人気ブログランキング |


クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
タイ事情
クラフトビール
未分類

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

タグ:アート ( 26 ) タグの人気記事

マルチメディア絵画展「モネからカンディスキーまで」@RIVER CITYの後はJACK'S BAR

日曜日はRIVER CITYへ。「FROM MONET TO KANDINSKY(モネからカンディンスキーまで)」という、西洋美術の歴史に影響を及ぼした16名の画家による傑作の数々を、最新技術、動画グラフィックス等を活用して新しい角度から見せるマルチメディア展示会を現在開催中。
f0044063_00055165.jpg
暗闇の中、音楽とアートに浸る空間に期待大で行ったものの、
f0044063_00073324.jpg
作品によっては普通に静止画で見たほうがいいなと思うものもあり、一通り見て楽しんだものの、中だるみするときもあった。

行く前に展示会のレビューを読んでいたら「せっかくの空間なのに子供がワーワー騒いで走り回っててがっかり」とあり、日曜日の午後行くと同じ境遇に遭う可能性が高いな、と行くのを少々ためらった。でも平日にSIと川沿いにお出掛けなんて無理だもんでしょうがない。そしたら騒ぐ子供はおらんくて良かったけど、スクリーンの前に立って写真を延々と撮っている非常識人が何人もいてうんざり。あんたら見に来とるじゃないだけど。怒。会場にスタッフを配置してほしい。

ちなみにレビューには「作者の意図するあらゆるフォーム、コンテキスト、コンテンツを引き剥がし、無関係な要素を混ぜ込んだダサい歴史の模倣」など、厳しい意見も。

まあ、それなりに楽しんだ。が、会場がすごく寒くて、エアコンで冷え切った体を温めるためにも次の目的地「JACK'S BAR」まで散歩。

RIVER CITY近くにある格好よい壁画
f0044063_16510996.jpg
この向かいには怪しい像がぎっしりと並んでいる。象、ゴリラ、牛、なぜ?
f0044063_16521716.jpg
JACK'S BARは、ラグジュアリー5つ星シャングリ・ラ ホテルのすぐ横、川沿いにあるレストラン/バー。川沿いで気楽に手頃な値段で美味しく食べて飲むのにここはお勧め。BTSサパーンタクシン近いし。
f0044063_16570821.jpg
ここはもう15年以上営業しているそうで、元警察官でプロゴルファーのジャックさんがオーナー。この夜はジャックさんが入り口で誰かと飲んでて「いらっしゃーい」と迎えてくれました。タイ南部料理も提供していて、プラスチックの椅子、エアコンなしのオープンスペース、ああ、タイ!っていう空間。なのに、ジャズが流れ、ワインも充実していて、タイ人と外国人で20席程度の店内は満杯。汚いけど雄大なチャオプラヤ川に面したカウンター席は残念ながら空いてなかった。ちぇ。
f0044063_17045806.jpg
こんな風に桟橋あり。写真左が人気のカウンター席。
f0044063_17062213.jpg
ゲーム・オブ・スローンズの作者ジョージ・R・R・マーティンっぽいファランのおじさま(下の写真左)の横のテーブルで(鉄の王座を勝ち取るのは誰だーー?!!)ビールやワイン飲んで、
f0044063_17105874.jpg
牛肉ペナンカレー
f0044063_17121614.jpg
ターメリック風味の揚げ魚。美味!!
f0044063_17122883.jpg
満腹満腹。良い店だ。

ちなみに「FROM MONET TO KANDINSKY」は7月31日まで。8月からは「イタリアのルネッサンス」が開始。大人THB350。

楽しい休日はすぐ終わる。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 更新を通知する

by miyachoTT | 2019-05-14 17:22 | アート | Trackback | Comments(0)

STRANGER TWINS展示会「ANYTHING CAN BE PAINTED」@S / O / S SPACE OF SILOM

火曜日はSTRANGER TWINS展示会「ANYTHING CAN BE PAINTED(何にでも絵は描ける)」へ。

STRANGER TWINSは、PREDUCE SKATEBOARDSのアートディレクターで壁画にフォントにグラフィックアートまで、とっても多彩なタイ人アーティストTRKと、キャラクター「HANAUTAH(ハナウタ)」のカツマタヒデユキさんからなる日泰デュオ。「日常の中の、お皿から仏具まで。この日泰デュオにかかれば、なんだってペイントの対象。描くものがない!?そんな人にはSTRANGER TIWNSによるパターンを使ったハンドポークタトゥーでも」と、今週土曜日までの超期間限定展示会なのだ。
f0044063_00243982.jpg
ギャラリー「S / O / S SPACE OF SILOM」は、表に看板がない。BTSチョンノンシー駅出口3番からシーロム通りに向かって数分歩くと、左手にシャッターに描かれた絵が格好良い、派手なライトでカラフルな建物がある。屋上には人気バー「TROK SILOM」が。
f0044063_00250712.jpg
で、階段を上っていくと3階にS/O/S。
f0044063_00261804.jpg
この夜はDJ、タットゥーブース、シルクプリント、お酒、と賑やか。
f0044063_00290608.jpg
f0044063_00292827.jpg
f0044063_00295341.jpg
f0044063_00301705.jpg
f0044063_00304063.jpg
で、土曜日まで毎日ヒデさんがハナウタ似顔絵をTHB600で描いてくれます!ビール飲んでおしゃべりしながら、人生初似顔絵描いてもらった。
f0044063_00552804.jpg
SIとSIパパはよく「ブルース・ウィリス」と言われるけど、この夜ヒデさんは「なんかどうもニコラス・ケイジみたい」と納得がいってないようだった。笑。嬉しい。大事にします。
f0044063_00335990.jpg
そしたらTRKが「僕からも二人のポートレイトだ!」と。酔ってサラサラっとステッカー用紙の裏に適当に描いてキャッキャ笑ってたけど、好き。ありがとう。
f0044063_00353515.jpg
展示会とは言え、宴会たけなわで、気付いたら皆床に座ってユルユルと。いい感じ。
f0044063_00371075.jpg
土曜日はクロージングパーティーやるそうで、楽しみ。絵を見に、似顔絵描いてもらいに、パーティーしに、皆様是非是非。近所には小籠包でおなじみの「永和豆漿 Yong He Dou Jiang」もあるし。
f0044063_00401340.jpg
なんでも「平成最後のXXX」という表現をやたら使う雰囲気を斜めに「ケッ」と見ていたら、令和になった。子供のとき、祖母が大正生まれで「大正」という響きに世代差を感じたものだが、そしたら自分が昭和・平成・令和と3つの元号をまたぐとは。最近友達と行ったXTEND BARREの先生が超ぷりっケツで、いくらなんでも何か詰めてないか??とそのとき話しとったら、この夜その先生のインスタを発見した友達が「ねえ、あのお尻本物だったよ!」とチャットしてきて、ギャラリーでお酒飲みながら友達とお尻についてチャットしとったら日付が変わって令和になっとった。こんな新しい元号の始まりでいいのだろうか。心配。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 更新を通知する

by miyachoTT | 2019-05-03 00:52 | アート | Trackback | Comments(0)

タイ人アーティスト タワン・ワトゥヤ (TAWAN WATTUYA) のアートブック

英日翻訳の仕事では、契約書やサイトのローカライゼーションなどなど実務的な内容のものがほとんど。が、最近知り合いの紹介で珍しくアート関連の仕事をいただいた。しかも、タイ国内に限らず海外でも数多く個展を開催している(特にニューヨークと東京)タイ人アーティストTAWAN WATTUYA(タワン・ワトゥヤ)が2009年から10年間制作した作品をまとめたアートブックを出版することになり、この本に寄せられたゲストライターのテキストの翻訳。

今月1日からタワンの個展「クイーン」が東京・八丁堀の「日動コンテンポラリーアート」にて1ヶ月開催中で、初日は個展のオープニング兼刊行パーティーということで、間に合うように作業を終わらせるのが大変だった。

アートブックの表紙は、「クイーン」からの作品の1つが使われている。
f0044063_19175061.jpg
タワンは水彩画の決まりを覆したスタイルが特徴。政治的なものから、かなりきわどいエロス、好きな映画関連作品まで面白い。SIはタワンがどれだけ凄いか背景を全く知らず、友人に紹介されて彼の作品が気に入り、会ったときにPREDUCEとコラボしないか尋ねたら、さくっと気軽に「いいよ」と。奇跡的。スケーターだけではなく、タワンのファン、アート好きな方々の購入も多かったシリーズとなりました。

PREDUCE x TAWAN (2014)
f0044063_19465209.jpg
アートブックのゲストライターが、これまた2010年のカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した「ブンミおじさんの森」のアピチャッポン・ウィーラセタクン監督や、「座右の日本」や「地球で最後の二人」の作者プラーブダー・ユンなど、名前を見ただけでドキドキ。
f0044063_19573191.jpg
PREDUCEの「E」ロゴを中心に全身タットゥーだらけの元ショップマネージャーGOLFIE発見。
f0044063_19584791.jpg
先日お邪魔したタワンのスタジオ。水彩画に切り替えたきっかけや、ハリウッド映画への愛、現在取り組んでいる世界で影の存在となる人々にスポットライトを当てたプロジェクト(スイスにひっそり暮らすシリア難民や、自身がワークショップに関わった福島の子供たちを迎えた沖縄キャンプなどなど)について色々話が聞けた。とっても気さくな人。
f0044063_20022381.jpg
f0044063_20020233.jpg
f0044063_20021138.jpg
タイらしい象の入ったNEW BALANCE(ちらりと紹介)とタワン。
f0044063_20015368.jpg
タワンのアートブックは出版数が限られているので書店に並ぶことはないと思うけれど、個人的に連絡して注文可。
『TAWAN WATTUYA 2009-2019 BOOK』: https://www.facebook.com/tawan20092019/

そして今回タワンのアートブックの
編集を務めたのは、チェンマイ市外にある美しい建物の「TOOT YUNG ART CENTER」のフランス人ディレクターのミミ。締め切りに追われてめちゃくちゃしんどそうだった。笑。去年パッポン・ソイ2のSMクラブでのタワンのバンコク1日限定個展を企画したのも彼女。格好良い女性です。彼女自身が絵描きで、5月17日には好きなバー「SMALLS」で個展兼自身のアートブック刊行パーティーを開催するそうなので、是非。イベント詳細はこちら

自分が関わった文章がこんなちゃんとした形で残るというのは、責任が重く、そしてとても嬉しい。で、少し恥ずかしい。




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 更新を通知する

by miyachoTT | 2019-03-19 20:15 | アート | Trackback | Comments(0)

ビーフヌードル「SANGAA」1周年記念 @スクンビット・ソイ51

ちょこちょこ行くスクンビット・ソイ51のビーフヌードル店「SANGAA」。昨日日曜日は1周年記念のお祝いで無料でお店の料理やココナッツアイスクリームを提供するということで、DJ MAFT SAI (ZUDRANGMA RECORDS) におめでとうを言いに行った。

SANGAAのぶっかけ飯をクラブ「STUDIO LAM」の前で食べ、
f0044063_17275974.jpg
f0044063_17283030.jpg
WTF GALLERY & CAFEでビール買って、現在開催中のポルトガル人アーティストMIGUEL JANUARIOのプロジェクト「±MAISMENOS±」の政治色強い展示会を覗く。ちょっと不気味で面白い。
f0044063_17342564.jpg
「TILL DEATH DO US PART(死が二人を分かつまで)」じゃなくて「負債が二人を分かつまで」泣。
f0044063_17344288.jpg
f0044063_17345897.jpg
ソイではSANGAAからスピーカーでゆるいモーラムやらを流し、タイでよく見かける移動式アイスクリーム屋さんのおじさんに素朴な味のアイスもらって、日が暮れていく。
f0044063_17415723.jpg
f0044063_17414502.jpg
f0044063_17422806.jpg
f0044063_17421092.jpg
ちょこちょこ壁画などが変わっていくことも、ソイ文化と言うかコミュニティ感覚を感じられることも、ソイ51の魅力。好き。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

by miyachoTT | 2018-12-24 17:50 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

JANCHAI MONTRELERDRASME写真展「RANDOM」@GOJA

今月3日、PREDUCEのフィルマーJANCHAIの写真展「RANDOM」のオープニングのためGOJAへ。私はスケーターではないのでSIや他のスケーター青年たちの話を聞いてるだけだけど、まあとにかくフィルマーは大変であり、貴重な存在なんだそうだ。当然スケーターでなければならないし、撮影に出掛ければひたすら撮影だし、チームをまとめる役割も担うし、撮影後は編集作業があり、ジャンチャイ様様である。

DJ TO-RU & TRK
f0044063_01365619.jpg
最近レモンハイが好き。GOJAでは「マナオハイ」と頼みます。
f0044063_01373569.jpg
ごちゃごちゃとした通りにごちゃごちゃと電線が絡む中を滑るこの1枚。
f0044063_01384912.jpg
この1枚もそう。「とてもバンコクらしい」と、スケーターではないけどインテリアとして飾るためにデッキを購入してくれた人たちがいた。
f0044063_10182625.jpg
f0044063_10215002.jpg
ジャンチャイ、おめでとう。彼の名字は「MONTRELERDRASME」。タイ人の名字は長い。
f0044063_10242670.jpg
PREDUCE、次は25日(土)FUTURE FACTORYでのビートメーカーONRA(仏)のライブに関与してます。彼のDJセット格好良いです。是非遊びに来てください。イベント詳細はこちら
f0044063_10284875.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
by miyachoTT | 2017-11-16 10:37 | スケボー | Trackback | Comments(0)

CONKEY'S BAKERYとSTRANGER THINGSの壁画

土曜日、バンコク市内の好きなパン屋の一つ「CONKEY'S BAKERY」へ。エカマイ・ソイ22の奥、静かな住宅街の庭付き一軒家。その場で買ったパンを食べ、コーヒーや紅茶を注文できます(ビールもある)。美味しく食事した後は、持参した本を読んでのんびり長居されてもらった。サービス良くて、静かで好きな場所。

f0044063_16540458.jpg

しっかりカロリーを摂取したので、帰りはBTS駅まで歩くことに。途中、今は廃墟となっている元クラブ「SONIC」に寄った。PREDUCEのアート・ディレクターでもあるアーティストTRKがNETFLIXタイランドのプロジェクトということで、シーズン2がリリースされたばかりの大人気ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」の壁画に取り組んでいる最中だったので顔出しに行ったら頑張っとった。

3Dのモンスターに
f0044063_17002510.jpg
主人公ら。
f0044063_17005972.jpg
でかい。そしたらTRKがクレーンに乗せてくれた。人生初クレーン。高くて怖い!

f0044063_17040547.jpg
TRK(右)は見た目はいかついけど、すごく優しくて面白くて、筆を使った絵からグラフィックデザインからフォント、ポートレイト、グラフィティなど、本当に才能のある人。

f0044063_17063698.jpg
エルが愛するワッフルまであって、細かい。欲しい。ウィルの家のようにカラフルな電球を取り付け、完成後1ヶ月照明インスタレーションが行われるそうだ(もう始まっとるはず)。
f0044063_17085588.jpg
この壁画が見られるのは11月30日まで。どうせならパーティー開催してくれんかや。楽しそう。

しかしSONICは悪くないクラブだったのに、なくなってしまって残念。5年以上前にPREDUCE「CHAIYO」ビデオプレミアを開催したときは母と妹がわざわざ来タイして夜中までパーティーして楽しかったな。



儚い。あの光景が嘘みたいな現在。
f0044063_17255423.jpg

f0044063_17262011.jpg
で、週末一気にシーズン2を観てしまった。恐るべしNETFLIX。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
by miyachoTT | 2017-11-10 17:29 | アート | Trackback | Comments(0)

ホアン・コルネラ個展 @FUTURE FACTORY

日曜日は、バンコクでの個展開催が発表されて以来SNSを見ていてもかなり話題になっていた、バルセロナ出身漫画家・イラストレーターJOAN CORNELLA(ホアン・コルネラ)の個展を見にFUTURE FACTORYへ。アート&音楽の空間、アリー駅とサナムパオ駅の中間位。
f0044063_21165568.jpg
休日だしかなり賑わっていて、人数規制のため前売り券を購入してなかったうちらは10分位待つことに。

この人のダークなジョークはかなりパンチが効いて面白い。変態的。
f0044063_21193126.jpeg
まあ、しかし、今に始まったことじゃないが、皆ソーシャルメディア大好き。スマホで写真を撮るのは結構。でもいつまでも作品の前で一生懸命自撮りに励む人や、撮った写真をその場ですぐにソーシャルメディアに投稿しんと気が済まんマナーの悪い人が多い多い。こんだけ混んどるのに。邪魔邪魔邪魔超邪魔。私もフェイスブックやインスタは好きだけど、何でも程度がある。マナーが良くても悪くても、自撮り好きナルシスト、大丈夫か。
f0044063_21280748.jpg
ひさしぶりのアリー。4年位住んだのか。ファクトリーの前でビール飲んどったらアリー在住の友達が通りかかって「ヨー」と挨拶したり、SIと「アリーやっぱりいいね」と懐かしむ。最近ソイ・アリーの屋台が撤去されるはずが、当面の間は営業を継続しても良くなった。でもまたいつ撤去を言い渡されるのかは不明。屋台ありきのタイなのになあ。

ホアン・コルネラの個展は3月26日まで。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
by miyachoTT | 2017-03-14 21:34 | アート | Trackback | Comments(0)

グループ展示会「MITR」@BRIDGE + IT'S HIP HOP @SO SOFITEL BANGKOK

3日(金)はギャラリー・ナイト。バンコク市内にたくさんあるギャラリーが「多くの人にアートに触れて欲しい」ということで通常よりも遅くまで営業し、ドリンクを用意したり特別企画があったりと、イベント専用地図を片手にギャラリーをはしごする人が多い楽しい夜。私たちはBTSサパンタクシン駅のすぐ近くにある、タウンハウスを改装した「BRIDGE(ブリッジ)」へ。「MITR」というグループ展示会が開催されてます。

f0044063_15055926.jpg
好きなストリートアーティストの一人「P7」の作品を見る、独特のフォントが美しいチェンマイ在住アーティストのTUSK君。壁にさりげなく立てかけてあるのは、SIが自分でやったステッカーなどすべてのアレンジが上出来だと自慢のクルーザー。

f0044063_15053432.jpg
大腸王!
f0044063_15064424.jpg
雰囲気の良いルーフトップバー。ここでのんびりしたかったけど、満杯で残念。

f0044063_15080376.jpg
f0044063_15082393.jpg
f0044063_15264428.jpg
普段は悪い二日酔いに苦しむ可能性が高いので手を出さないチャンビールだけど、この夜は飲み放題だったもんで、ついついたくさん飲んでしまった。

2軒目はSO SOFITEL HOTELの屋上で開催されていた、DJ TO-RU君たちのGOJA主催ヒップホップパーティー。屋上へと向かう階段には「ハイソ限定」と。馬鹿みたいで皆で爆笑。だっさー。
f0044063_15131534.jpg
楽しかった。



LOLAY、RUKKITなど様々な面白いアーティストが参加している「MITR」は今月28日までやってます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
by miyachoTT | 2017-02-11 15:23 | アート | Trackback | Comments(0)

HOLY ARTISAN BAKERYとALEX FACE個展「ALIVE」@BANGKOK CITYCITY GALLERY

選択を間違えて異常に時間がかかる仕事が続いとっただけど、日曜日の朝ついに完了、身軽。

ご機嫌で、まずは行ったことがなかった、去年スクンビット・ソイ31にオープンしたパン屋「HOLEY ARTISAN BAKERY」へ。カレー風味のヨーグルト和えチキンが入っとる、東洋と西洋の出会いというコロネーションチキンサンドイッチ (THB300)。SIには「レーズンが邪魔」とばっさり。柿の種とキャラメルコーンのピーナツは本当にいらんと思うけど、このエスニックカレーのレーズンは嫌いじゃない。
f0044063_19560636.jpg
で、やっと「BANGKOK CITYCITY GALLERY」へALEX FACEの個展「ALIVE」を見に行けた。アレックスといえば、現在は娘からインスピレーションを受けたといううつろな表情の3つ目のうさぎっ子「MARDI」のキャラで海外でも活躍しているタイ人アーティスト。ギャラリーのオーナーOP(オップ)曰く、これ程作品を目にした外国人に説明なしで認識されるタイ人アーティストはいない、「あ、このキャラ、アレックス」と。

先月から開催されている展示会とは言え、とても賑わっていた。作品と写真を撮りたい人たちがそこらじゅうにいて、気を使っていたら歩けない。

巨大MARDIのお尻は、すごく人気があるインスタグラム用写真スポットだそうだ。
f0044063_20071978.jpg
MARDIの招き猫バージョンが売っていてすごく欲しかったけど、2万5千バーツで手が届かず。残念・・。

ギャラリーの裏の壁にもアレックスの絵が描かれてるので要チェック。
f0044063_20124723.jpg
来月3日、市内のギャラリーが協力して開催される「2017年ギャラリーナイト」。普段は夜閉館しているギャラリーもこの夜は特別に営業し、多くの人に何軒もギャラリーを巡ってもらいアートに親しんでもらうというイベントで、BANGKOK CITYCITYでは、19:00-22:00にこの駐車場スペースを利用して、「ALIVE」完成までの過程や、アレックスがストリートにグラフィティなど描く未公開・稀な映像を屋外上映するそうだ。詳細はこちら

「ALIVE」は来月19日まで。ぜひぜひ。

TANGひさびさ全開!
f0044063_20200820.jpg
SIはテレビなしで育ち、テレビがついていると夢中になり過ぎて会話が成り立たない(よくある「男性は同時に2つのことができない」ってやつ)。「時間の無駄」「他のことができんくなる」とケーブルテレビ契約に断固反対し、うちのテレビはずーーーっとダウンロードした映画・海外ドラマ鑑賞限定だったのが、先週いきなり「NETFLIX契約しちゃったー」と。最近の米英のドラマの質の高さったら。英語の字幕もちゃんとあるし、中毒にならんよう気をつけにゃいかん。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
by miyachoTT | 2017-01-24 20:28 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

TUSK "FOLLOW THE BLACK LINE"最終日パーティー @GOJA

「LUKA」でお腹いっぱいになった後は、ギャラリーバー&カフェ「GOJA」へ。
f0044063_2130542.jpg

チェンマイ在住アーティストTUSKの展示会最終日。フォントスタイルが宗教的な面白いスタイル。SIのスケボーブランド「PREDUCE」でもTシャツを彼にデザインしてもらったので挨拶しに行った。TUSKすごく良い人。「タイのストリートアートやカルチャーが海外にもっと知られるようガンガン活動していきたい」と情熱的に語ってくれた。

「PREDUCE」と書いてある。
f0044063_21364016.jpg

f0044063_2138434.jpg

f0044063_21571565.jpg

f0044063_21564745.jpg

TAO & TUSK & SI
f0044063_2158175.jpg

f0044063_21585524.jpg

f0044063_2159374.jpg

アルファベットで「TAEKO」と書いてもらった。綺麗。
f0044063_2211994.jpg

f0044063_2215529.jpg

翌日仕事だったのでMC HUNGER (GAGLE)のライブが始まる前に帰途につく。残念。

日曜日の夜でも人がなかなか集まるそうだ。GOJAは人も雰囲気も温かい。家がもっと近かったらふらっとコーヒーやらお酒飲みにもっと頻繁に行くと思う。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
by miyachoTT | 2015-12-10 22:07 | アート | Trackback | Comments(0)