クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

タグ:ベトナム料理 ( 9 ) タグの人気記事

ベトナム北部旅行 - ハノイ<2> ビアホイや美味しいベトナム料理

北ベトナムと言えばビアホイ。ビアホイ(BIA HOI)とは「フレッシュビール(新鮮なビール)」という意味らしい。その歴史は、ベトナムでは1890年代にビールの醸造方法がフランス人により紹介され、当時醸造所は1ヶ所「HOMMEL BREWERY」しかなく、高級だったので裕福な人たちだけの飲み物だった。フランスが1954年にベトナムを撤退後、HOMMEL醸造所は「ハノイ醸造所」と改名。熟成時間が非常に短く、アルコール度数が低い生ビール「ビアホイ」を誕生させた。低いプラスチックの椅子に座って飲むビアホイは、北ベトナム文化のイメージの1つなり現在に至る。と言うことで、旧市街地の宿にチェックインしてから早速フォーを堪能後、どこでビアホイを体験しようかブラブラする。月曜日の昼下がり、どこのビアホイ屋も賑わっている。
f0044063_19285585.jpg
多少溢れても平気でドボドボとホースで結構大胆にグラスに注ぎ、持ってきてくれる。皆色々つまみながら飲んで、隣の酔っ払いおじさんは「俺は9杯も飲んだ」と何度もベトナム語とジェスチャーで自慢してくる。ベトナムらしい低いプラスチックの椅子に座り、人間観察しながら安いビールを明るいうちから飲む。幸せ。
f0044063_19331979.jpg
初めて行ったビアホイ屋ではグラス1杯9000ドン(40数円)。安!フォー屋でペットボトルの水が1万ドンだった。水より安い。

ビアホイ&炭火焼の豚。
f0044063_19365192.jpg
ウィキペディアには「ビアホイの製造方法は非公式なもので、健康・衛生機関により監視されていない」とある。不衛生なのか?うちらはタイ生活長いし、屋台グルメ大好きなので何も気にせず飲んどった。美味しいもん。

フォーも美味しかった。ホーチミンだと茶色のソースやもやし、ハーブなど大盛り出されるけど、ハノイのフォーはシンプルで、茶色ソースないし、ライムとチリソースだけだったり。ホイアン行った時「茶色のソースなんて邪道」みたいに言われたけど、北部料理は中国料理の影響を受けてシンプルな味付けが主流らしいので、そういうもんなのか。フォー大好き。5万ドンくらい(230円くらい)の小確幸。
f0044063_19485818.jpg
PHO THINなど有名店にも行きたかったけど、ホテルに近くスタッフにおすすめしてもらった「PHO CUONG」へ。ここもシンプルで肉の出汁が効いたスープにネギたっぷり。美味しい。
f0044063_19564128.jpg
ヌックマムをベースにしたつけ汁に、炭火で炙り甘辛いタレに絡めた豚肉と野菜、米麺を入れた料理「ブンチャー」。人気店「DAC KIM」にてブンチャー&揚げ春巻きセット。ハノイビール小瓶2万ドン(約93円)。安い。
f0044063_20040988.jpg
東洋と西洋が出会ったベトナム風サンドイッチ、バインミーも勿論。お姉さんの足元の大量の肉が気になりつつ、炭火で炙る肉とバゲットにうっとり。
f0044063_20071366.jpg
f0044063_20072212.jpg
旅先ではたくさん歩くうちら。町を知るため、そしてお腹を空かせるため。ハノイ2日間、沢山歩いて食べて飲んだけど、食べられず残念だった場所多数。道端で地元の人たちが食べとるものを覗いては食べたくなる。ハノイは美味しい。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2016-10-24 20:14 | | Trackback | Comments(0)

「SAIGON RECIPE (サイゴン・レシピ)」美味しい。

大学時代からの友Kがパリ→ヤンゴン→バンコクと寄ってくれた1週間。よく食べた。Kちゃん、いい体して色っぽいのによく食べる食べる。屋台食大好き、チャレンジ精神旺盛、「美味しい、美味しい」と食べる姿にこっちが嬉しくなる。旅は食!

女友達とランチなんて激稀。日中にランチでトンローなんて激稀。キャッキャキャッキャ出掛けた。日本人にはもうすっかりおなじみのベトナム料理屋「SAIGON RECIPE」、初めて(やっと)行った。もうアリーに住んどるとスクンビットに出掛けるのが面倒臭くて。こうやって実際に行けば楽しいだけど、日中仕事以外でスクンビットに行こうと思うまでの道のりは、とても長い。

ああ、可愛い。
f0044063_192428.jpg

生春巻きも揚げ春巻きも牛肉フォーもレモングラスジュースも、ああ、美味しい。
f0044063_1101567.jpg

美味しくてテンション上がったKが「私が飛行機代出すでさあ、ひたすら食べて可愛い食器探しに弾丸ホーチミン1泊でも行こうよう。」と言い出す。かなり心が揺れたけど、お互い冷静にもう少し考えて、結局行かんかった。また今度。

今日は国際ビールの日なのに、ビールを飲まずにあと25分で今日が終わっちゃう。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2016-08-06 01:35 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

ホーチミン <1>

日本から帰国し、休む間もなく次はホーチミンへ。仕事をいただけるのは大変にありがたいので弱音を吐いてはいけないが、しんどい。(写真はホーチミン市博物館)
f0044063_10573744.jpg

が、ホーチミンでは先月1区にオープンしたばかりのプルマンホテル3泊。やったね。スタッフは皆とても丁寧・親切で気持ち良かった。ビュッフェのパンがすっごく美味しい。さすがベトナム。で、16階の角部屋に泊まったけど、部屋の真ん中にドーンと浴槽。何か恥ずかしい。実用的で普通の部屋のが落ち着く私には、いくら夫であるSIと泊まったとしてもこういうのは何だか落ち着かない。ラブホテルみたい。しかも初日に真ん中の白い仕切り壁で思いっきり頭をぶつけ、小さいたんこぶをおでこにこさえながらのホーチミン滞在となった。寝ぼけて洗面所からベッドに戻るとき、要注意です。
f0044063_110573.jpg

細長い建物が多い街。おもちゃみたい。
f0044063_1132798.jpg

フィリピンを襲った大型台風の影響で、11月7日の朝は起きたらここも大雨で冠水状態。
f0044063_1154131.jpg

仕事自体はぶっ倒れそうだったけど、日々しょぼい私を支えてくれたのは美味しい濃厚ベトナムコーヒーと(写真はレトロなCAFE CIAO)、
f0044063_1173067.jpg

美味しい料理。毎晩食べて飲んで腹一杯。

貝のココナッツミルク煮。
f0044063_1184571.jpg

フォー付け合わせ野菜が絵になる。フエとベトナム中央部料理専門店「DON PHO」。ここは春巻きセットが見た目も綺麗で美味しかった。
f0044063_11112345.jpg

写真ないけど、2区にあるフランス料理店「TROIS GOURMANDS」も美味しかった。手頃な値段、しかもワイン持込み料無料で、必ずレストラン手作りのチーズセットが付く。また行きたい。

しかしホーチミンに来る度に圧倒されるバイクの量。マスクの大きさ、完全防備具合はバンコク以上です。皆たくましい。
f0044063_11143013.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2013-11-17 11:18 | | Trackback | Comments(0)

ベトナム旅行後半はホイアン<3>食事編

ホーチミンでも美味しいものを沢山食べたけど、ホイアンも美味しかった!近辺の有機栽培による新鮮なハーブを使用し、中国や日本、ヨーロッパなど何世紀にも渡り外部の影響を受けたこともあり、ベトナム中央部の料理は国内で最も複雑で風味豊かとされるそう。時間があれば、数多くある料理教室に参加したかった。

ホイアンの有名料理家MS. VY。戦後ホイアンで外国人観光客のために最初に英語メニューを提供し、今でも人気を誇る「MERMAID」をオープン。ここのメニュー本の最後には、彼女がいかに年老いた両親が屋台を辞めるのを残念に思い、自身がレストランオープンにこぎ着けたか、また、当時限られた食材の中でいかに外国人にリクエストされた西洋料理を作り上げたかエピソードが書いてありとても面白い。1975年以降食料が配給制となったことにも起因し、年配の露天商人たちが商売を断念しなければならなく、独特なベトナム料理、特に中央部のレシピを残そうと奮闘。

マーメイドのバナナの花のサラダ
f0044063_17371629.jpg

そしてどのガイドブックにも掲載され、知り合いにもホテルの人にも強く薦められたMS.VYのもう1つのレストラン「MORNING GLORY」。毎晩テーブルを空くのを待つお客さんがいました。
1階にはオープンキッチンがあり、簡単な料理はここで用意。
f0044063_17414520.jpg

海老すり身のさとうきび巻き
f0044063_1746361.jpg

中央部名物「カオ・ラウ」。太麺で食べ応えあり。でも特にグッと来んかった。
f0044063_1747722.jpg

白米茶碗2杯ペロッといけそうだったのが、バナナの葉で包まれた魚。また食べたい。どんなハーブ使ってるんだろう。
f0044063_17494015.jpg

おいしいレストランもいいけど、どこに行ってもやっぱり地元の人が食べてる物を食べたい。屋台飯もしっかり楽しみました。
f0044063_17533667.jpg

日本橋を眺めながら青空の下ビールとチキンライス。
f0044063_17544172.jpg

中央市場では色々食べるものがあったけど、迷ってベトナム旅行最後のフォー。
f0044063_17585587.jpg

ホイアンでは他の場所でもフォー食べたけど、ホーチミンのようにブラウンソースや、山盛りハーブが出て来ない。代わりに辛味の効いた漬け物っぽいやつが出された。幸せ。
f0044063_17592144.jpg

夜空港で食べるようにベトナム風サンドイッチ「バイン・ミー」を持ち帰り。
f0044063_1803586.jpg


こうして7泊ベトナム旅行終了。ベトナム、美味しい!酒安い!次はハノイやフエに行きたい。バンコクで1番本場に近いベトナム料理が食べられるレストランはどこだろう。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-12-23 15:00 | | Trackback | Comments(0)

ホーチミン2日目はバイクでクルージング、ティエンハウ廟などなど。

ホーチミンでは毎日バイク2台、2人乗りで街をクルージング。
f0044063_14285830.jpg

が、ホーチミンはバイクの量が半端ない。ドワーっとバイクに囲まれると恐ろしい。交差点や勘定交差点は、もう、恐ろしい。でも運転が決して荒いわけではなく、皆「バンコクでバイク乗る方がもっと怖いよ。車多いし、運転もっと荒いし」と。でもホーチミンでのバイク生活は楽しいながらも、圧倒され、延々と聞こえるクラクションの音に疲れ、ヒヤッととする瞬間が1日に必ず1度はあり、特に1日目の夕方はもう心身共にぐったり。後ろに乗ってるだけだったけど、左右注意し、ダンとケルシーのバイクについて行くの楽じゃなく、さらに恐ろしいバイクの量が走る道路をさらっと渡ろうとする歩行者もいて、まるで障害物をひたすら避けなくちゃいけないビデオゲームのよう。ベトナム人、たくましい!
f0044063_14311678.jpg

70年代のカブが調子悪くなっても、青空修理屋でちゃちゃっと手作り工具まで使ってお安く直してもらえます。
f0044063_024160.jpg

ベトナムは美味い。何頼んでもハーブ大盛り出てきて嬉しい。ビールは非アルコール飲料と値段がそう変わらない。素晴らしい。タイは酒税がいかに高いかを実感。
バインセオで有名な「バインセオ46A」にて。美味しい!
f0044063_1437648.jpg

食後はティエンハウ廟(天后宮)へ。1760年に建立されたベトナム最古の華人寺のひとつで、福建系華人の多くが信仰する航海安全の守り神ティエンハウ(天后聖母)が祀られているそうです。ひっきりなしに参拝者が訪れ、線香の煙が立ち込めてました。
f0044063_073061.jpg

f0044063_075334.jpg

f0044063_081923.jpg

ちょいとお茶休憩。濃厚ベトナムコーヒーを注文すると、多くの店ではたっぷりと冷えたジャスミン茶も一緒に出てきてとても嬉しい。良い習慣だ。
f0044063_010040.jpg

やたらとカラフルで不思議なベトナム独自の宗教「カオダイ教」にもちょっと寄って見ました。色々な神様やヴィクトル・ユーゴーまで祀られている本当に不思議な宗教。色使いも独特。
f0044063_013145.jpg

夕方はBROMA ROOFTOP BARの屋上で、延々とネオンの色が変わり続けるビルを見ながら寝転がってモヒート。良い1日。
f0044063_023557.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-12-18 00:26 | | Trackback | Comments(2)

ベトナムレストラン「DALAD」+日曜日は第2回MUZINAピクニック

この前うちの近所にあるベトナム料理屋「DALAD」へ。BTSアリー駅からソイ・アリーを真っ直ぐ歩いて行くと右手にある、ベトナムの避暑地「ダラット」という名の小さなレストラン。
f0044063_13162079.jpg

店の中はメルヘンチックな雰囲気。バンコクのベトナム料理の店ってメルヘン系多くないか?個人的に可愛らしい内装はちょっと落ち着かないので外の席へ。

NAM NUONG。豚肉、酸っぱいマンゴ、バナナ、色々なハーブ等を生春巻きの皮で巻いてピーナツソースで。
f0044063_13203145.jpg

カオピヤック。優しい味のトロッとした汁と弾力のある細い米麺がたまらん。
f0044063_1322559.jpg

BHI BUN。バジルやパセリ、ミント、人参、豚肉、春巻き等をソースをかけてワッシワッシと混ぜて食べます。
f0044063_13251513.jpg

あとアイスティーを2つ注文して合計400バーツくらい(約千円)。良心的。ベトナム人ハーフの友人は「これはベトナム料理じゃない」と言ってたけど、ちょっとタイ現地化されたベトナム料理と思って食べれば普通に美味しいと思う。

その友人が来年ホーチミンに引っ越す。ドうまいベトナム風バインミーサンドイッチ屋台に連れて行きたい、絶対おいでん、と行ってくれているので是非行きたい。来年の旅行候補地ナンバー1。ミャンマーもスリランカもネパールも行きたい。貯金もしたい。金が欲しい。

DALAD(ダラット)
36/7 PHAHON YOTHIN SOI 7 (ARI)
毎日営業 / 11:00-22:00

f0044063_13313411.jpg

今週日曜日、MUZINAピクニック第2弾。今回はフリーマーケットもあるそうです。翌日心臓ばくばくの通訳の仕事があるので、緊張をほぐしに行かにゃ。開催時間は15:00〜19:00ですよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-12-15 13:54 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

THE CAMBODIAN SPACE PROJECTライブ!@OPPOSITE

土曜日はOPPOSITEで行われた「THE CAMBODIAN SPACE PROJECT」へ(イベント/バンド詳細はこちら)。今年8月にMAFT SAIの「PARADISE BANGKOK」にゲスト出演してた彼女らを見逃してしまったので、とっても楽しみでした。
f0044063_11471560.jpg

ちなみに8月のイベントのフライヤー、大好き。QOTAROO君作。アジアン!宇宙!またこのわら半紙的ザラザラ感がたまらん。
f0044063_1149031.jpg

ボケボケになってしまったけど、程よいこじんまりとした大きさのOPPOSITE。
f0044063_1153313.jpg

毎回ここでの音楽イベントに来ると、90%以上が西洋人という客層に「なぜ?なぜ??」と不思議に思う。どうしてこうも客層が多国籍バンコクなのに偏るんだ???で、皆背が高くてステージが見えないので一番前で座ってライブ満喫。
f0044063_11552431.jpg

ボーカルのカンボジア人女性の声とバンドの演奏に聞き惚れ、GO-GOのノリが楽しくて、ディープな音にナチュラルハイになりそうでした。
f0044063_11571670.jpg

この日はOPPOSITEのキッチンに新メニュー「バインミーサンドイッチ」の登場日でもありました。ハム、レバーペースト、なます、パクチーなどがフランスパンに挟んである、東洋と西洋が融合した何とも美味いベトナム風サンドイッチ。B160で美味しかったです。ハーフ・ベトナムの友人も合格印を出していた。OPPOSITEに行く楽しみが増えた。
f0044063_1234215.jpg

THE CAMBODIAN SPACE PROJECTのメコン川ボートライブ、楽しそう。ゆるゆる東南アジア、青空、ビール、音楽、ボート、ドいい。


この夜私は翌日仕事だったため早い時間にさっさと帰宅。SIは友人と飲み続け、朝6時近く泥酔で帰宅。が、アパートの門の鍵を持っておらず、私を起こすのも悪いとベロンベロンながら判断し、門をよじ登っていたらアパート住み込みの雑用をすべて受け持ってくれているタイ人一家に目撃され、さらに着地に失敗して彼らの目の前で転ぶ。映画「ハングオーバー」並に0時から6時の記憶がほとんどないそうだ。私は私で前日に素敵な日本人男性方とワイン沢山飲んで、SIと帰りに駅前で待ち合わせしたら道端で座って寝てしまい、SIと友人は私を起こすのに少し時間がかかったらしい。30代でこれはまずい、お互い気を付けよう、と只今反省中。せっかくたか君が私のことを「風紀委員長(根はまじめなんです)」と名付けてくれたのに、路上で寝とる場合じゃない。これも父親譲り、にしておこうかや。失敗は成功のもと。

仕事は最近しんどいが、楽しいこと色々あります。WORK HARD, PLAY HARDですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-12-06 12:17 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

ベトナム料理「LITTLE HANOI」

Photobucket

結構前に行ったエンポリアムの5階にあるベトナム料理店「LITTLE HANOI」。お洒落なベジタリアン料理で良く知られた「タマリンド・カフェ」がプロデュースしているレストランです。
まずはベジタリアン生春巻。ピーナッツの味噌ダレじゃなくてちょっと残念。
Photobucket

フォー&鶏(左)とフォー&豚
 Photobucket Photobucket
これにドカーンと出てくるハーブ類をたっぷりとのせて頂きます。
 Photobucket Photobucket
おいしかったんだけど、添加物を使わず健康重視しているんだけど、何だか思っていたものと違うと言うか、もう1回行きたいと思わされなかった。ビーフ注文したのに豚だったり、汁がぬるかったからそこでちゃんと味わう姿勢が失われたのかも知れない。

昨日は牛乳と小さいパン以外食べずほぼ断食でした。定期的な断食は体に良いらしい。全然楽しくはないが。滅入っててベッドの上でひたすらDVDやら見て過ごした日曜日だったんだけど、そんなとき母からメールが。稲沢の祖母は数ヶ月前に脳梗塞で倒れて入院し、退院後も一生懸命リハビリをして頑張っています。それ以来母は頻繁に仕事が暇な時など稲沢に通い、時々祖母は蒲郡の娘(私の母)の家、つまり私の実家に泊まりに来るようになりました。昨日も母は稲沢に行き、その帰りの電車の中からメールをくれ、「あーちゃん(祖母のことをうちではなぜか「あーちゃん」と呼びます)は一人でも何とかお風呂にも入って、喫茶店にいったりでかけて元気になってきました。帰り際、あーちゃんは柱の陰に隠れて泣いてました。おじいちゃん、あーちゃんとの別れがとても切ない日でした。」と。読んで思わずほろっと涙が出てしまった。親子、家族の愛情って凄い。めそめそぐじぐじしている自分がすごく嫌になった。断食なんかしとる場合じゃない。お父さんと船でギマ釣り行きたい。夏ですね。
牛乳と言ったらBLURの「COFFEE AND TV」 。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へアジア在住の日本人によるブログ
[PR]
by miyachoTT | 2009-07-20 21:05 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

ベトナム料理「NGON LAM」@トンローのマーケットプレイス内

Photobucket

危険な24時間経営バーガーキングも入っている、トンローのマーケットプレイス内にあるベトナム料理レストラン「NGON LAM」。安い。家族連れで賑わってました。
       健康・美容に良いレモングラスジュースが美味しかった。
Photobucket

今回は定番で生春巻き&牛肉入りフォー。海老はプリプリとは言えなかったけど、フォーにしてもハーブたっぷりだし脂っこくないし、しつこいけど健康にも美容にもやはり良さそうで、一石二鳥。
Photobucket Photobucket

手頃価格でメニューも豊富。色々試したいけれど、次に行ったらやっぱりフォーを頼んでしまいそう。フォーは外せない。ちょくちょく利用したい、近場のベトナム料理店発見。
21:10 - このブログを更新後にどうしてもまたフォーが食べたくなり、大渋滞のスクンビットを苦労して56ちゃんとバイクでこの店に向かったら、なくなっていた。大ショック。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2008-11-20 17:54 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)