クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

<   2013年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

RIPCURLパーティー&絵画展「UNCENSORED」@NUMTHONG GALLERY

土曜日はRIPCURLサマーカーニバルということで、FLOW HOUSEへ。BBQ、ウェイクボード/スケボーコンテスト、DJ、ストリートファッションブランドによるフリーマーケットと盛り沢山。スケボーコンテストで忙しいSIにほとんど相手にしてもらえなかったので、Pと午後暑い中、人間観察しながらビール堪能。4本分まとめてバケツでお買い上げ。週末午後屋外晴天麦酒美味!
f0044063_23281262.jpg

でも酒が効き過ぎて夕方1度帰宅。夜S君の電話で目が覚めて家から歩いて2分のNUMTHONG GALLERYへ。PREDUCE専属アーティストでもあり、ストリートアート等で活躍するTRKことトゥンも参加している展示会「UNCENSORED」のオープニングレセプションに出掛けた。彼は今回友人の顔を描いたのだが、この人のフィルタにかかると、怖い。
鼻やらしわがそっくりなSIの顔。トゥンとSIと(ビール君と)記念撮影。
f0044063_23425100.jpg

タオは、稲中としか思えない。
f0044063_23432196.jpg

その後我が家で軽く宴会となったのだけど、トゥンはストリート系ではなく、今回「正当派」の画家達と初めて絵画展に挑み、前からとても緊張していたそう。オープニングの朝は眠りが浅くて飛び起きてしまうし、友達が皆リップカールのパーティーに行ってしまって自分の展示会に誰も来てくれなかったら、と不安で一杯だったそうだ。いかつい外観とは裏腹にとても丁寧で優しく、でもダークで男らしい彼。好きだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2013-04-30 23:53 | アート | Trackback | Comments(0)

THE CONTINENTAL HOTELで朝食&MUZINA

先日MUZINAゆきちゃんと朝食デートした。なかなかゆっくりと2人で話せることがなかなかないので、仕事始まる前にアソーク駅から数分の「THE CONTINENTAL HOTEL BANGKOK」35階にある「MEDINII」の朝食ビュッフェ(税サ込B350)へ。

そこまでメニューが多い訳ではないけれど、普段なかなか会えない友人と美味しいコーヒー飲んで、下界にて繰り広げられるアソーク交差点の気持ち悪い朝の渋滞風景をちらちら見て「ふふん」と優雅な時間を過ごせることにこそ価値あり。大満足。

その後MUZINAでクッションカバー4枚購入。ダークグレイのソファには鮮やかな色で華やかさを加えなくては。
f0044063_1553671.jpg

前日は月1D'N'Bパーティー「PHATFUNK」のDJ AZEKの誕生日会。METALHEADZのDJ SABREが「今イギリスよりベースシーンが熱いのはロシアだ」と。ロシア?!と驚いた。

「アイアンマン3」と言えば間もなくタイでも上映が始まる。うちらも楽しみにしている訳だが、昨晩は「アイアンマン3」のタイ版予告編を見てSIと2人でずっと笑っていた。真剣なここまでふざけた予告編を作り上げ、タイ好き、と思った。今月25日に投稿されてすでにヒット数は30万に近付きつつあります。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2013-04-27 15:16 | 買い物 | Trackback | Comments(2)

居酒屋「兄貴」

昨晩は日頃仕事でお世話になっている日本人男性2名と飲みに行った。仕事外の人との出会いが少なくて悩む社会人のが多いと思う。私は逆に仕事で関わっている人のほとんどとオンラインでのやりとりのみで、直接会ったことがない人ばかり。出掛けるのは友達とのみ。なので昨晩は貴重な機会でした。

1軒目。生サッポロビールを飲むため、去年末できたトンローの居酒屋「兄貴」。
「兄貴の稲荷」(3切れお願いしたつもりが3皿分来てしまった)
f0044063_18271424.jpg

兄貴の稲荷・・・。食べたら歯の間に太い毛が引っ掛かりそう、とくだらない冗談で先日盛り上がってしまったので、あえて頼んだ。何と言う大胆なネーミング。

その後BREW BEERS & CIDERSNESTBASHと夜中まで梯子。

NESTのカクテル「サイアム・サンライズ」。「タイの国家カクテル」と言うことで、ウォッカ、ココナッツリカー、生姜、コブミカンの葉、レモングラス、ライム、ソーダ入りで、でっかい唐辛子が刺さっていて可愛い。が、一部で評判悪かった。
f0044063_1835143.jpg

必死で寝る準備するのに化粧落としシートと思って顔拭き始めたら便座除菌シートを間違えて使っとることに気付いてびっくりするし、朝起きたら財布ほとんど金残ってないし、やれやれだけど楽しかった。

+++++++++++++++++++++++++++++

ミシマパンのうずまきパン、竹本家では子供の時から「くるくるパン」と呼んでいる。異国で味わう蒲郡の味。贅沢。幸せ。
f0044063_18474182.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2013-04-19 18:49 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(3)

ソンクランはホアヒンでのんびり

今月初旬日本に帰国して休みを既にもらってしまったため、今年のソンクラン休みは短め。3泊だけビーチリゾートのホアヒンへ。毎日毎日リハビリと仕事でお疲れのSIが選んだホテルは「JAIDEE RESORT」。ホテルは海からは遠く、毎日11時に出発する無料シャトルバスで海に行くか、バイクをレンタルするべき。午後4時に市内からホテルに戻るシャトルバスがあるんだけど、自力で市の中心からタクシーや乗り合いバスで戻ろうとすると200バーツ以上!ソンクランに入ったら運転手が皆強気で、350とか400バーツ。そこまでの距離では全然ないのに。バンコクの戦勝記念塔からホアヒンへ行くロットゥー(ミニバス)が所要時間約3時間で180バーツなの考えると馬鹿らしい、が、仕方ない。
f0044063_20101921.jpg

ジャイディー・リゾートは海が遠いとは言え、AGODAでもトリップアドバイザーでも評価が非常に高い。まず、とにかく静かに過ごしたい人にはうってつけ。周りには豪邸が数軒あるだけで、あとは本当に何もない。
こんな感じ。ホテルの隣は数年後完成するらしい集合住宅地予定地と空き地。
f0044063_2014475.jpg

ホテルのレストランと池の向こうはやっぱり草ボーボーの空き地。ホアヒンに来る道中も道路の両側はひたすら不動産の広告だらけ。開発の勢いに圧倒される。ここも数年後は家だらけになるんだろうか。
f0044063_20152383.jpg

もう1つこのホテルの評価の高い理由はサービス。経営者であるオランダ人夫婦と娘さんが自らレストランで給仕したり、掃除、シャトルバスの運転までし、フレンドリーでとても個人的なサービスを提供してくれるのですごくアットホームなのだ。

毎日ものすごい勢いで投げるものは何でも食べる魚に餌あげながら朝食を食べ、あひるを眺め、さらに池の向こうにいるヤギや時々現れるうさぎを観察し、
f0044063_21421270.jpg

曇り空が多かったけど、海でビール飲んで、本読んで、うとうとして、水遊びして、
f0044063_214977.jpg

食べ物注文すると寄って来る犬をおちょくって
f0044063_21474680.jpg

毎晩部屋で飲んで映画観て沢山寝た。
f0044063_2150577.jpg

土曜日からホアヒンの街もソンクランで大騒ぎ。無礼講の水掛けも、ドンドコソンクラン音楽も、その気がないとひたすらうっとうしく、腹が立つ。胃が痛いのに他の店が開いてなくて仕方なくステーキ屋に入り、せめてサラダを食べたいのにステーキを無理矢理食べさせられる感じ。
f0044063_21562352.jpg

腹立てても仕方ないと分かってはいても、今年は関わりたくない気分だった。
f0044063_225249.jpg

「ひたすらのんびりする」がテーマだった今回の旅行。のんびりできて良かった良かった。
f0044063_2215573.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2013-04-15 22:08 | | Trackback | Comments(0)

くそ暑いバンコクにいると日本にいたのが嘘みたい

バンコク暑い。本当に先週こたつに入ったり肌寒くて長袖重ねて着ていた春の日本滞在が遠い昔のよう。

今回は蒲郡と稲沢以外どこにも行かんかったが、帰れただけで大満足。

回転寿司のタッチパネルが4言語対応で驚き、個人的に頼んだ品は超特急の電車で運ばれる光景に驚き、今回で私も父も回転寿司のシステムに慣れて少々鼻高々(今更だが)。
f0044063_19441429.jpg

新興宗教のような響きを持つ「ちくわ共和国」。店員はぽにょぽにょちくわが動く帽子を被っているらしい。見たい。
f0044063_1945146.jpg

ドルフィンから眺める三河湾。
f0044063_19461629.jpg

やっと晴れた日にとよおか湖公園で。母、姉と歩いて行き、父の作った味付けご飯のお握りを1つずつ。小確幸。
f0044063_19472363.jpg

日本の苺は柔らかい!美味い!大きい!
f0044063_19484111.jpg

或る日の朝食。立派なまぐろにふぐの刺身に秋刀魚にもう最高。
f0044063_1950468.jpg

結婚祝い+アーちゃん追悼+3月誕生日祝い(4人)+私さよなら家族晩餐会。
f0044063_19511661.jpg

日本最後の朝食。
f0044063_19514457.jpg

次はいつ帰れるかや。「我が家に勝るところなし」。でも結婚したし、「我が家」=「自分が夫と住む場所」と思わんといかんのだけど、どうしてもなあ。

世間はソンクランで日本帰国シーズン。うちらは今回は近場で明日から3泊海行ってくる。テーマは「とにかくビール飲んでのんびりする」だそうだ。脱バンコク。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2013-04-10 19:55 | 日本 | Trackback | Comments(0)

中央公園でお花見

月曜日は蒲郡市の中央公園へお花見へ。お花見と言っても道中スーパーでお菓子や飲み物買って行った簡単なものだけど。それでもすっごく楽しかった。お姉ちゃん、ありがとう。
f0044063_13483893.jpg

上に登るとスーパー「フィール」がよく見えた。まあ、良い景色。
f0044063_13505817.jpg

少々贅沢にヱビスビール!
f0044063_13544250.jpg

緑パワーをもらった。
f0044063_13562823.jpg

春は綺麗。
f0044063_13554059.jpg

この時期は屋内にいるのがもったいない。かと言って雨が降ったり強風で桜は無情にも散ってしまう。このはかなさがまた桜の良いところなのかも。
f0044063_13575550.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2013-04-07 14:01 | 日本 | Trackback | Comments(2)

桜満開

祖母が亡くなり、金曜日急遽帰国。「桜の頃までもつかな」と言われていたら、桜満開の時期に逝ってしまった。タイ生活が長く、いつか桜の時期に日本に帰ってみたいとは毎年思いながら実現できず、こんな形で恋焦がれていた春を体験することになるとは。これも花が大好きだった祖母からの贈り物のような気がしてならない。叔父は「花咲か婆さんだな。」と笑って言った。

お葬式が始まる前に会場近くの五条川へ姉、妹、従妹と散歩した。
f0044063_244264.jpg

道中、レンゲやつくしも春を感じさせてくれ、悲しい時間ではありながらも嬉しかった。
f0044063_2485338.jpg

f0044063_2491172.jpg

小さいとき、稲沢に泊まりに行くのがすごく好きだった。煮干しの出汁がしっかり効いた味噌汁、鮭、最後に残るどろっとした白身が嫌だったけど好きだった卵ご飯などの朝ご飯。近所の喫茶店に連れて行ってもらったこと。いつもお年玉はアーちゃん(祖母)が1番多かったこと。空港がセントレアに移動する前は名古屋空港が家から近く、日本を離れる私にいつもおにぎりやら色々持たせて叔父と見送りに来てくれたこと。お洒落で明るい色が好きで、ファッションチェックがなかなか厳しかった。酢れんこん。うり漬け。お赤飯。おはぎ。梅干し。いっぱいいっぱい愛情を注いでくれた。

アーちゃんの小さな姉が、沢山の花に囲まれたアーちゃんに最後のお別れをするとき、「みっちゃん、みっちゃん、目開けて。目開けて。」と話しかけてアーちゃんのまぶたを触っていた。
f0044063_3303146.jpg

10年前父側の祖母が亡くなったときも当然悲しかった。でも今回アーちゃんの死は、もっと深く刺さるような気がする。20代より30代になって年を重ねた分、身近な人の病気や老い、死がより現実として感じられるようになったからだと思う。まだ若いけど。疲れていたのに昨晩は布団に入ってもしばらく眠れなかった。母、叔父が母親を見送ったという事実。どれだけ自分にとって大切な人でも必ず老いて死ぬ。当然のことなんだけど、私の両親もいつかいなくなってしまうし、生きてきた年月よりも残された年月のが少ない。今は当たり前のように戻って来れる生まれ育った家がいつかはなくなり、帰国しても「帰る場所」がいずれかはなくなってしまうという高い可能性。スイス人のSIと結婚してタイに住み、年をとって日本で死にたいともしも思ったとしても多分無理であろう現実。SIが先に死んじゃったらどうしよう。グルグルグルグル色々なことを考えとったら不安と怖さでいっぱいになって泣けてしまった。

アーちゃんのモットー:「しっかり働きしっかり遊ぶ」

しっかりしんといかん。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2013-04-02 03:59 | 日本 | Trackback | Comments(2)