg

午後3時過ぎに寺へ戻る。
f0044063_723610.jpg

数人ずつ建物内のお坊さん達に呼ばれ、儀式を行い、順に僧となる。
f0044063_733841.jpg

f0044063_741941.jpg

夕方6時過ぎ。「もう終わりか?」と思う度に裏切られ、儀式は全然終わらず日が暮れて来た。
f0044063_753927.jpg

もう10時間くらい式に参加しているから、行ってもいいでしょ、とお寺を離れた。お坊さんが街で用事があるから午後の式は何時に始まるかタオでさえ分からなかったとか、式の最中に必要な物品を用意するアシスタント的男性がオーストラリアの銃のブランドのTシャツを着ていて、銃の絵と寺の目的である平和を求める精神との違い、そしてそんなシャツをこういう場に着て来る彼ののんびり(?)具合に驚き、タイのゆるさにヘロヘロになりそうだった。

出家準備中1番辛いのは、膝で歩くことだとタオは言っていた。痛くてたまらんのでこっそりサポーターを着けていたが、正式なオレンジの衣装をまとった後はサポーターを着けているんだろうか。

ちなみに彼は4/1に寺生活終了。お寺には衣装代と花代だけを払い、後は何も請求されないそう。したい人だけ寄付をするそうだ。で、この日から個室を提供されて喜んでいた。「夜はお腹空いてたまらん」と言っていたけど、今頃瞑想瞑想、昼以降食事無しのお寺生活に慣れただろうか。

夜は「チェンマイに来たら絶対に行かなくちゃいけない」とSIとGが熱く語る「MIKE'S ORIGINAL BURGER」へ。市内何店舗も支店あります。皆様も是非。私はここのジャンクなチーズがトロッとかかったフライドポテトが好きだ。
f0044063_7122087.jpg


今から日本に1週間行ってきます。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2013-03-29 07:19 | | Trackback | Comments(0)

URFACE X P7 @BADMOTEL

先週金曜日、THE ALCHEMISTの次はBADMOTELへ移動。トンローのJ-AVENUE隣のバー/クラブ。VACANCYのMOOLA画伯がレジデントDJもしている、すっかり人気の新スポット。この夜はURFACE X P7ローンチパーティーがあった。URFACEは、最近ではスカイトレインの外側全体の広告を手掛け、商業アーティストとしても人気が著しいMAMAFAKAが運営チームの1人である、アートプリントデザインによる限定版バッグブランド。各バッグには固有番号がついてて、購入するとアーティストのサインがついてくるという限定ぶり。今回タイのベテランストリートアーティストP7とのコラボということで顔出した。



MOOLA先生と沢山話せて楽しい夜だった。SIのスイス人友達も揃い、閉店後はうちに皆来て空が明るくなるまで宴会は続いた。明け方のおにぎりは何故あんなに美味しいんだろうか。皆「セボン、セボン」(意:美味しい)と。良かった良かった。

大人になってもチンコの絵を描いて喜ぶ人と、見て喜ぶ人達。男の子は男の子。
f0044063_96591.jpg


「え、まだだったの??」と驚いたのだが、今晩BADMOTELはグランドオープニングパーティー。人凄そう。パーティー詳細はこちら

f0044063_9135363.jpg


今週末も色々バンコクではパーティーありますが、今から2泊でひさしぶりにチェンマイへ。PREDUCEのプロスケーターのタオ君が出家するので儀式に参加してきます。しっかりお参りして来ます。カオソイ〜!



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ <
[PR]
by miyachoTT | 2013-03-23 09:24 | 夜遊び | Trackback | Comments(0)

クラフトビール @THE ALCHEMIST BAR

先週金曜日。またまたTHE ALCHEMIST BARへ。レストラン、バー、クラブ、路上バー、屋台がひしめくスクンビット・ソイ11。ニュージーランド風フィッシュアンドチップス「SNAPPER」の横の小さなバー。音楽も雰囲気もバーテンダーも良い雰囲気で好き。17時から20時のハッピーアワーはハウスワイン1杯100バーツだし。

この夜はクラフトビールの輸入会社「
BEERVANA」の輸入ビールがメニューに加わる初日イベントということで随分と賑わっていた。シンガポール初のハニーアプリコットエール、美味い。
f0044063_18433717.jpg

現在BEERVANAは21種類のクラフトビールを輸入しており、バンコク市内では26店舗が彼らのビールを取り扱っているそう。最近は日本のよなよなエールや常陸野ネストビールもタイに入って来てます。今日もBREW BEER & CIDERSではコペンハーゲン発地ビール「MIKKELLER」取扱開始イベントやってます。選択肢が増えるって良いこと。楽しい。嬉しい。美味しい。

最近ワインバーがやたらと増えてるバンコクだけど、クラフトビールファンももっと増えますように。

++++++++++++++++++++++++++++

仕事でちょくちょく行くオフィスに赤ちゃんチワワが。基本的に小型犬は好きじゃない。犬に服着せて「ワンちゃん」と言ってる飼い主はもっと苦手。日本人のくせに「ママン」なんて言ってる子や、バリバリのつけまつげ込みのアイメイク、キラッキラゴテゴテのスマホカバーやネイル、男性のぴっちぴちスリムジーンズ、満員電車で平気でつかまり棒に全身でもたれかかる人、レバー、賑やかな駅でもたもた歩いて人の流れを悪くし、何しとるかと思えばスマホでフェイスブック見とる人、ムーヨン、フェイスブックに自分の写真ばかり載せるナルシスト、数字、植物の面倒、義理の人付き合い、化粧、カラオケ、電話、・・・と世の中苦手なもので溢れとる。が、しょっちゅう顔を合わせていればチワワ君がとても可愛い。「なんだ、あの余計にウルウルした目は?あのビビリの震えは?」と全力でその存在を拒否していたのに、人間変わるもんだ。でもやっぱり犬はテツか柴犬か雑種が好き。

と、ブログを書きながら世の中の苦手な物/人種のことを考え、太いビートがたまらん男らしい45 KING聞いてたら、ナニクソ反骨精神が活発化され、クラブに行って酒飲みたくなりました。GREASEでヒップホップパーティーはないのだろうか。あのLSD空間で飛んじゃいそう。今週末名古屋は9TH WONDER。羨ましい限りだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2013-03-21 21:40 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

ベトナム旅行続き

今更だけど、ベトナム旅行続きを更新しました。

ベトナム旅行後半はホイアン<2>古都散歩編
ベトナム旅行後半はホイアン<3>食編

ベトナム料理が食べたくなってきた。美味しかったなあ。うっとり。

今晩はTRUS'ME @GREASE行く予定が、目の炎症がひどくて外出不可。無念。へろへろで力尽きてコンタクトレンズ着けっぱなしで寝てしまった罰。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2013-03-16 22:25 | | Trackback | Comments(0)

ハンバーガーでか。「FIREHOUSE」

女友達との集まり。現在はロンドンで仕事してる子と、北京に引っ越すかどうか検討中の子。仕事、恋愛、家族のことなど話は尽きず。もっと頻繁に彼女らと会えたらなと、別れが名残惜しかった。

この夜の会場はスクンビット・ソイ11のバーガー屋「FIREHOUSE」。毎日4時半から8時半までハッピーアワーでドリンク1つ注文で1つ無料。テーブル上には無料サービスのピーナッツとピクルス。今月のプロモ・バーガー「ベーコンブルーバーガー」を注文。180グラムのビーフパテにブルーチーズソース、ベーコン、レッドオニオン。でかい。手べたべたにして、口の周り汚して色気なくかぶりついて必死に完食。
f0044063_18424473.jpg

前夜に食べたグリーンカレー炒飯の辛さで胃がまだ多少痛かったものの、開き直ってでっかいバーガー食べて、マティーニ何杯も飲んで自爆。昨日から地味食中。でもバーガー美味しかった。

BANGKOK BURGER COMPANYのトンロー店では今月毎週水曜日午後7時からバーガーが半額だそう。

この前またしゃぶしゃぶ食べ放題「秋吉」へ。SIの男友達が海外から遊びに来ると必ずと言っていい程しゃぶしゃぶ食べ放題行きたがる。スイスでフォンデュ・シノワーズ(中華フォンデュ)食べときゃいいじゃんと思うが、違うらしい。秋吉が1番リピート率が高いレストランだと思う。ここ数年しゃぶしゃぶの有り難みほぼゼロ。文句言いつつ行けば沢山食べるし美味しいけど。

胃が痛い。

「シュガーマン 奇跡に愛された男 (SEARCHING FOR SUGAR MAN)」見て以来、「シュガーマン」って曲が頭から離れない。アルバム欲しい。事実は小説より奇なり。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2013-03-14 19:04 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

ローマ風トラットリア「APPIA」

昨日は誕生日。ソフトオープニング中の「APPIA」に連れて行ってもらった。トンローの人気タイ料理レストラン「SOUL FOOD MAHANAKORN」のオーナーがパートナーと始めたローマ風トラットリア。スクンビット・ソイ31のそば屋「仁八」の横。イタリア南部の風味に重点を置き、肉のロティスリーや生パスタ、地中海産ワイン、伝統的なカクテルを提供していくそう。
f0044063_19325446.jpg

ロティスリーとは、「電動串(ぐし)の付いた)回転肉焼き器」という意味だそう。この写真のもっと小さいバージョンがバーカウンターの後ろにあって、オーガニック鶏とでかい豚肉がグルグル回ってました。
f0044063_19321319.jpg

8時半で満席。オーナーが「まだ何も広告も出してないのに。有難いけど、スタッフが追いつけない」と。

まずはサバ?アジ?や茄子、チーズ、トマトのサラダ。
f0044063_19375026.jpg

1番気に入ったのが24か月熟成させたパルメジャーノのかかったさっぱりズッキーニサラダ。数皿ペロッといけそう。白ワインと共にこれ大盛り食べたい。
f0044063_19383856.jpg

メインはラム肩肉ラグー(煮込み)のパスタ。
f0044063_19403893.jpg

それに本日のお勧めだったナポリタン風ラグー。ソーセージ、リブ、トマトソース、ポレンタ。美味しい〜。と、ちらりとロゼ・シャンパン。これまた美味しくてペロッと1本いけました。幸せ。ちなみにボトル持込み料金は600バーツ。
f0044063_19472015.jpg

でも、健康な青年にとってだけでなく、私でも「値段の割にちょっと量が少ないかも」と思えた量。パンがないと物足りんのでは。特に前菜。SIはオーナーにちゃんと「美味しいけどもうちょっと量が欲しい」と言ってた。

誕生日デザート登場。感謝。あんまり好きじゃないパンナコッタ、ここのは美味しく食べれた。
f0044063_19461770.jpg

まだ正式オープンはいつにするか未定だそう。また行きたい。

レストラン話のついで。QUINCEは間もなくシェフ交替。QUINCEのオリジナルシェフ、ジェスさんはOPPOSITEへ。OPPOSITEと言えばアートギャラリー、パーティー/ライブ会場、数ヶ月に1度はレストランなど、イベントスペースとしてWTFが運営している訳だが、5月に「OPPOSITE MESS HALL」となり、地元産食材を使用し大胆な料理を生み出すスタイルで人気あるジェスさんがチームに参加。バンコクは新しいレストランが次から次へとオープンし、とても把握しきれんが楽しみ。その前に自分の料理の腕磨きんよ、とも思うのだが。

現在誕生日プレゼントで貰ったワイヤレススピーカーで「ウォールフラワー」のサウンドトラック大音量鑑賞中。この映画は多分個人的2012年トップ10映画リストに入れると思う。サントラもTHE SMITH、デビッド・ボウイ、おニック・ユースなど気持ち良い。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2013-03-11 20:09 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

家族の来タイでバンコクやアユタヤを観光客として楽しめました。皆大好き!

母、妹は何度かタイに遊びに来てくれているが、今回のうちらの結婚式のための来タイは父親にとっては30年以上振りの海外旅行となり、姉にとっては10年以上振りの海外旅行、しかも夫と大きくなった娘3人を置いての初の単独旅行となった。親兄弟が定期的にタイに遊びに来ている友人を見てはとても羨ましかった。やっと私の番。

不安も沢山あったけど、皆が楽しんでくれて安心でもあり、とても嬉しかった。食べ物の好みだってやりたいことだってそれぞれ違って当然。皆がある意味頑張って楽しい旅行となったと思う。チームワーク!

そして長年こっちに住んでる私にとっては当たり前になっていることが父や姉には新鮮で、色々話しているのを聞いては「ああ、そうか」とタイの面白さやおかしさを再発見。観光で訪れるのと住むのとでは全然違うし、良い所も悪い所も何処に住んでもあるとは言え、タイは良い所、と再確認できました。

ビールに氷。プラスチックバケツ。シンハービール。ナイス。
f0044063_18103249.jpg

夜遊び後午前2時過ぎから明け方まで世話になることもあるトンロー駅近くのポチャナー。安い、早い、美味い。
f0044063_18115215.jpg

屋台通りスクンビット・ソイ38。ここのマンゴーと餅米の人気店の女性はミニクーパーに乗っていると聞いたことがある。本当?
f0044063_18143274.jpg

カオマンガイ(ゆで鶏ご飯)は量が少ないのでカロリーなど気にせず大盛り注文すべき。
f0044063_18242062.jpg

車チャーターしてアユタヤ日帰り旅行。個人的にはワット・ヤイ・チャイ・モンコンが好き。
f0044063_1817142.jpg

なぜドラえもんが祀られてるんだ?
f0044063_18181182.jpg

f0044063_18214142.jpg

川の魚チェックと餌やりを楽しむ父様と寄り添う母様 ♥
f0044063_18202596.jpg

ワット・プラ・マハタート
f0044063_18254225.jpg

アユタヤと言えばでっかい川海老。川沿いレストラン「PAE KRUNG KAO」にて昼食。
f0044063_18284775.jpg

チャオ・サン・プラヤ国立博物館にて。タイは原色が映えます。
f0044063_18303354.jpg

結婚式前夜は親族食事会を創業40年以上という中華料理屋「SCALA」にて。サイアム・スクエア・ソイ1のスカラ映画館の下にあり、レトロな内装と映画館でおなじみの真っ黄色のジャケットの従業員の方々がたまりません。しかし親族食事会すると言ったものの、ちゃんと数を数えたら40人近くでびびった。スイス風に頬にキス3回ずつ1人一人して、挨拶して、で着席だけで30分以上かかった。日本ではあんまり食べれん北京ダック、楽しめた?
f0044063_1839883.jpg

タイ旅行最終日はタクシン橋からチャオプラヤークルーズ。すっごい飛ばす船長さんでド怖かった。
f0044063_18414382.jpg

途中で寄った水上マーケット。
f0044063_18432521.jpg

パン投げると恐ろしい程魚が集まって来ます。なかなかの光景。
f0044063_1848261.jpg

家族帰国後はちょっとした達成感。また遊びに来てくださいね。日本にいる友も遊びにおいで〜ん。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2013-03-08 18:58 | | Trackback | Comments(0)

怒濤の結婚式、楽しかった!すべての人に感謝感謝感謝 @BANGKOK TREE HOUSE

想像していた結婚式前の花嫁スパパッケージ、ネイル、ワックス、冗談じゃない。バッタバタと迎えた2月23日(土)、BANGKOK TREE HOUSEにて結婚式。朝日が昇るまで宴は続きました。目のくまが目立つやつれ顔。まおちゃんのお陰で化けることができました。まおちゃん最高。

DJ: DJ MAFT SAI (ZUDRANGMA RECORDS) / DJ MASA NIWAYAMA (GIANT SWING/ZUDRANGMA RECORDS) / DJ SHUNCOBA (VACANCY) / DJ MIZUYO / HIBIYA LINE (OPTIMIST CLUB) / DJ BOOGIE G
サウンドシステム: HIROSHI-MAN
ケータリング: WHITE CAFE
オーガナイズ:KEYSTONE STUDIO CO., LTD.
司会: CARLO / ゆきちゃん (MUZINA/.COM) / ゆりあちゃん
ウェディングドレス: TIMMY (HEIDI'S SECRET)
靴: MUZINA
髪アレンジ&メイク: まおちゃん (ZAN)

ハートマークやらピンクやら新郎新婦の名前を入れたボードやら、タイでよく見られる甘ったるいデコレーションはやめてほしいとお願いしたものの、当日会場行くまでどうなるのか分からない。そしたら白、緑を基調にすっきりかつ華やか。照明も格好良い。

会場作り、パーティー演出に関わってくださった方々、そしてわざわざ忙しい中、私達の結婚式に参加してくださった皆様、本当に本当に本当にありがとうございました。風雲たけし城的桟橋、人によっては怖かったかも知れない船、引き潮のため船が出ずバイクで桟橋まで行かなければならなかった時間帯等、申しわけありませんでした。

酔いのせいもありあまりの空腹に皆で「ビッグマックが食べたい」、「鶏南蛮が食べたい」、と話し続けていたら夜が明けた。主賓は忙しくて料理が一切食べられなかった。

式の準備は早めにしよう!

皆様本当にありがとうございました。ふつつか者ですが、今後とも宜しくお願い申し上げます!ちゅっちゅ。

f0044063_0293339.jpg

f0044063_0332845.jpg

f0044063_03015.jpg

f0044063_034431.jpg

f0044063_0342768.jpg

f0044063_034452.jpg

f0044063_125076.jpg

特別ゲストはスーパースタースケーターSEAN MALTO、MARK SUCIU、SEBO WALKER!スケーターの子達はキャーキャー言ってました。
f0044063_0372829.jpg

80過ぎたSIのお婆ちゃんまでもがはるばるスイスから来てくれました。感涙。稲沢のアーちゃんも元気だったら絶対に来てくれた。
f0044063_0422496.jpg

f0044063_0434610.jpg

f0044063_0441093.jpg

数年したら「女」に化ける、美しいSIの中学生の妹達。受付ありがとう。
f0044063_046650.jpg

f0044063_0471621.jpg

f0044063_0473533.jpg

f0044063_0475986.jpg

f0044063_0491519.jpg

この日のために密かに日本語授業を受け、日本語スピーチを用意していたSIパパ(ニックネーム「ブルース・ウィルス」)。感激でした。
f0044063_142021.jpg

f0044063_143888.jpg

父様、式が遅れてごめんなさい。タイです!腕を組んで歩けてとっても嬉しかった。
f0044063_0495032.jpg

f0044063_155344.jpg

f0044063_162276.jpg

司会の原稿を書きながら式の前日感情高ぶり1人で泣いていたというカルロ君。男の友情。
f0044063_0511149.jpg

f0044063_0521228.jpg

f0044063_052328.jpg

f0044063_0525381.jpg

f0044063_0531448.jpg

既に切ってあったケーキを本物の刀でぐっさり行きました。気分は「キル・ビル」のオーレン石井。
f0044063_0542836.jpg

f0044063_0591085.jpg

f0044063_0593762.jpg

f0044063_1181.jpg

最初から最後までダンスフロアを盛り上げていたのはSIパパを筆頭に親族の方々。日本人も50代、60代になっても踊ろう!
f0044063_18658.jpg

f0044063_19534.jpg

f0044063_1103621.jpg

朝までお疲れ様でした。
f0044063_1111299.jpg

f0044063_15594910.jpg

f0044063_1683393.jpg

f0044063_169065.jpg

f0044063_1692332.jpg

f0044063_1694140.jpg

SIママは常にスイスアーミーナイフを持ち歩いているそうだ。さすがスイス人!!
f0044063_16103411.jpg

こうやって写真を見ていると、これがつい土曜日のことだったことが嘘みたい。海外から来てくれた親族や友人は一部を残して大半の方は帰国。昨日は大学時代からの心の友Kもフランスに帰ってしまった。今晩はひさーしぶりに家に1人。アパートも私もポカーンと脱力中。日常生活に戻るのに時間が少々かかりそうです。寂しいな。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2013-03-02 01:18 | タイで結婚 | Trackback | Comments(20)