クラブ、音楽、呑、食、その他バンコクでの日常の出来事を色々と。ツイッター:taekoc、バンコク非風俗夜遊びサイト「DUDE MAGAZINE」、「BEERVANA -クラフトビール IN バンコク-」


by taekoc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
音楽
夜遊び
食べる・呑む
買い物

イベント
仕事
もの
スリランカ
映画
ニュース
綺麗になる

アート
サッカー
ちょっとしたつぶやき
スケボー
日本
タイで結婚

アウトドア
サーフィン
クラフトビール

バンコク観光
タイ事情
未分類

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...

お気に入りブログ

Tangled with...
I am HALATION
home 
南国より 

タグ

ライフログ











ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
日々の出来事

画像一覧

タグ:カフェ ( 23 ) タグの人気記事

「甘い」MR. JONES' ORPHANAGE

日曜日。クレット島に行く予定→起きるのが遅過ぎて駄目。行ったことないパンが美味しそうなカフェに行こうということで「STOCKHOLM ESPRESSO BAR」→サンドイッチが日曜日午後というのにその日はなし。腹ぺこで倒れそうだったのでストックホルムバーの横の横の陳麻家で昼ご飯→イタリア産グラスワインがB59!CASA LAPIN→やっとらんかった。ROAST→外で順番待ちの人が沢山。とことごとくうまく行かずトンローをさまよい、結局仕方なしに内装もケーキも甘そうな「MR. JONES' ORPHANAGE」へ。

店に入って左は子どもが興奮しそうな様々なケーキのタワー、右側はメリーゴーランドやテディベアなどなど。男同士で入るには少々恥ずかしいかも知れん。しかしここもこの前のMAGGIE CHOO'Sに続き、ASHLEY氏プロデュースの「テディベア工場と焼き菓子」というコンセプトのカフェ。テディベア抱いて記念写真撮る女の子が多かった。
f0044063_2013151.jpg

ホーローの食器にお店のロゴが入ってて、レジ済ませるとオリジナルのチョコレートくれて、趣味がここは合わんが、さすが凝ってるなあと思いつつ大きなスコーンをかじる。
f0044063_2003410.jpg


夜はライアン・ゴスリング(好きダ!)、ブロッドリー・クーパー、エヴァ・メンデスの「THE PLACE BEYOND THE PINES(変な邦題:プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命)と、

エル・ファニングの「GINGER & ROSA(ジンジャーの朝 さよならわたしの愛した世界)」と2本立て。

周りを固める役者陣がすごく好き。そしてエル・ファニング、まだ15歳で彼女の演技が凄くて、最後30分は釘付け。ひさしぶりに涙がよう出てしまった。今朝また見たいシーンだけ見直して、また涙。最近彼女に惚れとる。

さらに映画中に使われるジャズが心地良い。サントラ検索したら、親切な人がリンク集を。ありがたいありがたい(こちら)。

が、両映画とも10代のお年頃の生意気さにイラッとし、SIと「10代は疲れるね」と映画鑑賞後なんだか疲れてしまった。10代は大変。しつこいけど、疲れる。今の自分が結局一番好きだと思う。大した人間じゃないが。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2013-06-17 20:26 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(2)

週末はブランチ @PLA DIB

PLA DIBがいつオープンしたか知らない。バンコクには洒落たフュージョン料理を提供するレストラン/バーが随分と増えたが、ここはそういった類いの先駆け的存在だと思う。アリーがお洒落というイメージも以前はそこまでなかった気がするけど、PLA DIBはもう存在していた。屋外にピザ焼く窯があり、DJ学校もやってて、最近ではコーヒーにも力を入れ始め、私達は時々週末に遅い朝ご飯を食べに散歩がてら利用する。

屋外席でのんびりと本や新聞読んで、ゆっくりと。ここは、パンも美味しい。BO.LANファーマーズマーケットでいつも購入するチャン島からのパン屋さん「MASON JEAN PHILIPPE」も時々ここに卸していると言っていた。

熱々イタリアンソーセージなどなど。
f0044063_11351055.jpg

スモークチキンサラダ。
f0044063_11355681.jpg


近所にカフェがあるって幸せ。最近はトンロー特に美味しいカフェ増えてて行きたいと思いつつ、どうも日中トンローになかなか行かない。トンローにしろプロンポンにしろ、たまーに日中行くと日本人の多さにドキッとする。日本食屋も相変わらずどんどん増えてるし、好きでタイに来た訳ではない人にとってはますます便利(楽?)でいいのだろうけど、何か、面倒臭そう。トンロー好きだけど。でもアリーが好き。コンドミニアムがあんまり増えてスクンビット中心部化しませんように。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2013-05-17 11:52 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

ご近所カフェ「103+ FACTORY」

この前延々と家で仕事も何なので、気分転換に近所のアリー・ソイ4にできたカフェ「103+ FACTORY」へ。白を貴重とした明るい店内。珍しく甘いものが食べたくなったのでチーズケーキとコーヒー注文。普通に美味しかった。パスタやら軽食メニューが充実しているようだし、WIFI無料だし、店員さんも感じ良かったのでこれからお世話になりそうなカフェ。「とりあえずボサノバかけとけ」傾向のあるバンコクのカフェでボサノバがかかっておらず安心したんだけど、代わりにテレビが付いてた。カフェでテレビかあ、とちょっと残念。

各テーブルの上には生きたザリガニが。可哀想。こんな生涯、嫌だよね。
f0044063_1231494.jpg


アリー・ソイー4は何軒もカフェがあるソイ。でも一番好きなのは「ARAN BICICLETTA CICLI & CAFE」。オーナーのアラン君が「今のところは広告出したりしておおっぴらにやるんじゃなくて、知る人ぞ知るってくらいでやって行きたい」と言ってた、フィックスギアファンの集い場所。食べ物はほとんどないけれど、無料WIFIありの雰囲気の良い一軒家カフェ。2階にはフィックスギアの完成品やら部品が沢山あって、ファンにはたまらないのでは。

アリーは住みやすい。便利だし、ごみごみしてなく、夜はとても静か。オンヌットも好きだったけど。こっちに引っ越してきて冗談で「ハイソだな」ではなく、陰で「ハイソになったらうんにゃらかんにゃら」と言われたことがある。何と器の小さい・・。腹立つどころか、余りに馬鹿らしく笑った。高級住宅地と思われがちなアリーだけど、探すと手頃物件あるのだ。私たちのアパートみたいに。

昨日お風呂に浸かって読んでた村上春樹のエッセイにあった一文:『僕は性格的にわりに我慢強い方なので、めったに腹をたてないけれど、一回真剣に頭にきたことは、なかなか忘れない。』私も。マザーテレサのような聖母ではないので。ニヤニヤ。

先週土曜日「GO SKATE DAY」のビデオクリップ。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-07-07 12:52 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(0)

HOBS AWAY @LA VILLA

昨日はジャカルタから2年弱ぶりにバンコクにやっと遊びに来てくれた大好きなSAT*さんとお茶。アリー・ソイ5のアンティーク家具と日本の製菓学校を卒業したオーナーによるフルーツケーキで知られるらしいカフェ「PURITAN」へ。ヨーロッパ風置物は趣味がいいのか悪いのか何とも言えなかった。ブルーベリーケーキは美味しかったけど、砂糖より塩のが好きなうちら。胃が重くなったので苦汁を求め移動。午後4時と中途半端な時間。こんなときはBTSアリー駅真ん前のコンプレックス「LA VILLA」にある「HOBS AWAY」へ。HOBS=HOUSE OF BEERS。ビールの種類が豊富。屋外席にはもう飲んでる客がちらほら。
f0044063_12333485.jpg

ひさしぶりのベルギービール「ヒューガルデン」1パイント。重くて大きいグラスが好きだ。持ち上げると顔の大半が隠れるくらい。つまみに頼んだ海老とフルーツのサラダは甘くて失敗。求めていた塩味ではなかった。
f0044063_1235582.jpg

何歳になっても雌でいたいよね、と話し合う。たっくさん話して「人との縁」について考えた。負の要素を人生から削除するため、残念ながら縁を切って良かったという関係もあるのだ。人って難しい。

誕生日週末は昨日午後から既にオン。今日も友達のお陰でランチ、夜の宴と楽しい1日になりそう。ちなみにSIはおらん。一昨日バンコク戻って来たけど、昨日から来月結婚する友達のバチェラーパーティーのため男7、8人で欲望の町パタヤへ。「バチェラーパーティー」とは、新郎の親しい男性友人たちが集まるパーティのこと。バチェラ-とは独身者の意味。新郎の独身時代最後の日を一緒に過ごし、バカ騒ぎして独身にお別れするというもの。映画「ハングオーバー」状態になってないだろうか。私も来週末バチェラーパーティーの女バージョン「バチェロレットパーティー」に誘われてるけど、どうしよう。ベッドサパークラブ自体好きじゃないし、西洋人男性ストリッパーのショーも企画されてるそうだが、見たくもない。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2012-03-10 12:46 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(2)

「CASSIA CAFE」でお手軽アフタヌーンティー

ちょっとヨーロッパ旅行記は休憩。

この前日本語無料雑誌「DACO」さんでも特集が組まれていたアフタヌーンティー。バンコクは素敵なホテルで日本より安く本格的なアフタヌーンティーが楽しめる所。とか言って全然行かんけど。でも日曜日は、或る食べ物ブログでアフタヌーンティーセットのレビューがとても良かったスクンビット・ソイ31の小さな一軒家カフェ「CASSIA CAFE」にアフタヌーンティーしに行きました。

メルヘンチックな1階の内装はこそばゆいので2階へ。無料WIFIがあるのでSIとお互いコンピューターを持ち込んでアパート情報探し。近いうちに引っ越すことにしたのだ。本格的に探さないとダラダラ時間だけ過ぎて行っちゃう、ということでサンドイッチかじってお茶飲みながら長時間スクリーンを睨み続けたのでした。サンドイッチは、普通。スコーンは美味しかった。クロテッドクリーム好き。イチゴジャムは、普通。お茶は1階レジ横にカフェのオーナーが世界中から集めたという様々な種類のものが置いてあり、なんでも選べると言うのでアフリカのハニーブッシュを試しました。玄米茶まであった。
f0044063_357051.jpg

唸るようなホテルの豪華アフタヌーンティーとは違うけど、199バーツ++という優しい値段設定で静かにPC作業ができる良い場所です。サービスも良かったです。今度は食事もしてみたい。が、アフタヌーンティーと言いつつお腹結構いっぱいになる。ティーポットたっぷりのお茶を飲んでお腹チャプチャプしとるし、晩ご飯は無理して軽く食べた。だもんで間食はいかん。

子供のときに読んだときは良さが分からなかったけど先日読んだら涙が出た。「窓ぎわのトットちゃん」、素晴らしい本。いわさきちひろの絵も大好き。

9月は月末までド忙しい。気合気合。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-09-20 04:14 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(2)

サンドイッチがおいしい「CAFE TARTINE」@ソイ・ルアムルディー + 妖怪人間ベム

最近二人で休みを取れる日は、SIと新しいカフェ探しをよくします(リサーチ係はいつも私だけど)。この前行っておいしかった「CAFE TARTINE」。BTSプルンチット駅のすぐ近く、ソイ・ルアムルディーの「HYDE & SEEK」の横にあるカフェ。写真に写ってないお店の角はソファコーナーがあります。平日の午後行ったらひっきりなしに西洋人のお客さんが出入りしてました。サービスが良く、無料WIFIも英字新聞や雑誌もあってのんびりとした時間を過ごせます。
f0044063_13491838.jpg

お店の方のお勧め「SANDWICH PORK TENDERLOIN (豚ヒレ肉サンド)」を注文。他のサンドイッチはフランスパン、クロワッサン等パンの種類も選べるのだけれど、豚ヒレ肉サンドは胡麻ソフトパンに指定されてて、トロリと溶けたチーズ、柔らかいお肉、レッドワインソースがおいしかった!グリーンサラダとシーザーサラダのどちらかもサンドイッチについてきます。腹ぺこで倒れそうだったので急いで写真撮ったら中途半端な見苦しいものになってしまった。
f0044063_13571594.jpg

自分で自由に材料やドレッシングを組み合わせることができるサラダやブランチもあって、また是非行きたいカフェです。Yの彼はフレンチオニオンスープが美味しいと言ってたそう。次回試そう。FACEBOOKで「LIKE」にしておくと、「今日のスープやサンドイッチ」をお知らせしてくれますよ (FACEBOOKページはこちら)。

しかし最近はアニメの実写化が多いですが、とうとうあの「妖怪人間ベム」までとは。本当やめてほしい。ド嫌。私の妖怪人間ベムはあのままそっとしておいてほしい。しかしこのオープニング音楽、改めて聞くと格好良い。おどろおどろしい絵に軽快なリズムと「ハニーナイツ」の声。絶妙。「ハニーナイツ」っていう名前、しかもカタカナ表記、渋い。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-08-11 14:10 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(4)

BKK BAGEL BAKERYでベーグル + 疲れた

バンコクは好きだけど、ヒップホップ等海外アーティストが日本や近隣国シンガポールみたいに来ないこと、そして「これだ!」と思うベーグルが手に入らないことが残念。ベーグルがおいしい所をまだ見つけてないだけかも知れんが。なのでBTSチットロム駅前にできたニューヨーク風ベーグルのお店「BKK BAGEL BAKERY」について知ったときは「絶対行かんといかん」とちょっと興奮した。
f0044063_12191144.jpg

『バンコクには本物のベーグルが必要だ、とアメリカ人とタイ人の2人が決意して開業することとなったニューヨーク風ベーグルのお店、BKK BAGEL BAKERY』と聞けば、あの外はカリッと、中はもっちりとしたウマウマベーグルを想像してしまう。アメリカで初めてベーグル食べたとき、その美味しさにしびれました。あれが食べれるかも、とBKK BAGEL BAKERYに1週間前行ってみた。七面鳥、チーズ、アボガドスプレッド、粒マスタードから成る「THE SHOW STOPPER」を注文(B225)。これ1つでお腹一杯。美味しかったけど、「期待し過ぎた」という感じ。私はベーグルの思い出を美化し過ぎたのか?と思った。無料WI-FIありの小さなカフェなので、長居できます。私がいる間にもひっきりなしにベーグルやオリジナルクリームチーズを買いに来た持ち帰りのお客さんで賑わってました。また色々ベーグル試してみようかや。

この1週間ぶっ続け通訳で疲れた。が、美容系企業の各国の女性美容部員のための研修で面白かった。やはり女性は何歳になっても美しくありたいと思う生き物。私は美人さんでもないしスタイルも良くないけれど、いつまでも女性でありメスでありたいと思ったのでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2011-05-31 12:36 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(12)

素敵なカフェ「KUPPA」@スクンビット・ソイ16

今週頭にアパートのネットが1日中使えない緊急事態に襲われ、無料WI-FIを求めて何年かぶりにスクンビット・ソイ16にあるカフェ「KUPPA」へ。

広々としてて、窓が大きくて店内が明るくて、週末にでも座り心地が良さそうなソファ席でのんびりブランチに是非利用したい場所。
Photobucket

KUPPA野菜サンドイッチ・デライト。美味しい!!正に「DELIGHT(喜び)」。熱々チーズがとろりと挟まっていて、ハフハフかじると幸せ。で、付け合わせのこれまたド熱い大盛り野菜。ジャガイモどかーんと1個丸ごと入ってて、その他かぼちゃやパプリカ、玉葱等、これこそ熱々で口の中火傷した。KUPPA野菜サンドイッチ・デライト、しつこいけど、美味い。量が多くてサンドイッチ1切れ持ち帰り。
Photobucket

KUPPAはコーヒーも美味しい。自家製焙煎コーヒーを国内やシンガポールのレストラン等に卸しているそう。「KUPPA PRESTIGE(威光/名声高い)」という名前から気品を感じるフレンチ・プレスを注文。
Photobucket

どうして何年も行ってなかったのか。もったいない。また行かにゃ。

今週は1.5日間ひさしぶりの通訳で(またも)打ちのめされました。製造産業に携わる人達には基本であることも私には「?????????」の世界。とにかく機械の構造関連話になると気が遠くなりそうだった。いくら事前にもらった資料を勉強しても所詮付け刃な知識な訳で、ボロが出る出る。泣きたくなりました。そんなんで寝不足続きで昨晩はやっとゆっくり眠れるかと思ったら、泥酔して明け方来たSIが寝相悪くて、蹴られるし腕でバコーンと目を直撃されるし、絶句。「これは何かの修行か?」と夜空が明けていく中SIに負のパワーを送りたくなった。

今晩はスヤスヤ赤ちゃんのように寝たいと思います。寝れるかや。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
[PR]
by miyachoTT | 2010-11-20 23:55 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(2)

フランス大使館内のカフェ「CAFE 1912」

Photobucket

先日用事があってサトーンに行った帰り、ゴロちゃんとフランス大使館にある「CAFE 1912」へ。フランス大使館にアリアンス・フランセーズが併設されていて、カフェの他本屋さんもありました。
PhotobucketPhotobucketPhotobucket

ケーキやサンドイッチが色々と選べ、私は酸っぱくてくどくないレッドカーレント・タルト、ゴロちゃんは多分洋梨のタルト。ヘーゼルナッツ・コーヒーがおいしかった。広いカフェは私たち以外のお客さんは西洋人のネクタイ付き制服をきりっと着て、1人で宿題をしていた小学生の男の子のみ。何だかとても賢そう。外は黒猫が3匹しっぽをツーンと伸ばしてとっとと並んで歩いてて、すごく静かなのに居心地が良かった。
お茶した後に本屋さんに寄ったらフランス語の小説が多くあった中、村上龍が何冊も置いてあった。外にはもうすぐ始まる毎年恒例のフランス・タイ文化フェスのパンフレットが多く置かれ、808でのクラブイベントのフライヤーまであったのに驚き。かっちかちのごりごり灰色なイメージの日本大使館と雰囲気が全然違う。あの近寄り難さと、ここの差は、なんでしょう。
BTS近くないしわざわざタクシーで行く程ではないかも知れないけど、大使館なのにこの一般人との距離の近さは?と感じに遊びに行くのは有りでは。アリアンス・フランセーズでちょこちょこ面白そうな文化イベントあるし、また行きたいです。今度は猫と遊びたい。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2009-05-28 17:50 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(8)

カフェ「BITTER BROWN」、佐賀のがばいばあちゃん

最近急に泣きたくなったり、ものすごい孤独感に襲われたり、宗教的・哲学的テーマのように自分の存在自体に問いかけてしまったり、何やってても心底楽しいとも思わずボーっとしてたり、こりゃあまずい、と怖くなった。軽い鬱か?と色々ネットで調べて、甘い物を食べるのも一つの手、とあり、本当かやと思いつつ、まあとりあえず気分転換が必要、仕事環境を変えてみるか、と無料WI-FIがあって静かなカフェを求め、「BITTER BROWN」に行ってみた。
Photobucket

スクンビットソイ21、アソーク駅からとことこペッブリーに向かって歩き、ソイ・カウボーイを越えて進むとASOKE COURTというアパートがあってそこの1階に入ってます。アソークの交差点を渡るのが相変わらず苦手で、空気も悪いけど、駅からしっかり徒歩圏内。
可愛い入口。ドアの右側には喫煙者のために灰皿とベンチも用意されています。
 Photobucket Photobucket
店内も素敵。木のテーブル、カウンター、ソファー席もあり。新聞、雑誌も色々揃ってます。静かにジャズがかかっていて、友達とギャーギャーお喋りする場所というより、静かに語ったり、ミーティング、または一人作業、読書などに適してるのでは。知り合いにあっても会釈する程度でサラッととお互い自分の世界に戻って行く位が丁度良いような感じ。甘い物食べにゃと思ったけれど食べたくなくて、結局カプチーノレギュラーサイズ(B65)だけで何時間も粘ってしまった。
 Photobucket Photobucket
いい場所。今度は何か食べてみなくては。
そして帰りに古本屋で買った「佐賀のがばいばあちゃん」を読み始めたら、今止まらない。仕事しんといかんだけど。ばあちゃんすごいぜ。
さて、今晩はCAFE DEMOCで56ちゃんとTEPPEIさんの「SOUND DONUT VOL. 2」です。DEMOCとCLUB CULTUREのオーナーTUIさんにお褒めの言葉を頂いた、二人の音を聴きに是非遊びに来て下さい。
Photobucket

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
[PR]
by miyachoTT | 2009-01-24 16:00 | 食べる・呑む | Trackback | Comments(6)