クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

タイ帰国

日本2週間旅行。道中ちょこちょこブログ更新したり、ちゃんと写真整理しようと思っていたけど、やっぱり無理だった。休暇とは言え、毎日そう寝ず色々調べたり良きガイドになれるよう頑張りました。
f0044063_206096.jpg

東京→広島→京都→蒲郡→熱海→東京、と回っただけど、日本楽しい!清潔、何をするにも効率的、サービスの質が高い(丁寧過ぎて疲れることもあるけど、バンコク到着早々空港でタクシー乗るのに超態度悪いタクシーカウンター姉ちゃんにぼったくられることに比べたらへいちゃら)、空気がうまい、雑貨ど可愛い、行きたいイベントだらけ、家族にもっと頻繁に会える、などなど。かと言って日本でまず仕事がそう簡単に見つかるわけないし、朝から晩まで仕事仕事で年間休暇が少ない生活なんて嫌だし、悪いところだって当然沢山あるけれど、今回旅行して「日本に住んでみたいかも」と思った。

自分の意思でタイに来て今に至る訳だが、「東京住んでみたい気がする」と言ったSIと住む場所について結構話した。もちろんタイが好き。お互い出身国を愛し、自国に戻って暮らしたいと考えることもある。でも今の自分たちの基盤はしっかりとバンコクにあり、お互い30代後半。「スケボーしに色々な国にさっさと行けた身軽な時代が恋しいときもある。ここに自分の会社があるから身動きが取れないっていう感情が生まれることもある。でも過去の積み重ねでここにいて、ここでしかできんことも沢山あって、今の生活があって、他の場所行けば違う問題に悩まされるわけで、これが人生だ」と。

バンコクで会社を経営するスイス人のSI、日本ではとっくに住民票を抜いている日本人の私、うちらはずっとずっとタイに住むだろうけど、夫婦二人三脚どこで人生終えるのかや。

秋刀魚食べ忘れた。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-10-30 20:28 | ちょっとしたつぶやき | Trackback | Comments(2)

義母様60歳祝い日本2週間旅行<東京#1>

14日から2週間、SIママ60歳祝いで親子3人日本旅行に出発。まずは東京3泊。が、寝不足の日々が続きフラフラで到着したら、東京、(南国生活に慣れているうちらにとって)寒い!温度差や疲れで皆体調少々崩しながらも、そいでもしっかり東京満喫。

宿は浅草や上野が近い「行燈(あんどん)旅館」。部屋は小さいけれど、スタッフの女性が皆親切で可愛らしく、居心地が良い。スカイツリーが見える屋上で朝コーヒー飲んだり(人はなぜスカイツリーや高層ビルに登りたがるんだろうか?)、
f0044063_22562299.jpg

貸し切りで利用できる大きなジャグジーを満喫したり。
f0044063_230345.jpg

浅草までぶらぶら歩いて行く途中何となく寄ってみた「いろは会商店街」。「あしたのジョー」のふるさととして商店街の活性化を目指しているとのことで、ジョーがおってびっくり。
f0044063_2384975.jpg

浅草寺に暗くなってから来たのは初めて。綺麗。写真となると義務かのようにピースしまくりの日本人若者の様子に、日本初訪問の義母はびっくりしていた。「なんでピースなの?」と。知りません。
f0044063_2319039.jpg

f0044063_23192596.jpg

f0044063_23221691.jpg

お寺の後はホッピー通りで1杯ひっかけて宿に戻る。ひんやり空気が気持ちよい。

うちら日本人は当たり前と思っていても、実は全然当たり前じゃないことが色々ある。SIママ、まずは自動販売機やコンビニで温かい飲み物が買えることや、町の中に公共のゴミ箱がなかなか見つからないことに驚いていた。顔半分隠れるでっかいマスクをした人の多さ、そして日本が誇るハイテクトイレ「ウォシュレット」、特に音姫の存在にも。見ていて面白い。日本が余計に新鮮に感じられる。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-10-22 23:31 | | Trackback | Comments(0)

レモングラスマヨネーズ使った東南アジア風バーガー @PLA DIB

日曜日。いつものご近所「PLA DIB」へ。10年を迎える、バンコクのフュージョン料理先駆け的存在場所。

PLA DIBで今月から始まったバーガーシリーズ。自家製パンにレモングラスマヨネーズやココナッツミルクを使用した東南アジアなポークバーガー。あんまりレモングラスが効いてなかったし、やっぱりDANIEL THAIGERが1番と思ったが、悪くない。数日前スイスから到着したSIママがここが好きで、やっと3人で食事できて嬉しそうだったのが何より。美味しいご飯と貴重な家族での時間。午後から待ち受ける仕事で気が少々重かったが元気出た。

f0044063_01543.jpg

しかし親子とは不思議なもんだ。私が知るSIはとても冷静で穏やか。でもSIとSIママは再会すると数日以内に必ず1度は口論になる。二人とも人に使われるのは好きじゃなく仕事ではマネージャーレベルで、リーダー性が強い。だからお互い指示されるのは好きじゃない。そしてSIママは愛情たっぷり、感情豊かな人。大好きな息子に会うと牛乳が一気に沸騰して鍋から溢れだすように、時に愛情有り余って感情がブワーーーっと炸裂し、些細なことが引き金となって気付いたら口論が勃発しとる。私は部外者なので「おお、また始まった」とニヤニヤ見とるだけだけど。1度口論が起きるとママンとSIの関係が落ち着くので、この口論というのは儀式的意味合いを持つ。

SI曰く、たとえ30歳過ぎた大人となった今でも、ママンと二人でおると昔一緒に暮らしていた子供時代と同じような親子関係に戻ってしまうから、「既婚成人」という事実を立証する私(SIの嫁兼クッション的存在)と3人でいたほうが良いらしい。なんだそりゃ。祖母が生きていたとき、「あきちゃん(私の父)、あんたが好きなお菓子買って来たよ」と言う祖母に、「もうそれ飽きたって言ったじゃねーか」とぶっきらぼうに答えていた50過ぎの父。懐かしい。何歳になっても親にとって子は子なんだろうな。

で、昨日コーヒーメーカーの調子が悪くて皆で説明書見とっただけど、私が仕事に出掛けた後、やっぱりあとちょっとで親子喧嘩になりそうだったらしい、コーヒーメーカーの掃除の仕方が原因で。しょうもない。笑。日本旅行中絶対喧嘩になる。密かに楽しみだ。ひひ。

私はSI親子がフランス語母国語だもんで、「ママン(お母さん)」というフランス語を使うけど、時々日本人で「ママン」という言葉を使うウフフン可愛い系の人(女)を目にするとドン引きする。私の母は両親を「お父ちゃん」「お母ちゃん」と言う。好きだ。力強い。「ママン」人間は「アラサーちゃん」のゆるふわちゃんのように胡散臭い。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-10-13 00:52 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(4)

ヒンズー教の祭り@シーロム

先週土曜日初めてヒンズー教のお祭りに行った。バンコクではシーロム通りの通称「ワット・ケーク(インド寺)」周辺は夜大賑わい。毎年行きたいと思いつつ、事前に情報を把握できず、気付くと当日夜か、もう終わっとるパターン。プーケットの針ぐさぐさベジタリアン祭り、ダンサイのピーターコン祭りと並び「行きたいと思いつつ結局毎年行けとらん祭り」の1つだったけどやっと行った。一人でだけど。

BTSスラサック駅に到着したら、階段降りる前から異国情緒たっぷりな音楽がガンガン聞こえ、お香の匂いがしてきてワクワクした。サトーン通りはシーロム通りとつながるパン通りまで沢山の祭壇が並び、一部車線が歩行者天国となり、人、人、人、祭壇、祭壇、音楽、お香、椰子の実、花びら、彩色、彩色、屋台飯!こんなに贅沢に花を使えるのは流石タイ。

f0044063_20594876.jpg

f0044063_20593696.jpg

f0044063_217338.jpg

f0044063_2182356.jpg

f0044063_219374.jpg

f0044063_2193446.jpg

f0044063_2184416.jpg

f0044063_2195071.jpg

f0044063_21101677.jpg

サトーンの人ごみを抜けて比較的静かなパン通りを進むと、あった、ワット・ケーク。
f0044063_21105754.jpg

f0044063_21123025.jpg

で、サトーン以上に混むシーロム通りを見てびっくり。ただでさえ暑い国なのに人の熱で汗だくベトンベトン。
f0044063_211244100.jpg

体臭きつい人と密着数分。気分が悪くなってきて山車(?)に触ろうと押しまくってくる人たちに耐えつつしんどくなってきた。
f0044063_21154691.jpg

山車が通り過ぎて、さあ、とサトーンに戻って帰る。パン通りでご飯食べようと思ったけど熱気と体臭で空腹感が消えてしまった。残念(最近一人飯にちょっと慣れてきた。いまさら)。
f0044063_2118170.jpg

スラサック駅に戻るのがまた大変だった。サトーンでパレードが始まるため身動き不可。駅着いて上からパレードを平和に拝見。音楽隊に続きサリーを着た女性らが舞う。楽しい。その反対側はバンコクらしい大渋滞。こんなカオスが魅力的で世界中からタイ、バンコクに観光客はやって来るんだろうな。このカオスが時に疲れるだけど。
f0044063_21372827.jpg

スラサック駅の近くで配っていたやつ。好き。ありがとう。
f0044063_21383969.jpg

夏の休暇の写真も整理してなく、旅行ブログ1回しか書いとらんのに、来週火曜日から2週間日本旅行。何も準備しとらん。大丈夫かや。しかも台風だしさ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-10-11 22:36 | イベント | Trackback | Comments(2)