クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

タグ:映画 ( 72 ) タグの人気記事

「ゴースト・イン・ザ・シェル」@SCALA

f0044063_00250752.jpg

今月頭にハリウッド版「ゴースト・イン・ザ・シェル」を観にSCALAへ。ハリウッド色で「攻殻機動隊」がおかしなことになったら嫌だなあと思っていて予告編を見たらいい感じ。まあまあ期待して映画を観に行き、なかなか良かった。未来的都市の映像が特にトリッピーで、バトーが悪くなかった。「おお、バトーじゃん!」と。アジア作品の白人化で賛否両論のスカーレット・ヨハンソンも。

「思ったより良かった」と鑑賞後SIに言ったら、「でもやっぱり少佐はアジア人女優が演じるべきだった」「世界観の描き方が単純化されとった」と厳しい。そんなに原作に思い入れあったっけ?とちょっと驚いた。

で、インスタに写真投稿して『「ゴースト・イン・ザ・シェル」悪くなかった』と書いたら、攻殻機動隊ファンの外国人友達数人からこの新作に対する熱い不満コメントが返って来るし、皆でホアヒンに行く道中、車の中でこの映画の話題になり、外国人友達数人が口々に世界観の描き方が浅いだの、アジア人女優じゃないといかんだの文句言い、「T(私)、日本人としてどう思った?」と意見を求められ、「悪くなかった」と言ったら倍になって反対意見が返ってきそうで適当にモソモソ答えておいた。

いまだに今回の『「ゴースト・イン・ザ・シェル」良かった!』と言う人に出会ってない。皆厳しい。こりゃあハリウッドは「AKIRA」触らんほうがいい、絶対。怖い怖い。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2017-04-19 00:53 | 映画 | Trackback | Comments(0)

「猫なんかよんでもこない。」、「海よりもまだ深く」、FATTY'S BAR & DINER @RAMA 9

最近RCAの独立系映画館「HOUSE」に立て続けに行った。「猫バカ」とSIに笑われながらも「猫なんかよんでもこない。」(泣かずに済んで良かった。猫の姿に「可愛い〜」とキャッキャ喜ぶタイ人の女の子たちの声に癒されました。)と、
f0044063_12360160.jpg
是枝裕和監督の海よりもまだ深く」(樹木希林や真木よう子の何気ない一言がとてもドライで女の怖さを感じる)。
f0044063_12372874.jpg
タイでは映画館で映画が上映される前に必ず国王賛歌が流れ、全員起立する。色々なバージョンがあるので、これが結構楽しみ。特に「海よりも - 」を観に行った日はプミポン国王の容態が不安定との異例発表があり、国王賛歌をなんとも言えない気分で聞いた。

「映画を見てバーガーをがっつく」というテーマだったので、SIの周りの食欲旺盛青年らに支持されている「FATTY'S BAR & DINER」へ。MRTラマ9世駅の出口1番からソイ・ディンデーンへ徒歩10分位。洒落たレストランがどんどん増えるバンコクだけど、ここは昔からどこのアメリカの街にも存在していそうな小さなダイナー。「FATTY」=おデブ、(食べ物などが)脂肪過多。飾り気のないガタイのいい男子がビール飲んでバーガーをかじる姿がしっくり来る。
f0044063_12484739.jpg
オーナーはウィスコンシン州出身。ウィスコンシンの大きな旗が飾られ、店の片隅には楽器が置いてある。ちょこちょこライブも開催される。
f0044063_13014527.jpg
普通のビールに加え、クラフトビールが豊富。チキンウィングやバーガーと言った脂たっぷり料理にはIPA!
f0044063_12554292.jpg
毎週水曜日は「WING WEDNESDAY」。チキンウィングが1本10バーツ。アメリカンなジャンクフードメニューにワクワクし、何を注文しようか迷う。モッツァレラチーズスティックフライも注文。
f0044063_12592872.jpg
そして10月のおすすめバーガー「THE JUICY LUCY」(THB200)。パテの中にチーズが潜んどる。でかい。苦しい。
f0044063_13013942.jpg
なかなか足を運ぶエリアではないけれど、またジャンクジャンクしに行かにゃ。

いつ行ってもガラガラのHOUSE。最近100バーツから140バーツに値上げしたけど、いいです、いいです。大手映画館に負けず頑張って存続してほしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2016-10-27 13:23 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

「シン・ゴジラ」とつけ麺の日本ナイト

もう1週間以上前だけど、上映が始まってすぐ噂の「シン・ゴジラ」を観に行った。特に「ゴジラ」に思い入れはない。でも、多分記憶が間違ってなければ、人生初の映画館は小さい時祖母が連れて行ってくれたどこかの映画館で、ゴジラの何かの映画だった気がする。うっすらと「なんか怖い」と思った記憶があるような、ないような。

f0044063_00341316.jpg
ハリウッド版ゴジラ映画はあんまり好きじゃなかったもんで、日本感たっぷりの「シン・ゴジラ」は面白かった。が、石原さとみのキャラが登場して何か言うたびに日本語だろうが英語だろうがイライラさせられた。何だこの女。ちなみに一緒に観に行ったSIは映画観た後私ほど喜んでなく、「あの女優の英語が全然聞き取れんかった」とか「何で政治家とかお偉いさんは会見前に別に現場行っとった訳でもないのに作業服に着替えんといかんかったのか訳分からん」とか「どうでもいい情報が画面上に表示され過ぎ」とか、まあ色々日本独特の描写を楽しみつつ、少々疲れたようだった。

海よりもまだ深く」が始まったし、月末には「猫なんかよんでもこない。」も始まる、今月は邦画月なのだ。

タイの映画情報は「MOVEEDOO」が便利。

この夜は邦画観るで和食食べに行こう、と日本ナイト。エカマイ駅前のつけ麺がおいしいという「城(じょう)」にやっと行った。
f0044063_01060795.jpg
美味しかったけど、ビールと唐揚げを楽しんでからラーメン食べたかったのに、ビールの後にすぐSIのラーメンが来て、SIが食べ終わったら私の麺と唐揚げが来て、タイミングも順番もすごくがっかりだった。去年明石で餃子より先にラーメンが出てきた客が怒って何時間も店に居座って警察騒動になった事件があったけど、その気持ち分かる。タイではよくあることで、日本人みたいに料理を提供する順番を気にしない国でいちいちブーブー言っとっちゃあいかんけど、でも日本食の店だとどうしてもその辺の感覚が認識されとったら、と期待を少々してしまう。

ラーメンのこと書いとったらお腹空いた。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2016-09-19 01:28 | 映画 | Trackback | Comments(0)

有機栽培野菜・果物デリバリー「CSA MUNCHING BOX」

今年はもっと健康に気を使おう、ということで「CSA MUNCHING BOX」に申し込み、昨日初めてたっぷりのオーガニック野菜・果物が届いた。

f0044063_12402378.jpg


CSAマンチング・ボックス(良い名前)は、ファーマーズマーケットにいつも出店している「RAITONG ORGANIC FARM」による宅配サービス。『タイ国内の農家の人々と私たちの距離がもっと縮まるように、というコミュニティ支援型農業プログラムです。美味しくて新鮮な有機栽培農産品を皆様の自宅にお届けするということは、健康を各家庭にもたらすだけではなく、私たち消費者も、農家の人々にさらに公平かつ持続可能な方法で有機栽培農産品を育てる機会を提供し、彼らがより安定した収入を得て生活の質を向上できるよう貢献できると信じています。』と。毎週何が届くかは分からない。そのときに採れたものを提供し、知らない野菜があればその存在・調理方法について創造性を働かせながら学べる、という楽しいサービス。

まずは4回宅配分のお金を払ったけど、ちゃんと続くだろうか。私もだけど、SIも時間の使い方を変えんといかん。友人はこのサービスを利用したけれど、結局野菜が消費し切れず次のボックスが届く前日に残った野菜をぶち込んでスープばかり作っていて、購入を辞めてしまった。すごく納得。うちらもそうなる可能性大。そう考えると、働きつつ家族のため毎日ご飯作って子供育てて、母親って本当に凄いなと思う。心から尊敬。

スターフルーツ、ローズアップル、玉ねぎ、カボチャ、キャベツ、ケール(カンラン)、レッドアマランサス、菜心、レタス、トマト。レッドアマランサスって何だ?ワーワー言いながら色々試すのが楽しみだ。

+++++++++++++++++++

KU DE TAあんまり好きじゃないし、面倒くさくなって楽しみにしていたMIX MASTER MIKEに昨晩結局行かんかった。がっつりクラブに出掛けて遊んでいた時代は去り、代わりに家でのんびり映画見てお茶すすってお菓子食べる選択をし、「うちらしっかり30代だね」と二人で実感して笑った。

昨晩見た映画「BEGIN AGAIN(「はじまりのうた」)』でMAROON 5のアダム・レヴィーンが歌う「LOST STARS」を今朝は何度も聴いている。アダム〜(うっとり)。



ロサンゼルスで赤の他人の結婚式にサプライズ登場して演奏し、人々のリアクションがとても楽しいMAROON 5話題の新曲MV「SUGAR」。こんなウェディングクラッシャーだったら大歓迎だよなあ(またうっとり)。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2015-01-17 13:33 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(4)

タパス「TABERNA JAMON JAMON」@スクンビット・ソイ20 &「INTERSTELLAR」

昨晩は「花かるた」サトーン店倉田マネージャーお勧め福岡県酒蔵「喜多屋」の大吟醸を銀杏と共に堪能し(美味しかった!)、
f0044063_2285133.jpg

その後SIとスクンビットソイ20に最近オープンしたタパス・レストラン「TABERNA JAMON JAMON」へ。大勢で行ったら1メートルの板にドーンと乗って出て来るコールドカットやタパスの盛り合わせを食べたかったけど、なんせ二人だもんで可愛らしく色々頼んでサングリアと楽しむ。これから私もSIも仕事でタイを離れる期間がずれて約1ヶ月ほぼ一緒に時間を過ごせない。ゆっくり外食できた貴重な時間。ここのタパス屋、コロッケがぬるかったこと以外サービス良いし、また行きたい。
f0044063_2403777.jpg

その後パラゴンへ。IMAXでクリストファー・ノーラン監督最新作「INTERSTELLAR」を観に行ったものの、疲れていて結構初っ端から寝てしまった。最低。しかも重力だの相対論だの英語だろうが日本語だろうが自分の理解力を越える。しっかり頭が冴えているときに字幕付きでもう1度観んといかん。でも映像の美しさとマシュー・マコノヒーの演技に惹き付けられます。しかし狭いしど寒い会場だった。



先週かなり髪を切った。「ぎりぎり後ろでひとまとめに縛れるくらいで」とお願いした。最初は軽くなってご機嫌だったが、どうも自分が少々老けたこけしにしか見えんくなってきて心が痛む。参った。どうすりゃいいだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-11-14 03:09 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

「ZUMA」と「KENJI'S LAB」と美味しい贅沢な1日。

もう12月。びっくりだ。明日から大学時代の友達が1週間以上、そして今月後半はSIママが寒いスイスを脱出しうちらとクリスマスと正月を過ごしに来る。仕事もあるし、遊びもあるし、師走、忙しくなりそう。気合気合気合。

昨晩刺身の夢を見て思い出した。10月末の或る日、仕事で昼ご飯は高級和食レストラン「ZUMA」、
f0044063_17161444.jpg

夜は「KENJI'S LAB」で白子やら秋刀魚やら新鮮な魚介類やビール、日本酒を堪能。幸せ!
f0044063_17214741.jpg

仕事としては楽ではなかったが、美味しい1日であった。KENJI'S LABいいなあ。
f0044063_17215997.jpg

「餅米&ソムタム&ガイヤーン」トリオも最強だけど、「刺身&美味しい酒」や「炊きたてご飯&赤味噌汁」、「ご飯(冷や飯でも良い)&漬け物(特に亡き祖母作うりの味噌漬け)」にはかなわない。

+++++++++++++++++++++++++

昨晩良い映画を2本立てで観た。

BLACKFISH」:フロリダ州のシーワールドでショーの最中熟練トレーナーがシャチのティリクムに殺された。シャチという生き物について、こういう遊園地でのシャチショーについてなど、悲しいながらもシャチの美しさにホワーっとするドキュメンタリー映画。だからうちらは動物園も水族館も嫌いなんだ。



CRYSTAL FAIRY」:「JUNO」でおなじみマイケル・セラ出演。強烈な幻覚をもたらすサンペドロ・サボテンを求めてチリ人兄弟3人と、ちょっと変わった女の子とチリを旅する話。3人兄弟兄ちゃんがチルで格好良い。サボテンすっごい不味そう。



昨日から財務省周辺は夜の見張り番デモ参加者がおらんくなった。で、うちのアパートの子供が毎日毎日夕方幼稚園から帰って来ると暗くなるまで庭でデモ用に大人が購入した笛を延々とピーピーピーピー吹いて遊んでいる。メイドさんやら皆ニコニコして遊んであげている。私は耐えれずに全ての窓を閉める。親になると忍耐力が鍛えられるんだろうか。未知の世界だ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2013-12-03 18:03 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

最近観た映画とか色々

仕事で過去最強に厳しいフィードバックが戻って来て心が弱っている中、びびりながら仕事を続け、「BREAKING BAD」をシーズン1からガシガシほぼ毎夜見続け(週末も外出したくないくらいハマっている)、10月になってしまった。

最近観に行ったフランスの大俳優/女優が結集した豪華キャストによる「ムード・インディゴ〜うたかたの日々〜」は、ファンタジー要素が強過ぎて、見終わった後はソースがたっぷりかかったお好み焼きとケーキを連続で食べたみたいな腹一杯気分。



一昨日観た「RUSH」は、1970年代ニキ・ラウダとジェームス・ハントのライバル関係を描いたF1映画で、これは面白かった。是非大画面で。



ブログは少々おろそかになっているものの、静かにスリランカ旅行について更新:
スリランカ旅行<7>エッラ (ELLA)

f0044063_10472331.jpg

DUDE MAGAZINEの最近の記事:
- 在タイ日本人とタイ人によるインストロックバンド「aire」のニューシングルが期間限定フリーダウンロードでリリース
- クリエイティブバンコク!ステッカー展示会「STICK IT UP」@BACC
- タイ人料理家プーさんの料理本「COOKING WITH POO」。でも英語の意味は・・・。

さあ、仕事。でも仕事が怖い・・。文章でやたらとこの「・・・」を使う人の尻切れの悪さに普段はイラーッとする(特に男の場合)のだが、今の心境は正に「・・・」。私いけてない。SIは「俺なんか赤シャツ暴動で店が燃やされたじゃん。それに比べりゃ。たかが仕事だ。」と。そりゃそうだけど。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2013-10-02 11:03 | 映画 | Trackback | Comments(0)

HOUSEで「ONLY GOD FORGIVES」。がっかり。

昨日からタイでは映画「ONLY GOD FORGIVES」の上映開始。ライアン・ゴスリング主演でバンコクで撮影されたということで、熱く上映が待ち望まれていた1作。HOUSEではライアンの過去作品「DRIVE」を再上映していた程。
f0044063_10271220.jpg

色使いや、怪しげな雰囲気は好きだったけれど、意味のない程の過剰な暴力描写とか、何かしっくり来ず、結構がっかりした。

HOUSEに行く度に、どうやって経営が成り立っているのか不思議。独立系映画館で、クラブやバーが集まるエリア「RCA」でも中心部から外れたところ、スーパー「TOPS」の入っている建物にある。他の大手映画館では上映されない映画が見れる貴重な場所。LIDOやAPEXと同じくB100と安い。でもいつ行っても人が少なく、ほぼ貸し切り状態。チェーン店や大型モールが馬鹿らしい程に増え続けている現在、是非個人店に頑張って欲しい。

HOUSE:
公式サイト:http://www.houserama.com/
FACEBOOK: https://www.facebook.com/houseRCA
タクシーまたは地下鉄MRTラマ9世駅で出口3番からバイクタクシーでB40

ちなみに現在HOUSEで上映されている「CELESTE AND JESSE FOREVER(邦題:「セレステ∞ジェシー)」、数日前見てなかなか泣いてしもうた。こっちのがお勧め。主人公らも素敵だけど、ガンジャ売りのSKILLZが良い。



やはり日本の胡瓜は美味しい。あのコリコリ感は西洋の胡瓜やタイの胡瓜からは得られない。マヨネーズくらい確信・自信を持って「日本のものが1番」と言える(キューピー最強)。が、最近VILLAで売ってる日本の胡瓜はやたらとでかくて不満です。もう一回り小さいサイズで収穫してほしい。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2013-07-19 10:56 | 映画 | Trackback | Comments(0)

「甘い」MR. JONES' ORPHANAGE

日曜日。クレット島に行く予定→起きるのが遅過ぎて駄目。行ったことないパンが美味しそうなカフェに行こうということで「STOCKHOLM ESPRESSO BAR」→サンドイッチが日曜日午後というのにその日はなし。腹ぺこで倒れそうだったのでストックホルムバーの横の横の陳麻家で昼ご飯→イタリア産グラスワインがB59!CASA LAPIN→やっとらんかった。ROAST→外で順番待ちの人が沢山。とことごとくうまく行かずトンローをさまよい、結局仕方なしに内装もケーキも甘そうな「MR. JONES' ORPHANAGE」へ。

店に入って左は子どもが興奮しそうな様々なケーキのタワー、右側はメリーゴーランドやテディベアなどなど。男同士で入るには少々恥ずかしいかも知れん。しかしここもこの前のMAGGIE CHOO'Sに続き、ASHLEY氏プロデュースの「テディベア工場と焼き菓子」というコンセプトのカフェ。テディベア抱いて記念写真撮る女の子が多かった。
f0044063_2013151.jpg

ホーローの食器にお店のロゴが入ってて、レジ済ませるとオリジナルのチョコレートくれて、趣味がここは合わんが、さすが凝ってるなあと思いつつ大きなスコーンをかじる。
f0044063_2003410.jpg


夜はライアン・ゴスリング(好きダ!)、ブロッドリー・クーパー、エヴァ・メンデスの「THE PLACE BEYOND THE PINES(変な邦題:プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命)と、

エル・ファニングの「GINGER & ROSA(ジンジャーの朝 さよならわたしの愛した世界)」と2本立て。

周りを固める役者陣がすごく好き。そしてエル・ファニング、まだ15歳で彼女の演技が凄くて、最後30分は釘付け。ひさしぶりに涙がよう出てしまった。今朝また見たいシーンだけ見直して、また涙。最近彼女に惚れとる。

さらに映画中に使われるジャズが心地良い。サントラ検索したら、親切な人がリンク集を。ありがたいありがたい(こちら)。

が、両映画とも10代のお年頃の生意気さにイラッとし、SIと「10代は疲れるね」と映画鑑賞後なんだか疲れてしまった。10代は大変。しつこいけど、疲れる。今の自分が結局一番好きだと思う。大した人間じゃないが。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2013-06-17 20:26 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(2)

ノスタルジック上海「MAGGIE CHOO'S」

先週末やっと「MAGGIE CHOO'S」へ。「THE IRON FAIRIES」、「FAT GUT'Z」、「MR. JONES' ORPHANAGE」、「CLOUDS」とトンローの人気店を手掛けるASHLEY SUTTON氏による最新プロジェクト。
f0044063_16562467.jpg

『1931年、日本軍の侵攻により故郷上海から逃げたキャバレーのオーナーの名前をとったバー/レストラン。

マギー・チューはバンコクに到着後間もなく、19世紀に作られた小さなタイ中華料理店を発見。シーロム通りから10メートル地下に押込められたその店では、本格的なタイ中華料理を提供していた。

或る日、東インド会社が1847年に建て、ビクトリア女王のため英国に送るスパイスや磁器を貯蔵していたものの放置されていたスペースの入口を、レストランの片隅に見つける。そこで上海での過去を蘇らせるべく、マギー・チューはそのスペースをキャバレーへと変貌させた。

今日、キャバレーが復活する・・・』

と店紹介にある通り、ホテル「NOVOTEL FENIX SILOM」の地下にあります(スラサック駅から徒歩可)。

妖艶なノスタルジック上海の雰囲気とジャズを楽しみに行ったものの、週末ということでかなり混み合ってて、ゆったりとした雰囲気ではなかった。音楽もこの夜はクラブ系でちょっと残念。友達との時間はとても楽しかったけど。
f0044063_16585364.jpg

ピアノにずっと座っている女性の他、バーの何か所かにブランコでユラユラしている女性や、
f0044063_1701158.jpg

バーカウンター上、天井との狭い空間に寝転がっている女性など、
f0044063_1704963.jpg

おかっぱ中華ドレスの女性らも店の一部。

もっとゆったりできるであろう平日の夜に改めて行きたいなと思った場所でした。独特の雰囲気、しかもバンコクでは珍しく地下にあるお店、嫌いじゃない。

翌日カオマンガイ屋で食べた、苦瓜としいたけとスペアリブのスープ。2日連続で飲んだ体に苦瓜の苦みが最高だった。
f0044063_1764878.jpg


++++++++++++++++++

ひさしぶりにぐっと来る日本のアニメ映画を昨晩観た。「アシュラ」。生きるとは、道徳とは、と生死の重さを考えさせられる内容。観賞後、重くのしかかって来た。が、SIは、「本当、日本のアニメって意味なくほぼ絶対に女性キャラの水浴びや入浴シーンがあるよね。」と。「そこ?」と思ったけど、でも言われればその通りかも知れん。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2013-06-10 17:16 | 夜遊び | Trackback | Comments(2)