クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

タグ:広州 ( 2 ) タグの人気記事

広州でスケボーまみれの週末だった<2>

翌日。

なんとか昼に起きて、ニューバランス・アジアチームの撮影で広州滞在中のフィルマー、アンソニーたちと合流。お昼ご飯食べに行くと思ったら、スケボースポットへ。

良い天気。広い公園で人が集まっておしゃべりしたり、バトミントンしたり。
f0044063_15034185.jpg
さすが中国。ズラーッと卓球台が並んでた。いいなあ。屋外におって快適で、汗をかかずに体を動かせる気候、羨ましい。
f0044063_15053379.jpg
やっと昼ご飯。TienHe East Roadにあるアンソニーが好きだという広東料理店「WUU'S RESTAURANT」へ。料理の種類が多く、メニューには日本語付き。お腹いっぱい食べた。この緑の野菜はでかいシシトウみたいで、激美味だった。ご飯がもりもり入る。
f0044063_15113406.jpg
女の子中国人スケーターのウォーターメロンちゃん。まだ15歳。
f0044063_15123999.jpg
その後デパート覗いてみたり、スニーカーショップ色々覗いたり。でも日曜日の午後でとにかく人が多く、デパート内の巨大クリスマスツリー周りで写真撮ってキャッキャしている人がたくさん。もう広州におってもサイアム・パラゴンおっても同じ感じ。人酔いしてきて、地下鉄乗って歩行者天国になるエリアに行くことにした。

が、当然地下鉄混みこみ。この地球には人間が多過ぎる。自分もその一人だけど、疲れる。

で、歩行者天国というエリアは、当然人が凄い。
f0044063_15181548.jpg
どう見ても商品もロゴも全くNEW BALANCEと同じ「NEW BAR LUN」というお店発見。びっくり。ファッションショーまでやって、そのビデオを店頭で流している。よく恥ずかしくないよな、こういう商売して。

この通りも当然ものすごい人ごみ。歩行者天国の通りから少し離れて休憩。ふう。
f0044063_16020312.jpg
少し歩いたら、歴史的エリアらしい門構えが。モダンな構えの店ばかりで飽きてきたので、面白そうで行ってみた。
f0044063_16025131.jpg
そしたらやたらと下着屋(赤いでかパンツがたくさん)が並んでいて、夜で閉まっているどの店の前にもゴミが置いてあるだけで、パンツとゴミが延々と続く。がっかり。

肉超むき出しでスーパーの店前路上で売っとった。大胆。
f0044063_16050281.jpg
「疲れた。座りたい」というSI。お昼いっぱい食べて全然お腹空いてなかったけど、アンソニーが広州来る人来る人に熱くお勧めしているベトナム料理店「TIGER PRAWN」へ。広い店内は1階も2階もパンパン。お腹空いてないって言うのに、4、5人前はある大皿を注文するSI。もう見ただけでお腹いっぱい・・。かなり残してしまった。とても美味しかったけど。
f0044063_16184613.jpg
15年前に来た時は、グルメの国だと思ったらご飯があんまり美味しくなくて驚いた記憶がある。が、今回は何を食べても大体美味しかった。中国人や広州に慣れている知り合いがいて良かった。
f0044063_16213364.jpg
観光でまた行くかと言われたら、自費ではそう行きたいとは思わんけど、楽しかった今回の広州旅。もっと食べたかったなあ。

しかしバンコク、暑い。冬はどこへ?

ペロリ。
f0044063_16293761.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2016-12-27 16:31 | | Trackback | Comments(0)

広州でスケボーまみれの週末だった<1>

前回の投稿の続きで、週末は夫SIの「PREDUCE」の新作スケボービデオ「SELAMAT」を、広州にてPREDUCE商品を取り扱ってくれているショップ「HERO」の10周年記念パーティーにて上映してくれるというので、私も広州に連れて行ってもらった。約15年ぶりの広州は、やっぱり近代的な高層ビルばかりで、味気なく、妙に圧倒された。うちらのホテル「XCELLENT INTERNATIONAL SERVICED APARTMENT」(「素晴らしい国際サービスアパート」って、人に自分の滞在先を言うのが恥ずかしい名前・・)がある地域はバーやレストランが多く、地下鉄駅も近くて便利だったけど、特に好きでもなかった。

煙草の規制がまだ随分と緩く、タクシーの中や公共の場で、染み付いた煙草の匂いが鼻に付く場所が多かった。

酔っとったら自分の部屋に辿り着けるんだろうか。
f0044063_22443898.jpg
「HERO」のオーナーTIM(中国人)は、元軍人スケーター。父親が高級将校で、息子のティムにも同じ道を進んでほしかったため軍人になったものの、結局辞めてショップ経営に集中することにし、今に至るそうだ。彼のインタビューはこちら(英語)。

「HERO」は、大きなスタジアムを囲むように連なるスポーツ関連ショップの一環として存在する。PREDUCEのデッキは質もアートワークも良いし、なかなか売れているそうだ。ありがたい、ありがたい。
f0044063_22524373.jpg
f0044063_22521110.jpg
そして10周年記念パーティーの一環として、店のすぐ近くのデパート「中国広場 (CHINA PLAZA)」の道を挟んだ所にある、
f0044063_23000648.jpg
過去の英雄の像がずらっと並ぶ大きな公園が、現地スケーターが集まるスポットで、そこでイベントがあるということで皆で移動。スケーターがたくさんでびっくり。公園広い。女の子スケーターもちらほら。カラフルなちびっ子ローラーブレーダーも、自転車暴走キッズもたくさん。とにかく何でも広々とスペースに余裕がある街(国?)。
f0044063_23214185.jpg
f0044063_23211384.jpg
f0044063_23205799.jpg
f0044063_23195919.jpg
f0044063_23204785.jpg
f0044063_23201296.jpg
PREDUCEのアマチュアデビューしたばかりで、ニューバランス・アジアチームのメンバーでもある米国育ちタイ人ジャスパーは、ワンランク上で目立つ。「スケボーの何が楽しいのか分からないなあ。誰が勝ちなんだ?」「え、これが今度オリンピック競技になるの?!」という英語できる中国人サラリーマンおじさんとお喋りしながら見物。パーカー着ていて程よい寒さの気候。外にいるのが気持ち良い。

パーティー会場は、この公園から徒歩圏内にある「PROKICKS」というお店にて。警察の横にあって、会場前にパトカーが数台止まっていた。「いい子にしとらんと」とティム。PROKICKSがある区画は、古い感じで温かみがあり、何となくホッとした。
f0044063_23341515.jpg
PROKICKSはギャラリーと同じ敷地にあり、お洒落。
f0044063_23370595.jpg
f0044063_23373821.jpg
f0044063_00285104.jpg
PREDUCEのアートディレクターであり、タイを代表するストリートアーティストTRK(最近インクのオリジナルブランド開始しました)がHEROのために急遽取り組んだ作品。彼は本当に凄い。
f0044063_23390622.jpg
ティムとPREDUCE x P7の最新デッキシリーズ。
f0044063_23403872.jpg
左はHIDEYUKI KATSUMATAさんとのコラボデッキ。売れてます。
f0044063_23413011.jpg
f0044063_00281647.jpg
そして夜になって始まったパーティー。アウェイである広州でのPREDUCEの認知度、盛り上がりを心配していたのだけれど大いに盛り上がり、
f0044063_00334929.jpg
ビデオ上映後のジャスパーのサイン会はうわーっと人が集まり、びっくり。スケーターとしてだけではなく、男前なので女の子たちがキャッキャ言ってた。
f0044063_00324280.jpg
f0044063_00330782.jpg
f0044063_00343373.jpg
私は社交で忙しいSIの金魚の糞ではいられないし、かと言って人見知りなので、とりあえず酒を飲んではウロウロ楽しんでいた。皆、優しかった。中国語で話しかけられ、「日本人だもんで中国語分からない」って言うと、「えー、日本人なの?」と、知ってる日本語の単語を言ってきたり、「広州ようこそ〜」とか「大丈夫?」、「乾杯!」、「中国のビール飲んだことある?飲む?」とか、至れり尽くせり。「日本人はXX」とか「中国人はXX」とか、とかく私たちは国籍でステレオタイプを形成しがち。国民性は確かにあると思う。でもこうやって個人レベルで触れ合えば、当然嫌な人もいるけれど、固定観念、「知らない」という未知から生まれる恐れ、不安、偏見というものがポロポロと剥がれるはず(自分が固定観念の塊人間と言ってる訳ではないけれど)。「なんだ、心配することなかったじゃん」っていう安堵感とでも言うか。短時間での触れ合いなんかで分かるもんか、と言ってしまえばそれまでかもだけど、とにかくすっごく楽しくて、色々な人によくしてもらった。最後は「飲め飲め」とウィスキーコーラの4分の3がウィスキー状態。サービス良過ぎ。

皆ヘロヘロでパーティー終了。HEROのショップ前でもっと飲もう、となり、道中沢山唐揚げを買い込む。なぜ酔うと胃に重い揚げ物やらが食べたくなるのだろうか。

「広州に住みたいとは思わんけど、スケボーするには極上の天国みたいな場所」とSIはいつも言う。広州に住む外国人スケーターたちは、「ここは北京や上海よりメロウで、ぎゅうぎゅうしてなくて、程よく都会で、仕事して、毎日どこでもスケボーできて、最高」と言っていた。

この夜の〆は大嫌いなカラオケ。聞きたくない音楽を楽しいフリして聞くのは拷問に近いが、かなり酔っとって心が広かったし、広州でめでたい夜に地元の人たちがカラオケ行くなら行こうじゃないか、と行ってみた。

ヘロヘロの頭では余りにトリッピーだった豪華なカラオケ屋。意識がぶっ飛ぶかと思った。
f0044063_00444828.jpg
変な韓流ヒップホップを熱く歌い、訳の分からないヒップホップライブ開始。楽しい。皆このレベルに達するまでどれだけ練習してんだ??
f0044063_00483072.jpg
限界に達してカラオケを去ってしばらくしてから、SIが「デッキ忘れた」と。よくあるパターン。トリッピーカラオケ屋のフロアを彷徨い、なんとか迷わず部屋も探し物も発見。ソイ・ナナにはない、もっと美味いケバブを寒い中道端でかじって長い1日終了。どこに行っても夜遊びの〆は麺かケバブ、時々マック。

ツイッター、グーグル、フェイスブック、インスタグラム、GMAILなど色々アクセスが禁じられていたり、政府の方針を見ていると、非常に窮屈な国に見えるけど、実際に来てみたら色々思ったより緩くて驚いた。それか逆にタイが厳しいのか。

続く。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2016-12-24 05:01 | スケボー | Trackback | Comments(0)