クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
未分類

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

タグ:東京 ( 3 ) タグの人気記事

招き猫だらけの豪徳寺

東京での仕事を何とか終え、実家愛知県に戻る前に1泊して東京観光。前から行きたかった招き猫と井伊直弼墓で有名な世田谷区の豪徳寺へ。

まあとにかく招き猫だらけで「おおおお」と圧倒される。しかもここの招き猫の表情が優しく、とても好み。

f0044063_21161490.jpg

庭の紅葉が美しく、三重塔をバックに立派なカメラで写真撮影に熱心な方々多数。そしたらどこかのおじいさんが、「塔をよく見るとあそこに猫が隠れてるでしょ?」と声をかけてくれた。確かに。粋な計らい。フォトジェニック(←今年のくそキーワードの一つ)。

この日は午後六本木ヒルズへ「THEドラえもん展」を観に行き、しりあがり寿の作品に笑い、日用品と鉄道模型を使って光と影でドラえもんの世界を見せる部屋で少し泣きそうになり(ドラえもーん!)、夜は友達と18禁の店が多いエリアにある「MIKKELLER TOKYO」でクラフトビール飲んでホルモン焼きを近所の店でお腹いっぱい食べ、翌日は夏目漱石生誕150周年にあたる今年9月24日に開館した「夏目漱石記念館」に行き、併設される「CAFE SOSEKI」でコーヒー飲みながら漱石の妻鏡子述「漱石の思い出」を読むという自己陶酔なひと時を過ごし、神楽坂をブラブラ散歩してから帰省。ああ、東京楽しい。

が、ヒルズで携帯を落としたら打ち所が悪かったのが全く動かなくなり、完全死亡。上記の写真以外、豪徳寺で撮った写真もドラえもんの写真も残ってない。本日携帯なし生活6日目。不便である。

しかし大きなスーツケース持って東京を移動すると、地下鉄使うのにエスカレーターがなくて階段を上り下りする機会が多いが、誰も助けてくれない。助けてくれることを当然と思っているわけではないし、自力で上り下りできるけど、これがバンコクだったらタイ人親切だし、西洋人男性なんてサッと持ってくれる人少なくないし、なんだかなあ。日本人は非常に丁寧だし、基本親切だけど、東京の人というか都会の人と言うか、他人と関わりたくないのか、目立ちたくないのか、まあとにかく急いでいるのか、手を差し出してくれる人が少ない気がする。よいしょよいしょとスーツケースを持ち上げ階段を下りながら、「ああ、バンコクだったらなあ」とか「ああ、SIがおったらなあ」とふと思う瞬間がある。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2017-12-03 21:43 | 日本 | Trackback | Comments(0)

義母様60歳祝い日本2週間旅行<東京#1>

14日から2週間、SIママ60歳祝いで親子3人日本旅行に出発。まずは東京3泊。が、寝不足の日々が続きフラフラで到着したら、東京、(南国生活に慣れているうちらにとって)寒い!温度差や疲れで皆体調少々崩しながらも、そいでもしっかり東京満喫。

宿は浅草や上野が近い「行燈(あんどん)旅館」。部屋は小さいけれど、スタッフの女性が皆親切で可愛らしく、居心地が良い。スカイツリーが見える屋上で朝コーヒー飲んだり(人はなぜスカイツリーや高層ビルに登りたがるんだろうか?)、
f0044063_22562299.jpg

貸し切りで利用できる大きなジャグジーを満喫したり。
f0044063_230345.jpg

浅草までぶらぶら歩いて行く途中何となく寄ってみた「いろは会商店街」。「あしたのジョー」のふるさととして商店街の活性化を目指しているとのことで、ジョーがおってびっくり。
f0044063_2384975.jpg

浅草寺に暗くなってから来たのは初めて。綺麗。写真となると義務かのようにピースしまくりの日本人若者の様子に、日本初訪問の義母はびっくりしていた。「なんでピースなの?」と。知りません。
f0044063_2319039.jpg

f0044063_23192596.jpg

f0044063_23221691.jpg

お寺の後はホッピー通りで1杯ひっかけて宿に戻る。ひんやり空気が気持ちよい。

うちら日本人は当たり前と思っていても、実は全然当たり前じゃないことが色々ある。SIママ、まずは自動販売機やコンビニで温かい飲み物が買えることや、町の中に公共のゴミ箱がなかなか見つからないことに驚いていた。顔半分隠れるでっかいマスクをした人の多さ、そして日本が誇るハイテクトイレ「ウォシュレット」、特に音姫の存在にも。見ていて面白い。日本が余計に新鮮に感じられる。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2014-10-22 23:31 | | Trackback | Comments(0)

東京から蒲郡に帰省

笑顔が素敵な仕事ができるイイ女との仕事も昨日で何とか終了。良い勉強となった東京での5日間。反省点も多いけれど、感謝されて嬉しかった。
f0044063_2574730.jpg

本日は東京でブラブラしてから愛知県の実家に戻る予定で、まずは「拷問博物館」とどこかで称されていた明治大学博物館の刑事部の展示物を見に行った。

中世ドイツで使用されていたという「ニュルンベルグの鉄の処女」。内部には無数の針がついていて、中に入った受刑者を突き刺す。突き刺すのだけどどの針も急所は外してあり、受刑者は即死はせず、悶絶したまま数時間も生き延びやがて絶命するらしい。そして絶命した受刑者の死体は鉄の処女にあらかじめ作られた床の穴から落下し排水溝から流されたと言う。(引用:「見学に行ってきた」)レプリカとは言え、怖いです。
f0044063_342745.jpg


その後古本の町神保町を散策して本に埋もれて何時間も過ごしたいと思っていたのだけど、雨は強く、寒い。歩くことを楽しめなくて神保町をろくに見ず、早めに愛知県に向かうことにしました。しかし、日本人であり日本語が読めても東京のパズルのような電車路線図には圧倒され、電車を何度か間違えた。この方向音痴はどうしたら良いのだろうか。

神田駅で見とれた東北応援ポスター。デザイン、キャッチフレーズ、色、フォント、全部が好き。行くぜ、東北。
f0044063_3152614.jpg

東京より暖かい愛知県。おでんに刺身に酢漬けに若狭湾産焼き鯖押し寿司等、大変満足。大変幸せ。家は良い!
f0044063_310440.jpg

夜に遊びに来たものの疲れて眠り込んでしまった中学生の姪ちゃんと、今晩は畳の部屋で今から寝るのだ。嬉しい。横でスヤスヤ寝ている彼女はよく動く。蹴られんか心配。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-11-20 03:17 | | Trackback | Comments(0)