クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

タグ:ラーメン ( 19 ) タグの人気記事

台湾まぜそば「麺屋はなび」@トンロー駅前

先週末、トンロー駅前にできた名古屋発ラーメン屋「麺屋はなび」へ。台湾まぜそば発祥の店だそうだ。

名古屋まぜそば。麺がもちもちして美味しかったけど、タイ在住が長く、辛い料理がSIも私も好きだけど、相当辛かった。途中で頭がモワーンとしてくる位。SIは「辛過ぎると思った日本料理初めて食べた」と(台湾風だけどさ)。
f0044063_19252688.jpg
麺を食べ終わったら、丼に残ったタレにレンゲ1杯の「追い飯」を、と無料でご飯を提供してくれるんだけど、辛過ぎてひき肉が残してしまい、タレにもつけず、白飯そのまま食べた。それでも口の中のヒリヒリが収まらず、コンビニで買ったクッキーかじりながら帰宅。

なんか試合に負けたような悔しい気分。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


[PR]
by miyachoTT | 2016-10-22 19:46 | Trackback | Comments(0)

やった。アリーにもラーメン屋ができた!「豚珍館」

アリーが好きです。うちのアパートは古いので、大家さんがいつか「解体する」「土地を売る」など言い出さないことを願うのみ。最近は外国人がジワジワ増えて来た気がする。ソイの奥に大蔵省国税局があるため朝夕の交通量が多いことと、人気バー「SALT」、「AREE BAR」、「FATBIRD」などのせいで特に週末夜の渋滞と路上駐車の多さにはイラッとするが、完璧な場所なんて存在しないということで、その位我慢我慢。

アリーに安い・早い・美味い中華料理屋とラーメン屋があったらね、なんて前から言ってたら、いつのまにかアリー・ソイ4に「豚珍館」ができていた!可哀想にスクンビットソイ24と22の範囲を何度も何度も引っ越しているラーメン屋。クイーンバークでスケボー後、よくSIが皆で担々麺を食べに行っていたお気に入りのラーメン屋が近所にできて大喜び。建物は何とフィックスギアを取扱う、自転車ファンの集いのカフェ「ARAN」のあった一軒家(ARANはパホンヨティン2に移動)。内装がカフェ時代の雰囲気をしっかり残してて、木製家具など温かくて「お洒落なラーメン屋」。2階はカフェ「CHUBBY CHEEKS BAKERY」。

大盛り過ぎて味噌ラーメン完食できず。
f0044063_18172516.jpg


豚珍館
水曜日休み11:30 - 14:00/17:00 - 23:00

オリンピック東京開催ってそんなに興奮すること?日本政府にはもっと他にやらんといかんことが沢山ある気がする。7年後の日本の夏・・ド暑そう。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2013-09-11 18:30 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

夜中のまる玉ラーメン、カリフォルニア

この前ALEX FACEの展示会の帰りに、久し振りにラーメンを食べに行った。午前1時過ぎに量の多い日本のラーメン食べて、やっぱり翌日胃もたれだった。でもほろ酔いで食べた鶏ベースの濃厚スープ、ネギたっぷり、味玉が美味しかった「まる玉ラーメン」。午前3時まで営業してるので、シーロムに住んでいたら酔った帰りに行ってしまいそうだ。写真はSIが食べたデラックスラーメン。青年は食欲が違うぜ。
f0044063_2240156.jpg

まる玉ラーメンの入口に置いてあった日本語のバンコク風俗専門雑誌。表紙はどでかいロブスターの両爪で乳首を挟まれている裸の女性の写真と、タコに足の指を攻められている写真。性の世界はディープだ。あんなんで興奮するのかや。お笑いっぽい。

今朝SIはロサンゼルスへ仕事で飛んだ。「AGENDA」というストリートファッションブランド、特にスケボーブランドが結集するトレードショーがあるのと、PREDUCEのライダーGENG JAKKARIN (PREDUCE/BILLABONG/CONVERSE)が現地の大会に招待されたから。すごい!私もLAの青い空の下ハンバーガーやタコスやジャンクフードがっつり食べてアジェンダ行きたい。面白いパーティー沢山あるだろうな。何と言ってもSTONES THROWの本拠地じゃないですか。SIがセクシーなカリフォルニアガール達に誘惑されないかしら。もやもや。

以前もアップしたけど、大好きなビデオなのでもう1度。すこーんとLA。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-07-30 23:09 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

「豚笑」で豚骨ラーメン@トンロー・ソイ13日本村内

Photobucket

ちょっと前に確かまだ開店して数ヶ月の豚骨ラーメン専門店「豚笑」へ。日本村の一番奥にあります。
(左)普通の豚骨ラーメン(右)豚笑ラーメン
Photobucket Photobucket

おいしいけど、これと言ってオリジナル性がなかった気がする。既に存在する豚骨ラーメン専門店のパクリっぽい。
餃子は一緒に出されたタレが何だか甘かった。
Photobucket

店員さんは皆丁寧で、母子で来店していたお客さんの子供に話しかけたりいい感じだったんだけど、すぐ近くには山小屋2店舗、もうちょっと先には孔雀堂もあるロケーション。また来てここのラーメンが食べたい、という印象も残らず、どうなんだろ。
               可愛い豚の看板。
Photobucket

リゾートグループ「ANANTARA」のオリジナルシャンプー&トリートメントの効力に現在びっくり中。最近よく絡むのでイライラさせられてた髪がサラサラになり、今日は自分の髪をいじってはニヤニヤしてしまう。難しくて吐き気を覚える仕事を抱え、世間は3連休だろうが普通に仕事しながら週末を過ごすつもりが、Yの嬉しいお誘いでとっても素敵なサービスアパート「ANANTARA BAAN RAJPRASONG ERVICED SUITES」でプチリゾート1泊体験することができました。そのことについてはまた後日。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へアジア在住の日本人によるブログ
[PR]
by miyachoTT | 2009-12-07 02:52 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

OISHI RAMEN (おいしいラーメン) @エカマイ・メジャーコンプレックス

Photobucket

先週ゴロちゃんが「B級ラーメンを食べたい」と言うので、エカマイ・メジャーコンプレックスに入っているOISHI RAMENに初挑戦。金曜日の夜、映画館の真横、ということもあって賑わってました。
Photobucket

まずは餃子。ぬるい。とろっとした甘酢ソースがかかってた。
Photobucket

ゴロちゃんが頼んだラーメン(左)の種類は忘れてしまったが、私の味噌になりきれてない物足りない味噌ラーメン(右)より食べれた。
Photobucket Photobucket

卓上には「MY BIG BOWL RAMEN -私の大きいボールラーメン-」の宣伝が。色々自由にトッピングを選んでオリジナルラーメンを作ってもらえるらしい。が、ちょっと創作しすぎじゃないか。
Photobucket

どの国の料理だって外国に紹介されれば手に入る材料や国民の味嗜好に合わせてある程度現地化されるのは仕方ないとは言え、なんだかなぁ。まあこれだけ食べて200数十バーツというお会計だったのであまり文句は言うべきではないんだけど。同じエカマイのB級拉麵だったらOISHI RAMENとパンちゃん拉麵とどっちがいいかゴロちゃんに聞いたらパンちゃんだそう。私も。っていうかどっちも惹かれない。割高の日本から輸入されたカップヌードルカレー味かサッポロ一番みそラーメンを家で食べたほうが感激します(サッポロ一番みそ味ファン倶楽部が存在するとは!すごい)。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へアジア在住の日本人によるブログ
[PR]
by miyachoTT | 2009-09-14 10:52 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

映画「グラン・トリノ」、「それでも恋するバルセロナ」、「まごころ」、マイケルジャクソン

Photobucket

先日クリント・イーストウッド監督・主演の「グラン・トリノ」を観て涙を流し、鼻水も出てしまう程ガツーーーンと来ました。ミシガンを舞台にモン族を取扱ったこの話、特にタイに住んでいる人間にとってはそういう意味でも興味深いと思います。
「グラン・トリノ」、個人的には自分のミネソタ留学生活の思い出が甦りました。私が送られた大学はミネソタのど田舎の私立大、95%以上は中流階級白人クリスチャン。その他は留学生少々とマイノリティーの子達。そのマイノリティーに多く含まれていたのがラオス人、カンボジア人、モン族の子達でした。常夏東南アジアから年の半分位寒さの厳しい憂鬱な冬世界であるミネソタに渡ってきた彼らの親世代。ベトナム戦争中アメリカについて戦ったモン族は戦後「裏切り者」として国を追われ、ミシガンやミネソタ、ウィスコンシンに移住しました。私の当時付き合っていた彼はラオス人。両親はやはり国を追われて歩いてタイに渡り、アメリカのキリスト教団体の支援を受けてさむーい寒いミネソタに移住しました。彼の実家に行き、ほかほかもち米、タケノコ料理、半分孵化した鶏卵のおいしさを初めて知った当時の私。衝撃的でした。私は寮の生活が嫌で、彼の住んでいたマイノリティーの生徒が10人以上集まって住んでいた一軒家にいりびたりでした。黒人、白人、スパニッシュ、ラオス人、韓国人、モン族、ベトナム、カンボジア人と人種のるつぼでの生活。皆と遊べば、酒が入って勢いつくと必ず人種ジョークが飛ぶ。モン族の子達には「お前達なんて国も旗もない」ときついジョークを飛ばして笑って、でも皆マイノリティーの苦しさを知っているからお互いにとっても優しかった。そしてやっぱり映画の通りギャング問題は身近でした。自分達は大学入れたけど、実家に戻ればコミュニティーの中にギャングやらぎりぎりの危ない生活してる人達がどれだけ多いか、と言ってた。
「グラン・トリノ」お勧めです。子供のとき訳も分からず父の横で「ダーティー・ハリー」を観ていたが、クリント・イーストウッド監督、これからもずっと素晴らしい作品を作っていってほしいです。
Photobucket

もう1本は「それでも恋するバルセロナ (VICKY, CHRISTINA, BARCELONA)」。面白い。ペネロペ美しい。是非女の子同士でワイワイ恋愛議論してほしい映画。私はビッキータイプだと思う。強烈に惹かれる男性に出逢っても、一時的な燃えるような感情なんて消えるもんだし、と長く関係を築くことが可能であろう人を、そして生活能力を求める。まあ所詮男女関係なんてどこでどうなるか分からないものだけど。
おいしくて、バカボンドが読めたトンローのラーメン屋さん「まごころ」が終わった。悲しい。
そして今朝はマイケル・ジャクソンの訃報にショックだった。信じられなかった。まだ50歳。若過ぎる。DJ TO-RU君、DJ TAMAさん、土曜日のQ BARでのパーティーではMJをかけてくれますか?

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へアジア在住の日本人によるブログ
[PR]
by miyachoTT | 2009-06-26 17:11 | 映画 | Trackback | Comments(2)

貧血で頭打った & 山小屋@ J-AVENUE

Photobucket

今日はほぼ徹夜なので、体がだるい。締切とは恐ろしいものです。無理そうなの分かってても「やる」と言っちゃう自分の責任なんだけど、相手も無理を承知で言ってくるからなぁ。先週は締切に終われる仕事と外出が続き、気が張ってるので大丈夫とは思っていたのだけど、皆で外で喋ってるときに急に視界が映りの悪い古いテレビのようにザーっと乱れて荒くなり、青みがかってきて「あ、やばいかも」と思った瞬間目の前真っ暗。後で聞いたら前のめりにゴーーーーンと倒れたそうです。ヒー。そして気付いたらゴロちゃんの膝の上、タクシーに乗ってました。頭から行ったようで、今はおでこが「三つ目がとおる」みたいになってます。たんこぶできたり、頭が翌日朦朧として怖かった。今こうやって無事で厚みのあるかさぶたをこりこりむいてニヤニヤして元気だからいいけど、前歯折らんくて良かったです。貧血って「ああっ」なんてヨロッとクラっと来て誰かに抱きかかえられて・・なんてイメージあるけど、ズコーンと行くもので、全然悲劇のヒロイン的シーンではなかったらしい。怖い怖い。姉に「もう若くないんだから」と言われてガクッと来ました。やだやだ。
 Photobucket Photobucket
そんな忙しいときは、自分で作らなくてもご飯が食べれる外食は何を食べてもおいしい。以前ラーメンにやかましい友人が山小屋ラーメンのJ-AVENUE支店をけちょんけちょんにぶった切っていたので、失敗するのが嫌で行ったことがなかったのだけど、数日前行ってみた。
 Photobucket Photobucket
おにぎりセットと山小屋ラーメン。ラーメン普通においしかった。おにぎりはいまいち。自分で作ったほうがいい。で、この頃紅ショウガが食べられるようになって嬉しい。
Photobucket

ラーメンのお汁を全部飲むと体に悪いと言ってもゴロちゃんは大体全部飲み干す。どんぶりが「完食!」と語っています。私の家族の女系はどうも口うるさい傾向があるらしいので「口うるさい女にはなりたくない」と気を付けてはいるのだけれど、ついつい「あー、また汁全部飲んだ」とやっぱり言ってしまった。まあ気を付けてはいるものの、「煙草吸い過ぎ」とか「ご飯中頭ボリボリ掻いちゃあいかんだよ」とか「砂糖摂り過ぎ」とか言っては「口うるさい傾向を持つ竹本家女側」道をまっしぐらに進んでそうな自分が(少しだけ)怖い。でも基本的に女性ってそういうもんじゃないかな。程度によりけりだけど。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2009-04-09 19:44 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(4)

器で感じる食文化の違い

「日本から友達が来てるから色々つれて行ったり忙しい」なんて人から聞くと、すごく羨ましい。私は知り合いがタイに遊びに来るということが全然ない。ちぇ。ゴロちゃんもよく知り合いがタイに遊びに来て、この前は日本食ど沢山もらい、最近また別の子に東京土産で八丁味噌ラーメン (生) をいただきました。すごく嬉しい。ありがたいことです。でも八丁味噌は私の愛知県の名産です、ちなみに。
Photobucket

で、この八丁味噌ラーメンを満喫し、「あーあ、食べ終えてしまった」と名残惜しくお汁を飲もうとしたら、器の穴からお汁がどぼどぼこぼれ、シャツ、パンツ、クッションがびしょびしょになってしまった。東南アジアらしい箸を置けるよう凹んだ箇所と箸を通す穴がある丼を使ってたから。このタイプの器はすごく可愛くて好きなんだけど、日本のラーメンには非常に不向きなことに気付いた。
Photobucket

こっちの麺は屋台でもインスタントでも日本と比べて少なめで、男性にとっちゃ絶対ちゃんとした食事としては足りないだろうし、私でさえ飲みに行く前か後の軽い食事としては適量だけど、普通の食事としてだとまあ腹七分。激しく空腹を覚えているときにおいては、足りないくらい。別に大食らいじゃないです。で、この箸置き&箸穴のある丼は、そんなタイの麺やベトナムフォーには程よい大きさの器なんだけど、日本のラーメンを入れるには小さ過ぎる。通常1人前分を入れ終わる前に量が多いせいで穴からスープやチビ野菜でさえ溢れ出てテーブルがびしょびしょになるし、何回もお汁飲むのに器を持ち上げ、うっかりこの穴が下や横に来てることを忘れ、同じ惨事を繰り返すことになる。やはり日本の麺は一人前が多く、そして麺が長く、食べるマナーで言えばずるずる音を立てても器を持ち上げて汁を飲んでもOKで、同じアジアの麺食国と言えどもお国柄があるもんだ。大きい丼買わにゃ。
締切に追われて最近ヒーヒー言ってます。ありがたい。でもちょっと疲れた。
キヤノンのPOWER SHOT G7。いいです。全然まだ使いこなせてないけど。
Photobucket

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2008-10-17 10:15 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(4)

ガーデンパーティー@ CASA PAGODA

Photobucket

昨晩は、56ちゃんがDJをするためスクンビット・ソイ39の奥にあるコンプレックス「OZONO」の一角にある「CASA PAGODA」のガーデンパーティーに行きました。CASA PAGODAは、アジアとヨーロッパの伝統的な美しいラインを使ってデザインされた一連の家具が本当に素敵。うっとりします。
で、約2時間と聞いていたパーティーは、ワインとビールが飲み放題、軽食も用意されてた。このビールというのがハイネケンやらシンハーじゃなく、ベルギー産のHOEGAARDEN (ヒューガルテン) 。うめー。56ちゃんについて行っただけで家具業界の友人もおるわけなく、結局音楽聞きながらほぼ1人でぼーっと4時間飲んで気付いたらかなり酒が回ってしまった。曼谷煩悩通信の亜速さんに偶然お会いしたけれど、挙動不審な発言しなかったか少々心配だ。
帰りに寄ったスクンビット・ソイ24の「豚珍館」の味噌ラーメンとチャーシュー丼がおいしかった。サービスで煮玉子いただきました。嬉し。でも今朝も胃が酸っぱかった。「寝る3時間前は何も口にしない」がことごとく実行できない日が最近増えて、これはいかん。そのうちお腹出てきたらやだな。
Photobucket

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2008-09-26 18:23 | 夜遊び | Trackback | Comments(8)

東京豚骨ばんからラーメン@スクンビット・ソイ39

昨晩は、スクンビット・ソイ24でずっと建設中だった「知多らーめん」へ。もういい加減オープンしとると思ったら「間もなく開店」と張り紙があって、まだでした。で、今月16日にオープンしたらしい「東京豚骨ばんからラーメン」タイ1号店@スクンビット・ソイ39へ。迷った末、メナー・プラザのかつキングの真横にドーンとばんからラーメンを発見。
まさに日本のラーメン屋の雰囲気に驚いた。威勢のいい若い日本人男性がフロアを元気に歩き回って、黒の従業員の制服といい、BGMも日本のポップミュージックで「おお」という感じ。昨晩は涼しい上に雨が少し降っていて、ノースリーブでバイクに乗っていたら寒くて全身鳥肌人間。熱茶もおいてないと言われ、ラーメンが早く来ないかとっても待ち遠しかった。
  ↓(左から) 角煮ばんからラーメン、ねぎ豚飯、餃子
 PhotobucketPhotobucketPhotobucket
ちぢれ麺、ゆで具合も程よく、スープもおいしかったです。メンマが大きくて嬉しかった。メンマ好きだ。ネギ豚飯は、濃い味のタレがかかりすぎててなかなかきついかも。餃子は普通においしかったけど皮が「プリッ」「カリッ」じゃなくて少々ねちょっと半生ぽかった。でもオープンしたばっかりだし仕方ない。この3品+ばんからラーメンを注文して500バーツちょっと。悪くないです。8番ラーメン、味千ラーメン、九州筑豊ラーメン山小屋、桂花ラーメン、東京豚骨ばんからラーメン、とバンコクのラーメン競争ますます激しくなります。
56ちゃんは何よりもニンニク潰し放題で各テーブルにニンニクとニンニク潰す器具がちゃんと置いてあることに感激して、4粒も潰していた。今晩はあのセンスの良くエネルギッシュなDJスタイルがぐっと来るBROTHERHOODのMAFT SAI君が珍しくGLOWでDJするので遊びに行くのに、こんなニンニク人間になって大丈夫かや。男の子はそんなこと気にしないんでしょうね。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2008-06-20 14:02 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(8)