クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

タグ:エホバの証人 ( 1 ) タグの人気記事

エホバの証人

f0044063_11513161.jpg郵便受けに「バンコク在住全日本人の皆様へ」と書かれた白い封筒が入ってました。そしたら、エホバの証人の式案内でした。
全世界で布教活動をしているからタイに支部があっても当然だけれど、スクンビット・ソイ2にエホバの証人の王国会館があるのねぇ、と地図やビラを読みつつ正直少々おののいてしまった。どんな宗教であれ、他人に思想を押し付けず、特定の人種等を敵対視せず、平和や愛を求めて信仰心を持つという行為自体に抵抗は一切ないけれど、大学生のとき1人暮らしで何より嫌で怖かったのが痴漢(下着泥棒、部屋覗き見)、強引な新聞購読勧誘、ハンカチ1枚でも寄付という言葉を使って驚く金額で物を売ろうとする怪しげな団体、そして布教活動者(特にエホバ)でした。輸血問題やらマイナスイメージが先走ってしまってる印象があるエホバだけれど、普通に付き合ってた人がエホバの信者であったり、ごく普通の方々なんだろうけど、布教活動の強引さがどうしても忘れられないので。大体日本人住居率が高い大型アパートに住んでるわけでもないのにこうやってお知らせが届くこと自体がちょっと嫌だ。商品にしろ思想にしろ、いくら素晴らしいものであっても薦め方を間違えると拒絶感のがどうしても先に来てしまいます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by miyachoTT | 2007-03-29 12:06 | Trackback | Comments(16)