クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
タイ事情
未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

I WANNA BANGKOK!

f0044063_19051625.jpg

スイスは兵役が義務。でも入隊しない代わりに社会奉仕という選択肢もある。SIのいとこ君は学業を修了後、兵役の代わりに社会奉仕を選択し、貯めたお金でもう何ヶ月も東南アジアを旅している。若いって素晴らしい!そして卒業と同時に就職しなくても、こうやって今だからこそできることを時間をかけてやり、その後就職という寄り道をしてもOKな社会もいい。

で、皆で散々遊んだ金曜日の夜。PREDUCEのリング発表パーティーがPREDUCEのプロスケーターGENG君もオーナーの一人である「F.ORANGE」というプラカノンのバーであり、その後も朝までやっとる場所で飲んで、上の路上で撮った写真は朝4時半。ああ、バンコク。(ちなみにストリートファッション好き御用達サイト「HYPERBEAT」にもこのリングが掲載されました。やー!!)

この「I WANNA BANGKOK」をバンコクの路上で見かけたことがある人は多いと思う。いい名前。

これは、以前GREYHOUNDのデザインアシスタントだったBEAMと、やはりファッションデザイン学校卒のGROFEという二人のタイ人による2014年からのプロジェクト。以前ベルリンでパーティーしていたら、多分ハイだった女性にどこ出身か聞かれ、「バンコク」と答えたら、「I WANNA BANG-COCK」と冗談で言われ、そのフレーズがずっと頭に残っていたところからアイデアが生まれたそうだ。「BANG」は「セックスする」、「COCK」は「ちんこ」という意味がある。よく「BANGKOK」のスペルをこの性産業が盛んな街文化とひっかけて「BANG-COCK」とするジョーク。

目指しているのは、お決まりの寺院やトゥクトゥクではなく、新しい方法でバンコクをプロモーションすること。個性的なキャラを持った10代の子と取り組み、若くて新しいアーティストの現代美術を用いて、タイのより近代的な顔を作る。「I WANNA BANGKOK」はブランドであり、認識度が高まるほど、人がバンコクという街を見る目が変わる。オーディエンスは外国人とタイ人10代。

90年代生まれの子とコラボする理由は、自分たちが将来だから。自分を自由に表現し、自分自身の哲学を持っている。それに、インスタの動画で新しい顔を見るということだけで新鮮だから。

インスタでコラボする人の選び方は、とにかくスタイル。独自のキャラを持っていて、それを上手に表現できる人。インスタはブランドのカタログのようなもので、バンコクのティーネイジャーの多様性を表現している(最近日本語でなんでいちいち「ダイバーシティ」ってカタカナで言うんだ?「多様性」でいいじゃんか)。若い子たちに、彼らには選択肢があり、望むとおりの人間になれることを思い出させたい。

などなど、楽しいブランド。この前携帯ケース買おうとしたら売り切れだった。I WANNA BANGKOKのインスタ面白い。チェックチェック:@iwannabangkok


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2018-06-21 19:44 | タイ事情 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://bkkagogo.exblog.jp/tb/29888066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。