クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

タグ:フランス料理 ( 4 ) タグの人気記事

LE NORMANDIE @MANDARIN ORIENTAL HOTEL

月曜日は2周年結婚記念日だった。もう2年。たった2年。早い。お祝いはこれだけ長年住んでいながら1度も行ったことがなかった由緒あるオリエンタルホテルのフランス料理レストラン「LE NORMANDIE(ル・ノルマンディー)」に行くことにした。当日はお互い忙しく時間に追われていたので、翌日予約しようとしたらランチ満席。旧正月休暇で賑やかな時期とは言え、驚き。結局木曜日に出掛けた。

サトーン桟橋で眉毛犬に見送られながらホテル専用船で向かう。
f0044063_13204091.jpg

平日に休みを取り、お祝いランチに船でオリエンタルホテル。贅沢。幸せ。シャンパンから始まり、素晴らしいサービスを受けながら
f0044063_1327352.jpg

ゆったりとワインを飲みつつ美味しい料理を堪能しました。
f0044063_1328037.jpg

デザートはワゴンから好きなものを選ぶとチョコレートソースなどこんな可愛く描いてくれる。でもお腹いっぱいでほ完食不可。もう今後3年位クリームやケーキは要らない、と思った程苦しかった。
f0044063_13305036.jpg

ナイトマーケットに高島屋、チャオプラヤー川沿いの開発がどんどん進むバンコク。仕方ないが寂しくもある。
f0044063_13364154.jpg

結婚祝いなんです、とウェイターの方に会話しているとき伝えたら特別ケーキを用意して、持ち帰った。

これだけ高品質のホテルが多いバンコクでも、やはりオリエンタルホテルは格別。SIも喜んでくれて満腹で帰りのタクシーは口を開けて寝とった。良かった良かった。お値段も一流だったけど。ひー。
f0044063_1411759.jpg


++++++++++++++++++

チャオプラヤ川と言えば、今読み直している向田邦子のエッセイ集「眠る盃」にこんな文章がある:

『バンコックの街を流れるメナム河の対岸に、トンブリという街がある。
十年ほど前、私はここのタイ人の家に客として一週間を過ごしたのだが、この時の説明によると、日本語のドンブリの語源はこのトンブリだという。タイには古くから宋胡録(ソンコロク)とかベンチャロンと呼ばれるやきものがあるから、当たっているのかもしれない。』

これは1978年に書かれたもの。「トンブリ→ドンブリ(丼)」という語源説に驚き、「メナム河(チャオプラヤ川)」という響きに惹かれる。流れる空気が当時どれだけ緩やかだったんだろう(今でも多くのタイ人の歩く遅さに時々発狂しそうになるけど)。さらに『路上で商う1杯1バーツ(十八円ほど)の魚の浮き袋入りカレーライスは・・・』とも。1バーツ! 

また、彼女は1970年、バンコクのシャム猫協会会長宅で出会ったコラット(コラート)猫に一目惚れし、2匹譲り受けている。古くから銀猫と呼ばれ、王妃の結婚祝いの引き出物に使われるそう。バンコク、猫、家族愛、食欲。向田邦子大好き。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2015-03-02 16:56 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

やっぱりビエンチャンはおいしい!

1泊だけだけどビエンチャンに行って来ました。ウドンタ−二まで飛んで、タイとラオスを結ぶメコン川を国境線として架かるタイ・ラオス友好橋のあるノーンカイまで空港からミニバンで150バーツで行って、タイ出国手続きして20バーツだかのバスで橋渡ってラオス入国手続きしてトゥクトゥク100バーツでビエンチャンまで行って、と陸地で国境越えるのは何だかややこしかった。
が、首都なのに全然ごみごみしてなくてのんびりしたビエンチャンには癒されます。バイクで曲がっちゃいかんとこ曲がって警察に止められて1000バーツ請求されたときはドキドキしたけど (でも300バーツで逃れることができました。1000はないぜ) 。
で、今回もフランス植民地時代の影響を残すラオスで、安くておいしいフランスパンやワインに満足。タイも料理がそりゃおいしいけど、ワインが高いのは悲しい。ナンプー (町の中心にある噴水) のすぐ近くにあるでっかい樽が目印のワイン屋でワインを買って、スカンジナビアン・ベーカリーでおいしいオニオンキッシュ食べて、夜はやはりナンプー広場にあるフレンチレストラン「LA CAVE DES CHATEAUX」へ。こじんまりとして、静かにジャズが流れる素敵なレストランです。湿気もなく涼しくて気持ちが良かったので屋外の席で食事しました。
               Photobucket
食器が可愛くて、料理を注文する前からテンションが上がってしまった。赤ワインのカラフ (500ml) 、フランスパン (すごくおいしいバター付) 、スープ&ステーキ (200g、3種のソース、グリルドポテト3つ) &フルーツのセット、サラダ&南フランス風ピザで730バーツ。安い。どーーでかいピザはお菓子のようにパリパリに薄く、トマト、青カビチーズ、生ハムがたっぷり乗ってておいしかった。
 PhotobucketPhotobucketPhotobucket
 PhotobucketPhotobucketPhotobucket
翌朝も前夜の大量食いで胃が少々もたれつつ、バゲットサンド、濃厚ラオスコーヒーとドロッと濃厚フレッシュマンゴージュースを堪能。
             Photobucket
ビエンチャンで2日連続で見かけた怪しい西洋人のおじさんは、ショートパンツとなぜか長靴、ウエストポーチをヘソ上に巻き、猛烈に濃くボーボーな眉毛、そしてカバンのようにいかにも必需品的にプラスチックのアイスボックスを持ってMYビアジョッキで路上でもどこでもビールを飲んでいた。どんなバックグラウンドを持った方なのか、話しかけたくて仕方なかったがいきなり話しかけられるわけない。心残りです。
ノーンカイにトゥクトゥクで向かう約40分の道中、のどかに草を食べるやせ細った牛やヤギ、仕事もせず日中からボーっと家の前に座って何もしてない男性方 (東南アジアだなぁ) を眺めながら、キンキンに冷えたラオスビールを行儀悪くラッパ飲み。美味しい!いい年してタンクトップの裏表が逆なことにさっぱり気付かず国境を越えてタイに戻って来ました。
             Photobucket
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2008-05-30 18:16 | | Trackback | Comments(6)

MES AMIS @トンロー・ソイ5でフランス料理を食べた

今日は誕生日でした。別にあんまりめでたくもないんだけど、ここまで育ててくれてお父さんお母さんありがとう、と本当に頭が下がります。でも私は基本的に暗いし悲観主義者なので、んー、本当は別に生まれてきたくなかったんだけどな、とも心の隅で思ったり。が、そんなこと言ったら無償の愛で育ててくれた両親に失礼極まりなし。三谷町の近所の家の親子喧嘩で、息子が「生んでくれなんて頼まんかったわ」と言ったら激怒中の母が「こっちだってあんたが出てくるって知っとったら生んどらんかったわ!」と激しいやりとりがあった話を今ふと思い出しました。親だって子供欲しいと思って作ったもののどんな子が出てくるか分からないからギャンブルのようなもんだし、子も生を授かったら生き抜くしかないし、皆大変です。とにかく誕生日についてどう受け止めていようが、家族や友達から日付が10日になった瞬間から「おめでとう」と言ってもらったりメールが届いたり、プレゼント頂いたりとても嬉しかったです。
で、今晩はDMGがトンロー・ソイ5のフランス料理店「MES AMIS(メザミー)」に連れて行ってくれました。
私:人生初のエスカルゴ&ガーリックブレッド、シーフードクレープ
DMG:クラブ(蟹)ケーキ、カリカリ鴨のオレンジソース添え
 PhotobucketPhotobucketPhotobucket
       PhotobucketPhotobucket
エスカルゴは手術用具のようなものと小さなフォークが出てきた瞬間硬直(写真上段真ん中)。ナイフとフォークさえ苦手なのに、こんなもの使って食べるなんて絶対隣のテーブルにエスカルゴ飛ばす、と緊張してしまった。私は鈍臭いです。が、余裕で身が取れて安心。DMGが「エスカルゴはとにかくグニャグニャしとる」と言ってたけどそうでもなかった。とにかくバターとガーリックたっぷりで、さらにバターとガーリックたっぷりのガーリックブレッドはきつかったです。黒い身を食べながら56ちゃん宅で飼ってる巨大な焦茶のかたつむり達とレタスの山が脳裏に浮かぶし。
メインディッシュのシーフードクレープはぷりぷり海老やほたて、鮭、イカ、ムール貝等たっぷり入ってこってりチーズソースでお腹がはちきれそうだった。ジントニックの爽やかな苦みなしでは食べきることができませんでした。おいしいけど重い。普段粗食で生きてる胃にかなりガツンと来ました。でもおいしかったしサービスも行き届いていて気持ちのよいレストランでした。他にビール2杯飲んで3千バーツまでは行かなかったくらいだと思います。
MES AMIS、今月15日で閉店だそうです。今の土地は借りているため立ち退きしなければならず、次の良いロケーションが見つかるまでお待ちくださいね、とのこと。
昔アリーヤが「AGE AIN'T NOTHING BUT A NUMBER(年齢なんてただの数字)」と歌ってたし、普段は年齢についてそう気にしないけど、最近色々自分の将来について考えます。仕事のこと、一体いつまでバンコク生活が続くのか、とにかく私は何をしたくて何をしようとしてるのか、など。ちょっと子供欲しいなと思ったり、でもペットじゃないんだから「可愛い」「欲しい」ってだけで作るもんじゃないに、と自分につっこんでみたり。とにかく落ち着きたいのかなと考えだすと、じゃあ「落ち着く」の定義って何なんだと自分自身に問いかけてみて明確な答えが出ず、訳分からんです。色々不安に駆られて弱気になる時期なだけかも。先の見えない不安に怖くなる。DMGとのお付き合いも5年以上。君の将来計画って何?その中に私と何かしたい、しようっていう要素はあるの?それともうちらは惰性で一緒にいるだけだと思う?と先程試しに聞いてみた。仕事だって恋愛だって中途半端なら時間の無駄だし、年齢を重ねるほど何か失ったとき色々取り戻すことが難しくなっていくような気がするので。そしたら、まずとにかく自分の会社がしっかり利益生むようにならんといかんで、具体的なことは会社をそういう状態に持っていけるまで分からんでしょ、と。答えになってるのかなってないのか、よう分からん。私何色々焦ったり、不安になってるんだろ。でも急に明日になればそんなモヤモヤ一気に吹っ切れて元気に仕事してる可能性も大。たかが誕生日、されど誕生日。皆の将来計画聞く前に自分がどうしたいのか明確にしなくては。こうしてバンコク生活は続くのだ。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2008-03-11 02:30 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(10)

ビエンチャン行って来ました<2日目>

ビエンチャン2日目。旧フランス領だったことから、洒落たカジュアルフレンチカフェ、レストラン、屋台フランスパンサンドイッチ、そして安いワイン、と制覇しないといけないことが色々有り。
ランチはホテルからも遠くなく、ホテルのスタッフもおすすめのSIHOM RD.にある小さな2階建てのフレンチレストラン「LE SILAPA」へ。今日のスープかサラダ、3品から選べるメイン料理、デザート、コーヒーか紅茶というコースで$8。それにグラス(大)のホワイトワイン$3.75。ワイン安い!ワインが妙に高いタイと大違い。メインの白身魚とマンゴーソース、美味しかった。が、偏見持たずに世界中どんな料理でも食べれるけど、個人的にやっぱり魚は塩焼き、醤油/味噌煮など、アジアの味付け+米だよな、と確信。勿論すべて美味しかったし、ウェイターのマナーもぱりっとしてて、オーナーらしきダンディーなフランス人男性も素敵で、満足。
 PhotobucketPhotobucketPhotobucket
このワイングラス(大)っていうのが思ったより量があって、午後からほろ酔いで町の中心にあるナンプー(噴水)へ。大きな樽が目印のワインショップ&バー発見。$10以下のお手頃でおいしそうなフランス産ワインがたっぷり。数本買って、道端で西洋と東洋の融合的味が何とも言えないフランスパンのサンドイッチを買って、ラオスビール買って、好きな音楽がたっぷり入ったMP3を聴きながら、のたのたメコン川沿いをずらっと並ぶ屋台覗いたり人間観察しながらずっと歩いてホテルに戻りました。
タクシーにしろ乗り合いバスにしろ、バンコクより高かった。ぼられてるの分かってたけど、どうでもよくてそこまで熱心に交渉せずカルマの法則を思って今回の旅では払ってしまった。でも運ちゃんの誰もがガンジャ、ハシシュ、さらにオピウムまで熱心に売ってこようとするのでびっくりした。オピウム?オピウム=阿片?歴史で習った阿片戦争のあの阿片??と。怖い怖い。
3日目朝のフライトでバンコク戻るのに、私の名前が乗客リストに載ってなくてパニック。ちゃんとEチケットには「CONFIRMED」って書いてあるのに。結局国際線なのにフライト15分前まで空港のチェックインルームのベンチで半べそでタイ航空のスタッフ達を睨んで空席待ちで呼ばれるのを待ってました。帰れて良かった。じゃなきゃ仕事面でえらいことになってました。
ラオス、良いです。今度はラオスでも町全体が世界遺産のルアンパパーンに行きたい。フランスパンかじって、ビアラオとワイン飲んでまったり自転車に乗ってぐるぐるして、楽しそう。ラオスは美味しい。そして、ラオス人の元彼と背丈も顔つきも似た男性が多くて、「なるほどね」と妙に納得してしまった。ああ、ここが彼の生まれたところなんだな、と。当たり前なんだけど。
               ↓収穫品の一部
              Photobucket
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2008-02-15 19:03 | | Trackback | Comments(2)