クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
HALATION ORG...
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

タグ:タイ事情 ( 177 ) タグの人気記事

折原商店のハイボールがおいしい

昨晩は珍しく日本人女友達と4人で飲んだ。話をまとめてくれたHに大感謝。スケボーツアーでSIがインドネシアに出発し、その数日後次は2週間滞在していた妹が帰国。急に一人になり寂しかったところに、ありがたい、ありがたい。

最近オープンしたよっぴー君の「折原商店」(エカマイPARK LANE内)で開始。日本酒の品揃えが素晴らしい酒屋だと言うのに昨日はハイボールのみ(すみません)。が、ここのハイボールがとっても美味しかった。バンコク市内唯一タップで提供しているそうだ。強い炭酸でいつまでもシュワシュワと、クイクイ飲める。カウンターにいると漂ってくる出汁の香り。ハイボール(しかもハッピーアワーで1杯90バーツだった)とおでん、女友達。良い時間を過ごしました。

f0044063_01162287.jpg
その後KONTRABAND @DARK BAR、ROB MANGA @STUDIO LAMとハシゴ。フラッフラで帰宅。今朝携帯見て、「寂しい寂しい」とSIに寝る前に送信したメッセージ履歴を見て後悔。私は今週末から日本なのでSIとすれ違いで1ヶ月会えないんだけど、あんまり「寂しい」って連発すると、一人じゃ何にもできん奴のように思われるのであまり言いたくないのだが、「酔って感情的になってメッセージ送って翌朝後悔」ってやつ、やってしまった。ああ、恥ずかしい。

さて、国王崩御から1ヶ月が経った。クラブやバーは12時閉店のところが大半だったが、今週から平常営業に戻る。でも「さあ1ヶ月経ちました。」と急に皆黒服着るのやめたり、バーに客が戻るのだろうか。広告業界には申し訳ないが、この1ヶ月、通常は広告がうるさくてイライラするBTS内、各BTS駅(特にサイアム駅)が静かでとても快適だった。普通に戻ってしまうのがとてもとてもとても嫌だ。日本の電車みたいにせめて電車内映像のみで音無しにしてくれんかや。

二日酔いからちっとも復活できず年を感じた日曜日終了。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

[PR]
by miyachoTT | 2016-11-14 02:18 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

プミポン国王崩御

f0044063_14110127.jpg
国民から敬愛され、国を導く父として慕われていたプミポン国王が先週木曜日に亡くなりました。王様の人生、生涯どれだけ国に尽くした人だったか、そして現在のタイの国の様子など、国内外メディアによって連日多く報道されています。

王様の回復を祈って王様の肖像を抱えてシリラート病院に集まった人たち、崩御ニュースにすすり泣く人たち、病院から王宮に王様の遺体が移送される際、冥福を祈り沿道に集まった人たち、今も毎日王宮に足を運ぶ大勢の人たち - どれだけ国民に慕われていたか、外国人はただただ驚くレベルです。ただただ、すごいな、と。

反面、やれSNSに王室を中傷する発言を投稿した、と特定個人が怒りを露わにする群衆に囲まれたり、黒服を着てないからと責められたり、不謹慎狩り的風潮は少し怖い。そんな人はほんの一部だけど。そして非常に厳しい不敬罪が存在するタイ。王室に関する報道の厳しさは半端ない。タイ人は不敬罪に触れるからとても報道しないだろう内容に海外メディアは触れていて、報道した西洋人ジャーナリストのフェイスブックアカウントに投稿される怒りコメントが結構怖い。デモが発生したり政治不安定が続き、海外メディアがタイにおける王室の存在・役割や民主主義について報道するとよく聞こえる「外国人に理解できるわけがない」という声。言いたくなるのも少し分かるけど、こういう排他的なところは嫌だなと思う。

タイ人の友達が「とにかく生まれたときからプミポン国王がいて、それが当たり前だったから、今度どうなるんだろう」と言っていた。娯楽業界は別として、経済活動が停滞することなく予想以上に日常生活が維持されているバンコク。新しい時代の幕開けです。

+++++++

密室状態で音楽を抑えれば良し、とバーやクラブの営業再開が予想以上に早い。今晩DARK BARはパーティーの告知してるし、週末SAFE ROOMでもイベントあり。MUSTACHEは今晩パーティーで、1時間飲み放題。「酔っ払おう」とイベントページに記載されているけど、個人的にしばらくDUDE MAGAZINEにバンコクのパーティー情報を投稿するのは控えると思う。なんだか居心地が悪い。そりゃみんな食べて行かんといかんとは言え、早すぎる気がする。

昨日一部のバーオーナーたちがフェイスブックで「昨晩はどこが何時まで営業しとった?」とチャットしていた。警察は午前2時まで営業許可と言い、軍は午前0時と言い、どっちなんだと困っていた。タイだなあ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2016-10-19 15:14 | Trackback | Comments(0)

大好き日本料理屋「ハナゼン」@アリー・ソイ5

6月は私が日本から帰国した翌日にSIは米国に出張。1日しか一緒に過ごさず終わった。で、数日前帰国したのと同時にSIパパ&奥様タイ到着。

昨晩は皆で近所の「ハナゼン」へ。一軒家のお洒落な日本料理屋。でもお洒落なだけじゃなくて、1品1品何食べても美味しい。経営されているご夫婦もスタッフも温かい、すごく好きなお店。

SIがパパ達に箸の使い方をレッスン中。音出してすする蕎麦の食べ方まで説明していた。偉い。
f0044063_20295936.jpg

何日も前から食べたかった厚切り牛タン。美味しかった・・。

常陸野ネストビールの「塩梅」。小麦のビールに青梅を漬け込み、酸味緩和のために藻塩少々を加えているそうだ。美味しい。爽やか。
f0044063_20353585.jpg

ハナゼンに向かう道中、SIに「この前日本のテレビ番組(「クレイジージャーニー」のこと)で『バビロン(バンコクの有名なゲイサウナ)』紹介しとって、綺麗なプールや迷路になったサウナとか興味深かった」という話をしたら、「そういえばオップ(今年サトーンにオープンした「BANGKOK CITYCITY GALLERY」のオーナー)が、ギャラリーのオープニング展示会でウィスット・ポンニミットの『MELO HOUSE』企画して、迷路作ったじゃん?そしたら近所のよしみでバビロンのオーナーが来て、『僕のところにも迷路あるよ』とニコニコ言われ、『ちょっと趣旨違うけどね』みたいな会話したってフフフと言っとったなあ。」と。ラビリンス!

アリーは遠く感じるかも知れんけど、「ハナゼン」はわざわざ足を運ぶ価値有ると思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2016-07-08 20:46 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

タイにおけるペットの安楽死

FIP(猫伝染性腹膜炎)ドライタイプのWU。ウーはFIPじゃないかと疑い始めた頃からネットで色々検索し、同じ病気の猫を飼っていた人たちのブログがすごく役立っている。だもんで私も、いつか誰かが同じ経験をするとき少しでも参考になればと思い、簡単ではあるけれどちゃんと書いていく。

私がタイに戻って来たのが7月1日。WUは歩くのがやっとの状態。でも私がどこか行くと必ずフラフラヨレヨレ必死でついて来た。4日、私について来れんくなった。ちょっと歩くとずっと座り込んでしまう。7日、さらに歩行能力低下。下半身に力が入らず、歩こうとしてもろくに立ち上がれない。それでも少しでも動こうとする。8日、一瞬だったので何とも言えないけれど、全身ピクピクピクっと痙攣した気が。今に始まったことじゃないが、座っても下を向いてばかりで、頭は右に傾いている状態。改めてそんな姿を見ているとたまらない。10日、もうほとんど動かず、横たわってばかり。私が視野から消えると必死で探してずるずる動こうとするけど数十センチ程度。注射器で栄養剤「ENSURE」を飲ませるけれど、その度にひどい歯ぎしりをし、苦しそう。もう高タンパク質のペースト状のご飯はなめようともしない。うまく表現できないけれど、昨晩WUのボーっとした顔つきと雰囲気から、もう本当に長くない気がしてきた。なんと言うか、存在感が透明になってきたような。昨晩数秒の全身痙攣。今日は眼球の震えを初めて目にした。もう苦しまずに眠るようにそのまま目を覚まさず穏やかに終わりを迎えてほしい。「もういいよ」と思う。それでも呼吸して静かに動くお腹を見て、まだ生きていることを確認しては安心する自分がいる。

人それぞれだけど、治療法がなく必ず死んでしまうFIPという病気に対し、強制給餌や延命治療、うちらは抵抗があり、やらない。最初は嫌がるけど目薬や解熱剤など色々やったけど、もう今は自然に任せる。無理矢理生かすことに疑問を感じる。そりゃ少しでも長生きしてほしいけど、人間が勝手にどこまで人工的に介入するんだ、と。と思いつつ、「食べさせるのが可哀想、ではなく、病と戦うために食べさせなければ。」という意見を目にしたて動揺したり、「FIPの猫の大半は栄養不良や衰弱で亡くなります」というのを読んで、正にWUはその道だけど自分は間違っとるのか?と考え込んだり。自分の判断、行動はこれでいいのかとすごく不安になる瞬間がある。

そして安楽死。これは日本でも意見が別れる。それこそ人間が介入して動物の命を終わらせるなんて間違っていると言う人もいれば、回復の見込みがなく苦痛しか残っていないのであれば楽にさせてあげることのほうが正しい、と言う「quality of life(生活の質)」を優先する人もいる。うちらも何度か安楽死について話し合った。もう動けず、ひどい痙攣が始まり苦痛しか残っていない状態だったら安楽死させたほうが良いとはっきり言うSI。賛成しつつ、SIが留守中の現在そのときが来たら一人で決断を下す自信がない私。そして安楽死を支持するしないの議論の前に、タイでは安楽死を実行する獣医を見つけることが容易ではない、宗教上の理由で。極端な例だけど、捨て犬・猫の保護活動で有名な「SOI DOG FOUNDATION」のサイトには「タイは仏教国であり、仏教思想として安楽死は認められない。が、多くのエリアにおいて毒殺、海で溺死と言った残酷な方法がとられる。必要とされていない子犬・子猫を箱やプラスチックの袋に入れ、交通量の多い道路に放置する。動物自体が毒を食べる選択をした、子犬・子猫は車によって殺された、溺死は死の自然形態、という論理が背後にある」と記載されている。「タンブン(お布施)」つまり徳を積むことによって来世では幸せな生まれ変わりを願うということで、捕まえられ売られている鳥や魚を解放してやる慣習があるけど、「じゃあ最初から捕まえんどきゃいいじゃん」と、この慣習と同じくらい強い矛盾じゃないか。いつもお世話になっている動物病院にも宗教上の理由で安楽死はうちは実行しない、と言われた。でも実行してくれる獣医を紹介してもらった。もう手の施しようのない老犬が最後苦しんでいるだけで安楽死の決断をしたバンコク在住の友人は、最初SOI DOGに連絡したら「安楽死させるべきじゃない」と言われ、「会ったこともない赤の他人のお前に何が分かるんだ」と激怒していたけど。彼は結局自宅に来て安楽死を実行してくれる獣医を見つけた。

WUとずっと一緒におりたいけど、こんなやせ細ってご飯も食べれず、もう楽になってほしい。

うちに来たときは2匹とも同じ大きさだったのに。
f0044063_1454178.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2015-07-12 14:12 | | Trackback | Comments(0)

パッションフルーツ

週末からはずっと今週は通訳の仕事。日曜日THE JAM FACTORYでの「MAZIRU X DOOD」行きたかったなあ。まあ仕方ない。行きたいイベントに全部行ける程世の中うまくできてない。働かにゃ。
f0044063_11302552.jpg

通訳の日、ランチで皆でスラサック駅前の「EASTIN GRAND HOTEL SATHORN」のビュッフェへ。悪くない。が、タイ人の子が「こうやって食べたほうが美味しい」とパッションフルーツに砂糖とナンプラーを入れてしっかりかき混ぜたものを「食べてみて」と言う。パッションフルーツにも甘しょっぱさを求めるの?!とびっくり。その子の家庭ではいつもそうやって食べるらしく、でも他のタイ人の子は「えー」と敬遠していたから、誰でもそう食べるわけではないらしい。軽くカルチャーショックだった。せっかく作ってくれたので完食したけど、もういらない。

こういうホテルでのランチビュッフェにある寿司って大抵美味しくない。でもついつい食べてしまう自分に、「ああ、やっぱり私は日本人」と感じる。

で、通訳として入っている研修第1グループが3日間研修の打ち上げに私も誘ってくれて行ったら、女8人中ビール頼んだの私だけ。皆マンゴーシェークとか非アルコール。そりゃあ誰もが頑張った自分へのささやかなご褒美として打ち上げで酒を飲みたいと思う訳ではないけれど、こんな健全な集まり初めてでこれも最近びっくりしたことの1つ。そう大したことじゃないけど。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2015-02-10 11:47 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

タイ国王誕生日

昨日はタイ国王誕生日、つまり父の日。3連休でバンコクを離れている人も多い。月曜生まれのプミポン国王のシンボルカラーは黄色。昨日は黄色の服を着ている人で街は溢れていた。タイだなあ。
f0044063_14224264.jpg

国王像がプリントされた服を着ている人まで。いくら皇室を敬っていても天皇陛下の誕生日に天皇像がプリントされた服を着る日本人はいるだろうか。タイにおける王室に対する尊敬度合いの違いをひしひしと感じる。
f0044063_1425498.jpg

川沿いに花火見に行きたかったけど、国王誕生日祝い行事を何も見ることなく、何年かぶりに大人のバー「はいりゃん」へ。何を頼んでいいのか分からず、「ピート臭いの」ということでR君にアイラ島産「ARDBEG(アードベッグ)」を選んでもらう。病院の匂い!これが癖になるとたまらんのだろうか。北朝鮮産「ブルーベリーワイン」やら面白い夜だった。今週は日曜日から毎晩酒飲んどる。いかん。

数日前タイ滞在10年以上のベテラン友達と会った際、仕事の愚痴を聞いてもらった。そしたら「仕事は求められる方向、目的が見える。生身の人間を相手とする訳の分からない育児に比べたら仕事なんてどれだけ楽か。皆がオフィスで『月曜日かあ』と浮かない顔しとるのと比べて、机向かってコンピューター開く私なんてウキウキだもんね〜。」と。母親強し。

しかし「早く子供作ったほうがいいよ」と言ってくる世間の無神経な人々。身内ならともかく、余計なお世話もいいとこだ。「子供がおった方が幸せ」という価値観押し付けてほしくない。欲しくても不妊で悩んどる人も多いのに、人によってはさりげなくとても傷つく一言。親切心からだろうけど、全然親切じゃない。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-12-06 14:51 | Trackback | Comments(4)

酒に飲まれてしまった。

先週木曜日の夜。「MY PORCH」でのワインの会に初参加。4種の料理とワインのコース。参加人数が10人弱でこじんまりとアットホームな雰囲気の中、面白い方々に出会えて楽しく美味しいひと時。2次会は「KENJI'S LAB」。ここでもまたワインやらハイボールやら。

タクシー拾ってベロンベロンで午前4時過ぎ帰宅。10時過ぎ起きて昨日使ったかばんを見て呆然。PC、iPhone、財布の中の千バーツ札数枚、オーダーメイドで作ってもらったmuzinaのサンダル、ない。しばらく状況がつかめなかった。タクシーで寝てしまい、その間に運転手にかばんの中身色々取られたようだ。

SIはもうスイス。一人動揺し、泣きべその中、同じアパートの住民でタイ語ぺらぺらリチャードさんにすごく助けてもらった。彼の部屋でお茶飲ませてもらい、状況説明し、色々助言してもらい、少し落ち着いてきて「本当何が起きるか分からない」とぼそっと言ったら、「実は10年以上連れ添った妻と先月から別居しててね・・」と。その横では彼の幼い娘が母の日の発表会でタイの伝統的な舞踊の格好をし、冠つけてお化粧までして可愛く踊りの練習をリビングでしていた。ガーーン、私の泥酔おばか事件に比べたらそんなことになってたんだ。奥さんはタイ人。娘の教育法についてなど、文化・価値観の違いがいかに大変かと、そこから話は人生について、タイの政治状況について、などなど深くなっていき何時間も座り込んでしまった。

携帯会社の契約はSIの名前になってて、元の番号取り戻す手続きするにもSIは山の中で数泊過ごすハイキングの最中でラララとハイジの世界。連絡がとれない。昨日やっと番号取り戻せた。手続き面倒臭かった。行く度に用意しんといかんという書類の内容が違うし。怒

これから物価が高いおスイス行くというときにPC、携帯買い直しはとてもつらい。欲しくもないガジットで6万バーツ以上(20万円以上)使っている場合じゃない。外付けハードドライブも一緒に盗られた。一部仕事、音楽、写真のデータは2度と戻って来ない。これは本当につらい。「MAC AIR軽い〜!」なんて喜べない(でもピカピカ。軽い。薄いぜ)。

こんなんだったもんで、世間は土曜日から今日まで連休で多くの人が旅行したり楽しい時間を過ごしているが、私は超凹みつつ、もそもそ携帯会社行ったり、PCやら買いに行ったり、「WALDEN CAFE & BAR」で癒してもらったり、PC設定したり、仕事したり、連休のデパートののーそのそ歩き行く道を塞ぐ大量の人間にイライラし、今は荷造りお手上げで現実逃避中(温度差が激しい欧州3週間、持って行きたいものが多過ぎ)。楽しそうなパーティー多かったけど、酒の場に行くのが怖いというびびりの暗い日々だ。と言いつつもう結構開き直って元気かも。青空とMADLIBのお陰で。

多くの人に「気を付けて」、「タクシーで寝ちゃ駄目だよ」と言われた。分かりきっていることなのに、相当酔っていたんだな、そこまで飲んで、タクシーでちょっと寝ちゃって、物をかばんから抜かれてもかばんが軽くなったことに一切気付かずにいたなんて。ある程度酔うとどれだけ酔ってるのか把握できず「まだ大丈夫」と飲み続けてしまう酔っぱらい人間のおバカな「あるある」状況に陥った。それ以来冷蔵庫開けてビールが目に入る度にドキッとする。

レイプされたり変なところに連れて行かれなかったことが何より。本当アホ臭い。お父さんお母さんごめんなさい。皆様分かりきっていることですが、改めて。お酒とタクシーには気を付けてください。もう本当情けない。強くなるぞ(酒にじゃなくて、精神的という意味で)。

パワーストーンとか月のパワーとかパワースポットとかあんまり興味ないけど、すがる思いでスーパームーンに願い事してしまった。
f0044063_1321109.jpg

もう荷造り嫌だ。家の中ぐっちゃぐちゃ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-08-12 13:34 | ちょっとしたつぶやき | Trackback | Comments(4)

アリーで寿司「SOUSAKU」

昨日は仕事頑張ったので、同僚と仕事帰りにアリー・ソイ2にあるタイ人経営寿司屋「SOUSAKU」へ。注文する前から付き出しの枝豆と一緒に味噌汁がでてきたのが気に入らんかったけど、美味しく頂きました。わざわざ来る程ではないが、近所なのでまあまた来てもいいかな、という感じ。6時過ぎで狭い店内は満席。
f0044063_19545564.jpg

しかしソイ・アリーは寿司を食べられる店がソイ毎にある密集ぶり。
f0044063_19553024.jpg

今日フランス語のクラスのクラスメート達とご飯を食べていたら、アメリカ人Gが「タイはゲイが多いよね」と。そしたらタイ人Pが、ケンチキのせいだ、と。ケンチキで使用する鶏は大量生産で変な薬品沢山摂取しているから、そのせいでゲイやらトムボーイやら性のマイノリティーがこの国は多いんじゃないかとこの前友達と話してたの、と聞いてびっくり。なんと斬新な仮説。
f0044063_19554825.jpg

寿司大好き。寿司、愛してるぜ。(「ピンポン」のオババの「ペコ、愛してるぜ」風に) ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたと、心配です。父様の一人用鍋にぎっしり米が詰まった鰻丼が食べたい。

今週末もBEERVANAはイベント開催。今月はイベント続きで皆働きまくってます。私は今週末海脱出できるかや。
カリフォルニア発ANDERSON VALLEYタップ・テイクオーバー@ROADHOUSE BBQ:
http://beervanabkk.blogspot.com/2014/06/615-anderson-valley-roadhouse-bbq.html

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-06-12 20:03 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

RED BULLパーティー、夜間外出禁止令

先週レッドブル・ヨーロッパ主催パーティーに行った。SIが招待状を貰い、招待客のみというROCKACADEMYでのパーティーだったのだが、別に面白くもなく、タダ酒ちょっと飲んでさっさと帰った。タキシードの描かれたピチピチ全身タイツを着ていたウェイターだけが面白かった。チンコが浮き彫りで笑えた。ちょっと可哀想。格好つけてじゃなくて、恥ずかしくて彼らの多くがサングラスをかけとったのかも知れん。
f0044063_1242624.jpg

レッドブル・ヨーロッパがタイに上陸したのが1年前。Xゲームや音楽に力を入れていることで世界的に知られているブランド。日本や米国のミュージックアカデミーのラインナップを見ては羨ましく感じる。ここタイでも面白いことやってくれるのかと期待したものの、別に。こんな「招待客限定」パーティーなんかより、一般の楽しいことが好きな人たちのためのイベントやってくれんかや。招待客限定、ヒップスター、ハイソー、どうでもいい。

+++++++++++

パーティーと言えば、タイはクーデターが宣言され、夜間外出禁止令が出ているものの、結構クラブは営業している。外出禁止令が出た初日でさえDJ ZINCのパーティーは予定通り行なわれた。22:00-05:00外出禁止なら、22時前に入場して朝5時までパーティーしよう、と。大型海外アーティストは来タイをキャンセルしているものの、ローカルDJらによるイベントは結構やっとる。夜中でも中心部ならタクシー普通に見つかるし、もしチェックポイントで止められても、どう見ても政治活動参加者に見えんかったらすぐ通してもらえる、とか。

今回の夜間外出禁止令は多くの人があんまり緊張感をもっていない気がする。前回はまだオンヌットに住んどって、白昼堂々と近所のコンビニのガラスを壊して沢山の人が商品を勝手に持ち出していたり、公衆電話のガラスがバリバリ割られたり、暴動でSIが出店したばかりだったデパート「ZEN」の店舗は燃えた。サイアムスクエアのお店も暴動で燃やされないか、盗難に遭わないか心配で心配で仕方なかったけど夜間外出禁止令発令中だし、サイアムスクエア自体一般人は出入り禁止となり、パウロがメディア関係者のふりをして見に行ってくれた(パウロ!)。

今日から外出禁止時間が短縮されたものの、来週末、その次の週末と大型イベントをPREDUCEは予定していて、時間規制ありながら実行するか、予定変更するべきかそれなりの金額が動いているので日々悶々している。多くのレストランが臨時でランチ営業したり、通常より早い時間から営業開始したり、身の危険はそう感じないとしても皆生き残りで大変だ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-05-28 14:00 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

マンゴー安い。幸せ。

f0044063_0403612.jpg

まあとにかくマンゴーが旬で安い。数日前道端で少々小さめだが1つ5バーツで売っとったのを7つ購入。約110円。うちの近所にできた内装は可愛いけど、特に美味しくもないカプチーノ1杯の半額。年中いつでもマンゴーラッシーやら家で楽しめるよう、旬が終わる前に買い溜め。切って切ってフリーザーバッグいっぱいに凍らせた。

マンゴーの一番美味いのは細長くて平たい種周り。骨付きカルビのように行儀悪く、テや口周りがベトベトになるのも気にせず、かじる。海苔巻きの端切れや揚げたて熱々の唐揚げのように、台所にいる人間の特権。でも1人でボケーっと台所の窓からアホのように暑い外を眺めて果肉が結構付いとる種を6個連続でかじったらちょっと気持ち悪くなった。また買わにゃ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-05-21 01:08 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(2)