クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

ソンクラン休暇はKOH PHAYAM(パヤム島) <1>

今年のソンクラン休暇は、何年か振りかも思い出せない程久しぶりに夜行バスでミャンマー国境に近いタイ南部ラノン県のKOH PHAYAM(パヤム島)へ6泊で。

パヤム島はすごく小さい島で、縦10km、横5km。住民はカシューナッツ栽培か漁業に携わる人がほとんどらしい。ミャンマーが近いので、働いてるミャンマー人が少なくなく、タイ語より英語が通じることもたまにあった。移動手段はバイク。細いコンクリート道か未舗道の道で大体どこでも行ける。滞在中たった1台だけ車を見かけた。島を訪れるベストシーズンは10月から5月らしい。

バンコク南バスターミナル遠い・・。金曜日夜の渋滞に巻き込まれて乗り遅れるかと思った。事前にオンラインで予約しておいたNEWMITS社のバス。VIPバスなので飛行機の席よりゆったりしとる。ラヨンまで9時間。片道670バーツ(約2千圓)。安!疲れていたのでおやつや水、毛布が配られてから夜⒐時過ぎ出発。
f0044063_19331587.jpg

ほとんど目が覚めることなく爆睡して朝6時ラヨン到着。港にソンテウ(乗り合いバス)で移動して、スピードボート40分位、B350(約1,060円)。8時過ぎには島到着。
f0044063_19445894.jpg

桟橋到着してすぐの店で1日B150(約460円)でスクーターを借りる。島にはちゃんとしたガソリンスタンドがなく、どこでも瓶詰めで売ってる。のどか。
f0044063_1949187.jpg

宿はRABBIT BAGALOW。AOW KHAO KWAI(バッファロービーチ)から徒歩圏内にある静かで簡素なバンガロウ。オーナーのノイさん、すごく親切。バンコクの外資系企業で長年働き、ある年訪れたこの島が気に入り、土地を購入し、この宿を始め、会社勤務は辞めたそうだ。まだタイ本土から電気供給がされておらず、どこも発電機や太陽光発電に頼っている島なので、このバンガローでも電気が使えるのは夕方から朝まで。でも全然不便じゃなかった。ノイさんはこの島の素朴で平和で静かなところが好きで、それを求めて観光客がこの島に足を運ぶわけだし、本島からの電気供給は不必要と考えてるものの、政府による電気供給を求める人も当然おる。でも電気が供給されたら、資本力がある人間による土地買収や大型リゾートの参入がすぐに始まり、島の良さを失ってしまうことを懸念しているそうだ。

夜はトゥッケー、朝は鳥の声以外聞こえずとても静かで平和。
f0044063_2061295.jpg

私の携帯は絶不調でほぼ使用不可で、SIは仕事のことは極力考えたくない、と宿に携帯置きっぱなし、沢山寝て、ビール飲んで、泳いで、本読んで、のまったり休暇はこうして始まったのでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
# by miyachoTT | 2016-04-30 18:55 | | Trackback | Comments(0)

誕生日会 @12x12

f0044063_12494862.jpg

土曜日はパーティー「GIANT SWING」のNKCHAN(なかちゃん)40歳の誕生日会が12X12で開催され、同じく3月生まれ40歳ということで私ともう一人の女性も一緒に祝ってもらいました。

どうして特に日本人女性は年齢を隠したがる人が多いんだろう。誰でも年齢は重ねていくもんだし、何も恥ずかしいことなんかない、はず。

が、40という数字は少し重い。私こんな生き方でいいのかやあ、と考えさせられる。特に仕事について。プライベートは文句言えん。40ってこんなんでいいかやあとSIに話したら、「いいじゃん、しんどくても二人で支え合っていけば」とさらっと言われた。優しい。でもそれじゃあ解決にならん。結局自分の薄っぺらさが時にゴーンとのしかかってくる。自分自身のことを好きって人、尊敬(自撮り好き人間はあんまり関わりたくないけど、ある意味ああいう人種も凄いなと思う)。

パーティーは1人1つホールケーキ用意してくれ、U-KEY君が誕生日の歌を歌ってくれて、気付いたら朝だった。で、携帯を庭の植木のところに忘れてきた。無事戻って来たけど内部びっしょびしょ。で、人生初39度以上熱が出て、このまま頭がもっと悪くなったらどうしよう、って少し焦った。今週は心身共に不調。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2016-04-01 12:53 | 夜遊び | Trackback | Comments(0)

STUDIO LAM 1周年記念パーティー & PHIFE DAWG

タイに戻って来てから2週間以上過ぎた。が、私もSIもどうも人に会って飲んでクラブ行って、という気分にならず、静かに過ごしていたけど、昨晩はやっと外出。STUDIO LAMの1周年記念パーティーへ。早い時間から良い音楽をたっぷり聴かせてもらった。

しかし、スタジオラム、トイレを増設してくれないだろうか。たった1つのトイレ、男女兼用、鏡もなし。結構辛い。
f0044063_18142366.jpg

知り合いにも沢山会えて、「ああ、バンコクだなあ」とバンコク社会に復帰した感じだった。ちょっとした安心感。うまく言えんけど。

さくっと帰る予定が結局2時過ぎまでおって、さっさと寝ればいいのに、いい気持ちで帰宅してSIと二人だけだけど明け方までPHIFE DAWG追悼A TRIBE CALLED QUEST大会した。トライブのライブをいつか見てみたいと言っていたら、PHIFEが死んでしまった。20年位聴き続けているトライブ。いつまでたっても色褪せることなく、大好き。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2016-03-24 18:27 | 夜遊び | Trackback | Comments(0)

日曜ブランチビュッフェ「LAZY SUNDAY」 @THE KITCHEN TABLE (W HOTEL)

SIの友達と会うため、W HOTEL2階の「THE KITCHEN TABLE」へ。毎週日曜日の昼からブランチビュッフェ「LAZY SUNDAY」がB775++で楽しめるというやつ。注文してから持って来てくれるタイプで、コーヒー、ジュース、スムージー込。一品一品の量が少ないので、20品弱のメニューの大体を皆で制覇できてしまった。
f0044063_18435587.jpg

ホテルビュッフェにしては安い方だし試しに行ったけど、「これ美味しい!」と感激する程のものは特になく、そこそこに美味しいけど、もう2回目はないかな、という感じだった。サービスも雰囲気もいいけれど。
f0044063_1847911.jpg

好き嫌いがほとんどなく、何でも食べられるのが私の数少ない強みなのだが(しょぼい)、スイス1か月滞在中アジア料理を口にする機会が全然なく、いつもなら美味しくて喜んでモリモリ食べるパンやチーズ、干し肉も、滞在後半から感謝の気持ちがすっかりペロンペロンに薄れ、やたらとアジア食中心生活に戻りたくてちょっと困った。スーパーに行けば小さいとは言えアジア食材コーナーがあったけど、料理する機会があんまりなかったり、スイスに戻ってこそSIが食材よく分かっているから料理してくれたりで(感謝感謝美味)。休暇だったら浮かれているので洋食続きで大丈夫だけど、今回はお葬式だったり精神的にしんどかったので、そんな状況を乗り切るために本来の自分に一番合った米生活を心身共に欲していた気がする。タイに戻ってもう2週間位になるけど、未だにパン、バター、チーズ、サラダなど食べたいとあんまり思わんし、むしろちょっと拒否感さえ覚える。これはいかん。と言いつつ昨日しっかり洋食ブランチ食べたけど。食はやっぱりアジアがいい。でもSIの故郷はワイン名産地のボー州で、地元ワインが手頃価格で美味しくて、毎晩ワイン晩酌生活は良かったなあ。しみじみ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2016-03-21 20:08 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

タイ暑い

火曜日朝バンコク到着。空港で拾ったタクシーの運転手が感じ悪いし、メーターの料金がガンガン上がっていって凄く胡散臭かった。かと言ってあんまり文句言って逆切れされると怖いし、嫌な気分で黙ってタクシーに乗っていたら通勤ラッシュで渋滞にはまる。車内は蚊が数匹。ああ、タイ。凄く、タイ。

こうやって暑いバンコクに戻って来て、住み慣れたアパートで汗ばんで、猫ズと戯れ、アジア食中心に戻ると、たった数日前まで雪が降るスイスに1か月以上いたことも、大好きだった義母が亡くなってしまったことも、フランス語も勝手も分からず心細くてしんどかったことも嘘の様に感じる。「私のNO.1の義娘」とたっぷり愛情を注いでくれた義母がもういないなんて。ただいつものように距離的に離れているだけのようで、でも事実として、いつかスイスに行ってももうママンはおらんし、あのアパートにも二度と戻れん。ママンの所持品をいくつか持ち帰ってきたけど、そういったものが今ここにあるのが不思議な感じ。

f0044063_0551441.jpg

「人は『お母さんは少なくとももう苦しんでない』って慰めのつもりで言うけど、だから何なんだ。ママンは亡くなるちょと前に『まだ生きたい』って言ったし、僕は母親を失ったんだ。」とSIの一言がすごく頭に残っている。そうだよね。彼女は最後まで精一杯生きた素晴らしい人だった。わずか6年位しか時を共有できなかったけど、沢山のことを教えてもらった。大好き。時々ホワーンとしている自分がおる。すごく寂しく、心細い。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2016-03-13 01:08 | ちょっとしたつぶやき | Trackback | Comments(0)

HUF THAILANDお披露目ビデオ

スイス滞在は結局1か月を越えることになりました。来週火曜日タイ着。

書くことはどんどん溜まっていき、時間は着々と過ぎて行く。とりあえず本日解禁HUF THAILANDチームお披露目ビデオ。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2016-03-03 02:26 | スケボー | Trackback | Comments(0)

PREDUCE新デッキシリーズ「GANGSTER」

まだ私もSIもバンコクではないのですが、お知らせ。
f0044063_1757047.jpg

今晩はPREDUCEの新デッキシリーズ「GANGSTER」の発売パーティーです。「笑顔の国」タイの闇の部分をテーマとしてます。警察と銃と賄賂。バイクタクシー運転手とヤーバー(タイの麻薬)と銃。ロシア人ギャングと売春婦。殺し屋と包丁。PREDUCE初の写真をベースとしたデッキで、PREDUCEのメンバーが実際にモデルとなって撮影。

フォトグラファーはスケーターでもあるバンコク在住スペイン人SERGIO (サージオ)。今回のリリースにあたり、FBにこんな投稿をしていました:『バケツリスト(生きているうちに成し遂げたい行動や業績のリスト)から「自分の名前が載ったスケボーデッキ」という項目を消した。このコラボについて本当に本当に嬉しい。僕はスケーターであり、これからも何よりもスケーターであり続ける。スケボーに心から感謝している。ほとんどの親友と呼べる人たちにはスケボーを通じて出会った。人生における最高の時というのは直接または間接的にやはりスケボーに関連している。今回のコラボを実現させてくれた人たち、特にPREDUCEファミリー、そしてスケボー自体に、感謝しています。』

ロシア人ギャングのデッキ撮影では、PREDUCEの共同経営者BOOGIE Gがモデルだけど、胸毛剃ってタットゥーアーティストに撮影用にタットゥーを描いてもらい、後日毛が生え始めたらチクチク痒くてたまらんかったそうだ。

そんな裕福でもない私でも殺し屋が雇えるくらい相場が低いタイで、殺し屋モデルにぴったりだったのは元ショップマネージャーのゴルフィ。PREDUCEのロゴから、タイの仏教に基づいて行われる護符刺青(いれずみ)「サックヤン」、DR.スランプのガッちゃんまでもう全身キャンバス。

こういう物議を醸す題材、好きです。うちもこれは家に飾るよう一式確保しにゃ。

PREDUCE x SERGIO DEL AMO LAUNCH OF "GANGSTER" DECK SERIES:
https://www.facebook.com/events/927842760634967/

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2016-01-16 18:02 | スケボー | Trackback | Comments(0)

七草粥

先月24日から実家に帰省中。今回は特に旅行もせず、名古屋に1度遊びに行き、稲沢の祖父宅に2度行っただけで後はひたすら自宅。両親、妹がいる家でモソモソし、朝から何を食べようか迷い、3食もりもり。幸せ。ツヤツヤのご飯が美味しい。

スイス帰国中のSI。昨日やっとスノボー行ったけど、クリスマスくらいのときは雪が足りんと言っていた。今年の世界的暖冬は恐ろしい。でも暖かくても、やはり冬。顔の肌乾燥しまくり。お風呂で蒲郡みかんの至福の時。

昨日は無病息災を願って七草粥。
f0044063_1945317.jpg

セリがいい仕事してました。
f0044063_19453090.jpg

3週間も帰省できて贅沢なんだけど、今はもう「あと1週間ちょっとでタイ帰らんといかん」と寂しくなってきた。バンコクでは色々悩みながらも幸せな生活をしているとは言え、こうやって帰って来ると「あー、私はずっとバンコク生活なんだよなあ」と思ってしまう自分がやっぱりおる。色々なことが当たり前に見えて、感謝の気持ちが薄れとる。無い物ねだりはいかんのだけど。いかんいかん。

とりえあず、残り少ない日本滞在期間、行儀悪くコタツムリ生活を満喫したいと思います。冷やご飯にブリの照り焼き最高。
f0044063_200522.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2016-01-08 20:01 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

DREG SKATEBOARDSビデオ"สุ่มสี่สุ่มห้า"上映会 @フアムム・マーケット

土曜日はタイのスケボーブランド「DREG SKATEBOARDS」の初となるフルレングスビデオ「สุ่มสี่สุ่มห้า」の上映会へ。
f0044063_23472173.jpg

しかし、カセート・ナワミン、遠い!DREGのビデオの前にHUF THAILANDのプロモビデオをまず上映予定だったのだが、PREDUCEスケーターが数人属しているHUFのビデオを上映時の皆の反応を何より見たかったSIだが、遠いし、渋滞だし、遅刻して見逃した。がっかり。

が、フアムム・マーケット、良い感じ。タイも冬ということでなかなか涼しく、屋外でビデオ観て、皆でビール飲んで、ずっと会ってみたかった方にも会えたし、満足満足。スケーターではないのでビデオ自体の感想やスケーターについて語ることはできんが。
f0044063_23561272.jpg

この夜もっと飲みたかったけど早めに帰ったのは、翌日日曜日の朝からインプラントだったから。この前の抜歯2本より大丈夫よー、なんて爽やかに先生は言ったけど、いくら麻酔が効いているとは言え、骨ゴリゴリとか何とも言えん。正月まで酒飲んじゃいかんと言われてショック。その日は良かったけど、翌日からほっぺた腫れてハムスターみたいになった。

本日水曜日。まだ微妙にハムスター面だけどお正月休暇で愛知に帰る途中、ただいまホーチミンの空港でフォー食べたところ。まずかった。飛行機の中でヘッドフォンもせずドドドガガガガと戦争映画をiPadで観て喜んでいる馬鹿青年がいた。バッカじゃないの。搭乗待機中は両脇に座っていたおじさんが貧乏揺すりを延々としとってこっちまで椅子揺れるし、今も後ろのテーブルに座っとる一家が子供に大音量でゲームやらして平気に食事しとるし、イライラ要素から今晩は逃れられん。もう酒飲んじゃおうかや。やっとれん。

猫ズ、3週間後に会いましょう。もう心配で、恋しい。
f0044063_0122424.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2015-12-24 00:15 | Trackback | Comments(0)

BEEJOIR個展「#NRCSSM」@BANGKOK CITYCITY GALLERY

明日から始まる英国人アーティストBEEJOIR(ビジョア)の個展「#NRCSSM」に昨晩一足早く行って来た。彼はグラフィティ系ギャラリー「SOULED OUT STUDIOS」を1996年に設立。当時ロンドンではBANKSYのギャラリーとSOULED OUT STUDIOS以外にグラフィティ系ギャラリーはなかったそうだ。現在はバンコクで活動中。彼の作品格好良いんです。
f0044063_1441176.jpg

BEEJOIR "#NRCSSM"のオープニングは明日水曜日:
http://www.dude-magazine.com/event/nrcssm16dec15.html


その後ひさしぶりに安くて美味しいイタリア料理屋「LIDO」へ。サトーン奥のこの辺は、昔からのゲストハウスやら伝説的「WONG'S PLACE」があって、漂う場末感にワクワクする。LIDOのオーナーは10ヶ月前に煙草も酒もやらず食にも気を配っていたのに、ある日起きて来ないと思ったら亡くなっていたそうだ、58歳で。娘さんが現在経営していて、「どう、父の代と味変わってない?」とニッコリ尋ねてきた。2年くらい前にソイの奥に移転したけれど雰囲気はそのまま。SIが初めて連れて来てくれたレストランがLIDOだった。代替わりしても、これだけ沢山のイタリアンレストランがあっても、LIDOはLIDO、特別。頑張ってください。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
# by miyachoTT | 2015-12-15 15:06 | アート | Trackback | Comments(0)