クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

そわそわしとります

今日は待ちに待ったBangkok 100 Rock Festival。
野外フェスは大学のときに行ったレゲエ・サンスプラッシュ以来なのだ。
しかもBig Mountain, Shineheadの頃。
・・来月とうとう30歳になる年月を感じる。
なので今朝からそわそわしてガンガン音楽鑑賞中。

DMGはマンチェスター人。お父さんはスコットランド人。
Ian Brown, Oasis→マンチェスター、
Franz Ferdinand→スコットランド
なので今日のロックフェスは英国北部人にとっちゃたまらんらしい。
会場で合流する友人もリバプール人を含め北部の人ばかり。
ロンドン出身の友達を誘ったら
「そんなnorthern monkeysのイベントなんか行かんもんね」
と冗談で言ってた。

英語は面白い。
ガイ・リッチーの名作"Lock, Stock and 2 Smoking Barrels"でも
スキンヘッドの怖いおじさん"Barry the Baptist"が
頭悪そうなリバプール人2人にアンティーク銃を盗むよう依頼した後
Barryはその2人のことを"northern monkeys"、
2人はBarryのことを"southern shandy drinker"
と悪態ついてるシーンがあった。
この映画は面白い表現が詰まってて本当に英語の勉強になった。
ちなみにシャンディーはビールとジンジャーエールを割った飲み物。旨い。

じゃ同じ北部のマンチェスターとリバプールは仲良いかと言ったら
そうでもない。サッカーでもリバプールVSマンU戦はすごい。
この前もOasisのノエル・ギャラガーのインタビュー見てて
「ビートルズのことをどう思いますか?」って質問に
"Scoucers(=リバプール人) are wankers"とニヤッと答えてた。

私は英国人のドライなユーモアがかなり好き。
理解するのに難しいけど。

と言うことで今日はnorthen ladsの音楽にはじけてくるのだ。

↓ビニー・ジョーンズと友達になりたい
f0044063_13485974.jpg
[PR]
# by miyachoTT | 2006-02-18 13:58 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

サッカーと政治は繋がっているらしい

昨晩はDMGとロイヤルスポーツクラブに行きました。
週末サッカーリーグとは別のリーグ戦に参加するためです。

昨日DMGは在タイ英国商工会議所チームに加わったものの、
このチームは週末リーグのオールスターチームみたいなもんで
元プロ選手や元プロチームマネージャーがいます。
たかが社会人サッカーチームなんて言ったら殴られそうです。

ロイヤルスポーツクラブと言えばラチャダムリ駅から見える
とてもエリートなスポーツクラブです。
ゴルフ、競馬等々確かに優雅でした。ピッチもなかなか綺麗。

そんなロイヤルスポーツクラブも昨日のリーグに参加している
サッカーチームを抱えていますが、かなり曲者らしいです。
ステイタスの高いスポーツクラブだけあって
政治家や上級警察官の息子、ボディーガード等権力絡みの選手が多いそう。
「おい、今の絶対イエローカードじゃん」っていう場合でも
彼らは余程の場合じゃない限りその場を逃げられるらしいです。
と言うのも、レフリーが試合後何かされたり、職を失うのが怖いので
とても公平な判断を下さない場合が大半なんだそう。
これはDMGの友人が商工会議所だけじゃなくて、
ほかのチームのメンバーからも聞いたコメントです。

で、DMGの友人も以前ロイヤルスポーツクラブとの対戦でタックルをした際、
「またやったら知り合いに頼んでお前なんか撃ってやるぞ」と
ボソっと言われたそうです。

本当に撃たれる訳ないけど、こ、怖い!

この国で権力者ともめることだけは避けたいです。
でも、スポーツの世界では皆平等なんじゃないんかい。

またパブに行くことになり、ふてくされ、帰宅後
お持ち帰りした屋台ラーメンを満喫しました。
30バーツ(90円)の至福。勿論大盛。
f0044063_13305521.jpg
[PR]
# by miyachoTT | 2006-02-17 13:36 | サッカー | Trackback | Comments(2)

Air Asiaは安いが燃料費が高いんだ

朝起きてボワーっといつものようにコーヒーを入れて
Bangkok Postをぱらぱらとめくっていたら、
一面真っ赤なページに驚かされました。
視覚的にだけじゃなくって内容も驚き。
格安航空会社Air Asiaの数限定超格安航空券販売広告でした。
f0044063_17281534.jpg

北はチェンライ、南はハットヤイ、クラビを含めて
片道99バーツから(約300円)。
国際線ではマカオ、プノンペンが199バーツ(約800円)から。

安いじゃん。

さっそくネットで色々調べました。
んで、マカオの一番安い組み合わせの場合、
行き: B199
帰り: B1,439
→合計B1,638(約4,900円)

が、燃料費、保険、税金等を加算すると、
行き: B199+650=849
帰り: B1,439+1,200=2,639
→合計B3,488(約10,450円)

片道199バーツから始まったのが
最終的には全込みで往復3,488バーツってのは
何だか結局あまり得した気分にならないんですけど。
そりゃ確かに安いけどさ。

「99バーツ」、「199バーツ」であり、
あえて「100バーツ」、「200バーツ」でないところに
朝っぱらから一消費者としての微妙な心理を
しっかりくすぐられてしまったのだけれど、
現実は所詮石油が激高な今日この頃。
せめて燃料費込の価格を提示したほうが
がっかり度が緩和されて良心的なんじゃないかなぁ。

で、どうしてAir Asiaの公式商品がサッカーの
マンチェスター・ユナイテッドなんでしょ(写真左下)。
2者のイメージが全く関連付けできません。
・・赤色同士?
こうやってアジア市場でチームグッズをガンガン売ろう、
っていうマーケティング戦略か。

寝ぼけ頭がしばらくAir AsiaとRed Devil(マンUのニックネーム)に
真っ赤にされてしまいました。
[PR]
# by miyachoTT | 2006-02-16 17:48 | Trackback | Comments(4)

Mad Professor & Tricksters @Q Bar

昨晩はDMGにバレンタインだからと特別に何もしてくれんでいいで
一緒にQ Barに行ってくれ、と嘆願しました。
平日にクラブに行ける友達なんてそういません。

そしてそして、「バレンタインは甘いラバーズ・レゲエ」っちゅうことで
昨晩のゲストDJはMad Professorでした。
SadeやMassive Attachの作品も手がけたことのある
ダブのベテランです。
さらにMCデゥオTrickstersが参加。
やはりMCが入ると盛り上がりが違います。

Mad Professorはヘネシーを飲みながら
大きな体を狭いブースで揺らしつつ、
「BBCでは流せない」セクシー系からボブ・マーリー、
最近の曲のリミックスでは50 CentからWhite Stripesまで、
途中少々ジャングルっぽい音まで混ぜちゃって、やられました。
f0044063_201264.jpg

Trickstersのお二人も限られたスペースの中で
踊ってMCして盛り上げてくれました。
f0044063_20123010.jpg

大学の卒業旅行はジャマイカに行き、
どこに行っても誰もがレゲエしてて感動しました。
またジャマイカに行きたくなった夜でした。
[PR]
# by miyachoTT | 2006-02-15 20:31 | 夜遊び | Trackback | Comments(2)

世間はバレンタインなのだ

街中どこも今日はひたすら薔薇を売ってます。
1年に1度、いつもより心を開いて大事な人に気持ちを伝える日、
っと言われても商業臭いのぅ。

好きな人にチョコレート渡すのにキャーキャー
言ってたのは高校1、2年までくらいか。
どうして「女→男」じゃないといけなくて、
どうしてチョコレートじゃないといけないのか。
変すぎる。

アホのようにひたすらクリスマスソングを流す12月の
日本も最悪。ってまあタイだって一緒だけど。
極力デパートに行くのを避ける時期です。

所詮うちらは西洋人じゃないし、
一体どれだけの人がバレンタインの由来を知ってんだろ?

でも気持ちをストレートに表現しない文化の私達にとったら
こういうイベントはある意味助っ人的役割を果たしてるんでしょうね。

ということで今日私とDMGは何も特別なことはしないらしい。
「僕は別にバレンタインじゃなくても毎日ロマンチックだからさ」
だって。ふーん。

          最近アソーク駅で電車待ってるとき飽きずに眺めてる
            タイの国旗とロナルジーニョ。いい感じ↓
f0044063_1539568.jpg

[PR]
# by miyachoTT | 2006-02-14 15:52 | Trackback | Comments(0)

Joey Boy & Toni Blackman @ Siam Square

昨日の夕方はサイアム・スクエアの野外で開催された
Toni Blackmanのヒップホップ・コンサートに行ってきました。

Toni Blackmanはアメリカの「ヒップホップ大使」として
現在アジアツアー中のアーティストです。
セックス、金、ギャングスタ、て言うんじゃなくて、
アーティストとしてヒップホップを通じて社会責任を問いかけ、
詩集も出版し、大学でヒップホップを非常勤講師として教えたりと
幅広く活動しています。

んで、コンサートですがタイでヒップホップの人気が出る以前から
ずっとヒップホップを続けているJoey Boyからスタート。
ぜーんぜんBlingじゃなく、アコースティック系でいい感じでした。

が、どうしてもでかい彼のサポート・ラッパーに目が行ってしまいました。
彼の名は"Fucking Hero"です。
↓暗闇に浮かぶ姿がたまりません
f0044063_1365746.jpg

メインのToniはかなり良かったです。
俗に言う「フィラデルフィア系」で、The RootsやJill Scott等の
ライブを思い出させるとても気持ちの良い音楽でした。
最後は出演者全員で歌って終了。かなり短時間で本当に残念。
タイでこういうヒップホップのコンサートを体験できて、Toniに感謝。

インドネシアで先月コンサートを行なったときは2000人集まったそうですが、
昨日は人が少なかったし、Joey Boyのパフォーマンスが終わったら
沢山の人が会場を去ってしまいました。
ステージの前は椅子が沢山用意してあるし。何なのさ。

さっさと帰る予定が皆で音楽を求めてBrown Sugar→Route66
→Prob Barと梯子。音楽的に全部はずれ。Brown Sugarは
あんまり早く行ってもバンドが演奏してません。しまった。
うんざりして上の階の水道管が割れて床がびしょびしょになった
我が家へ帰りました。やれやれ。

Joey Boy(左)、Toni(真ん中)、そしてFucking Hero(右)。
ヒゲがすごいや↓
f0044063_1336780.jpg
[PR]
# by miyachoTT | 2006-02-13 13:45 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

DUDE/SWEET @Speed、そして幼馴染は結婚した

昨晩はシーロム・ソイ4のSpeedへ。
Speedは普段はヒップホップだけど昨晩はDUDE/SWEETのパーティーでした。

DUDE/SWEETは2002年に元々タイの若い子達による友達との
楽しいパーティー、という小規模なところから始まったのが、
今じゃDUDE/SWEETと言えば毎月違う場所で行なわれ、
小洒落たタイ人が集まってインディーロック等で盛り上がる
バンコクの目玉パーティーの1つです。

今回のDJはバンドFutonのメンバー、Geneでした。
ちなみにFutonは日本でもデビューしてます。
去年は元Suedeのドラマーがメンバーに入って驚きました。
以前パブでDMGと飲んでたら、友達のおじさんが
「最近俺のアパートの近くにSuedeのドラマーが引っ越してきた。
今度パブに連れて来てやる。」と言い出し、皆が
「Suedeのドラマーがバンコクで何やってんだ。
おめー何言ってんだ。」と相手にしてなかったら、
本当にバンコクにいたんですね。

DUDE/SWEETの話に戻って、
音楽良かったけど、Speedの換気悪すぎ。
煙草吸ってないのにあまりの煙たさにさすが気分が悪くなって
3階に脱出。そしたらペントハウスじゃヒップホップとレゲエで
盛り上がってて、お、いいじゃんと思ったのもつかの間。
途中からセックスと銭についてしかラップしてないえげつない曲
ばーっかり流して、おまけに曲変えるときDJでも評論家でもない私でさえ
「おい、その持って行き方は強引すぎんじゃん!」と
つっこみたくなるほどひどく、最後はそんなんでもキャーキャー
腰ふってる人たちを腕組みしながら観察しつつ、
1時に閉店して、屋台のラーメン食べに行けるのを首長く待ってました。

バンコクのヒップホップイベントの質ってまだまだ低いと思います。
頑張って欲しいですね。

FUTONのGene氏↓
f0044063_16405876.jpg

そして幼馴染がとうとう結婚したことを妹から聞きました。
お隣の家に住んでた彼とはいつも一緒に遊んでて、
彼が家の屋根をそろそろ歩いてうちのベランダの方に来てお菓子貰ったり、
一緒に平日の夕方は「あさりちゃん」いつも見てたのに
年頃になってろくに口を聞かないようになり、
最近では日本に帰った時、夜中1階にいると表の砂利道を
彼が酔ってフラフラ歩いてる足音を聞いては
「○○君帰ってきたな」と考えるだけで、
顔を合わす機会が全くありませんでした。
お幸せにね。
[PR]
# by miyachoTT | 2006-02-12 16:58 | 夜遊び | Trackback | Comments(2)

またパブ行ってから、1st World Tatoo Arts Festival Thailand

DMGが友達と昼御飯食べに行こうと言うので喜んだら、
・・・またパブでした。ちゃぶ台倒すぞー!!

でも、①エアコン効いている②昼からおいしいビール飲める
③煙草が吸える④そいで食事もできる、という彼らの条件を
全てクリアできる場所となるとパブなんだよな。

バンコクに幾つかある英国パブでも料理が一番
おいしい(と思う)スクインビット・ソイ22と24の間の
Dublinerへ。
シンガポールでもDubliner行きましたよ(怒)。
DMG達は「これでもか!!」っていうすごい量の
アイリッシュ・ブレックファスト食べてました。
本当朝ごはんが好きな人たちだ。すげーや。

で、気をとり直してBec Tero Hallで昨日から開催されている
1st World Tatoo Arts Festivalへ。
スクインビット・ソイ5にお店を構えるタイでは有名な
Jimmy Wong氏が主催者の1人です。
思ったより小規模でしたが、個性的な人がやはり
沢山いました。こんな人とか↓
f0044063_1941980.jpg
遠近感やぼかしの見事さに思わず見とれてしまいました。

幸運を願っての特別な神聖な手彫りをするタイ人の彫師がいました。
値段を聞いたら10センチ強の透かし彫りで2千バーツ(約6千円)。
とても渋いお兄さんがお腹に掘ってもらってました。痛そう。
↓よく見えないだろうけど、助手のお一人の全身刺青も立派なものです。
f0044063_1951819.jpg

そして日本の堀善。刺青は日本が世界に誇る文化です。
作品集を見て惚れ惚れしました↓
f0044063_200187.jpg

谷崎潤一郎の「刺青」と藤沢周の「刺青」を学生時代に何度も読んでは
ゾクゾクしたものです。マゾ気があるのかなぁ。ふふ。
会場はインクのいい匂いがしてました。
[PR]
# by miyachoTT | 2006-02-11 20:32 | イベント | Trackback | Comments(0)

小確幸

晩御飯をちゃんと食べても夜12時過ぎにお腹が空くことがある。
寝る3時間前は何も食べちゃいかんのを分かっていても
お腹が空くと気持ち悪い。そんなときはこれが一番好き(↓)
f0044063_248116.jpg

お昼にソムタム(青いパパイヤのサラダ)、ガイヤーン(焼き鳥)、
もち米の3点セットを買い、残ったもち米を夜中にまた食べる。
これが旨い。ほかほかのもち米が1袋5バーツ(約15円)なんて
素敵すぎる。

夜中に床に座って冷えた麦茶をすすり、もち米を一口ずつ丸めて
焼き鳥のタレやふりかけをつけたり、韓国海苔を巻いてもそもそ
食べながら本を読んだり、インターネットで遊んでる時間というのは
私の「小確幸」のひとつ。

「小確幸(しょうかっこう)」、すなわち「小さいけれど確実な幸せ」とは
村上春樹氏の言葉で、「いつか是非辞書に載せて欲しい」と
彼がエッセイの中で書いていたけど、私も賛成。
いい言葉。

皆の小確幸は何だ?
[PR]
# by miyachoTT | 2006-02-10 03:37 | Trackback | Comments(6)

ジャンキーな気分

今日は私もDMGもとても不健康なジャンクフードの気分だったので
昼ごはんはマクドナルドでした。
ビッグマックセットが89バーツ(約270円)。屋台のおいしい麺が
一杯その1/3の値段で食べられることを考えたら安くない。
でも時々ジャンク・フードがどうしても食べたくなったときは
どうしても食べんといかんのです。
あの健康派の村上春樹氏も、普段は野菜と豆腐ばかりでも
どうしてもビーフステーキが食べたくなったときは
どうしても食べると言ってますし。

こっちじゃマックは宅配サービスがあります。
独身男性にとったらとても有難いんでしょうね。

無性にジャンクな気分だった割に途中でさっさと飽きた。
炭酸の弱い甘ったるいコーラも殆ど飲まずに捨てた。
I'm lovin' it....10分だけ愛しました。

もう7年間食べてないTaco Bellが恋しい今日この頃。

ちなみにマックのキッズセットのおもちゃはポケモン。
ワンピースのキャラなら私も欲しいっす。
[PR]
# by miyachoTT | 2006-02-08 23:35 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)