クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

スイス旅行 <1>南フランスの小さな村VIEUSSAN①

天気いまいちで寒いスイスに到着後3日目、青空と夏らしさを求めて南フランスへ出発。SIパパの車を借りて「VIEUSSAN」という人口200人程度らしい小さな村へ。SIの叔母が住んでいて、モンペリエからさらに1時間位の場所で、ワイン畑が広がり、川はカヤック愛好者で夏は賑わう。

数年振りの長距離ドライブということで、オレンジーナ・ルージュを飲みながら、何度も休憩して8時間以上かけてVIEUSSANへ。途中、1週間かけてバルセロナにヒッチハイクするというヒッチハイカーを乗せた。楽しそう、
f0044063_024355.jpg

南フランスに入ると、風景が変わる。植物も。この並木が「ああ、南フランス!」と実感させてくれた。
f0044063_0273266.jpg

この空の青さ。風景の美しさ。この村に滞在してたのが嘘みたい。
f0044063_05848100.jpg

f0044063_0591057.jpg

f0044063_103879.jpg

f0044063_0593376.jpg

f0044063_0595195.jpg

こじんまりとした村はどこを見ても絵になる。SIの叔母と彼女のパートナーは「人間お金がないと何でも自分でやるしかないのよ!」と笑いながら家のリフォームの話をしてくれたり、毎日畑や川に連れて行ってくれた。
f0044063_12485.jpg

少し運転すればスーパーがあってそこでは最低限の買い物しかせず、自分たちでパンを焼き、無農薬野菜を育て、自然に成るアーモンドをかじり、畑で採れたオリーブを絞ったオイルを愛用し、息子のジョゼフが季節労働で働いた葡萄畑のワインを飲み、村の誰かが作ったチーズや村の誰かが育てた羊のお肉やら、各素材が本当に美味しかった。贅沢。
f0044063_133563.jpg

こんなでかいズッキーニ初めて見た。
f0044063_151817.jpg

f0044063_16272.jpg

全部自分の家で採れたもの。本当に本当に美味しいサラダだった。
f0044063_19183.jpg

乾燥中のアーモンド。
f0044063_192054.jpg

SIが20年は会っていなかった従兄弟が家族で丁度来ていて、にぎやかな滞在だった。毎日こんな景色の中で朝ご飯。
f0044063_181961.jpg

葡萄の下で猫も幸せそうに丸くなっていつも寝ていた。
f0044063_110514.jpg

SIの叔母は2年前うちらの結婚式の際、丁度定年退職で3ヶ月東南アジアを息子と旅行した。そのときのスケッチを見せてくれたけど、こんな静かで穏やかな村と、物で溢れる喧噪のバンコクとのギャップって凄いよなあ。そして親子3ヶ月の旅ってとても羨ましい。
f0044063_1141691.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-09-29 01:17 | | Trackback | Comments(2)

好きなバー「SUGAR RAY YOU'VE JUST BEEN POISONED」

土曜日は噂の「DAISUKI YAKINIKU BAR & GRILL」で美味しい肉と魚介類を堪能後、「SUGAR RAY YOU'VE JUST BEEN POISONED」へ。エカマイ・ソイ21の「MOOSE」の近くにあるけど、看板が出てないので見つけにくいバー。外から見ると窓が照明で赤く染まり、しなびた売春宿のように見えんこともない。 シロップメーカー「SOCRATES」、洒落たフリマ「MADE BY LEGACY」関係者、「WHAT IF CAFE」関係者らによるそう。こじんまりとして、薄暗く、DJのセンスも良く、音が大き過ぎず、サービス良く、カクテルは本格的で美味しい(大体B300前後で安くはないけど)。店の名前が好き。居心地良い。

本当にここ?と思いつつ階段上がって行く。
f0044063_453457.jpg

この薄暗さがたまらん。バーテンダーの皆様カクテル作りに真剣。
f0044063_4545074.jpg

しかしバンコクは酒が高い。安く飲める場所も当然あるけど。ビキニ失言したり、学校で「12の価値」を子供に毎日言わせる前に、異常に高い酒税下げてくれんかや、タイ政府。

++++++++++

今晩はスリランカで買ったお茶っ葉で作ったミルクティーを飲んでいたらスリランカがとても恋しくなった。また行きたい。楽しかったなあ。あれから1年以上経っとるのに未だに写真整理未完了。こうやって時間がどんどん過ぎて行く。

(ジャフナでうちら外国人が珍しくて恥ずかしそうにしゃべりかけてきた子達)
f0044063_51155.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-09-19 05:14 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

ウィスキーと葉巻バー「WHISGARS」

先週スクンビット・ソイ23のイタリア料理レストラン「GIUSTO」と「WHISGERS」と同敷地内にクラフトビール専門バー「CRAFT」がオープンした。私が勤務するBEERVANA社のクラフトビールがほぼ全種類揃っている。
f0044063_20445347.jpg

が、CRAFTオープン前日は準備に追われ担当スタッフてんてこ舞い。私も午後現場に一緒に行ったが、暑い。休憩でエアコンを求めて「WHISGARS」へ。
f0044063_2027715.jpg

ウィスキーと葉巻のバー。広い店内に客は一人のみ。葉巻の良い匂い。外の暑さを忘れる薄暗さ。
f0044063_20271114.jpg

ビール会社を立ち上げ、ビールのために働き、自由時間があればビールを醸造し、ビールについて勉強しているが、シングルモルトやバーボンにも凝っているB。私はウィスキーは全然分からんもんで、Bが飲んで美味しかったというウィスキーの聖地アイラ島産「SMOKEHEAD ISLAY」注文(1杯B320)。説明には、「海苔、ピート、ハニー、トフィー、ヨード」と。分からない・・・。すごくスモーキーで美味しかったけど。ウィスキーもいつか勉強したいもんだ。

早い時間だったので、トランプひかせてくれる。はずれなしで、最高5割までの割引が当たる。
f0044063_203607.jpg

「WHISGARS」では最近時々週末にレコードナイトということでファンクやらソウルパーティーがあったり、良い感じ。プルンチットのメキシコ料理レストラン「LA MONITA」の2階にも支店あり。カフェでのんびりもいいけど、午後まだ客がほとんどおらん時間にウィスキーちびちびのんびりもいいなと思った。「竹鶴」も美味かった。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-09-13 20:43 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

スイス夏休暇終了・・。げっそり。

金曜日午後、3週間のスイスでの夏休暇を終えてタイ帰国。
f0044063_23133338.jpg

SIの出身地VEVEY(ヴェヴェイ)はスイスでもフランス語圏で、ジュネーブ空港から車で約1時間、中央ヨーロッパで2番目に大きいレマン湖畔にあり、あのモントルージャズフェスティバルで有名なモントルーのすぐ近く。海の様に大きな湖に沿って丘の傾斜には約30キロに渡り葡萄畑が広がり、このラヴォー地域全体がユネスコの世界遺産に登録されています。国内でほぼ消費してしまうスイス産ワイン。チャールズチャップリンが晩生を過ごし、悪名高い大企業ネスレの本社があり、本当に奇麗。湖に面した奇麗な家は世界中の金持ちが所有。ちぇ。
f0044063_231508.jpg

f0044063_2325447.jpg

f0044063_23264274.jpg

この夏は雨が多く気温も低く、これだけひどい夏は1962年以来、と誰かが言っていた。8月半ばに到着し、翌日朝の気温10度。曇り。くそ寒い。夏を求めるかの様にSIパパの車を借りて南フランスに行き、METHOD MANに酔いしれ、8月末は初イタリアのトスカーナ地方にも行き、旅の〆には大学時代の心の友がロンドンとパリから会いに来てくれた!
(チーズフォンデュ最後は残ったチーズをカリカリにして鍋から剥がして食べる!)
f0044063_2327106.jpg

f0044063_23274116.jpg

f0044063_23282819.jpg

ヴェヴェイは小さな町。町を歩いていると必ずと言っていいくらい知っている人に会う。SIに会いたい家族、親族、友達が多く、休暇というのにスケジュールが結構詰まっていて人疲れやっぱり今回もしてしまった。言葉が分からんってつらい。大人数のホームパーティーはただでさえかなり苦手なのだが、フランス語環境で余計に行くのが気が重かったり。楽しいけど精神的強さも求められるスイス旅行。ふう。
f0044063_23292180.jpg

帰る週、毎日晴天。人疲れして「帰り時だな」と思う自分と、真っ青な空、美味しい水、壮大な自然、美しい町並み、桃三昧の日々が名残惜しくてたまらない自分。飛行機に乗りどんどんスイスが離れて行くのがとても悲しかった。帰れば、休暇前にPCなくして仕事のデータさえ紛失してしまった現実に向き合わんといかんし。吐きそう。
f0044063_2333065.jpg

f0044063_23323215.jpg

滞在中にブログちょこちょこ書こうと思いつつ不可。明日から仕事で忙しくなると旅日記書けるかや。色々頑張る。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-09-07 23:34 | | Trackback | Comments(0)