クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
HALATION ORG...
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

タグ:人 ( 126 ) タグの人気記事

銀次郎さん

もう2週間以上前の話だが、先月MUZINAたか君に誘われ、銀次郎さんに会いに行った。

銀次郎さんは、ほぼ毎晩袴を履いてサンタクロースのようにプレゼントを詰めた大きな袋を抱えて恵まれない子供にプレゼントをボランティアで配っている。その夜私達はラマ9世通りの交差点周辺に始まり、
f0044063_014865.jpg

バンコクの台所、クロントイ市場の行ったことのない奥へ奥へと子供達に会いに入って行き、
f0044063_032316.jpg

最後はアソーク駅前へ。貰った袋をその場で開けて、お菓子や玩具を見て本当に嬉しそうな笑顔を見せた物乞いをしていた女の子達。人生は不公平だなあ、と悲しくなった。

銀次郎さんは自分が幼少時代辛い思いをしたことから、苦しい環境にいる子供にとって心の支えとしてどれだけ「ヒーロー」の存在が大事かと思っていること、だから以前は仮面ライダーの格好をして夢を与えるために子供たちにプレゼントを配っていたこと、タイでサイクロンを完成させるまでの苦労、色々なメディアからインタビューされてきたけど、自分のことではなくてこういった環境に置かれた子供達に、タイの現実に焦点を置いて記事を書いてほしいことなど、夜遅くまで色々語っていただいた。近い将来、銀次郎さんに教えていただいたことをまとめ、たか君らとちゃんとした記事を書きたいと思う。

(銀次郎さんに見せてもらった写真。仮面ライダーに出会ってなんとも言えない表情で気を付けしている男の子最高)
f0044063_0172794.jpg

(この夜余った男の子用のプレゼント袋の中身を見せてもらった。お菓子もだけど、必ず玩具を入れるのが大事だそうだ。)
f0044063_0583778.jpg

子供に少しでも夢と笑顔を、と決してその結果が目に見える行為ではないが、誰かのわずかな支えになることを信じて銀次郎さんは恵まれない子供たちにプレゼントを配り続けている。自分達には何ができるだろうか、とか胡散臭いが人間観察に飽きないナナの屋台で飲みながら遅くまで話していた。中流階級は確実に増加しているけれど、本当に貧富差が激しいところだと改めて実感した夜でした。
f0044063_1114025.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-05-05 01:12 | Trackback | Comments(0)

炭水化物大好き「お好み焼き 広島」

数日前、1年以上会ってなかった友人らと、スクンビット・ソイ49話題の「お好み焼き 広島」にやっと行けた。

牛すじ、大根漬け、牡蠣フライ、
f0044063_16534077.jpg

葱焼きなどなど、キンキンに冷えたシンハービールとスルスルと入って行く(しかしシンハーの大瓶は本当に姿を消しつつあって悲しい)。
f0044063_16542164.jpg

この日まで、お好み焼きにうどんを入れるなんていう選択肢があること知らんかった。でかくて厚みのあるうどん、イカ天、餅入りお好み焼き。炭水化物パラダイス。ホットケーキやお好み焼きは1年に1、2回食べれば十分と言いつつ、近々また行って1人でお好み焼き1枚食べてみたいと思った。完食できるかや。「広島」の地図はこちら
f0044063_1755148.jpg

その後Sさん最近お気に入りの静かなバーへ。男性1人でお店を回しているそうだ。お腹いっぱいと思っていたのに胡瓜が爽やかなジントニックがスルスルと飲めてしまった。付き出しにチーザ、座り心地の良い木の椅子、お手洗いのハンドタオルはプラネッタ・オーガニカ、などなど、色々静かに凝っていて、優しい。また絶対行く。
f0044063_17125822.jpg

ずっと会ってなかったSさんは毎日走って体が随分とすっきりとした。継続ってすごい。才女Sちゃんは大学院の勉強、安泰夫婦生活、購入したコンドミニアム、学生生活もいいけど仕事しとるほうがどれだけ自分に合っとるか、と話は尽きず、「暑い暑い」とボケーッとしとる場合じゃないやと刺激を貰って帰って来た。

暑さが1年のピークだと言うのに、うちのアパートは最近になってプール修理作業が始まった。修理してくれるのは嬉しいけど、何でもっと早くやってくれんかったのかやあ。日本の桜の時期が羨ましい。こっちは暑くて、最近冷や麦、麦茶、スイカ、冷やし中華、ソムタムがやたらと美味い。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-04-03 17:33 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

結婚記念日 @FATBIRD

日曜日は結婚1周年だった。SIは友達とウボンに遊びに行っていたが花束を持って帰って来た。数日前に母親から電話があり、「あんたはただでさえ大事な記念日にバンコクンにおらんで友達とスケボーしに旅行出掛けて、せめてちゃんと花束買って帰ってお祝いしんといかんよ。」とわざわざ念を押されたそうだ。「言われんくてもちゃんと花買うつもりだったけどね(ニヤリ)。」と。花は枯れて捨てるのが寂しいので自分では全然買わんけど、貰えばやっぱり嬉しい。
f0044063_1950285.jpg

夜遅かったもんで、近所の「FATBIRD」に飲みに行った。アリー・ソイ2と3の間にあるこじんまりとしたバー。内装が可愛くて、去年オープンして以来よく賑わっとる。食べ物は「ド美味い!」って程ではないけれど、悪くない。何より店員さんが皆感じ良い。FACEBOOKページよりもインスタグラムの方が店の雰囲気良く分かります(FATBIRD_ARI)。
f0044063_19351210.jpg

私は2階バルコニーのカウンター席が好き。行き交う人達を眺めながらまったりと。2人で飲むときは相手が誰であろうが、場所がどこであろうが、がっつり向き合うよりもカウンターで隣同士座る方が落ち着く。

キッチンもう終了だったけど、揚げ物とサラダだけならできるということでシザーサラダを。変わったシザーサラダ。
f0044063_19384083.jpg

両親は結婚してもう約40年。うちらはたった1年。でも結婚式中何も食べれんくてお腹の中は酒だけで、夜中空腹で倒れるかと思ったあの日からもう1年か、とも思う。これからも感謝の気持ちを忘れず仲良くやっていけるといいなと思う。
f0044063_1948252.jpg

今年に入ってから来る日も来る日もひたらすら翻訳で肩・首ガッキガキだったが、今週月曜日遂に一段落。今週はその反動で腑抜け状態。たまにはSI以外の人に会ったり、アリーを出んといかんと思いつつ、気力なし。家大好き。私の世界は何と小さいことだ。

そんなんで仕事に追い詰められてブログも放置状態だった。前回はバレンタインについて書いて、今回は結婚記念日って、「何のろけとるだん」と姉に言われそうだ。私そんなべとんべとんうっとうしい人間じゃないけど。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-02-28 20:09 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(4)

梅水晶@原始焼と捕鯨

今週SIの叔母と旦那様がスイスから遊びに来ていたので、スクンビット・ソイ31の「北海道炉端 原始焼」へ。日本酒大好きな人達なのでまあよく飲んでよく食べた。

で、食べたことがない鮫の軟骨を梅とあえた「梅水晶」なる一品を注文。素敵な名前。コリコリしてて、酒のつまみにぴったり。
f0044063_19164864.jpg

翌日朝、「昨日の夜楽しかったね」という話をしながら梅水晶の話になり、「僕だったら注文しなかった」とSIに言われた。鮫はフカヒレ目的の乱獲によって数が激減しているからだ、と。そこから話は捕鯨問題にまで広がり、「捕鯨は日本の文化で、はりはり鍋みたいな大事な食文化がとか言うけど、例え産業革命や西洋諸国が原因で鯨が激減して、激減している現状に対して直接的に日本の責任では例えないとしても、保護しんといかん生き物っていう事実には変わりない。『調査捕鯨』って何なんだ?鯨食べんでも別に僕らは生きていけるら?」となり、「T(私)は捕鯨の話になると急に国粋主義っぽくなるよね。」と最後に言われ、軽く凹んだ。

多国籍メンバーで喋っとると、日本人の私は冗談で捕鯨ネタで突っつかれることが時々あり、そういうときは変な汗がジワーっと出てきそうな思いで苦笑い。原発問題、「外国だったら犯罪じゃない?」っていう日本のロリコン漫画、第2次世界大戦など外国人にちょこちょこ意見を聞かれるが、そんなに頭良くないし知識豊富じゃないもんで、話題によっては変な答え方しんように気をとても使う。「しがない私個人の発言=日本人の考え方」と大きく捉えられる可能性がない訳じゃない。結構大変なのだ。「一人一人が外交官」という言い回しは決して間違ってないと思う。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-02-01 19:46 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

メリークリスマス

小さいクリスマスツリーしかない、と何も買わずにトボトボ帰宅した23日。が、クリスマスにツリーがピカピカ光ってたり、プレゼントワクワクして開いたり、そういう子供時代の思い出はとても大切だからホストする僕達がちゃんと演出しんといかん、小さくても買って来るべき、とその夜SIとSIママに言われ、24日またセントラルワールドへ。そう好きでもないデパートに3日連続で行くことになるとは。と言いつつ、ツリー買って帰る道中は少しワクワク。

市内1ぶさいくで超商業的ではないかと思わせるカシコン銀行提供アリー駅前のクリスマスツリー。
f0044063_10592622.jpg

バンコクは主要デパートやホテルは豪華でとっても綺麗なクリスマスデコレーションが半端ないが、部屋の問題は何でも直してくれる頼もしく優しいうちのアパートの住み込みタイ人家族によるデコレーションが1番好きです。和む。
f0044063_10565713.jpg

恋人がおらんくて寂しいクリスマスだの、カップルによるクリスマスディナーだの、延々と流れて苛々するクリスマス音楽だの、いつもはキリスト教でもない日本やタイのこういった騒ぎ様を「くだらない」と冷めて見ているが、今年は友達まで来てくれて家族でのちゃんと意味のある温かいクリスマスの夜となった。幸せ者だ。

最近涼しいのでSIに寝ている間掛け布団を取られ、寒くて何度も目が覚めてしまって睡眠の質が良くない日々が続いている。困る。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2013-12-26 11:12 | ちょっとしたつぶやき | Trackback | Comments(0)

VACANCY VOL.7 @GREASE

昨晩は生まれて初めてエキストラというものをやり、たった10〜20秒のシーンのため10回くらい同じことを繰り返す不思議さを体験。1番楽しかったのはNUTTY NATにBMX2人乗りして夜道を駅まで送ってもらったこと。気持ち良かった。

その後はGREASEへ。VACANCY VOL. 7でした。
f0044063_1448865.jpg

平日で翌日の仕事があるし、1時過ぎには帰ろうと思ったら、帰宅したら朝5時くらい。流されてしまった。体調悪くて注射打ってまで皆を楽しませてくれたDJ MIZUYOちゃん、VACANCYクルーの皆様に感謝であります。

しかし平日夜遊びは本当に減った。睡眠時間を数時間に削るか、または徹夜してまで出掛けたいと滅多に思わない。まあ、年だ。

で、明け方帰宅してもそもそしていたら空がすっかり明るくなってしまった。もう眠れない。ナチュラルハイでDUDEブログ更新しました。雨期で毎日どんより。あら、こんな快晴な日は最後いつだったかしら、という方、是非見てください。最近洗濯のタイミングが難しい。
DUDEブログ「2013年7月26日 ラチャテウィ駅側の大きなグラフィティ「BUK RUK /THAI-EUROPE CONNECTION」#1
f0044063_152481.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2013-07-26 15:05 | Trackback | Comments(4)

アメリカ独立記念日ピクニック& THIRD CULTURE KIDS

明日に迫るひさしぶりの通訳の仕事で不安いっぱいながら、木曜日はGIANT SWING、金曜日はG-SHOCKパーティー、土曜日はアメリカ独立記念日ピクニックへと外出が続いてました。アメリカ人でもないけれど、ただ野外でBBQやらホットドッグ、ハンバーガーなどアメリカンなジャンクフードをかじってビールを飲んで陽気でアメリカンな土曜日午後を過ごそう、とKISインターナショナルスクールへ。
f0044063_16124547.jpg

在タイ米国人商工会議所が主催で、米国国旗の服やバンダナ付けた家族連れや友達同士で来てる人達で賑わい、バンコクの主要米国系レストランのブース、酒関連ブース、ライブステージ、ゲーム、ミニ遊園地がずらっと。規模がでかい。日本はこんなふうに建国記念日にお祭り騒ぎにならん。日本は悪いところも沢山あるけれど、長く海外に住んでいると離れているからか余計に日本の素晴らしいところも沢山見える。当たり前と思っていた物事が実はとても貴重であることに気付かされたり。自国について考え、誇りを持つため、日本人という認識を持たせるためにも、建国記念日などを一般市民レベルでこういうふうにお祭り的に祝うことは悪くないと思う。あんまり愛国心が強くて盲目的になるのも怖いが、私達のような平和ボケ世代には必要じゃないか?

子どもらが大騒ぎして乗っていた電動ブル(雄牛)。最初はゆっくりと回転し、次第に回転360度の動き、さらに上下の動きも激しくなり、結構遠くまで吹っ飛ばされる。この日は子どもが喜んでやってたけど、ゴーゴーバー密集地「ナナプラザ」では酔った男性客や飲み屋のお姉さんらがこの電動ブルでキャッキャと遊んでいる光景は、結構エロい(まだあるのか?)。
f0044063_15393419.jpg

酔って絶好調だったPや、彼女の友達の1人Aと「THIRD CULTURE KIDS」について長い間話していた。日本語でいう「帰国子女」。どこに自分が属すのか、どこにも属していないような不安に襲われたり、実際苦労し、特に多感な十代は大変じゃないかと思う。Aは「自分は米国で生まれてこっちで育って、今は自分が親になり、両国を行き来できて両国とも大好きだし、自分の経験から世界中どこの国に行っても異文化をすんなり受け入られるし、サードカルチャーキッズで良かった」と。私は自分のルーツをちゃんと持っていて良かったと思うけど、人それぞれ。しかし私とSIにもしも子どもがいたら、私は日本人で母国語は日本語。SIはスイス人で母国語はフランス語。うちらは英語で話し、お互いの母国語の理解度はほぼゼロ。そしてタイ語の国タイに在住し、他国に引っ越す予定は当分ない。子どもができたらカオスだ。ぺロウ・ジュニアは苦労しても、いつかはこの特殊環境を享受してくれるか。

KIS近所の家の角に巨大麒麟が。なぜ?
f0044063_16112683.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2013-07-08 16:19 | イベント | Trackback | Comments(0)

OCTAVAルーフトップラウンジ&バー

昨晩は豊橋出身でアムステルダムで働くK君と蒲郡出身の私がバンコクで再会した東三河な夜でした。素敵なプレゼントまでわざわざいただき、心配りが上手な人にはいつも頭が下がります。私は蒲郡が誇る一色屋厳選5品おせんべいミックスをプレゼント。故郷は大事なのだ。K君、ありがとうね。

やっと「SUPANNIGA EATING ROOM」へ。オーナーの祖母の出身地トラッドとチャンタブリをルーツとし、イサーンスタイルを織り交ぜた料理の数々。原材料にもこだわり、内装もお洒落でとても人気。昨晩もとても賑わってました。予約しておいて良かった。ビア・ラオ(ラオスビール)のダークあり。日本語メニューがあって、「お婿さんの玉子」みたいな声に出すのが恥ずかしい料理名が笑えた。美味しかったけど、SIは「高いし、ちょっと過大評価されてないか?」と。

その後最近できたBANGKOKU MARRIOTT SUKHUMVITへ。トンロー駅から徒歩圏内で、47階にあるルーフトップラウンジ&バー「OCTAVA」は、VERTIGOやSIROCCO程ばか高くはなく(オリジナルカクテルで300バーツ以上)、BTS近くで夜景が楽しめるということで、海外から人が来たときに使い易いのでは。男性のショートパンツは駄目、などドレスコードあるので気を付けて。

別に夜景好きじゃないけど、360度ビューのトップデッキでドカーンと街を見下ろすと、田舎出身の私はドキッとした。
f0044063_16482150.jpg


大根冷蔵庫に入っとるのに、今朝すっかり忘れてまた買ってしまった。年を感じた。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2013-05-30 16:50 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(2)

桜満開

祖母が亡くなり、金曜日急遽帰国。「桜の頃までもつかな」と言われていたら、桜満開の時期に逝ってしまった。タイ生活が長く、いつか桜の時期に日本に帰ってみたいとは毎年思いながら実現できず、こんな形で恋焦がれていた春を体験することになるとは。これも花が大好きだった祖母からの贈り物のような気がしてならない。叔父は「花咲か婆さんだな。」と笑って言った。

お葬式が始まる前に会場近くの五条川へ姉、妹、従妹と散歩した。
f0044063_244264.jpg

道中、レンゲやつくしも春を感じさせてくれ、悲しい時間ではありながらも嬉しかった。
f0044063_2485338.jpg

f0044063_2491172.jpg

小さいとき、稲沢に泊まりに行くのがすごく好きだった。煮干しの出汁がしっかり効いた味噌汁、鮭、最後に残るどろっとした白身が嫌だったけど好きだった卵ご飯などの朝ご飯。近所の喫茶店に連れて行ってもらったこと。いつもお年玉はアーちゃん(祖母)が1番多かったこと。空港がセントレアに移動する前は名古屋空港が家から近く、日本を離れる私にいつもおにぎりやら色々持たせて叔父と見送りに来てくれたこと。お洒落で明るい色が好きで、ファッションチェックがなかなか厳しかった。酢れんこん。うり漬け。お赤飯。おはぎ。梅干し。いっぱいいっぱい愛情を注いでくれた。

アーちゃんの小さな姉が、沢山の花に囲まれたアーちゃんに最後のお別れをするとき、「みっちゃん、みっちゃん、目開けて。目開けて。」と話しかけてアーちゃんのまぶたを触っていた。
f0044063_3303146.jpg

10年前父側の祖母が亡くなったときも当然悲しかった。でも今回アーちゃんの死は、もっと深く刺さるような気がする。20代より30代になって年を重ねた分、身近な人の病気や老い、死がより現実として感じられるようになったからだと思う。まだ若いけど。疲れていたのに昨晩は布団に入ってもしばらく眠れなかった。母、叔父が母親を見送ったという事実。どれだけ自分にとって大切な人でも必ず老いて死ぬ。当然のことなんだけど、私の両親もいつかいなくなってしまうし、生きてきた年月よりも残された年月のが少ない。今は当たり前のように戻って来れる生まれ育った家がいつかはなくなり、帰国しても「帰る場所」がいずれかはなくなってしまうという高い可能性。スイス人のSIと結婚してタイに住み、年をとって日本で死にたいともしも思ったとしても多分無理であろう現実。SIが先に死んじゃったらどうしよう。グルグルグルグル色々なことを考えとったら不安と怖さでいっぱいになって泣けてしまった。

アーちゃんのモットー:「しっかり働きしっかり遊ぶ」

しっかりしんといかん。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2013-04-02 03:59 | 日本 | Trackback | Comments(2)

MUZINA X PREDUCEコラボコレクションリリース

もう時系列ぐちゃぐちゃなブログになってるが、先月16日にSIたちのスケボーブランド「PREDUCE」とスクンビット・ソイ14の「MUZINA」のコラボコレクションリリースパーティーがありました。.COMの軽食にプーケットビール、音楽はVACANCYクルー。延期が重なりやっとリリース日を迎えたのに雨が降り出してとっても残念でした。気付いたら身内パーティーっぽくなってしまった。楽しかったけど。

f0044063_17395133.jpg

f0044063_1740947.jpg

TRKDJ TO-RU君に食べられそうなお粥君。
f0044063_17405318.jpg

シャツはブルー、ダークグレー、グリーン。(写真:YOKOちゃん)
f0044063_173457.jpg

本皮仕様のメッセンジャーバック。(写真:PREDUCE)
f0044063_1736661.jpg

大きくて色々入るので出勤やらカフェでのPC作業に出掛けるにもぴったり。(写真:PREDUCE)
f0044063_1737580.jpg

こちらのバッグはPCケース付き。バッグ内側とお揃いの布はタイの伝統的な巻きスカート生地を使用。PCケースは別売りしていません。(写真:YOKOちゃん)
f0044063_17381065.jpg

現在PREDUCEとMUZINAにて絶賛販売中。是非是非どうぞ。

MUZINAたか君による今回のコラボについての紹介:http://muzinamaziru.blogspot.com/2012/09/preduce-x-muzina-launching.html

パーティー終了後は皆でスクンビット・ソイ12の韓国セクション「スクンビット・プラザ」でがっつり焼肉。翌日しっかり胃もたれで苦しかったけど、美味しかった!
f0044063_17471872.jpg


こうやって大切な仲間が協力できるところで協力し合って何かを作り上げるのって楽しい。その過程を端から見ていて、時々当事者間のコミュニケーションのお手伝いをさせてもらい、リリース日を迎えて自分のことのように嬉しかった。これからもバンコクの愉快な仲間達で色々何かできるといいな。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-10-15 17:53 | 買い物 | Trackback | Comments(0)