クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
HALATION ORG...
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

DUBWAYでDJ VADIM @GREASE / スケートチェア

今ではベースミュージックのイベントはバンコクでも多いが、ここで誰よりもダブステップパーティーを始めたのはDJ DRAGON (HOMEBASS COMMUNICATIONS)だと思う。土曜日は随分とひさしぶりに彼のダブステップパーティー「DUBWAY」に。ゲストはDJ VADIM (NINJA TUNE)!ダブステップ全然好きじゃないSIもこの日はVADIMだから、と楽しみにしていた。

GREASEは最近屋上が拡大し、いい感じ。LCDバリバリのフロア「LSD」は天井が低く、時々外に出たくなるので、屋上が良い休憩場所になる(ついつい長居してしまうが)。VADIMも良かったけど、2時から始まったBOOGIE G (PREDUCE)が良かった! 淡々とDJする彼とMC SINAMON。ファンキー。VADIM終わっても人がさーーっと消えていくこともなく、久々に「ああ、クラブ!!」とすっごく楽しかった。
f0044063_19184857.jpg

最後はドラゴンのレゲエセット。「終わらんねえ、終わらんねえ」と終わったら4時。寝る頃には朝を知らせる爽やかな鳥の声が響いていた。
f0044063_19264332.jpg

翌日はミーティングがあり、暑い中朦朧と出掛けたら、1時間かけて現地着いてからキャンセルされたことを知る。すっごい悲しかった。行きも帰りも降りる駅間違えちゃうし、とほほな土曜日となった。

今日グーグルで「バンコク、クラブ」で検索していたら、「タイにクラブシーンなんかない」みたいな日本語記事があった。本当に特定の音楽が聞きたくてクラブに行く人は日本みたいに多くないけど、でも「クラブシーンなんかない」っていう言い方はひどいし、間違っとる。失礼な。

====================

本日SIがさささと組立てたのがこのスケートチェア。
f0044063_19454727.jpg

PREDUCEのプロスケーターのタオ君作。色、デッキサイズ指定できます。購入希望の方は、PREDUCEのお店(サイアムスクエア・ソイ1、ミスド横)でスタッフに尋ねるか、タオ君に直接問い合わせてください(タオのフェイスブックページはこちら。タイ語か英語対応)。それかこちらのブログにコメント残してください。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-03-30 19:52 | 夜遊び | Trackback | Comments(5)

選挙で禁酒と言えども酒飲める店はちゃんとあった。「MIKKELLER BAR」のビール美味い。

土曜日はBEERVANASWAYでのビールイベントに参加予定だった。が、金曜日まで「イベント開催可能」と関連当局から保証されていたのに、当日午後になって「やはり翌日選挙ということでアルコール販売禁止」と連絡が。選挙日にアルコール販売を禁止して、本当に投票率が上がったり、適切な判断ができるものだろうか。

でもエカマイ・ソイ10の「MIKKELLER BAR」は通常営業。デンマーク発クラフトビール「ミッケラー」の樽生30種の他、瓶ビール、他ブランドビール、軽い食事メニューもある一軒家。庭に生い茂る緑が素敵です。
f0044063_21202680.jpg

決して安くはないのだけれど、ワイングラスやパイントグラスでビールを楽しむタイ人と西洋人で賑わう店内を眺めながら、シンハーやらアサヒやら大手ブランドのお決まりビールではなく、余分にお金を出して色々な個性的なクラフトビールを飲もうという人達がいるんだなあ、と。カウンターで対応してくれた(多分)ピートさんが「日本人もちょこちょこ来店してくれるけど、もっと増えてほしいから宣伝してね」と言ってました。ミッケラーバーについては別のブログ『樽生クラフトビールが飲める「MIKKELLER BAR」』に書いたので読んでみてください。

その後お腹いっぱいだったので、エカマイ10からトンロー10の友達が主催していたパーティー「DESTROY THE DANCEFLOOR」へ。バーやレストラン、クラブが並ぶトンロー10は酒が売れんもんで閉店しているところが多く静まりかえっていたのに、ルーフトップにあるBANGKOK BAR INFINITYは音楽ガンガン、酒ガンガンで盛り上がっていた。なんで??で、PREDUCEのショップマネージャーのゴルフィーは、友達にもらったというバンコク生活にはなくてはならないVILLAスーパーマーケットの制服がすごく似合っていた。
f0044063_21205910.jpg

パーティーの写真ギャラリーはこちらをどうぞ。

サステナ」でチェンマイ産オーガニック梅を予約購入し、今年も梅酒を無事作ることができました。美味しくできるかやあ。3か月後が待ち遠しい。
f0044063_212673.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-03-27 21:31 | 夜遊び | Trackback | Comments(0)

しっかり週末遊んだ @MONGKOL RCA STUDIO & ブロックパーティー、クラフトビールのブログ始めました。

今週末はしっかり遊んだ。

土曜日は楽しみにしていた「SOUND LAB #1」 feat. ONRA & WAAJEED (PLATINUM PIED PIPERS!) 。会場は最近ライブやDJイベントが多いRCAのMONGKOL STUDIO。さすがカールスバーグがスポンサーということで、音響もビジュアルもしっかり金がかかっとる。

TUL (APARTMENT KHUNPA)とMC SINAMON (DUBWAY)
f0044063_1315768.jpg

ONRA!
f0044063_13152736.jpg

WAAJEED!!
f0044063_13154693.jpg

が、カールスバーグが主催ということで酒がカールスバーグしかなかったこと、サウンドシステムが最初すごく調子良かったのに途中から音量下がるし音が籠っていて欲求不満だったこと、そしてこれだけの面子なのに人が予想以上に少なかったことが残念だった。SOUND LABは今回が初。将来海外/国内トップアーティストを迎えてのシリーズとなるそうなので、今後の発展が楽しみです。

ワジードのファンキーなセット、最後の30分はデトロイト系DILLA!ってウルウルくるヒップホップ名曲の連続で感無量でありました。
f0044063_13252118.jpg


翌日は昼過ぎに起きて、ヘロヘロながら「ブロックパーティー」へ。スクンビット・ソイ51は小さなソイでありながら、WTFギャラリー&バー、美味しいレストラン「OPPOSITE」、レコード屋「ZUDRANGMA RECORDS」、その2階にあるビンテージ服屋「LOST & FOUND STORE」、静岡おでんが食べられる「和家」がギュッと集まるソイ。BEERVANAのクラフトビール、LA MONITAのメキシコ料理、SOUL FOOD MAHANAKORNのカオソイ風味バーガー、MAFT SAIのDJなど盛り沢山。1、2時間だけ軽くのつもりが6時間は居座ってしまった。

心臓が浮かぶソイ51。
f0044063_13232052.jpg

やっとお目にかかれたBAKIBAKIによる壁画。大好き。
f0044063_1330674.jpg

OPPOSITEのウサギ肉のフライ。美味。ビールに合う。
f0044063_1327587.jpg

色々な人に出会い、
f0044063_13372174.jpg

友と新しいワクワクするプロジェクトについて話し合ったり、充実週末だった。バンコク楽しい。

しかし酒飲んで回復するのに時間がかかるようになった。今更だけど、30代をふと感じる。

++++++++++++++++++++++

まだまだ不完全ですが、バンコクのクラフトビール情報を発信していくため、新しく「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」を始めました(「冷やし中華始めました」みたい)。クラフトビールイベントや、BEERVANAの取扱商品、市内でクラフトビールが飲めるお店などを紹介していきたいと思いますので、皆様の酒ライフを充実させるため、そちらも宜しくお願いいたします。記事1発目は明日木曜日、アリーの「SALT」で行なわれる静岡県クラフトビール「BAIRD BEER(ベアードビール)」お披露目パーティーについてです。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-03-19 14:07 | 夜遊び | Trackback | Comments(0)

ナコンパトムのparn DHEVI Riverside Resort & Spaでのんびり週末

去年のクリスマス、SIへのプレゼントが何も見つからず、結局「結婚記念日のお祝いで来年2月週末どっか行くことにして、行き先は私が決める」というプレゼントにした。で、「バンコクから車で1時間、ゆっくりと週末を過ごすのにぴったり」というのを読んでナコンパトムのparn DHEVI Riverside & Spaで1泊することにし、先週土、日で行って来た。

タクシーに乗ったものの前日の酒が残っていて途中爆睡。目が覚めたら1時間半は過ぎているのにまだ着いてない。「まだ着かん。どこまで行くの?」と空腹のSIはムッとしている。「大丈夫、もうすぐだに」と言いつつ、内心不安いっぱい。どこまで行くんだ、とド焦った。そしたら道に迷った運転手さん、10キロ以上遠くに来過ぎたようでUターン。2時間以上かかってparn DHEVI無事到着。560バーツ行ったけど、自分が道間違えたから、とまけてくれた。

大通りをタクシーで走っているときは普通のコンクリートの建物などが並び、どこにでもある風景。でも、1本横にそれたら、あっという間に「ああ、東南アジアの田舎!』という風景に。
f0044063_16311791.jpg

ワクワクしてくる。
f0044063_16335336.jpg

ラーンナー式の建物が15棟。門をくぐると、
f0044063_1636194.jpg

緑が茂る中、板の道があり、両側にそれぞれ独立したビラが。
f0044063_16364775.jpg

写真の左側が寝室。外に出て階段を登ると右側の建物がトイレ、シャワー、2人ゆったり入れる広めのお風呂がある棟。
f0044063_16392636.jpg

部屋は雰囲気良し。プライバシーのためカーテンを閉じると日中でも暗くなってしまうのが少々残念。
f0044063_16404623.jpg

ホテルの前をゆったりと流れるナコンチャイスリー川。
f0044063_16471150.jpg

到着時間が遅いし、とにかくお互い疲れてたので、午後はホテルにあるカフェ「RIVA FLOATING CAFE」で何時間も過ごした。まだオープンして3か月くらいというこのカフェ。人気があり、ずっと混んでいた。高級車で訪れる若い子や家族達。週末ドライブがてらにバンコクから来る人が多いそうだ。
f0044063_16485253.jpg

f0044063_16492297.jpg

ご飯食べて、ビール飲んで、本読んで、こういう時間に飢えていた。
f0044063_16521183.jpg

f0044063_16522956.jpg

都会の匂いがする客が集まるカフェの川向こうには、船を移動手段としている家がぽつん、ぽつんと建っている。不思議な対称。
f0044063_1654267.jpg

夜はホテルのタイ料理レストランを屋外席にて(蚊よけスプレー必須)。お風呂で持参したシャンパン飲みながらずっとお喋り。湯に浸かってない肩や背中を時々蚊に刺されるのがくやしかったが。

遠くから遅くまで楽しそうなモーラム宴会が聞こえてきたナコンパトムの夜。近所の犬10匹以上がホテル敷地を夜中楽しそうにパトロールしていて、サンダルを片方持って行かれたり(後で見つかった)、部屋で映画観たり。
f0044063_1731161.jpg

翌日は私は体調いまいちだし、SIはお疲れだし、ドンワイ水上マーケットにも行かず、汗だくになってホテルで借りたチャリで近所走ってビール休憩を楽しむ計画も実行せず、またカフェや部屋でのんびり。ちょっともったいなかったが、疲れた30代カップルなのでまあこれもあり。

帰りはバンコク市内で多少渋滞していたものの、1時間ちょっとで約400バーツで帰れた。行きは何だったんだ。

自家用車なんて、恐ろしいバンコクの渋滞や大気汚染に加担したくないし、ストレスの素になるだけと思いつつ、車があればこうやって週末近場に脱出もっとするんだろうな、とふと思った。緑に癒された週末でした。
f0044063_17103428.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-03-15 17:15 | | Trackback | Comments(0)

川向こうの独立系本屋&カフェ「CANDIDE BOOKS」

私の仕事が一段落したら、今度はSIがすごく忙しくて、今年に入ってから2人で過ごせる休日がなかった。が、やっとこの日曜日まともに1日お互い休めたので、前から行きたかった「CANDIDE BOOKS」へ。ギャラリー「THE SPACE」のすぐ近く。

チャオプラヤー川を渡ったところに最近オープンした独立系本屋。カフェを兼ねているので、読みたい本を持って行って(本屋ではタイ語の本しか売ってなくて、うちらタイ語読めん)のんびり午後過ごそうという計画。CANDIDE BOOKの詳細は、SOI MUSICの「バンコク独立系書店探訪記『Candide Books』」をお読みください。

船に乗るだけでワクワクする。ひさしぶり。所狭しと店が並ぶローカル市場を覗きながら、
f0044063_1534865.jpg

本屋がある一帯「THE JAM FACTORY」に到着。SIが以前コンバース/DUDESWEETのパーティーがここであったときに来てて、その時はまだ色々建設中で、会場の真横に労働者達が住む粗末なトタン小屋がずらっと並んでいたそう。日中暑い中肉体労働でヘトヘトで夜寝たいだろうに、ガンガン真横でパーティーされて、労働者達が怒っていたそう。人権もへったくれもないよな、と言っていた。

本屋。
f0044063_15392182.jpg

本屋自体はそれほど大きくなくタイ語のみ。
f0044063_15415232.jpg

村上春樹のタイ語版が結構置いてあった。東京、京都、沖縄、東北と言った日本旅行ガイドはどれも可愛い。タイの日本旅行熱を感じます。
f0044063_15413265.jpg

日曜日ということもあってかカフェは席がなかなか空かない。カフェはスクンビット・ソイ24の「LIBRARY CAFE」が出店している様。
f0044063_1643689.jpg

ひさしぶりに練乳たっぷり濃厚タイ風コーヒー (B85) 。音楽はボサノバじゃなくて良かった。気持ち良いジャズ。幸せ。
f0044063_15461465.jpg

くつろぎ過ぎ。
f0044063_1547511.jpg

夕方になって屋外席に移動。気持ち良い。が、蚊がすごいので蚊よけスプレーなしだと血をかなり失う。

同じ敷地内の話題のレストラン「THE NEVER ENDING SUMMER」に行きたかったけど45分待ちで断念。近所に住む友達に連絡したら「お洒落だけど別に大した美味しくない」とばっさり。でも行きたかった。代わりに船乗り場近くの川沿いローカルレストラン「ID SEAFOOD」へ。安い、早い、美味い。クンオップウンセン(海老と春雨の蒸し煮)は大きな海老がゴロゴロ。春雨一口でご飯半膳いける。
f0044063_15544113.jpg

SIが「海老の頭吸うの好きだら。海老の頭吸う風習ない外国人と結婚して良かったな」と全部くれた。トムヤムクンの分も合わせて1人で頭7、8個。意地になって全部しっかり吸った。何だかなあだった。美味しかったけど。

良い日曜日でありました。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-03-05 16:03 | アート | Trackback | Comments(2)