クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
HALATION ORG...
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

タグ:イタリア料理 ( 11 ) タグの人気記事

BEEJOIR個展「#NRCSSM」@BANGKOK CITYCITY GALLERY

明日から始まる英国人アーティストBEEJOIR(ビジョア)の個展「#NRCSSM」に昨晩一足早く行って来た。彼はグラフィティ系ギャラリー「SOULED OUT STUDIOS」を1996年に設立。当時ロンドンではBANKSYのギャラリーとSOULED OUT STUDIOS以外にグラフィティ系ギャラリーはなかったそうだ。現在はバンコクで活動中。彼の作品格好良いんです。
f0044063_1441176.jpg

BEEJOIR "#NRCSSM"のオープニングは明日水曜日:
http://www.dude-magazine.com/event/nrcssm16dec15.html


その後ひさしぶりに安くて美味しいイタリア料理屋「LIDO」へ。サトーン奥のこの辺は、昔からのゲストハウスやら伝説的「WONG'S PLACE」があって、漂う場末感にワクワクする。LIDOのオーナーは10ヶ月前に煙草も酒もやらず食にも気を配っていたのに、ある日起きて来ないと思ったら亡くなっていたそうだ、58歳で。娘さんが現在経営していて、「どう、父の代と味変わってない?」とニッコリ尋ねてきた。2年くらい前にソイの奥に移転したけれど雰囲気はそのまま。SIが初めて連れて来てくれたレストランがLIDOだった。代替わりしても、これだけ沢山のイタリアンレストランがあっても、LIDOはLIDO、特別。頑張ってください。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2015-12-15 15:06 | アート | Trackback | Comments(0)

「APPIA」で日曜日限定ブランチ&マドンナのチケット取れんかった

つい最近と思ったら、もう1ヶ月以上前の話だが、人気レストラン「APPIA」の日曜日限定ブランチに行った。週末午前からわざわざスクンビット地域に行くなんてとても珍しいことだったが、これは行って良かった。
f0044063_1774029.jpg

入店してしばらくしたらすぐに満席に。予約しておいて良かった。自然光が気持ち良いスペース。
f0044063_1782198.jpg

ブランチ用特別メニューが用意されていた。まずは、この夏SIがスイスに帰国した際すごく人気があって驚いたというドリンク「SPRITZ(スプリッツ)」。爽やかで何杯でも飲めちゃいそう。
f0044063_17111917.jpg

イチジクと生ハムのサラダに始まり、
f0044063_17115965.jpg

UOVO ALLA PIZZAIOLA。卵までイタリアからの輸入品!
f0044063_17141834.jpg

POLPETTONE(イタリア風ミートローフ)。シェフのお母様のミートローフレシピ。
f0044063_17185276.jpg

このグリルチキンがまあ柔らかくてジューシーで美味しかったなあ。うっとり。
f0044063_17194767.jpg

週末早めに起きてアリー地域外に美味しいものを食べに行くのもたまにはいいね、と話していたのでした。幸せ幸せ。

++++++++++
f0044063_17274321.jpg

3日は来年2月マドンナのREBEL HEART TOURバンコク公演チケット一般発売日。10時スタートで、10時すぐにオンライン購入を試みたが、つながってすぐ800人位の順番待ち。自分の番が来たときには狙っていた5,000〜7,000バーツ(23,500円位)席で3人並びで確保できる席が全然見つからず、空席を会場レイアウトチェックしながら探していたら、みるみる空席が埋まって行き、最後まで残っていたのは14,000バーツ席(47,000円位)。でも1時間後には完売。皆銭あるなあ。

++++++++++

インプラントのステップとして昨日は人生初抜歯。問題の歯+その隣に潜む親知らずを抜いた。怖くて歯医者に向かう道中ウップウップしていたものの、思ったよりは大丈夫だった。怖かったし、治療後は脱力状態だったけど。昨晩は顔が片方腫れる覚悟をしていたら、奥歯がなくなったことによってフェイスラインがほっそりしてしまった。びっくり。ただでさえ痩せてて貧弱な体なのに、もう細く見えたくないのに、なんだこれ。しかし歯を抜くときのあの「メリメリ」っていう感覚、怖かった。そのせいか昨晩はとても怖い夢を見て、夢の中で「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」と何度も繰り返し必死で唱えていて目が覚めた。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2015-10-15 17:50 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

美味い。イタリアンレストラン「PEPPINA」

今晩SIはお国に帰る。1か月。だもんで最後の週末はビーチに行こうと言ってたのに、胃痛で楽しそうなパーティーにも行けず、結局仕事とスイスの家族へのお土産の買い物で終わってしまった。週末にだーらだら歩く人人人だらけのデパート。ド疲れた。

不機嫌に終わりそうな週末だったけど、SIがスクンビット・ソイ33に新しくオープンした「PEPPINA」を予約してくれた。
f0044063_15123111.jpg

人気レストラン「SOUL FOOD MAHANAKORN」、「APPIA」のチームの新レストラン。APPIAもイタリアンだけど、PEPPINAはピザに力が入っている。大きなピザ釜のあるオープンキッチンにワクワクさせられる。
f0044063_15145350.jpg

日曜日夜、大賑わい。予約なしで来店し、席がなくて帰って行く人が結構いた。
f0044063_15161486.jpg

まずは前菜トマトの中に米が入っとるやつ。ビールが進む(イタリアンだけど、こちらクラフトビールも豊富にあります!)。
f0044063_15182185.jpg

お次はコールドカット(B690)。肉だけじゃなくてアンチョビやらパテやらオリーブやら色々一緒に提供された。しかも大きな熱々ピザブレッド付き。ここで赤ワイン1本。幸せ・・。胃痛から回復中なのに調子に乗ってしまった。女性2人なら飲み物とこのコールドカットで十分では。
f0044063_1520415.jpg

もうお腹いっぱいだしほろ酔い。忘れてくれても大丈夫と思いつつ、ちゃんとピザが来た。生地もちもち。
f0044063_1522374.jpg

また行かにゃ。美味しかったし、オーナーの趣味ということでピザかじりながらWU-TANGやらNASやらDIGABLE PLANETSやらかかって、食べて飲んで鼻歌歌って、(偏見だけど)西洋人シェフ達が皆「イタリアーノ!」って感じにぷっくらしてて料理の美味しさを保証しているかのようで良い週末の〆でありました。完治せず胃痛抱えてまた「夫が留守で独り暮らしの人妻」(なんかエロい)の1週間開始。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-08-05 15:31 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(2)

「ROSSANO'S」美味い + 今週末はイベント満載

ホーチミン話はまた後程として、一昨日「ROSSANO'S」へかなりひさしぶりに行った。スクンビット・ソイ21、OCEAN TOWER IIの前にあるイタリアンレストラン。長年愛されている「L'OPERA」の元オーナーが経営しているレストランで評判良し。平日の8時半過ぎというのに大賑わい。

前菜アンティパストは2人前とメニューにあったが、取り分けてもらって1人前でこの量。スパークリングワイン飲んでワインボトル入れて、大皿にたっぷり載せられた前菜と付け合わせのパンでもうお腹かなりいっぱい。
f0044063_13111474.jpg

お勧めされて注文したラムは持ち帰りに。ギャートルズ肉なみにでかい。柔らかーい肉はホロホロと骨から取れて幸せ。
f0044063_13123417.jpg

前回ROSSANO'Sに来たときは夕食会議の場で通訳として入り、私の分も料理を注文していただいたものも、通訳しながら食べるのは至難。泣く泣くほぼ手付かずの料理が下げられるのを眺めていた。今回はしっかり食べられて満足満足。

++++++++++++++++++

しかし今週末は忙しい。明日は苦痛な仕事を納品したらSPOILED ROTTEN主催NEW MONEY @WOOBAR、土曜日はGIANT SWING @GLOW feat. BASED ON KYOTO、日曜日はBIG BITE @MA DU ZI、MUZINAピクニック、LA MONITA 4周年記念、YA BASTA DREAM @JAMとフルコース。遊ぶのだ。BIG BITEは朝起きれん気がする。

YA BASTA DREAM出演京都からの「ストロベリーパンティース」。可愛らしい名前。公式サイトも「イチゴニュース」などホッコリします。



どうして日英翻訳はこんなに時間がかかるんだ。自分の能力不足にうんざりしつつ、現実逃避でブログ更新する締め切り直前木曜午前。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2013-11-21 13:26 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

ローマ風トラットリア「APPIA」

昨日は誕生日。ソフトオープニング中の「APPIA」に連れて行ってもらった。トンローの人気タイ料理レストラン「SOUL FOOD MAHANAKORN」のオーナーがパートナーと始めたローマ風トラットリア。スクンビット・ソイ31のそば屋「仁八」の横。イタリア南部の風味に重点を置き、肉のロティスリーや生パスタ、地中海産ワイン、伝統的なカクテルを提供していくそう。
f0044063_19325446.jpg

ロティスリーとは、「電動串(ぐし)の付いた)回転肉焼き器」という意味だそう。この写真のもっと小さいバージョンがバーカウンターの後ろにあって、オーガニック鶏とでかい豚肉がグルグル回ってました。
f0044063_19321319.jpg

8時半で満席。オーナーが「まだ何も広告も出してないのに。有難いけど、スタッフが追いつけない」と。

まずはサバ?アジ?や茄子、チーズ、トマトのサラダ。
f0044063_19375026.jpg

1番気に入ったのが24か月熟成させたパルメジャーノのかかったさっぱりズッキーニサラダ。数皿ペロッといけそう。白ワインと共にこれ大盛り食べたい。
f0044063_19383856.jpg

メインはラム肩肉ラグー(煮込み)のパスタ。
f0044063_19403893.jpg

それに本日のお勧めだったナポリタン風ラグー。ソーセージ、リブ、トマトソース、ポレンタ。美味しい〜。と、ちらりとロゼ・シャンパン。これまた美味しくてペロッと1本いけました。幸せ。ちなみにボトル持込み料金は600バーツ。
f0044063_19472015.jpg

でも、健康な青年にとってだけでなく、私でも「値段の割にちょっと量が少ないかも」と思えた量。パンがないと物足りんのでは。特に前菜。SIはオーナーにちゃんと「美味しいけどもうちょっと量が欲しい」と言ってた。

誕生日デザート登場。感謝。あんまり好きじゃないパンナコッタ、ここのは美味しく食べれた。
f0044063_19461770.jpg

まだ正式オープンはいつにするか未定だそう。また行きたい。

レストラン話のついで。QUINCEは間もなくシェフ交替。QUINCEのオリジナルシェフ、ジェスさんはOPPOSITEへ。OPPOSITEと言えばアートギャラリー、パーティー/ライブ会場、数ヶ月に1度はレストランなど、イベントスペースとしてWTFが運営している訳だが、5月に「OPPOSITE MESS HALL」となり、地元産食材を使用し大胆な料理を生み出すスタイルで人気あるジェスさんがチームに参加。バンコクは新しいレストランが次から次へとオープンし、とても把握しきれんが楽しみ。その前に自分の料理の腕磨きんよ、とも思うのだが。

現在誕生日プレゼントで貰ったワイヤレススピーカーで「ウォールフラワー」のサウンドトラック大音量鑑賞中。この映画は多分個人的2012年トップ10映画リストに入れると思う。サントラもTHE SMITH、デビッド・ボウイ、おニック・ユースなど気持ち良い。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2013-03-11 20:09 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

北イタリア料理「IL TARTUFO」でランチ@スクンビット・ソイ51

数日前SIに賭けに負け、ランチを奢ることになった。くやしい。滅多に行かない平日ランチ、スクンビット・ソイ51にある北イタリア料理のお店「IL TARTUFO (イル・タルトゥーホ)」に初めて行きました。もう夏休みに入って多くの駐在員奥様達が帰国しているせいか、行ったら客は私達のみ。そう暑くなかったし庭のソファー席でのんびりお食事をさせていただきました。本日のスープ、パスタかピザのメイン料理、デザートかコーヒーもしくは紅茶というランチセットは380バーツ++。
ほかほかパン。オリーブディップが塩好きにはたまらん。
f0044063_18502072.jpg

本日のスープはミネストローネ。
f0044063_1851780.jpg

そして何とかハム入りトルテリーニのホワイトトリュフソース。美味しい!SIは「足りない」と数分でペロッと完食。確かに腹7分の優しい量。私はパンをバクバク食べてしまったためもうかなりお腹いっぱい。
f0044063_18552860.jpg

〆のデザートはパンナコッタ。可愛い。別で頼んだコーヒーと。
f0044063_18561918.jpg

色々レビューを読んだら「塩辛い」とか「質の割に高い」等の意見が少なくなかったのだけど、そんなことなかったです。サービスも良くて、ゆったりとした時間を過ごさせていただきました。でももうくだらない賭けはしないほうがいいと思いました。

気温変化の激しいヨーロッパの夏。何持って行けばいいのか分からず途方にくれてる最中。ベッドルームの散らかり様、うんざり。失礼な言い方だけど肥満率の高いアメリカやイギリスの田舎に行くなら気楽だけど、スイスはスリムな人が多いので身だしなみに気を使います。って言いつつ自分はそんなお洒落な人間でもないけど。とりあえず現実逃避も兼ねてBACCにQOTAROO君フライヤーアート展示会午後パーティー行ってきます。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-08-14 19:06 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(4)

「PALAZZO」と「LA BUCA」でイタリアン、金縛り、みずうみ

日曜日、SIが中国出発する前に最後の食事は「PALAZZO」で。トンローソイ17にある、週末でも手頃価格のランチが楽しめるカジュアルなイタリアンレストラン。パプリカのマリネばっかり食べてたらメイン料理来る前にお腹いっぱい。数年振りに行ったけど、以前よりアンティパストの内容が質素になった気がした。気のせいか?
Photobucket

しかし家族連れ日本人が多かった。うちらの隣のお父さん、思いっきりズルズルとパスタ食べてた。うーん、クチャクチャズルズルと食べ方が汚いと、百年の恋も冷めてしまう。夜のサングラス並みにいただけん。そういう私はよく食べ物をこぼすけど。

そして昨晩は日本人ジェントルメンとスクンビット・ソイ1のイタリアンレストラン「LA BUCA」へ。こちらは一体何年ぶりか。こじんまりと居心地の良いレストラン。入店してメニューを睨んでいるとき、日本語がちょっとできる陽気なオーナーのぽっこりと出たお腹を見たら、「ここのレストランはおいしいんだろうな」と思えた。いい物長年食べてる証拠。
オーナーお勧めのコールドカットプレートおいしかった。フォアグラが乗ったパスタは、なんてゴージャス。ほろ酔いでお喋りしてたらオーナーがペッパーグラインダーをマイク代わりに歌い始めた。
Photobucket

日曜日の夜中のこと。寝てたらグーーっと足元から押さえつけられているような重みを感じ、目が覚めた。うわ、金縛り?と焦る。で、自分の体の周りを誰かが歩いてる気配。マットレスがくっくっと沈む。怖くて怖くてぎゅっと目を瞑りながら南無阿弥陀仏を心の中でずっと唱えてた。私は霊感全くないけど、たまーにこういうことがある。金縛りのメカニズムは解明されていて、決して霊的体験ではないとされているものの、怖かった。昨晩読んだ川端康成の「みずうみ」も怖かった。極端的に言ったら昭和のロリコン/執拗なストーカー男性の物語。ちょっとした心理ホラー。「最も日本の美を表現する作家」という川端のイメージが変わった。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-05-13 10:49 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(4)

誕生日はL'OPERA@スクンビット・ソイ39で吐く程食べた。

Photobucket

火曜日は誕生日でした。誕生日どうでもいいと思いつつ、それでもやっぱり友人や家族からおめでとうメールを沢山貰って嬉しかったです。誕生日そのものより、周りの皆に感謝することのが大事なんだろうな。
で、夜は56ちゃんがスクンビット・ソイ39にあるイタリアンレストラン「L'OPERA」に連れて行ってくれました。前菜どうしよう、メイン料理はどうしよう、と悩んでいたら、56ちゃんが太っ腹に2名以上から注文できるシェフおまかせコースとワインを注文してくれました。前菜3品、パスタ2品、メインコース、ドルチェとコーヒーまたは紅茶という怒濤のコース。シェフが直接うちらに何か食べれないものはあるか、メインはラム、シーフード、ビーフのうちどれがいいかと聞いてくれます。
(左) プリップリの貝と濃厚なトマトソースが美味。(真ん中) 生ハムの塩気、チーズの酸味、シロップ漬けアプリコットの甘味が絶妙。(右) オックステールの煮こごり。うまい。絶対後悔するのに、ゴロちゃんはこの時点で「おいしいから」とパンおかわり。
 PhotobucketPhotobucketPhotobucket
(左) パスタ#1。ニンニク効いておいしい。(真ん中) パスタ#2。ラビオリとクリームソースのハム包み (右) ハムの中からラビオリ登場。この辺でかなり苦しくなってきて、段々無言に。
 PhotobucketPhotobucketPhotobucket
(左) 緑が多く街灯が可愛い店内。(真ん中) ミディアムレアのラム。柔らかくておいしかった。が、苦しい。(右) 良かったらどうぞ、と出してくれたクッキー&チョコ。
 PhotobucketPhotobucketPhotobucket
(左) これでもか、とドワッと出されたドルチェたち。(真ん中) 食後はL'OPERA自家製リモンチェッロ。
 PhotobucketPhotobucketPhotobucket
食べ物を無駄にしてはいけないし、うちら頑張りました。食後ゴロちゃんはジャズを聴きにシェラトンホテル内の有名なTHE LIVING ROOMに連れて行ってくれるところまで計画していてくれたけど、とても無理。家帰って寝転がって熱いお茶飲んで「かもめ食堂」のゆるりとした雰囲気に胃まで癒されました(かもめ食堂最高。かもめとめがねの制作チーム、第3作目はチェンマイで撮影されたそう。早く見たい。詳細はこちら)
翌日は昼過ぎまで何も食べれず。恐ろしい程の胃もたれ。当然ですが。で、やっと食べれたおにぎりがこれまたとってもおいしかった。かもめ食堂見たら絶対おにぎり食べたくなります。日本人のソウルフードです。日本人で良かった。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2009-03-13 05:10 | Trackback | Comments(8)

ライブハウス「STARDUST BAR & RESTAURANT」@トンロー

Photobucket

先月末の木曜日、日本人の方が経営するライブハウスでもありジャズスクールも兼ねている「STARDUST BAR & RESTAURANT」に行きました。
ジャズライブが聞ける場所と言うと、バンコクでは戦勝記念塔近くの「SAXOPHONE」、ランスアンの「BROWN SUGAR」以外は高級ホテルのラウンジくらいしか思い浮かばない。ビアガーデンの季節中は野外ジャズ演奏結構あったけど。ジャズってそんな高いお金を払ってお洒落して聞かなくちゃあいけない音楽ではなくて、もっと気軽に身近な存在でいいと思うんだけど、シェラトンやコンラッドホテルでジャズとなると、私は小市民なので聞きたいけれどちょっと行くのに気張ってしまう。
が、STARDUSTは「ふぅ」と気を張らずに行き、おいしくて良心的な値段設定の料理と酒を楽しみつつ音楽も満喫できる場所でした。トンローでもかなりペッブリー通り寄り、すっかり廃れてしまったハイソ系コンプレックス「H1」のすぐ横、LIBERTY PLAZAの1階にあります。でも大きな王様の写真が飾られた正面玄関から入らず、駐車場から入ります。
(左) 目印の標識 (右) 駐車場を入って左手にSTARDUSTがあります。
 Photobucket Photobucket
(左) 30人くらいで程よく埋まる、薄暗さが心地良い店内 (右) 赤い壁にチャーリー・パーカー。素敵。
 Photobucket Photobucket
私が行った木曜日のバンド「FULL HOUSE」は以前TOKYO JOE’Sでも演奏を聞いたことがある、女性ボーカルがとても魅力的なタイ人&日本人の混合バンド。音楽を満喫しながら、シンハービール生ジョッキ (B110)、友人お勧めのSTARDUSTピザ (B270)とシーフードパスタ (B270)、それにチーズプレート (B220)を味わう。元々イタリアンレストランだった場所を借り、そのレストランのシェフが料理を担当しているので、お勧めはイタリアンとのこと。おいしい。そしてメニューにあった日本カレーも気になる。
 Photobucket Photobucket
Photobucket

駅から遠いので少々場所的に分かりにくいかも知れないけれど、 良い音楽とおいしい酒、食事を求める方々にお勧めのSTARDUST。サイトのアクセスマップを見て、足を運ぶ価値あり。プライベートパーティーも可能、ジャンルを問わずライブ等可能だそう。DJ入れたイベントはできないのだろうか。薄暗さと赤い壁がとてもいい雰囲気で、素敵なパーティーができそうなんだけどな。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2009-02-10 15:26 | Trackback | Comments(4)

韓国料理店「ゴシレ」@トンロー

Photobucket

昨晩は、肉で精力つけながら積もる話でも、ということで韓国料理店「ゴシレ」へ。肉を愛す友人のお勧め店で、ごちそうになってしまった。BTSトンロー駅から歩いて数分、桂花ラーメン横の小さなソイに入ってすぐ右側にあります。店長さんらしき男性がやんわりとした、とても感じのいい方です。
韓国料理と言ったら沢山ドワーっとまず出てくる小皿料理。ビールが進む。ユッケ、牛タン、ぐつぐつ熱々牛テールスープ、その他良質な肉2種、とかなりの量を2人なのに頼んでしまった。おまけにサービスでフワフワ卵スープまでいただきました。韓国焼肉は通常お店の方が焼いてくれるんだけど、自分達のペースで食べれず肉だけどんどん焼けていって困る。今回は自分たちで焼くので結構です、とゆっくりペースで食べることにしました。
 PhotobucketPhotobucket
 PhotobucketPhotobucket
「やるやる」「やりたい」「やろう」と言ったからって本当に実行するか否かは本人次第だし、どこまで真剣なのか分からない。「馬を水場まで連れて行くことはできても、 その馬に水を飲ませることはできない (A man may lead a horse to the water, but he cannnot make it drink.)。」っていう英国の諺のとおり(馬だったのか。牛と思ってた。恥ずかしい)。「やりたい」と言ったことを実現できるように周りの人間がサポートしても、実際のその「やりたい」ことを実践するのは本人。もう子供じゃないんだから。そのサポートの仕方に皆が賛同するわけでもないし、サポートすること自体を感謝されるかどうかも不明。不言実行、有言実行、どちらでも結構。動く意志のある人間をしっかり固めてとりあえずもうちょっと頑張ってみよう、と最後はSCOOZIでお茶して解散。最近の雨続きのどんより天気のようにモヤモヤしてたものが随分取り払われました。
昨晩お腹いっぱい焼肉、今日はSCOOZIでお持ち帰りにしたピザを食べたら、胃が酸っぱくて吐きそうに気持ち悪い。焼肉→ピザ、は無謀だった。泣けちゃう。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2008-09-17 15:56 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(10)