クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

エチオピア料理「ETHIOPIAN RESTAURANT」

昨晩は前から行きたかったスクンビット・ソイ3の「ETHIOPIAN RESTAURANT(エチオピアン・レストラン)」という名前のエチオピア料理店へ。ソイ3左側をまっすぐ100M位行くとラスタカラーが目立つ看板が道端にあってすぐ分かります。

「MIXED ULTIMATE PLATE(究極のミックスプレート)」食べたかったけど、2人だと多過ぎると言われ、ベジタリアンとラムのミックスプレートを。ドカーンと出てきました。
f0044063_13482691.jpg

スプーンもフォークも出されず、選択肢なしで手で食べる。美味しい。人生2度目のエチオピア料理、初めて食べたのは3年前のパリ。もう3年も過ぎたのか。こうやって年取っていくんだな。

上の写真に小さく写っているかごの中はおしぼりじゃなくて、インジェラ。エチオピアの主食で酸味の効いたふわっとしたクレープみたい。灰色がかってて、ちょっと雑巾みたい。この網目状。よく見ると牛のハチノスみたいでずっと見ていると何となく「ううう」と少しなるのは私だけではないと思う。
f0044063_1354451.jpg


ナナ駅からソイ3へはひたすら狭い道に露店が並んでいて、アフリカ・中東系の人達ばかりで、この店も昨晩客はのんびりとシーシャ吸うアフリカ人男性しかおらず、自分がどこにいるのか分からなくなる。楽しい。道中は皆歩くのが遅くて発狂しそうになるが。

昨日はエチオピアン・コーヒーを入れる人が不在で飲めず残念。B1,000でコーヒーセレモニーを行ってくれるそう。今度は大人数で行って究極ミックスプレート食べてコーヒーセレモニー見たい。

ラム&ベジタリアンミックスプレート2人前とビール小瓶4本でB1,000。悪くない。多国籍バンコク万歳。

+++++++++++++++++++++++

水木プロダクションのツイッター、ほっこりします。https://twitter.com/mizukipro

最近衝撃を受けた絵(「SUMALLY」より)。心身震える。
f0044063_14103069.jpg


こんな天気が良い土曜日。仕事したくない病深刻。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2013-06-29 14:11 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

最近のまとめ。

それなりに忙しいながらちょこちょこ出掛けている今日この頃。がっとまとめ。

最近行く頻度が高い「GREASE」。これは先月末UB RADIOのイベントで屋上でジャズまったりクッションに座って聞いて飲んでたとき。こんな住宅街にボーンとクラブ作って、日本だとありえんだろうな。がんがんボトルや料理を注文する裕福層タイ人にSIと「おおお」となった夜。経済格差。
f0044063_19504825.jpg

20日、ハウス中心と思ってあんまり期待せずに、でも楽しみで行ったKENNY DOPE。前座が思いっきりハウスだったけど、ケニーはがっつり90年代ヒップホップとファンクを約30分聴かせてくれた。8月末閉店までにあと何回BED SUPPERCLUBに行くことになるんだろう。
f0044063_19551456.jpg

でも最近一番楽しかったイベントは、15日にセントラルワールドの前の広場であったWAX TAILOR。タイ・フランス文化フェスの一貫で開催された無料コンサート。ジャジーなヒップホップに合わせたレトロなアニメ映像や、しっとり女性ボーカル、さらにはアメリカ人ラッパーまで。「イェイ、イェイ、プッチュアハンズインジエア〜」ばっか連発するしょぼMCじゃなくて、すごく、良かった。酒、煙草を片手に盛り上がる観客。短かったけどひさしぶりの屋外ヒップホップライブ。毎年思うけど、仏政府が文化行事にかける予算はすごい。尊敬。
しかもこのとき丁度タイ全国の美味しい屋台が何十と集まったイベントもやってて、タイ南部カオモックガイ(チキン乗せカレー風味ご飯)が激ウマだった。屋台万歳。
f0044063_2004013.jpg

先週金曜日はファーマーズマーケットでうさぎシチューが美味しかった。SIが食べたくなる母の料理の1つがうさぎのシチュー。ヨーロッパだ。私は何だろう。母の料理は何でも美味しいので特にこの料理!と挙げられん。
f0044063_20101860.jpg

昨日は買い物ついでにアリーを散歩。べとんべとん甘ったれ黒猫と遊んどったら猫さらいに変貌してしまいそうだった。
f0044063_2012114.jpg

TAKOOMEさんが親切に分けてくれたチェンマイ産有機栽培梅と、普段は恐ろしくて手を付けないタイ産ラム酒「サンソム」(昔もがくような二日酔いを体験したから)で作った梅酒。明日で3か月(写真は漬けたて)。匂いをかいでは1人でニヤニヤしとる。早く飲みたい。
f0044063_2028992.jpg

と言うことで竹本家の皆様、元気だよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2013-06-24 20:34 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

アリーに登場寿司屋「KAIZEN SUSHI & HIBACHI」

一昨日良いことがあったので、寿司を食べに行くことに。ソイ・アリーの入口にできたコンドミニアムの1階にオープンしたばかりの「KAIZEN SUSHI & HIBACHI」へ。

「改善」って?「火鉢」って?名前がどうも胡散臭くて何も期待せずに行ったら、23日までオープン記念で全メニュー30%割引なので待ち客がいる程の混み具合(23日以降もしばらくは20%割引)。

お坊さん呼んで儀式の際書いてもらったのか、こういうタイらしいところ好き。タイらしいと言えば、ちゃんとした寿司屋なのに靴脱いで椅子の上であぐらかいてる人や、屋台で買ってきたパンを皆で食後つついてたり、ゆるい。
f0044063_1215069.jpg

メニュー見たら、「火鉢」というのはステーキやら焼き物料理を指しているらしい。うちらは「寿司ラバーズ・プレミア」2人前B1,800。家具安っぽいし、なんだかなあと疑い深い態度でいたが、ネタ新鮮で美味しかった。寿司食べると幸せになる。マグロの濃い赤が美しい。
f0044063_12202273.jpg

このコンドミニアムの1階には寿司屋の他、現在CASA LAPINとパンケーキ屋が工事中。アリーに高層ビルやコンドミニアムが増えて雰囲気が壊れるのは嫌だが、カフェ歓迎。

もう「ホットケーキ」は昭和用語なのか?

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2013-06-20 12:28 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(4)

「甘い」MR. JONES' ORPHANAGE

日曜日。クレット島に行く予定→起きるのが遅過ぎて駄目。行ったことないパンが美味しそうなカフェに行こうということで「STOCKHOLM ESPRESSO BAR」→サンドイッチが日曜日午後というのにその日はなし。腹ぺこで倒れそうだったのでストックホルムバーの横の横の陳麻家で昼ご飯→イタリア産グラスワインがB59!CASA LAPIN→やっとらんかった。ROAST→外で順番待ちの人が沢山。とことごとくうまく行かずトンローをさまよい、結局仕方なしに内装もケーキも甘そうな「MR. JONES' ORPHANAGE」へ。

店に入って左は子どもが興奮しそうな様々なケーキのタワー、右側はメリーゴーランドやテディベアなどなど。男同士で入るには少々恥ずかしいかも知れん。しかしここもこの前のMAGGIE CHOO'Sに続き、ASHLEY氏プロデュースの「テディベア工場と焼き菓子」というコンセプトのカフェ。テディベア抱いて記念写真撮る女の子が多かった。
f0044063_2013151.jpg

ホーローの食器にお店のロゴが入ってて、レジ済ませるとオリジナルのチョコレートくれて、趣味がここは合わんが、さすが凝ってるなあと思いつつ大きなスコーンをかじる。
f0044063_2003410.jpg


夜はライアン・ゴスリング(好きダ!)、ブロッドリー・クーパー、エヴァ・メンデスの「THE PLACE BEYOND THE PINES(変な邦題:プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命)と、

エル・ファニングの「GINGER & ROSA(ジンジャーの朝 さよならわたしの愛した世界)」と2本立て。

周りを固める役者陣がすごく好き。そしてエル・ファニング、まだ15歳で彼女の演技が凄くて、最後30分は釘付け。ひさしぶりに涙がよう出てしまった。今朝また見たいシーンだけ見直して、また涙。最近彼女に惚れとる。

さらに映画中に使われるジャズが心地良い。サントラ検索したら、親切な人がリンク集を。ありがたいありがたい(こちら)。

が、両映画とも10代のお年頃の生意気さにイラッとし、SIと「10代は疲れるね」と映画鑑賞後なんだか疲れてしまった。10代は大変。しつこいけど、疲れる。今の自分が結局一番好きだと思う。大した人間じゃないが。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2013-06-17 20:26 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(2)

バーガーでかい。25 DEGREES

数日間取り憑かれたように毎日毎日「バーガー」とSIが言っとったので、日曜日は「25 DEGREES」へ。BTSチョンノンシー駅から徒歩可能な距離にある「PULLMAN BANGKOK HOTEL G」の1階にある、24時間営業のバーガーレストランで、LA店の姉妹店。「生」と「ウェールダン」の正確な温度差が25度で、そこからこの名前になったそうだ。
f0044063_15201238.jpg

ゴルゴンゾーラが効いたNUMBER ONEを選択。でかい。半分に切って手で食べるにも大変。向かいに座っていたお姉さんはナイフとフォークで分解して綺麗に食べていたが、そんなのバーガーじゃない。手ベチョベチョで一生懸命かじって食べた。初デートには向いてない店だ。恥じらいどころじゃない。

バーガーだけで330バーツ、カーリーフライ80バーツ、そいでドリンク頼むと1人500バーツ(約1,500円)越える。美味しくないと困る。

バーガーを完食できず、残した肉を持ってルンピニ公園まで散歩。公園におった妊娠野良猫にあげた。人間2人と黒猫1匹の生活に憧れながら、近所や街角で出会う猫を可愛がるうちらの生活は続く。

ちなみにプルマン・ホテルのロビーには変な力士やきのこの置物が置いてあって、何を目指しているのかよく分からない。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2013-06-13 15:33 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

ノスタルジック上海「MAGGIE CHOO'S」

先週末やっと「MAGGIE CHOO'S」へ。「THE IRON FAIRIES」、「FAT GUT'Z」、「MR. JONES' ORPHANAGE」、「CLOUDS」とトンローの人気店を手掛けるASHLEY SUTTON氏による最新プロジェクト。
f0044063_16562467.jpg

『1931年、日本軍の侵攻により故郷上海から逃げたキャバレーのオーナーの名前をとったバー/レストラン。

マギー・チューはバンコクに到着後間もなく、19世紀に作られた小さなタイ中華料理店を発見。シーロム通りから10メートル地下に押込められたその店では、本格的なタイ中華料理を提供していた。

或る日、東インド会社が1847年に建て、ビクトリア女王のため英国に送るスパイスや磁器を貯蔵していたものの放置されていたスペースの入口を、レストランの片隅に見つける。そこで上海での過去を蘇らせるべく、マギー・チューはそのスペースをキャバレーへと変貌させた。

今日、キャバレーが復活する・・・』

と店紹介にある通り、ホテル「NOVOTEL FENIX SILOM」の地下にあります(スラサック駅から徒歩可)。

妖艶なノスタルジック上海の雰囲気とジャズを楽しみに行ったものの、週末ということでかなり混み合ってて、ゆったりとした雰囲気ではなかった。音楽もこの夜はクラブ系でちょっと残念。友達との時間はとても楽しかったけど。
f0044063_16585364.jpg

ピアノにずっと座っている女性の他、バーの何か所かにブランコでユラユラしている女性や、
f0044063_1701158.jpg

バーカウンター上、天井との狭い空間に寝転がっている女性など、
f0044063_1704963.jpg

おかっぱ中華ドレスの女性らも店の一部。

もっとゆったりできるであろう平日の夜に改めて行きたいなと思った場所でした。独特の雰囲気、しかもバンコクでは珍しく地下にあるお店、嫌いじゃない。

翌日カオマンガイ屋で食べた、苦瓜としいたけとスペアリブのスープ。2日連続で飲んだ体に苦瓜の苦みが最高だった。
f0044063_1764878.jpg


++++++++++++++++++

ひさしぶりにぐっと来る日本のアニメ映画を昨晩観た。「アシュラ」。生きるとは、道徳とは、と生死の重さを考えさせられる内容。観賞後、重くのしかかって来た。が、SIは、「本当、日本のアニメって意味なくほぼ絶対に女性キャラの水浴びや入浴シーンがあるよね。」と。「そこ?」と思ったけど、でも言われればその通りかも知れん。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2013-06-10 17:16 | 夜遊び | Trackback | Comments(2)

バンコク・ファーマーズ・マーケット @K-VILLAGE

先月25日(土)はK-VILLAGEで開催された「バンコク・ファーマーズ・マーケット」へ。有機栽培商品が色々売っています。もっぱらうちらの目当てはパン。毎回まずCONKEY'S BAKERYのミートボールサンドをがっつき(一時開催停止となってしまったBO.LANでのマーケットではアメリカのクラフトビールも売ってたので、サンドイッチ&ビールが土曜日午前の至福だったのに残念。今回クラフトビールは売ってなかった)、バンコクではなかなか手に入らない美味しい美味しいバゲットを購入。
f0044063_10203428.jpg

その後コーヒー飲んだり、有機栽培アボガド買って(これがトローンとすっごく美味しかった!)、ブラブラしてMAISON JEAN PHILIPPEのパンも買って、幸せ。

次回は6月8日(土)スクンビット・ソイ15のホテル「FOUR POINTS BY SHERATON」8階で午前8時から。詳細や、前回のマーケットの写真などはBANGKOK FARMERS' MARKETのフェイスブックページでどうぞ。

マーケット見た後にWINE CONNECTIONの屋外席でワインをすすってたのだが、K-VILLAGEって本当に子どもと犬が沢山で驚いた。

++++++++++++++

3日前の新聞記事。父親の葬儀に参加するためバンコクからチョンブリに向かってランボルギーニを運転していたソムキアット氏。激しい雨の中、車が何度もスピンしてしまい、電柱と木に突っ込み、3400万バーツの車は大破損。

が、彼自身は無傷。ダイヤモンドで周囲を囲ったガルーダのお守りによって命を救われたと彼は信じている。

ガルーダは、タイの国章でもあり、仏教およびヒンドゥー教の神話に登場する神鳥・ガルダ(クルット)をモチーフとしている。タイ人はよく小さな仏像や有名なお坊さんのお守りを身に付けていますが、お守りが自身を助けてくれたと信じ、タイ人の信仰深さを表しているニュースに驚き。

そして、ランボルギーニ所有!3400万バーツ。今日のレートで1億1200万バーツ。ダイヤモンドをちりばめたお守り。どんだけ金持ちだ。GREASEで1番安いビールで200バーツ(660円)もして、皆で文句言ってたうちらは何て庶民なんだろう。でもタイは他の東南アジアの国に比べて酒高い!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2013-06-03 10:43 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(2)