クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

タグ:日本 ( 82 ) タグの人気記事

王子の憧れの狐の行列

へぼいのに通訳の仕事でまた東京の王子に来ることができた。先週の土曜日に到着し、2日連続で地震を経験し、今日は54年ぶりに11月の東京に雪が降った。子供の時は学校の地震避難訓練が嫌いじゃなく、大して美味しくもないけど乾パンもらうと嬉しかった。今じゃ小さな地震でもすごくドキッとして、怖い。実家は建物が古いのでいつか東海大震災来たら崩れて、工場は綿だらけで、もし火災が発生したら密接しているご近所さんの家にも火が回り、でも道が狭いから消防車はそう簡単に入ってこれんだろうし、近所中がうちのせいで大火事になったらどうしようとか考えていたら本気で怖くなった。
f0044063_22424824.jpg
何度やっても通訳としての自分の能力にげっそり。明日こそはもっとうまくいくように、とすがるように近所の小さな神社にお参りにちょこちょこ行く。数日前ぼーっと見ていたら、通りすがりにお参りをしていく人が結構多い。地域に根付いているようで、こういうのいいなあと思う。同じく王子に王子神社がある。大晦日に、各地から集まった狐が大きな木の下で装束を整えて王子稲荷神社に詣でたという伝承があるそうで、木の下に狐が集まる様子は歌川広重の浮世絵にも描かれているそうだ。で、平成5年より狐の行列が始まったそうだ。皆狐の化粧して、素敵。参加してみたい。(王子 狐の行列:http://kitsune.tokyo-oji.jp/

土曜日の夜仕事が完了したら、立ち呑みでおでんつついて祝杯あげるのが楽しみ。頑張る。冷たい空気がおいしく、嬉しい。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2016-11-24 22:56 | 日本 | Trackback | Comments(0)

七草粥

先月24日から実家に帰省中。今回は特に旅行もせず、名古屋に1度遊びに行き、稲沢の祖父宅に2度行っただけで後はひたすら自宅。両親、妹がいる家でモソモソし、朝から何を食べようか迷い、3食もりもり。幸せ。ツヤツヤのご飯が美味しい。

スイス帰国中のSI。昨日やっとスノボー行ったけど、クリスマスくらいのときは雪が足りんと言っていた。今年の世界的暖冬は恐ろしい。でも暖かくても、やはり冬。顔の肌乾燥しまくり。お風呂で蒲郡みかんの至福の時。

昨日は無病息災を願って七草粥。
f0044063_1945317.jpg

セリがいい仕事してました。
f0044063_19453090.jpg

3週間も帰省できて贅沢なんだけど、今はもう「あと1週間ちょっとでタイ帰らんといかん」と寂しくなってきた。バンコクでは色々悩みながらも幸せな生活をしているとは言え、こうやって帰って来ると「あー、私はずっとバンコク生活なんだよなあ」と思ってしまう自分がやっぱりおる。色々なことが当たり前に見えて、感謝の気持ちが薄れとる。無い物ねだりはいかんのだけど。いかんいかん。

とりえあず、残り少ない日本滞在期間、行儀悪くコタツムリ生活を満喫したいと思います。冷やご飯にブリの照り焼き最高。
f0044063_200522.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2016-01-08 20:01 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

紫陽花が綺麗だった6月の帰国

もう1ヶ月も前の話だけど、東京での仕事の後帰省した。いつ帰っても美味しい我が家。幸せ幸せ幸せ。
f0044063_2394576.jpg

何が贅沢かと言えば、祖父が育ててくれた野菜。胡瓜、インゲン、美味い。茄子の天ぷら、とろっとろ。茹でたトウモロコシ、めちゃくちゃ甘い。私が普段食べとる野菜は何なんだ、といつも思う。シンプルな野菜炒めにしても、野菜は野菜の味がしっかりし、玉ねぎは少し炒めると甘く、トロリとする。

91歳になる祖父は約200坪の畑に毎日毎日通い、美味しい野菜をずっと育ててきた。最近くも膜下出血で倒れた。それ以来叔父だけでなく、母、姉、妹が祖父のお見舞いに行くと畑に行き野菜を収穫したり頑張るものの、「(野菜の名前)もこれが最後の収穫だねえ」と言いつつの作業。貴重であり、悲しい。やらんといかんことはきりがなく、蚊は半端なく、何度も「よくこれだけ今まで一人でやってきたなあって本当思うよ」と何度も聞いた。

そんな祖父は入院中の病院が川の近くで、この前「昨日あそこに爆弾が落ちた」と言っていたそうだ。私が帰ってくることを伝えたら、「日本が戦争負けたの見にくるか?」とも。ずっと前のことのようで、実はずっと前のことではない戦争、今の祖父の世界では時に戦争が「今」起きている。もう穏やかな日々を過ごしてほしいのです。

私も祖父に会いに行った。その後、畑へ。蚊たくさんでボッコボコに刺されてげっそり。私へぼい。祖父すごい。

若者休憩中。
f0044063_23254075.jpg

沢山穫れました。これはその日の収穫のほんの一部。
f0044063_2326579.jpg


6月に帰国したことない。もうピークは過ぎたとは言え、紫陽花を見に地元蒲郡の本光寺(「あじさい寺」に行けてとても嬉しかった。
f0044063_23271229.jpg

f0044063_1128111.jpg

帰って来たらスガキヤ食べにゃ。
f0044063_1130775.jpg

しょうもないもん作ったやあ、としか思えずラグナシアには1度も行ったことないが、モールは利用するラグナシア。最近ラグーナ頑張っとる。でもよくあそこの海で泳ぐよな、と思ってしまう。子供のときは埋め立てされてなくて、春先は海岸沿いのアオサの匂いが結構して、臭いなあ、と思いながら車の窓を開けて海岸の景色を眺めとった。変わっていくもんだ。
f0044063_12325572.jpg

お墓参りのついでに砥神山の頂上へ。
f0044063_12442278.jpg

海、竹島、蒲郡。好き。
f0044063_124509.jpg

帰りに知り合いの家により、手作りキムチもらって、さらに偶然会った知り合いに鉢になっとったトマトをちぎってもらい帰宅。私の出身地は祭りの伝統があってか全員ではないけど比較的地元意識が強く、同級生のつながりが強い。今回も私のために飲み会をアレンジしてくれた。厄年に向けて最近はさらに同級生が一部活発に活動しとって、「俺たちみたいにここに残っとる人間が、T(私)みたいに外に住んどる人たちに戻って来る場所を作っておくことも大事だもんで」と飲んどる席で言ってくれ、昔から知っとる友達や近所付き合いがある温かい故郷があるっていうのはいいもんだなあとしみじみ感じた。皆ありがとね。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2015-08-03 01:04 | 日本 | Trackback | Comments(0)

仕事は大変だが東京は楽しい & 美味しい

先月後半仕事で行った東京。中休みがあり、外出する時間を無理矢理作り楽しんだ。

20日はアメリカ産クラフトビールに特化したフェス「AMERICAN BEER EXPERIENCE」東京1日目に参加。従兄弟君やバンコクに以前住んでた友達、新たなクラフトビールファンの友達とたっぷり飲んで食べた。イベントは大賑わいで驚き。
f0044063_1622514.jpg

LOG ROAD代官山に4月オープンしたキリンビールとスプリングバレーブルワリーによるプロジェクトという直営の体験型ブルワリー併設店「SPRING VALLEY BREWERY TOKYO」。ビール自体は「ああ、飲みやすいねえ」と、なんとなく物足りない。万人受けするようにお上手に仕上げたような印象を受けた。
f0044063_16283431.jpg

クラフトビールについてはBEERVANAブログにもうちょっと詳しく書いたのでご覧ください:
http://beervanabkk.blogspot.com/2015/06/tokyo25jun15.html

VICEの「MUNCHIES」で見て以来ずっと行きたかった渋谷の「ウーピーゴールドバーガー」。美味しかった!すごいボリュームでその夜は苦し過ぎて眠れずちょっと大変だったけど。今度はSIと行きたい。
f0044063_16334817.jpg

表参道の「サロン デ ボーテ コスメデコルテ」ですごく人気があるというモイスチュアリポソーム フェイシャルコースなんか受けちゃって、顔の肌が柔らかくしっとりして(しみは相変わらず多いが)ご機嫌でブラブラし、賑やかなエリアなのに一歩明治神宮に入ると急に静かになり、緑に囲まれる。凄い。しかも雨で神社が閉まる1時間前だったので余計に人が少なくて気持ち良かった。
f0044063_16415972.jpg

今回は京橋に滞在したのだが、東京の蕎麦屋の多さに驚き。
f0044063_16501114.jpg

そして美味しそうな飲み屋や路地に惹かれ、ウロウロするのがとても楽しかった。「素通りは風にもさせぬ柳かな」なんて看板に書かれた50年以上姉妹でやっとる焼き鳥屋「大虎」も良かった。50年以上続くおでんの「お多幸」では冷酒におでんを楽しんだ後に〆で名物「とうめし」を。適度な固さのご飯の上にドーンと乗っかった豆腐がトロトロで美味しかったなあ。うっとり。
f0044063_17222485.jpg

SIに頼まれてスケーター御用達「FTC」にも。丁度この日は世界的GO SKATEBOARDING DAYで宮下公園でのイベントを覗きに行く予定が雨で延期。残念。
f0044063_17282650.jpg

東京楽しい!D'ANGELO来日したらバンコクから飛んで行くとずっと決めていたがサマソニに帰国不可。BLACKSTARを拝みに9月東京行きたいけど不可。銭と時間が欲しい。東京で金使い過ぎた。

東京タワー1階のONE PIECE「サンジのおれ様レストラン」に連れて行ってもらっちゃった。でも東京タワー真下のハイボールバーに行きたかった。
f0044063_20244123.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2015-07-07 18:29 | 日本 | Trackback | Comments(0)

新幹線止まったけど、無事タイ帰国

f0044063_13354020.jpg

火曜早朝タイ帰国。月曜日の夜到着予定で、午前10時半蒲郡の実家出発。で、こだまで東京に向かう道中、新幹線焼身自殺事件で私が乗っていた新幹線もストップ。もう夕方5時半成田空港発の飛行機に間に合わない可能性が高くなってきたときタイ航空に連絡し(妹ちゃん大感謝!)、翌日成田発最初のフライトか、通常は不可だけど事情が事情なので羽田空港発夜中12時過ぎのフライトへの変更が可能、と。

突然の初羽田空港体験(さすが新空港、何かと便利)、ぐったり火曜日午前5時半帰宅。実家出て19時間、疲れた。

新幹線でこんな事件が起きてとにかく驚き。そしてわずか約3時間で運転再開できたJRの対応に感嘆。品川駅の精算所は長い列ができていて、苛立っている人だって少なくないが迅速かつ丁寧な対応で予想以上に早く精算してもらえた。プロフェッショナリズム、本当にご苦労様です。それに比べ、スワンナプーム空港で拾ったタクシーを降りるとき、返されたおつりは実際の金額より35バーツ少ない100バーツ。ちょうど区切りの良い金額ということで100バーツ札をしらっと渡しさっさと去って行った運転手。たかが130円とは言え、お釣りの金額が区切りがいいかどうか、チップを渡すかどうかは乗客が判断すること。タイ到着していきなりこれか、とムッカーーーーーっとした。やれやれ。

+++++++++++++++++++++

FIP(伝染性腹膜炎)ドライタイプのWU。半月ぶりに会ったら確実にさらに弱っている。歩行がもっと困難そうで、ふら、ふら、と歩いては座るか転ぶ。固形物をほとんど飲み込めず、注射器で「ENSURE」という様々な体に不可欠なビタミンやミネラルが含まれたものを朝晩必ず飲ませ、高タンパク質のパテのようなを少しでも食べさせている。もうジャンプなんて当然できん。今まで使っていたトイレボックスの高さが今の体力では高過ぎて入れず、トイレに気を付けて私たちが連れて行くようになった。綺麗好きだったけど、毛繕いしたくても体のバランスを維持できず転んでしまう。爪研ぎする力もなくなってしまい、怖いけどそのうち爪を切ってあげんといかん。でも私がどこに行ってもふら、ふら、と必ずついて来る。抱き上げればゴロゴロ喉を鳴らす。タイに戻って来る前に死んでしまうんじゃないかとSIも思っていた。今月末まで今度は私がバンコクで一人。SIが戻って来るまでWUは生きていられるんだろうか。膝の上で寝てる彼女のガリガリになってしまった体をなでる度に痛ましく、愛おしく、メソメソしていしまう。不安でいっぱい。

(ちょっとおバカだと思う)TANGは床でスヤスヤ寝とるが腹が苦しそう。
f0044063_18343695.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2015-07-02 18:36 | 日本 | Trackback | Comments(0)

東京で桜

3月末仕事で東京へ。最高気温15℃位、最低気温4、5℃な週。ひんやりとどれだけ歩いても汗をかかない新鮮な空気。最近暑くてたまらんバンコク暮らしだとこの気候がたまらなく嬉しかった。

仕事終えて自由が効いたのは1日のみ。初めて谷中へ。
f0044063_18384162.jpg

日暮里駅から酒屋や古本屋寄ったりしつつ商店街へとブラブラ散歩。
f0044063_18401372.jpg

東京って面白い。地域によって雰囲気が全然違って。中心部はちょっと圧倒されるけど、谷中はお寺や味のあるお店、ギャラリーがちょこちょこあって昭和の匂いもしてひたすら散歩。
f0044063_18432879.jpg

こんな時期に帰国できて感激。
f0044063_18443455.jpg

夕方は3月オープンしたばかりの「谷中ビアホール」へ。1938(昭和13)年に建てられた3軒家を改装した施設「上野桜木あたり」の1軒の1階部分に入居している(詳しくはこちらをクリック)。古民家大好き。
f0044063_1850354.jpg

ずっと座って飲んでいたら寒くて鼻水出てきたけど、でも屋外席が好きだ。
f0044063_18513047.jpg

緊張感たっぷりの通訳業を終えた後のビールはクソ美味い。
f0044063_18532120.jpg

そして夜は横浜に住む従兄弟アニキと合流。日本で現存する最古のビヤホール「銀座ライオン」。1934年(昭和9年創建)81周年!ヱビスビールの生は美味かったし、雰囲気もとても良かったけど、つまみ高い。
f0044063_18581481.jpg

お次はクラフトビールとシカゴピザの「デビルクラフト (DEVILCRAFT)」神田店。
f0044063_1904129.jpg

コンビニでビール買って飲みながら日本橋へ。道中迷いつつ何度も人に方角を尋ねる。桜の季節ということでピンクにライトアップされた建物見てキャッキャして無事日本町到着。COREDO室町3にある「CRAFT BEER MARKET」へ。DEVILCRAFTと同じくこちらもユタ州醸造所「EPIC」の樽生が充実していた。日本は今EPIC人気あるのか?

東京は電車が安くていい。お出かけ好きな母が東京に住んでいたら休みの度に電車乗ってどっか行ってそう。愛知県はJR安くないもんなあ。

良い気持ちで宿のある錦糸町に戻る。桜はまだ咲き始めだったけど、少しでも見れただけですっごく嬉しかった。祖母が亡くなりお葬式のため愛知に帰国したとき桜が満開で感動的だった。今回桜を見て祖母を思った。桜は美しく、儚い。さらに祖母のお葬式を思い出し何とも言えない気分だった。
f0044063_19152219.jpg

春の日本から元気もらいました。次回はいつ帰国できるかや。
f0044063_19185353.jpg

で、6日振りに帰宅したものの、やはり猫。「おかえり」と歩み寄ってきてくれませんでした。いいんです。

どんだけ名前の案を出しても「うーん、いまいち」とか散々却下され、もう知らんわと思っていたら「WU(左)」と「TANG(右)」にやっと決定。うちのお姫2匹ウータン、べっぴんYO。
f0044063_1925293.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2015-04-06 19:25 | 日本 | Trackback | Comments(0)

日本滞在

蒲郡郵便局オリジナル絵葉書。可愛いだら。
f0044063_165672.jpg

11/28 長野県妻籠宿へ日帰り旅行:http://bkkagogo.exblog.jp/23401963/

11/29 三谷町:http://bkkagogo.exblog.jp/23402897/

昨晩改めて「鉄道員(ぽっぽや)」鑑賞。健さんはもちろん素敵だが、演じる俳優としての志村けんを見れる貴重な映画だよなあ、としみじみ。
f0044063_1691684.jpg

今晩は20日ぶりにSIが帰って来る!ちゃちゃっと掃除してたまには料理しにゃ(ずぼら主婦)。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-12-07 16:12 | 日本 | Trackback | Comments(0)

三谷町

4泊だけだが東京の仕事終えて実家愛知県へ。先月SI、SIママと帰省したばかり。でも前回はバタバタしていたし通訳もしんといかんし、今回は本当にのんびり骨休み。

毎日毎日家庭の味を堪能しました。寒いとおでんが美味い。お爺ちゃんの大根最高。
f0044063_15384723.jpg

父、母、姉、妹の料理にデザートまで。全然外食したくない。家の台所にへばりついとりたい。
f0044063_1540229.jpg

サツマイモで作る鬼まんじゅうが東海地方の食べ物とは今まで知らんかった(妹作)。
f0044063_1541238.jpg

日本はバター不足と聞いとったが本当にバターなかった(サンヨネ)!
f0044063_15474831.jpg

今回は母と同じ部屋で寝た。毎朝台所から聞こえる食器のカチャカチャした音や話し声で何となく目が覚める。一度母がずっとはまっている韓流ドラマのハングル語で目が覚めたのは斬新だったが。この実家の安心感、たまらん。ボーっと起きて、仏壇に手を合わせ、台所でコーヒー飲みながらその日のチラシに目を通して中日新聞読んで、落ち着く。

昔、物置を作る予定の敷地に父がいきなりコンクリートを積んででかい池を作った。ずっと捕まえてきた鯉や鰻を飼っているのだが、今回帰省したら池の半分に水がなく、魚の餌用ミミズの養殖場になっていてびっくり。凄い、父様。

来年は数週間のんびり帰省したい。特に何かしなくても家族の生活の一部に入れてほしい(ちゃんと手伝いするので宜しくお願い致します)。
f0044063_15461568.jpg

もったいなくて持ち帰った蒲郡みかんが食べれん(撮影場所:アピタ)。
f0044063_15521953.jpg

しかしジャポニカ学習帳の表紙の昆虫が教師や親の「気持ち悪い」というクレームで消えたというニュース。馬鹿過ぎて信じられない。そういう思考の親や教師こそ気持ち悪い。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-11-29 15:36 | 日本 | Trackback | Comments(0)

義母様60歳祝い日本2週間旅行<東京#1>

14日から2週間、SIママ60歳祝いで親子3人日本旅行に出発。まずは東京3泊。が、寝不足の日々が続きフラフラで到着したら、東京、(南国生活に慣れているうちらにとって)寒い!温度差や疲れで皆体調少々崩しながらも、そいでもしっかり東京満喫。

宿は浅草や上野が近い「行燈(あんどん)旅館」。部屋は小さいけれど、スタッフの女性が皆親切で可愛らしく、居心地が良い。スカイツリーが見える屋上で朝コーヒー飲んだり(人はなぜスカイツリーや高層ビルに登りたがるんだろうか?)、
f0044063_22562299.jpg

貸し切りで利用できる大きなジャグジーを満喫したり。
f0044063_230345.jpg

浅草までぶらぶら歩いて行く途中何となく寄ってみた「いろは会商店街」。「あしたのジョー」のふるさととして商店街の活性化を目指しているとのことで、ジョーがおってびっくり。
f0044063_2384975.jpg

浅草寺に暗くなってから来たのは初めて。綺麗。写真となると義務かのようにピースしまくりの日本人若者の様子に、日本初訪問の義母はびっくりしていた。「なんでピースなの?」と。知りません。
f0044063_2319039.jpg

f0044063_23192596.jpg

f0044063_23221691.jpg

お寺の後はホッピー通りで1杯ひっかけて宿に戻る。ひんやり空気が気持ちよい。

うちら日本人は当たり前と思っていても、実は全然当たり前じゃないことが色々ある。SIママ、まずは自動販売機やコンビニで温かい飲み物が買えることや、町の中に公共のゴミ箱がなかなか見つからないことに驚いていた。顔半分隠れるでっかいマスクをした人の多さ、そして日本が誇るハイテクトイレ「ウォシュレット」、特に音姫の存在にも。見ていて面白い。日本が余計に新鮮に感じられる。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-10-22 23:31 | | Trackback | Comments(0)

梅水晶@原始焼と捕鯨

今週SIの叔母と旦那様がスイスから遊びに来ていたので、スクンビット・ソイ31の「北海道炉端 原始焼」へ。日本酒大好きな人達なのでまあよく飲んでよく食べた。

で、食べたことがない鮫の軟骨を梅とあえた「梅水晶」なる一品を注文。素敵な名前。コリコリしてて、酒のつまみにぴったり。
f0044063_19164864.jpg

翌日朝、「昨日の夜楽しかったね」という話をしながら梅水晶の話になり、「僕だったら注文しなかった」とSIに言われた。鮫はフカヒレ目的の乱獲によって数が激減しているからだ、と。そこから話は捕鯨問題にまで広がり、「捕鯨は日本の文化で、はりはり鍋みたいな大事な食文化がとか言うけど、例え産業革命や西洋諸国が原因で鯨が激減して、激減している現状に対して直接的に日本の責任では例えないとしても、保護しんといかん生き物っていう事実には変わりない。『調査捕鯨』って何なんだ?鯨食べんでも別に僕らは生きていけるら?」となり、「T(私)は捕鯨の話になると急に国粋主義っぽくなるよね。」と最後に言われ、軽く凹んだ。

多国籍メンバーで喋っとると、日本人の私は冗談で捕鯨ネタで突っつかれることが時々あり、そういうときは変な汗がジワーっと出てきそうな思いで苦笑い。原発問題、「外国だったら犯罪じゃない?」っていう日本のロリコン漫画、第2次世界大戦など外国人にちょこちょこ意見を聞かれるが、そんなに頭良くないし知識豊富じゃないもんで、話題によっては変な答え方しんように気をとても使う。「しがない私個人の発言=日本人の考え方」と大きく捉えられる可能性がない訳じゃない。結構大変なのだ。「一人一人が外交官」という言い回しは決して間違ってないと思う。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-02-01 19:46 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)