クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
HALATION ORG...
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

HOLY ARTISAN BAKERYとALEX FACE個展「ALIVE」@BANGKOK CITYCITY GALLERY

選択を間違えて異常に時間がかかる仕事が続いとっただけど、日曜日の朝ついに完了、身軽。

ご機嫌で、まずは行ったことがなかった、去年スクンビット・ソイ31にオープンしたパン屋「HOLEY ARTISAN BAKERY」へ。カレー風味のヨーグルト和えチキンが入っとる、東洋と西洋の出会いというコロネーションチキンサンドイッチ (THB300)。SIには「レーズンが邪魔」とばっさり。柿の種とキャラメルコーンのピーナツは本当にいらんと思うけど、このエスニックカレーのレーズンは嫌いじゃない。
f0044063_19560636.jpg
で、やっと「BANGKOK CITYCITY GALLERY」へALEX FACEの個展「ALIVE」を見に行けた。アレックスといえば、現在は娘からインスピレーションを受けたといううつろな表情の3つ目のうさぎっ子「MARDI」のキャラで海外でも活躍しているタイ人アーティスト。ギャラリーのオーナーOP(オップ)曰く、これ程作品を目にした外国人に説明なしで認識されるタイ人アーティストはいない、「あ、このキャラ、アレックス」と。

先月から開催されている展示会とは言え、とても賑わっていた。作品と写真を撮りたい人たちがそこらじゅうにいて、気を使っていたら歩けない。

巨大MARDIのお尻は、すごく人気があるインスタグラム用写真スポットだそうだ。
f0044063_20071978.jpg
MARDIの招き猫バージョンが売っていてすごく欲しかったけど、2万5千バーツで手が届かず。残念・・。

ギャラリーの裏の壁にもアレックスの絵が描かれてるので要チェック。
f0044063_20124723.jpg
来月3日、市内のギャラリーが協力して開催される「2017年ギャラリーナイト」。普段は夜閉館しているギャラリーもこの夜は特別に営業し、多くの人に何軒もギャラリーを巡ってもらいアートに親しんでもらうというイベントで、BANGKOK CITYCITYでは、19:00-22:00にこの駐車場スペースを利用して、「ALIVE」完成までの過程や、アレックスがストリートにグラフィティなど描く未公開・稀な映像を屋外上映するそうだ。詳細はこちら

「ALIVE」は来月19日まで。ぜひぜひ。

TANGひさびさ全開!
f0044063_20200820.jpg
SIはテレビなしで育ち、テレビがついていると夢中になり過ぎて会話が成り立たない(よくある「男性は同時に2つのことができない」ってやつ)。「時間の無駄」「他のことができんくなる」とケーブルテレビ契約に断固反対し、うちのテレビはずーーーっとダウンロードした映画・海外ドラマ鑑賞限定だったのが、先週いきなり「NETFLIX契約しちゃったー」と。最近の米英のドラマの質の高さったら。英語の字幕もちゃんとあるし、中毒にならんよう気をつけにゃいかん。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2017-01-24 20:28 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

年越しパーティー @CRAFT

年越しは日本に限る。こんな暑い国では、正月はただの暑い休日としか感じられず、年越しのシュンとした感情も湧かず、やれ花火、やれカウントダウンパーティーだの、ほとんど興味なく、自宅かせめて友人宅で新年を迎えたい(もう20代とは違うのね。今さらだけど)。

SIは帰国中。家で静かに一人で猫ズと年越しするつもりだったけど、新年元旦から家に一人でいては、2017年1年を通じて閉じこもり生活にさらに拍車がかかりそうだったので(クリスマス帰国する前に、SIに『僕がいない3週間の間、ちゃんとたまには外出して友達に会いんよ』と何度も言われた。子供か。)、大晦日夕方のフジスーパーの混雑具合に圧倒されて疲れとったけど、DJ MIZUYOちゃんが午前までDJすることになってたクラフトビールバー「CRAFT」へ。

涼しい夜、野外席が気持ち良い。他にも友達が集まり、美味しいワイン飲んでクラッカーでパーンとやって新年を迎えた。
f0044063_15523932.jpeg
午前になって屋内のWHISGARSに移動してウィスキーやら無料ショット飲んで、WHITELINEに移動し、明け方ほろ酔いで安い中華料理屋へ。力尽きるように朝6時帰宅。国王が亡くなったことから国全体が自粛モードで、川沿いの盛大な花火なかったし、静かな年越しになるかと思ったらそうでもなかった。

元旦は昼前目が覚めたらまだ酔っとる。二日酔いの100倍良い。つきたてのお餅をご馳走になりに友人宅にお邪魔する前に、手土産買いにエム・クオーティエへ。元旦からデパート行くなんて気持ち悪い。日本と違ってクリスマス終わってもなかなかクリスマスツリーを片付けないユルいタイだけど、デパート前にでかいクリスマスツリーがまだあるだけじゃなくて、大音量でクリスマスの音楽をかけとって、「ああ、今年もこのユルユルな国にお世話になるんだなあ」としみじみ。

延々とちびちび食べて飲んで過ごす元旦。招待してくれた友達に、可愛いスパイダーマンに、感謝。
f0044063_16044128.jpg
今年はもうちょっと積極的に人に連絡して外出する努力をするべき、な気がする。アウトデラックスで野間口徹が「40歳過ぎて人見知りとか言うの恥ずかしいじゃないですか」と言うのを見てガーーント来たし。適当に頑張ります。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2017-01-07 16:09 | 夜遊び | Trackback | Comments(0)

広州でスケボーまみれの週末だった<2>

翌日。

なんとか昼に起きて、ニューバランス・アジアチームの撮影で広州滞在中のフィルマー、アンソニーたちと合流。お昼ご飯食べに行くと思ったら、スケボースポットへ。

良い天気。広い公園で人が集まっておしゃべりしたり、バトミントンしたり。
f0044063_15034185.jpg
さすが中国。ズラーッと卓球台が並んでた。いいなあ。屋外におって快適で、汗をかかずに体を動かせる気候、羨ましい。
f0044063_15053379.jpg
やっと昼ご飯。TienHe East Roadにあるアンソニーが好きだという広東料理店「WUU'S RESTAURANT」へ。料理の種類が多く、メニューには日本語付き。お腹いっぱい食べた。この緑の野菜はでかいシシトウみたいで、激美味だった。ご飯がもりもり入る。
f0044063_15113406.jpg
女の子中国人スケーターのウォーターメロンちゃん。まだ15歳。
f0044063_15123999.jpg
その後デパート覗いてみたり、スニーカーショップ色々覗いたり。でも日曜日の午後でとにかく人が多く、デパート内の巨大クリスマスツリー周りで写真撮ってキャッキャしている人がたくさん。もう広州におってもサイアム・パラゴンおっても同じ感じ。人酔いしてきて、地下鉄乗って歩行者天国になるエリアに行くことにした。

が、当然地下鉄混みこみ。この地球には人間が多過ぎる。自分もその一人だけど、疲れる。

で、歩行者天国というエリアは、当然人が凄い。
f0044063_15181548.jpg
どう見ても商品もロゴも全くNEW BALANCEと同じ「NEW BAR LUN」というお店発見。びっくり。ファッションショーまでやって、そのビデオを店頭で流している。よく恥ずかしくないよな、こういう商売して。

この通りも当然ものすごい人ごみ。歩行者天国の通りから少し離れて休憩。ふう。
f0044063_16020312.jpg
少し歩いたら、歴史的エリアらしい門構えが。モダンな構えの店ばかりで飽きてきたので、面白そうで行ってみた。
f0044063_16025131.jpg
そしたらやたらと下着屋(赤いでかパンツがたくさん)が並んでいて、夜で閉まっているどの店の前にもゴミが置いてあるだけで、パンツとゴミが延々と続く。がっかり。

肉超むき出しでスーパーの店前路上で売っとった。大胆。
f0044063_16050281.jpg
「疲れた。座りたい」というSI。お昼いっぱい食べて全然お腹空いてなかったけど、アンソニーが広州来る人来る人に熱くお勧めしているベトナム料理店「TIGER PRAWN」へ。広い店内は1階も2階もパンパン。お腹空いてないって言うのに、4、5人前はある大皿を注文するSI。もう見ただけでお腹いっぱい・・。かなり残してしまった。とても美味しかったけど。
f0044063_16184613.jpg
15年前に来た時は、グルメの国だと思ったらご飯があんまり美味しくなくて驚いた記憶がある。が、今回は何を食べても大体美味しかった。中国人や広州に慣れている知り合いがいて良かった。
f0044063_16213364.jpg
観光でまた行くかと言われたら、自費ではそう行きたいとは思わんけど、楽しかった今回の広州旅。もっと食べたかったなあ。

しかしバンコク、暑い。冬はどこへ?

ペロリ。
f0044063_16293761.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2016-12-27 16:31 | | Trackback | Comments(0)

広州でスケボーまみれの週末だった<1>

前回の投稿の続きで、週末は夫SIの「PREDUCE」の新作スケボービデオ「SELAMAT」を、広州にてPREDUCE商品を取り扱ってくれているショップ「HERO」の10周年記念パーティーにて上映してくれるというので、私も広州に連れて行ってもらった。約15年ぶりの広州は、やっぱり近代的な高層ビルばかりで、味気なく、妙に圧倒された。うちらのホテル「XCELLENT INTERNATIONAL SERVICED APARTMENT」(「素晴らしい国際サービスアパート」って、人に自分の滞在先を言うのが恥ずかしい名前・・)がある地域はバーやレストランが多く、地下鉄駅も近くて便利だったけど、特に好きでもなかった。

煙草の規制がまだ随分と緩く、タクシーの中や公共の場で、染み付いた煙草の匂いが鼻に付く場所が多かった。

酔っとったら自分の部屋に辿り着けるんだろうか。
f0044063_22443898.jpg
「HERO」のオーナーTIM(中国人)は、元軍人スケーター。父親が高級将校で、息子のティムにも同じ道を進んでほしかったため軍人になったものの、結局辞めてショップ経営に集中することにし、今に至るそうだ。彼のインタビューはこちら(英語)。

「HERO」は、大きなスタジアムを囲むように連なるスポーツ関連ショップの一環として存在する。PREDUCEのデッキは質もアートワークも良いし、なかなか売れているそうだ。ありがたい、ありがたい。
f0044063_22524373.jpg
f0044063_22521110.jpg
そして10周年記念パーティーの一環として、店のすぐ近くのデパート「中国広場 (CHINA PLAZA)」の道を挟んだ所にある、
f0044063_23000648.jpg
過去の英雄の像がずらっと並ぶ大きな公園が、現地スケーターが集まるスポットで、そこでイベントがあるということで皆で移動。スケーターがたくさんでびっくり。公園広い。女の子スケーターもちらほら。カラフルなちびっ子ローラーブレーダーも、自転車暴走キッズもたくさん。とにかく何でも広々とスペースに余裕がある街(国?)。
f0044063_23214185.jpg
f0044063_23211384.jpg
f0044063_23205799.jpg
f0044063_23195919.jpg
f0044063_23204785.jpg
f0044063_23201296.jpg
PREDUCEのアマチュアデビューしたばかりで、ニューバランス・アジアチームのメンバーでもある米国育ちタイ人ジャスパーは、ワンランク上で目立つ。「スケボーの何が楽しいのか分からないなあ。誰が勝ちなんだ?」「え、これが今度オリンピック競技になるの?!」という英語できる中国人サラリーマンおじさんとお喋りしながら見物。パーカー着ていて程よい寒さの気候。外にいるのが気持ち良い。

パーティー会場は、この公園から徒歩圏内にある「PROKICKS」というお店にて。警察の横にあって、会場前にパトカーが数台止まっていた。「いい子にしとらんと」とティム。PROKICKSがある区画は、古い感じで温かみがあり、何となくホッとした。
f0044063_23341515.jpg
PROKICKSはギャラリーと同じ敷地にあり、お洒落。
f0044063_23370595.jpg
f0044063_23373821.jpg
f0044063_00285104.jpg
PREDUCEのアートディレクターであり、タイを代表するストリートアーティストTRK(最近インクのオリジナルブランド開始しました)がHEROのために急遽取り組んだ作品。彼は本当に凄い。
f0044063_23390622.jpg
ティムとPREDUCE x P7の最新デッキシリーズ。
f0044063_23403872.jpg
左はHIDEYUKI KATSUMATAさんとのコラボデッキ。売れてます。
f0044063_23413011.jpg
f0044063_00281647.jpg
そして夜になって始まったパーティー。アウェイである広州でのPREDUCEの認知度、盛り上がりを心配していたのだけれど大いに盛り上がり、
f0044063_00334929.jpg
ビデオ上映後のジャスパーのサイン会はうわーっと人が集まり、びっくり。スケーターとしてだけではなく、男前なので女の子たちがキャッキャ言ってた。
f0044063_00324280.jpg
f0044063_00330782.jpg
f0044063_00343373.jpg
私は社交で忙しいSIの金魚の糞ではいられないし、かと言って人見知りなので、とりあえず酒を飲んではウロウロ楽しんでいた。皆、優しかった。中国語で話しかけられ、「日本人だもんで中国語分からない」って言うと、「えー、日本人なの?」と、知ってる日本語の単語を言ってきたり、「広州ようこそ〜」とか「大丈夫?」、「乾杯!」、「中国のビール飲んだことある?飲む?」とか、至れり尽くせり。「日本人はXX」とか「中国人はXX」とか、とかく私たちは国籍でステレオタイプを形成しがち。国民性は確かにあると思う。でもこうやって個人レベルで触れ合えば、当然嫌な人もいるけれど、固定観念、「知らない」という未知から生まれる恐れ、不安、偏見というものがポロポロと剥がれるはず(自分が固定観念の塊人間と言ってる訳ではないけれど)。「なんだ、心配することなかったじゃん」っていう安堵感とでも言うか。短時間での触れ合いなんかで分かるもんか、と言ってしまえばそれまでかもだけど、とにかくすっごく楽しくて、色々な人によくしてもらった。最後は「飲め飲め」とウィスキーコーラの4分の3がウィスキー状態。サービス良過ぎ。

皆ヘロヘロでパーティー終了。HEROのショップ前でもっと飲もう、となり、道中沢山唐揚げを買い込む。なぜ酔うと胃に重い揚げ物やらが食べたくなるのだろうか。

「広州に住みたいとは思わんけど、スケボーするには極上の天国みたいな場所」とSIはいつも言う。広州に住む外国人スケーターたちは、「ここは北京や上海よりメロウで、ぎゅうぎゅうしてなくて、程よく都会で、仕事して、毎日どこでもスケボーできて、最高」と言っていた。

この夜の〆は大嫌いなカラオケ。聞きたくない音楽を楽しいフリして聞くのは拷問に近いが、かなり酔っとって心が広かったし、広州でめでたい夜に地元の人たちがカラオケ行くなら行こうじゃないか、と行ってみた。

ヘロヘロの頭では余りにトリッピーだった豪華なカラオケ屋。意識がぶっ飛ぶかと思った。
f0044063_00444828.jpg
変な韓流ヒップホップを熱く歌い、訳の分からないヒップホップライブ開始。楽しい。皆このレベルに達するまでどれだけ練習してんだ??
f0044063_00483072.jpg
限界に達してカラオケを去ってしばらくしてから、SIが「デッキ忘れた」と。よくあるパターン。トリッピーカラオケ屋のフロアを彷徨い、なんとか迷わず部屋も探し物も発見。ソイ・ナナにはない、もっと美味いケバブを寒い中道端でかじって長い1日終了。どこに行っても夜遊びの〆は麺かケバブ、時々マック。

ツイッター、グーグル、フェイスブック、インスタグラム、GMAILなど色々アクセスが禁じられていたり、政府の方針を見ていると、非常に窮屈な国に見えるけど、実際に来てみたら色々思ったより緩くて驚いた。それか逆にタイが厳しいのか。

続く。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2016-12-24 05:01 | スケボー | Trackback | Comments(0)

メキシコ料理「THE MISSING BURRO」@トンロー・ソイ7

書きたいことをたくさん飛ばして、3週間の日本滞在を終えて月曜日にバンコクに戻ってきた。国王が亡くなり2ヶ月。ワチラロンコン皇太子が国王に即位したけれど、まだバンコクは黒服、白、地味色といった服装が大半な気がする。クラブやバーは通常営業に戻ったようだ。まあとにかく涼しくて過ごしやすい時期になっとった。

SIとすれ違いで1ヶ月以上ぶりの再会。火曜日休みを取ってくれていて、お気に入りメキシカン「LA MONITA」でランチ。ここのウェット・ブリトーでかくて絶対完食不可。しかも日本でひたすら和食を堪能しとったもんで、いきなりチーズ!豆!とヘビーな料理に胃がびっくりして、後で少々胃痛。美味しかったのに。
f0044063_14452356.jpg
で、昨晩は今年オープンしたばかりのメキシカン「THE MISSING BURRO」へ。トンロー・ソイ7に入ってしばらく進むと右手にある、運送用コンテナを改造した庭付きレストラン。トンローの賑やかさが嘘のような静かな一角。

涼しくて外で過ごすのか気持ちよい貴重な時期なので、蚊よけスプレーをばーばーかけて庭のテーブル席へ。
f0044063_14514504.jpg
写真と説明付きのメニューを見ても、料理名がよく分からない。が、髭を三つ編みしたファンキーな兄さんがとても詳しく料理も酒もとても美味しそうに説明してくれる。

大きなグラスで提供される「HORCHATA RUM」(THB280) お勧め。ミルク、シナモンと聞くと重そうだけど、ラムが入っているのが嘘のようにスイスイクイクイ口当たりよく何杯もいける、危険なドリンク。

何を食べても美味しかった。
f0044063_14565828.jpg
f0044063_14570727.jpg
ここはまた行く。しかし連続してメキシカンで胃腸が弱っている。やれやれ。

++++++++++++++++

インドネシアのバンドゥン、マレーシアのクアラルンプール、バンコク、チェンマイと新作ビデオ「SELAMAT」上映会を先月から開催しているPREDUCE。なのに未だに上映会に参加してないし、ビデオさえも見てないし、日本から戻ってきたばかりなのに、今度はクリスマス休暇でSIが3週間帰国でまた離れ離れだし、今週末は中国広州へ。地元のスケボーショップ「HERO」の10周年記念パーティーでSELAMATも上映されるというので、SIが一緒に行こうと言ってくれた。広州どう?って聞いたら「スケボーするにはすごく楽しい街だけど、あとは別に普通」と。楽しいのかや。美味しいご飯見つけにゃ。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2016-12-16 15:08 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

王子駅近くのおでん立ち飲み屋「広澤かまぼこ」

1週間通訳の仕事ついに終了。終わった日の夜は自分へのご褒美に絶対に行こうと決めていた、王子駅近くの立ち飲み屋「広澤かまぼこ」。創業50年以上の老舗蒲鉾屋が営んでいるおでん立ち飲みだそう。

土曜日夜、満席。
f0044063_15584590.jpg
そしたら、「お一人だったらここで」と煮えるおでんの目の前、路上席で飲むことに。目の前にはおでんがずらっと並び、狭い店内で楽しく飲むお客さんや、きびきび働く兄さんたちを眺めつつ、寒い夜に達成感に浸りながら酒飲んで、熱々のおでんつっついて、さっと来て漬物を当てに冷酒を飲む常連さんとおしゃべりして、良い時間だった。
f0044063_16070277.jpg
おまけに閉店間近だったもんで、「これも美味しよ」とサービスで色々お皿に盛ってくれた。優しい。
f0044063_16111633.jpg
しかし関東のおでんネタというとちくわぶだけど、あれ1つで結構お腹いっぱいになってしまう。好きだけど。

急いで食べて飲んで、はんぺん食べ過ぎでウップウップ、よれよれと宿に戻った。

翌日夜遅く実家に帰るとおでんがたっぷり。日本の冬です。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2016-12-06 16:15 | 日本 | Trackback | Comments(0)

王子の憧れの狐の行列

へぼいのに通訳の仕事でまた東京の王子に来ることができた。先週の土曜日に到着し、2日連続で地震を経験し、今日は54年ぶりに11月の東京に雪が降った。子供の時は学校の地震避難訓練が嫌いじゃなく、大して美味しくもないけど乾パンもらうと嬉しかった。今じゃ小さな地震でもすごくドキッとして、怖い。実家は建物が古いのでいつか東海大震災来たら崩れて、工場は綿だらけで、もし火災が発生したら密接しているご近所さんの家にも火が回り、でも道が狭いから消防車はそう簡単に入ってこれんだろうし、近所中がうちのせいで大火事になったらどうしようとか考えていたら本気で怖くなった。
f0044063_22424824.jpg
何度やっても通訳としての自分の能力にげっそり。明日こそはもっとうまくいくように、とすがるように近所の小さな神社にお参りにちょこちょこ行く。数日前ぼーっと見ていたら、通りすがりにお参りをしていく人が結構多い。地域に根付いているようで、こういうのいいなあと思う。同じく王子に王子神社がある。大晦日に、各地から集まった狐が大きな木の下で装束を整えて王子稲荷神社に詣でたという伝承があるそうで、木の下に狐が集まる様子は歌川広重の浮世絵にも描かれているそうだ。で、平成5年より狐の行列が始まったそうだ。皆狐の化粧して、素敵。参加してみたい。(王子 狐の行列:http://kitsune.tokyo-oji.jp/

土曜日の夜仕事が完了したら、立ち呑みでおでんつついて祝杯あげるのが楽しみ。頑張る。冷たい空気がおいしく、嬉しい。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2016-11-24 22:56 | 日本 | Trackback | Comments(0)

折原商店のハイボールがおいしい

昨晩は珍しく日本人女友達と4人で飲んだ。話をまとめてくれたHに大感謝。スケボーツアーでSIがインドネシアに出発し、その数日後次は2週間滞在していた妹が帰国。急に一人になり寂しかったところに、ありがたい、ありがたい。

最近オープンしたよっぴー君の「折原商店」(エカマイPARK LANE内)で開始。日本酒の品揃えが素晴らしい酒屋だと言うのに昨日はハイボールのみ(すみません)。が、ここのハイボールがとっても美味しかった。バンコク市内唯一タップで提供しているそうだ。強い炭酸でいつまでもシュワシュワと、クイクイ飲める。カウンターにいると漂ってくる出汁の香り。ハイボール(しかもハッピーアワーで1杯90バーツだった)とおでん、女友達。良い時間を過ごしました。

f0044063_01162287.jpg
その後KONTRABAND @DARK BAR、ROB MANGA @STUDIO LAMとハシゴ。フラッフラで帰宅。今朝携帯見て、「寂しい寂しい」とSIに寝る前に送信したメッセージ履歴を見て後悔。私は今週末から日本なのでSIとすれ違いで1ヶ月会えないんだけど、あんまり「寂しい」って連発すると、一人じゃ何にもできん奴のように思われるのであまり言いたくないのだが、「酔って感情的になってメッセージ送って翌朝後悔」ってやつ、やってしまった。ああ、恥ずかしい。

さて、国王崩御から1ヶ月が経った。クラブやバーは12時閉店のところが大半だったが、今週から平常営業に戻る。でも「さあ1ヶ月経ちました。」と急に皆黒服着るのやめたり、バーに客が戻るのだろうか。広告業界には申し訳ないが、この1ヶ月、通常は広告がうるさくてイライラするBTS内、各BTS駅(特にサイアム駅)が静かでとても快適だった。普通に戻ってしまうのがとてもとてもとても嫌だ。日本の電車みたいにせめて電車内映像のみで音無しにしてくれんかや。

二日酔いからちっとも復活できず年を感じた日曜日終了。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

[PR]
# by miyachoTT | 2016-11-14 02:18 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

「猫なんかよんでもこない。」、「海よりもまだ深く」、FATTY'S BAR & DINER @RAMA 9

最近RCAの独立系映画館「HOUSE」に立て続けに行った。「猫バカ」とSIに笑われながらも「猫なんかよんでもこない。」(泣かずに済んで良かった。猫の姿に「可愛い〜」とキャッキャ喜ぶタイ人の女の子たちの声に癒されました。)と、
f0044063_12360160.jpg
是枝裕和監督の海よりもまだ深く」(樹木希林や真木よう子の何気ない一言がとてもドライで女の怖さを感じる)。
f0044063_12372874.jpg
タイでは映画館で映画が上映される前に必ず国王賛歌が流れ、全員起立する。色々なバージョンがあるので、これが結構楽しみ。特に「海よりも - 」を観に行った日はプミポン国王の容態が不安定との異例発表があり、国王賛歌をなんとも言えない気分で聞いた。

「映画を見てバーガーをがっつく」というテーマだったので、SIの周りの食欲旺盛青年らに支持されている「FATTY'S BAR & DINER」へ。MRTラマ9世駅の出口1番からソイ・ディンデーンへ徒歩10分位。洒落たレストランがどんどん増えるバンコクだけど、ここは昔からどこのアメリカの街にも存在していそうな小さなダイナー。「FATTY」=おデブ、(食べ物などが)脂肪過多。飾り気のないガタイのいい男子がビール飲んでバーガーをかじる姿がしっくり来る。
f0044063_12484739.jpg
オーナーはウィスコンシン州出身。ウィスコンシンの大きな旗が飾られ、店の片隅には楽器が置いてある。ちょこちょこライブも開催される。
f0044063_13014527.jpg
普通のビールに加え、クラフトビールが豊富。チキンウィングやバーガーと言った脂たっぷり料理にはIPA!
f0044063_12554292.jpg
毎週水曜日は「WING WEDNESDAY」。チキンウィングが1本10バーツ。アメリカンなジャンクフードメニューにワクワクし、何を注文しようか迷う。モッツァレラチーズスティックフライも注文。
f0044063_12592872.jpg
そして10月のおすすめバーガー「THE JUICY LUCY」(THB200)。パテの中にチーズが潜んどる。でかい。苦しい。
f0044063_13013942.jpg
なかなか足を運ぶエリアではないけれど、またジャンクジャンクしに行かにゃ。

いつ行ってもガラガラのHOUSE。最近100バーツから140バーツに値上げしたけど、いいです、いいです。大手映画館に負けず頑張って存続してほしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2016-10-27 13:23 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

ベトナム北部旅行 - ハノイ<2> ビアホイや美味しいベトナム料理

北ベトナムと言えばビアホイ。ビアホイ(BIA HOI)とは「フレッシュビール(新鮮なビール)」という意味らしい。その歴史は、ベトナムでは1890年代にビールの醸造方法がフランス人により紹介され、当時醸造所は1ヶ所「HOMMEL BREWERY」しかなく、高級だったので裕福な人たちだけの飲み物だった。フランスが1954年にベトナムを撤退後、HOMMEL醸造所は「ハノイ醸造所」と改名。熟成時間が非常に短く、アルコール度数が低い生ビール「ビアホイ」を誕生させた。低いプラスチックの椅子に座って飲むビアホイは、北ベトナム文化のイメージの1つなり現在に至る。と言うことで、旧市街地の宿にチェックインしてから早速フォーを堪能後、どこでビアホイを体験しようかブラブラする。月曜日の昼下がり、どこのビアホイ屋も賑わっている。
f0044063_19285585.jpg
多少溢れても平気でドボドボとホースで結構大胆にグラスに注ぎ、持ってきてくれる。皆色々つまみながら飲んで、隣の酔っ払いおじさんは「俺は9杯も飲んだ」と何度もベトナム語とジェスチャーで自慢してくる。ベトナムらしい低いプラスチックの椅子に座り、人間観察しながら安いビールを明るいうちから飲む。幸せ。
f0044063_19331979.jpg
初めて行ったビアホイ屋ではグラス1杯9000ドン(40数円)。安!フォー屋でペットボトルの水が1万ドンだった。水より安い。

ビアホイ&炭火焼の豚。
f0044063_19365192.jpg
ウィキペディアには「ビアホイの製造方法は非公式なもので、健康・衛生機関により監視されていない」とある。不衛生なのか?うちらはタイ生活長いし、屋台グルメ大好きなので何も気にせず飲んどった。美味しいもん。

フォーも美味しかった。ホーチミンだと茶色のソースやもやし、ハーブなど大盛り出されるけど、ハノイのフォーはシンプルで、茶色ソースないし、ライムとチリソースだけだったり。ホイアン行った時「茶色のソースなんて邪道」みたいに言われたけど、北部料理は中国料理の影響を受けてシンプルな味付けが主流らしいので、そういうもんなのか。フォー大好き。5万ドンくらい(230円くらい)の小確幸。
f0044063_19485818.jpg
PHO THINなど有名店にも行きたかったけど、ホテルに近くスタッフにおすすめしてもらった「PHO CUONG」へ。ここもシンプルで肉の出汁が効いたスープにネギたっぷり。美味しい。
f0044063_19564128.jpg
ヌックマムをベースにしたつけ汁に、炭火で炙り甘辛いタレに絡めた豚肉と野菜、米麺を入れた料理「ブンチャー」。人気店「DAC KIM」にてブンチャー&揚げ春巻きセット。ハノイビール小瓶2万ドン(約93円)。安い。
f0044063_20040988.jpg
東洋と西洋が出会ったベトナム風サンドイッチ、バインミーも勿論。お姉さんの足元の大量の肉が気になりつつ、炭火で炙る肉とバゲットにうっとり。
f0044063_20071366.jpg
f0044063_20072212.jpg
旅先ではたくさん歩くうちら。町を知るため、そしてお腹を空かせるため。ハノイ2日間、沢山歩いて食べて飲んだけど、食べられず残念だった場所多数。道端で地元の人たちが食べとるものを覗いては食べたくなる。ハノイは美味しい。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2016-10-24 20:14 | | Trackback | Comments(0)